引越し 費用 安い。 一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

【2020年】4月の引越し料金が安い日はいつ?格安料金&最安値で引越す方法とは

引越し 費用 安い

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の

一人暮らしの引っ越しは単身パックが格安!料金が安い業者ランキング

引越し 費用 安い

引越し見積もりが安い時期を選んで引っ越す 引っ越しは時期により料金の相場がかわります。 当「引越し侍」の利用者からのデータを集計したところ、 一年の内で最も引越し料金相場が安い時期は11月、逆に、 最も料金が高くなってしまうのは繁忙期である3月末~4月上旬となりました。 を参考にして、ご自身の引越しスケジュールを検討してみましょう。 不用品を処分して引越し見積もりを安くする 引っ越しの荷物の量が増えるほど見積もりの料金は高くなります。 荷物の量が増えると、荷物を運ぶ作業員が増えたり、トラックのサイズが大きくなったりするからです。 引越し作業員は、1人あたり約10,000円の人件費がかかっているので、人数が増えれば人件費が増えてしまいます。 また、一番安いトラックはミニバンや軽トラックですが、トラックのサイズが大きくなるにつれて、車両のチャーター料金が高くなるのです。 そのため、引越し見積もりを安くするためには、不用品を処分して荷物の量を減らすことがおすすめです。 引越し見積もり前に不用品を処分する時間がない人は、処分する予定の家具・家電を決めておくだけでも良いでしょう。 処分予定の荷物を、見積もりに来た営業マンに伝えるだけでも、見積もり料金が安くなる可能性があります。 ただし、処分すると伝えた荷物は、引越し前に必ず処分しておきましょう。 引っ越し時の荷物の大きさや量が、見積書の情報と異なる場合、トラブルに発展するおそれがあります。 また、 捨ててしまうような不用品でもリサイクルショップに持ち込むと値段がつくこともあります。 買取の対象品目は家電製品をはじめ、家具、服、楽器、食器、酒、アウトドア用品、フィギアなどです。 近所に店舗がない人でも宅配買取や出張買取といったサービスを行っているリサイクルショップもあります。 電話やWEBで簡単に申し込みができるので、時間がない人にもオススメです。 以下は宅配買取サービスを行っているリサイクルショップです。 その他、不要なモノを処分する方法はこちらの記事に記載があるので参考にしてみてください。 自分で荷造りして引越し見積もりの金額を安くする 荷造りは引越し業者に任せることもできますが、有料の追加サービスであることが多いので、少しでも安く引越しをしたい場合には自分で準備をします。 荷物の量にもよりますが、一般的に荷造り・梱包作業は数日から数週間の時間がかかるのでを参考に、計画的に進めていきましょう。 ダンボールを自分で調達して引越し見積もり料金を安くする 多くの引っ越し業者は、申込者に対してダンボールを無料でプレゼントしています。 しかし、荷造りの途中でダンボールが足りなくなることがあります。 荷造りのダンボールが足りなくなってしまった場合は、ドラッグストアやショッピングセンターなどから無料で調達しましょう。 ダンボールの調達方法は、で紹介していますので参考にしてください。 また、使用済みのダンボールを無料で提供してくれる引っ越し業者もあります。 ダンボールが足りなくなった場合には、まずはじめに引っ越し業者へ相談してみると良いでしょう。 日通では「単身パック」、クロネコヤマトでは「単身引越サービスパック」、ハトのマークの引越センターでは「小鳩パック」と引っ越し業者によってサービス名とコンテナボックスのサイズが異なります。 この単身専用パックでは、トラックの荷台に複数のコンテナボックスを積み込み運送します。 コンテナボックスは運送効率に優れており 輸送コストが抑えられ結果として安く引越しができます。 単身専用パックについては以下のページにて詳しく説明しています。 長距離の引越しは混載便が安くなる 混載便とは、同じ地域や方面へ引っ越しをする人の荷物と自分の荷物を同じトラックの荷台に載せて運送するプランです。 荷物を混載することで、 運転手の人件費をはじめガソリン代や高速料金などが割り勘になり見積もり料金が安くなります。 ただし、同じ方面へ引っ越しをする人がいなければ混載便が成立しないため、希望者が現れるまで待たなければならない場合もあります。 長距離引越しと混載便については以下のページにて詳しく説明しています。 作業の開始時間を指定しない「フリー便」の利用で見積もりを安くする 引越しの搬出作業を開始する時間によっても料金が変わります。 一般的に、引っ越し業者は1日の時間帯を大きく『午前便』『午後便』『フリー便』の3つに分けています。 この3つの時間帯の中で一番安い見積もり料金になるのが『フリー便』です。 フリー便とは、引っ越しをする日にちだけを決めておき、作業の開始時間は引越し業者の都合にあわせるプランです。 引越し業者のトラックや作業員の状況に合わせるため、価格を抑えることができます。 作業の開始時間は、午後からになることが多く、場合によっては夕方や夜から作業が開始する場合があるため、時間に余裕をもっておきましょう。 フリー便とは逆に 『午前便』は3つの時間帯のなかで最も見積もり料金が高くなる傾向にあります。 これは、午前中に引っ越しを始めたい人が多く依頼が集中するためです。 引用: 「帰り便」の利用で引越し見積もりを格安にする 一般ではあまり知られていませんが「帰り便」と呼ばれる格安のプランがあります。 帰り便とは、引っ越しを終えて帰路にあたるトラックに荷物を載せて運搬するプランです。 帰り便が格安になる理由は、本来であれば何も積み込むことなく帰るだけのトラックに荷物を載せることによって人件費と燃料費の無駄がなくなるためです。 ただし、自分の引っ越しが空のトラックの帰り道と同じでなければならないため、いつでも利用できるプランではありません。 引っ越し業者の日程に合わせる形であれば依頼できることがありますので、電話などで帰り便の利用が可能かあらかじめ聞いてみるとよいでしょう。 引越し業者の訪問見積もり時に値引き交渉をして安くする 訪問見積もりの時に、多くの人が値引き交渉をして引っ越し料金を安くしています。 引越し侍が調査した結果では 9割以上の人が訪問見積もりで値引き交渉に成功していました。 <値引き交渉の成功率> 値引き交渉の成功率と金額については以下のページにて詳しく説明しています。 引越し侍が集めた口コミをもとに集計した安い引っ越し業者ランキングを紹介します。 ランキング上位の引っ越し業者の見積もりは安くなる傾向にあると思われますが、全ての業者が安くなるとは限りません。 結局のところ、なるべく多くの業者を比較することが、格安で引っ越しをすることに繋がります。 1位 2位 3位 4位 5位 1位 2位 3位 4位 5位 引越し見積もりを安い金額に抑える方法まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は引っ越しの見積もり料金を安くする以下の方法を紹介しました。 <見積もり料金を安くする方法>• 引っ越し比較サイトで一番安い業者を探す• 安い時期を選んで引っ越しする• 不用品を処分する• 自分で引っ越しの荷造りをする• ダンボールは自分で調達する• 荷物が少ない人は単身専用パックがおすすめ• 長距離の引っ越しは混載便が安くなる• 作業の開始時間は指定しない• 「帰り便」を利用して格安に• 訪問見積もり時に値引き交渉をして安くする 引っ越しをする時期やお得なプラン、比較サイトを利用することで見積もり料金は安くできます。 少しでも安い費用で引越しができるよう、ぜひできる範囲で工夫をしてみてください。

次の

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越し 費用 安い

【引越し作業】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 それでも搬出・搬入の9割方は結局業者の方におまかせして、逆に申し訳なかったです。 【サービス】 自分がAV関連機器の配線に疎いため、だめもとで業者の方にお願いしてみたら無償で快く配線作業を引き受けてもらえました。 とてもありがたかったです。 【接客対応】 引越し作業は、引越元、引越先ともに2名が来られました。 いずれのときも懇切丁寧に受け答えしていただき、作業も迅速にをすすめていただきました。 … 続きを見る 【料金】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 実質自分はほとんど作業をしていないのでかえってお得でした。 【総評】 以前別の引越しでは別の業者にお願いしたのですが、そのときに非常に失礼な振る舞いをされ嫌な思いをしていました。 そのときから引越し業者に対して悪いイメージを抱いていたのですが、今回の業者にお願いしたときは全くそのイメージが払拭されるほど好印象を持ちました。 引越し業者によっては、当たりはずれがあるのだなと感じました。 【引越し作業】 丁寧で無理なく運ぶ感じで安心でした(スピードばかりで雑なのは嫌なので)。 ハンガーにかけてある洋服をそのまま運べるよう工夫していただくなど、女性にありがたい心遣いがあったのも良かったです。 【サービス】 家電設置のついでということでアンテナ設置までサービスしていただきました。 助かりました。 【接客対応】 電話での見積対応が丁寧で、作業員の身だしなみや言葉遣いも清潔感があって好印象でした。 … 続きを見る 【料金】 作業的には見積もり通りでしたが、千円以下を切り捨てで値引きしてくれました。 少しでもありがたかったです。 【総評】 福岡の親戚が利用してとても良い業者だと聞いていたので選びましたが、対応の良さが印象的で気分良く引越しができました。 会社の知名度や料金だけにこだわりすぎるのも良くないな、と思いました。 引越しは限られた時間の中で、住居の契約・解約、引越し業者の手配、各種住所変更等の手続き、荷造り・不用品の処分などたくさんのことをしなければなりません。 いつ、何をすればよいのか引越し準備のやることリストで大まかな流れを確認し、効率よく進めましょう。 引越しが決まって〜1か月前 退去日・入居日を決める 引越し業者に一括見積もり依頼・業者を決定 転校手続き 1か月前〜2週間前 ガス・水道・電気・電話・インターネットなどの使用停止・開始手続き 火災保険・地震保険の手続き 不用品・粗大ゴミの処分 梱包資材の調達 2週間前〜1週間前 転出する市区町村での手続き 郵便物の転送手続き 普段使わないものから荷造り開始 引越しはがきの用意 1週間前〜前日 引越し挨拶品の用意・旧居での引越し挨拶 前日 前日まで使っていたものの荷造り 当日(旧居) 引越し作業員との打ち合わせ、作業確認 エアコン、照明器具の取り外し作業立会い 当日(新居) ガス・水道・電気の使用確認 引越し料金の精算 新居での引越し挨拶 翌日以降 転入する市区町村での手続き 転校手続き 金融機関への住所変更届 自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き 荷解き、使用済みダンボールの処分 1年の中で引越し業者の繁忙期とされているのが3月と4月です。 就職や入学など生活の変化に伴う引越しが集中しやすく、閑散期に比べると引越しの見積もり金額が1. 5倍〜2倍になることもあります。 引越しをする人が増えればどこの引っ越し業者にも多くの見積もり依頼があり、他社と価格競争をする必要がなくなるため引っ越し料金も高くなる傾向があります。 また、9月頃も社会人の転勤や転職シーズンなので、引越し業者には多くの見積もり依頼が集中します。 引っ越し一括見積もりサービスを活用することで、引越しをする人が多く引越し料金が高騰しがちな繁忙期でも、空きのある引っ越し業者を効率的に見つけることができ、引越し料金を安く抑えることができます。 一括見積もり時に、時間帯を指定することができますが、メリット・デメリットをきちんと把握した上で選択することが大切です。 朝の引っ越しはその日のうちに引っ越し作業が完了して夜には後片付けができるので、小さな子供がいる家族に人気です。 また自分の前に引っ越し作業が入っていないため、時間どおり作業を開始してもらえるというメリットもあります。 一方、午後の引っ越しは予定が狂うこともしばしば。 荷物の到着が夜になると、片付けの開始時間も遅くなってしまいます。 時間にこだわりがなければ、料金を安くできる「開始が遅いプラン」や「時間指定なしのフリープラン」を活用するのもよいでしょう。 ただし、深夜に荷物が到着することもあるので周囲に気を使うなど、料金以外にも考慮しなければいけないことがあります。 とはいえ、 2日前からのキャンセルはキャンセル料が発生しますし再度日程を調整する手間もかかります。 できるだけキャンセルすることにならないよう、しっかり予定をたてて引っ越し日を決めましょう。 また、標準引越運送約款により「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れそのほかの天災」で引っ越しをするのが困難と業者が判断すれば業者が引っ越しをキャンセル・延期してもよいとされています。 このような場合は利用者にも業者にも責任がないため、キャンセル料を支払う必要がないケースもあります。 しかし、どの程度で「引っ越しが困難な状態」とされるかは業者や運ぶ荷物、搬出場所・搬入場所によって異なります。 台風などの悪天候が予想される場合、どのような対応になるのか事前に確認しておきましょう。 もし悪天候の中引っ越しをすることになっても、引越し業者はなるべく荷物が濡れないよう対策をしてくれます。 対策内容や荷物に何かあった際の補償は業者によって異なりますが、不安があれば自分でも 電化製品や革製品を中心にビニールで包んだり、荷物をすぐに拭けるよう雑巾やタオルを用意しておくとよいでしょう。 引っ越しは、家中の荷物をすべて運び出し新居に移すという、大変な作業を伴います。 たとえプロの業者に頼んだとしても、大小様々なトラブルに見舞われることも少なくありません。 引っ越しトラブルで多いのが「荷物の破損・紛失」「作業の不履行」「引越し料金」に関することと言われています。 このような引っ越しトラブルに直面した時に拠り所となるのが、引っ越しの基本ルールを定めている「」です。 利用者側も約款を受け取るだけでなく、内容の確認も忘れずにしておきましょう。 以下にトラブルが起きやすいポイントを挙げてみました。

次の