ノートパソコン おすすめ ケース。 【2020年決定版】おすすめパソコンケース19選。人気ブランドも!【徹底比較】

【安心安全!】人気のノートパソコンケースおすすめランキング10選

ノートパソコン おすすめ ケース

「自分は、決してノートパソコンを落下させることはない。 ましてや、液晶を割ってしまうような収納の仕方もしない!」なんて自信のある方は、どれくらいいるだろうか? この手のトラブルは、注意していても起きるものだし、交通事故のようにもらい事故だってある。 とはいえ、ボディに傷がついたり液晶が割れるだけならまだしも、大切なデータが飛んでしまう事態だけは避けたいところ。 「転ばぬ先の杖」ならぬ「落とさぬ前のケース」をご紹介しよう。 サイズ別、目的別のおすすめノートパソコンケースとは? ひとくちにノートパソコンケースを使う目的と言っても、ユーザーが頑丈さだけを重視するとは限らない。 求められる機能はノートパソコンの保護をメインとして、大きさ、重さ、デザイン性、かわいさ、ブランドなどなど多岐に渡る。 まずは、ノートパソコンの大きさに合わせたケースから見ていこう。 3インチのノートパソコン用なら、おすすめのケースはコレ 画面サイズが13. 3インチなら、A4より少し大きい程度。 これなら、インナーケースに収納して、ふだん使いのバッグに入れて持ち運ぶといいだろう。 荷物も多くならず、ボディに傷がつくこともない。 インナーケースは、軽くてクッション性の良いファブリック製の物がおすすめだ。 【参考商品】Inateck ラップトップスリーブケース 実売価格:2380円 【参考】 14インチのノートパソコンなら、持ち手付きのケースがおすすめ 14インチクラスのノートパソコンになると、重量も増えて大きさもかさばるようになる。 取っ手や肩掛けバンドまでついてくると、ケースと言うよりはバッグに近いが、持ち運びにはこれくらいの大きさと装備が必要だ。 満員電車に乗ることや天候のことも考えて、衝撃吸収能力、防水性も考慮したい。 【参考商品】Voova 14-15. 6インチ パソコンバッグ 実売価格:1799円 15. 6インチのノートパソコンなら、ケースよりリュックがおすすめ ノートパソコンも15. 6インチクラスになると、重さは2kg越えのものが多くなる。 短い距離を歩くくらいならまだしも、出張などに持っていくならリュックを推奨したい。 片側に重たい物を持っていると歩き方も安定しなくなるが、背負ってしまえば重心も安定する。 一日持ち歩いたときの疲れも、ぜんぜん違ってくるだろう。 【参考商品】Inateck 15. 6インチリュック 実売価格:4280円 とにかく頑丈! ノートパソコンを壊さないケースはコレ 外見は武骨と言うほかないが、とにかく「パソコンを壊したくない!」なら、防護に徹したこんなケースもある。 外側はABS樹脂。 中には衝撃吸収用のウレタンも付いていて機能は申し分ない。 厚みもあるので、ノートパソコン以外の小物も収納できる。 なお、この商品は、ノートパソコンの大きさ別にいくつものラインナップがある。 【参考商品】サンワサプライ ABSハードPCケース BAG-715N2 実売価格:16290円 【参考】.

次の

ノートパソコンケースの選び方で失敗しないための7つのチェックポイント

ノートパソコン おすすめ ケース

技術の進化によりノートパソコンは年々薄く軽量になってきており、保護クッション入りのバッグやケースも薄くてオシャレなものが増えてきました。 一昔前はビジネスバッグ然としていて持ち歩きにくかったですが、今ではビジネスシーンだけでなくプライベートでも使っている方をよく見かけます。 そこで今回は、Hacktsu編集部がおすすめする ノートパソコンケースを20品ご紹介。 大切なノートパソコンを守るための耐衝撃性はもちろん、プライベートでも使えるデザイン性の高いものやアクセサリ収納にこだわったものまでピックアップしていますので、用途や目的に合った製品選びの参考にしてみてくださいね。 ノートパソコンケースの選び方 一口にノートパソコンケースといっても、デザインや機能性は多岐にわたります。 使ってるノートパソコンのサイズに合わせる必要があるので、まずは大きさで絞って、そこから機能性で選ぶようにしましょう。 今使っているのが13インチだとして、「次の買い替えで15インチにするかもしれないから・・・」という理由で大きめのものを購入することはおすすめできません。 また、ノートパソコンケース単体で持ち歩くのであれば、 ハンドルや ストラップが付いているものを、バッグに入れて持ち歩くのであればできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。 最近では バッグにも入れられて手持ちもできるデザインのものが増えてきていますので、どちらか迷った場合は候補にいれることをおすすめします。 耐衝撃性で選ぶ ノートパソコンケースを使用する最大の目的ですが、大切なデータを守るためにも 耐衝撃性だけは妥協しないようにしましょう。 とりわけ 低反発性ウレタンをクッション材に仕様しているものは衝撃に強いので、頻繁に出し入れしたり持ち歩く機会が多い型におすすめです。 バッグに入れて持ち運ぶ事が多いのであれば、一般的なクッション材でも大丈夫です。 ただし、荷物を入れすぎると圧迫されて故障の原因になりますので、バッグがパンパンになっている方は一度中身の整理整頓をしましょう。 収納力で選ぶ ノートパソコンを持ち歩く方は屋外で作業する機会が多いと思いますが、マウスやケーブルといったアクセサリを持ち歩くこともあるはず。 収納スペースがあるノートパソコンケースならそれらをひとまとめにできるので、単体で持ち歩来たい方は 収納力もチェックしましょう。 バッグに入れて携帯する方は別で アクセサリポーチを用意したり、あらかじめ 収納スペースが設けられたバッグを用意するといった方法もあります。 マウスやACアダプタだけでなく、モバイルバッテリーやUSBケーブルまで持ち歩けると作業快適性は大幅に向上するでしょう。 おすすめのノートパソコンケース20選 ここからはHacktsu編集部が選ぶおすすめのノートパソコンケースをご紹介していきます。 耐衝撃性ならコレ! ノートパソコンケースを使うなら、耐衝撃性に優れているものを選びましょう。 tomtoc/ラップトップスリーブケース ハードシェルは見た目がいかにもですが、 サンワサプライの『 セミハードPCケース』ならそのままビジネスバッグとして使用できます。 書類やファイル、アクセサリを収納できる オーガナイザーポケットを搭載しており、 可動式の仕切りで電源ケーブルもスッキリ収納可能です。 高機能モデルもチェック! Makuakeでクラウドファンディング中の高機能ノートパソコンケースをご紹介します。 Roving works/MOBICASE2. 0 前モデルの『 MOBICASE』はHacktsuでレビューしていましたが、今回さらに進化して再びクラウドファンディングに登場です。 この『 MOBICASE2. 0』さえあれば、いつでもどこでもあなたのいる場所が快適なワークステーションに早変わり。 最大の魅力はディスプレイの高さを調節したり、前モデルよりさらに多くのアクセサリを収納できる機能性です。 また、 セミハードタイプのアウターシェルが中身をしっかりと保護。 洗練されたデザインはタウンユースにも最適で、ノマドワーカーの方には特におすすめ。  『 MOBICASE2. 0』のプロジェクトは 8月3日まで公開されており、現在は定価の23%OFFとなる 18,900円(税込)で入手可能。 すでに目標金額は達成していますので、リターンは 9月中に配送される予定とのことです。 そのまま持てるのはコレ! ビジネスバッグとしても使えるので、これだけで通勤することもできます。 Amazonベーシック/PCケース.

次の

【2020】ノートパソコン用人気のおすすめインナーケースランキング【10選】|パソログ

ノートパソコン おすすめ ケース

皆さん、ノートパソコン用のインナーケースはお使いでしょうか? 私の場合、旅行にノートパソコンを持っていくときに、そのままバッグに入れて持ち運ぶのは不安だなぁと思ったのが使い始めたきっかけですが、「安心してノートPCを持ち運ぶ」ため、旅行グッズのマストアイテムのひとつとなっています。 また夫は仕事でノートパソコンを毎日持ち運ぶので、通勤バッグの中には常にノートパソコン用のインナーケースが入っています。 バッグを多少雑に扱ってもパソコンにキズがついたり、物理的に壊れるといったことがないのは、インナーケースのおかげかなと思っています。 そんなノートパソコンを衝撃やキズから守ってくれる「インナーケース」ですが、いざ購入しようかな?と商品を探すと種類の多さに迷ってしまうことも。 今回は私の経験から、実用的にしっかり使えるおすすめインナーケースをランキングにしてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 ノートパソコン用インナーケースのメリットって? 衝撃・キズから守れる これがいちばんのインナーケースのメリットとなります。 衝撃から守ることで、物理的な破損やキズから守るだけでなく、衝撃による内部の精密機器を守ることで、パソコンに保存されている大切なデータなども守ってくれます。 特に持ち歩くことが多い人は、「衝撃吸収」性の高い素材でできたインナーケースを選ぶようにするとより安心ですね。 マウスなどの付属品などを整理して一緒に持ち運べる インナーケースの種類にもよりますが、収納ポケットが付いている商品を選べば、ポケット数に応じてマウスや電源コード、スマホ、筆記具などをまとめて整理して持ち運ぶことができます。 パソコンを守るだけでなく、バッグ内で入れ場所に困る小物の整理整頓もできるの点が、私にとって2番目に大きな魅力になっています。 サブバッグとして使える 持ち手が付いている「バッグタイプ」を選べば、インナーケース単体でも持ち運びやく、会社の会議など、ノートパソコンが必要なときにノートパソコン用のサブバッグとして活用することができますよ。 サブバッグとしても使いたい場合は、デザインにもこだわりたいですね。 ホコリよけになる 家の中でもインナーケースに入れて保管しておけばホコリよけになるので、持ち運ばないけど、家でも頻繁にノートパソコンを使わないという人にもおすすめです。 ちなみに私は旅行先の宿泊先では、慣れない部屋でうっかり落としてしまっても大丈夫なように、旅行バッグから出したら基本的にインナーケースに入れたままの状態で保管し、使うときだけケースから出して使っています。 選ぶときに気をつけるポイントは8つ• ケースの内寸とパソコンの実寸を必ずチェック• 硬さはセミハードかハードが安心• ハンドル・ショルダー付は持ち運びやすい• マウスなどの周辺機器が入る収納性が良いものを• 開口部がファスナー式でL字型・コの字は開けやすい• カバーを付けたまま使えるタイプは使いやすい• 衝撃を吸収してくれる低反発ウレタン、EVAフォームが素材としてはおすすめ。 デザインやカラーがオシャレだと気分も上がる 商品の「内寸」とパソコンの実寸を必ずチェック ノートパソコンには、11. 6インチ、13. 3インチ、15. 6インチと様々なサイズがありますが、同サイズでも、幅や厚みなど、微妙に異なります。 かならず「自分のノートパソコンの実寸」と、「商品サイズの内寸サイズ」を確認してから購入しましょう。 ちなみに「大は小を兼ねる」というのはノートパソコンのインナーケースにおいては当てはまりません。 パソコンをしっかり保護するために、ケースの中でパソコンがなるべく動かないようなサイズを選ぶことが大切です。 MacBookをお使いの方はこちらもチェック! 「素材」はセミハードかハードが安心 インナーケースに使われている素材にはノートパソコンを「キズ」や「衝撃」から守るために「ポリウレタン」などのクッション性のある素材が使われています。 普通に持ち歩くぶんにはそうした素材が使われている「インナーケース」を選べば問題ありませんが、自転車など衝撃が強く加わるような持ち運びをする人は、強い衝撃から守るために、外側がEVA樹脂素材の「セミハードタイプ」やABS樹脂素材の「ハードタイプ」など外側が硬い素材で覆われていて、中にしっかりクッションのあるタイプの商品を選ぶと安心ですね。 ただし、「セミハードタイプ」や「ハードタイプ」の商品はインナーケース自体が一般的なタイプの商品と比べて重いことが多いので、ケースの重さもチェックするようにしましょう。 また雨の日でも安心して持ち歩きたい人は、商品説明欄に「撥水」「防水」といった記載がある商品を選ぶこともポイントとなります。 持ち運びやすいバッグタイプなど「形状」で選ぶ 先の項目で触れた「バッグタイプ」には、インナーケース自体に「ハンドル」や「ショルダー」が付属していて単体でバッグのように使える商品や、バッグの中に入れて運ぶときには「ハンドル」が邪魔にならないように折り畳んだり収納できるようになっているなど、商品ごとに様々な趣向が凝らされています。 バッグのように単体で使える商品は、嵩張るものが多いのでインナーケースとして使いたい場合にはやや不便ですが、スーツケースが必要になる出張や旅行先では、ノートパソコンや最低限の荷物だけを持ち歩くサブバッグとして使えて便利です。 用途に合わせて、複数の形状のインナーケースを持っていると重宝すると思います。 マウスなどの周辺機器が入る「収納性」 シンプルにノートパソコンだけを収納するようなインナーケースよりも、個人的には周辺機器(マウス・バッテリー・電源コード・USBメモリなど)や、筆記具を一緒に収納しておけるケースが便利です。 ポケットの数が多ければ関連するアイテムをひとまとめにしておくことで、ノートパソコン使用時の利便性アップだけでなく、細々したアイテムの整理もできるので一石二鳥。 自分が一緒に収納しておきたいアイテムに合わせて、ポケットの数やポケットの大きさにも注目して選ぶことをおすすめします。 「開けやすさ」「使いやすいさ」も重要! 「開けやすさ」を重視する場合は… ケースノートパソコンがぴったり入るサイズを選ぶのが基本なので、天面だけ開くようなタイプのケースは、出し入れしにくいので、開口部の仕様がファスナー式で「L字型」または「コの字」に開くケースが出し入れしやすくおすすめです。 「使いやすさ(利便性)」を重視する場合は… 後述のランキング内でも紹介していますが、ノートパソコンをケースから出さずに、カバーを付けたまま使えるタイプがおすすめです。 ケースから出し入れする必要がないので、屋外でちょっと使いたいときなど、ノートパソコンを置ける机や台がない時にも便利ですよ。 衝撃を吸収してくれる「クッション性」は素材に注目! 軽くてクッション性に優れているため、内部のクッション材によく使われている素材は「低反発ウレタン」「EVAフォーム」になります。 分かっているようで実際どんなクッション材なのか知らない方も多いと思うので、それぞれのクッション材の特徴を簡潔にまとめてみました。 低反発ウレタン(低反発スポンジ、低反発ウレタンフォームと表記されることもあります)• 衝撃を包み込むように吸収する、柔らかいスポンジ• 水や空気を通しやすい EVAフォーム(ポリエチレンフォームの一種です)• 柔軟性と弾力性で衝撃を弾く、高密度なスポンジ• 水や空気が通らない クッション性だけでなく、防水性も重視したい方は「EVAフォーム」が使われている商品がおすすめです。 好みの「デザイン」や「カラー」で選ぶ ビジネスで使うのであれば、ブラックなどのモノトーン系が職場でも浮かずおすすめです。 プライベートで使うのであれば、ファッションアイテムの一部として、自分好みのブランドやデザイン、カラーを選ぶのも良いと思います。 ちなみに、女性でしたら北欧の人気ブランドの「マリメッコ」をはじめ、イギリスのブランドの「キャスキッドソン」、「ローラアシュレイ」、ユニセックスなところで、香港の人気バッグブランド「Hellolulu」、カナダのバッグブランド「ハーシェル」、イタリアのブランド「モレスキン」、「フェリージ」などでもインナーケースを見つけることができますよ。 ライター愛用のインナーバッグもご紹介! 私は基本的にバッグに入れて持ち歩くので、衝撃耐久性よりも、細々したアイテムが整理しやすく、コスパが良いという点で選びました。 ポケットの数は全部で8つ。 コの字に大きく開きます 写真のように大きく開くので、使用するときはインナーバッグごと取り出して、インナーバッグの上でそのまま使用することもあります。 また完全防水ではありませんが、多少の防水性もあるので雨天でも安心して持ち運べます。 伸縮可能なハンドルはバッグに収納している時にも嵩張らず、スリムに収納できます。 前面のポケットはマチがないのでマウスなど厚みのあるアイテムの収納には向きませんが、ケーブル等の厚みのない周辺アクセサリの収納は可能です。 薄型でスタイリッシュなデザインのインナーケースを探している人におすすめです。 サイズは「13-13. 5型」以外に「11-12. 9型」、「14-15. 6型」があります。 パソコン専用のインナーケースとしては販売していないので、衝撃耐久性については高くありませんが、バッグの中でノートパソコンや、書類、マウスや文具類を含む細かなアイテムを整理するインナーケースとして使いたいという方には、文具メーカーらしく実用性に優れた大きさのポケットがそろっているのでおすすめ。 サイズは「A4横型」以外に「A4縦型」「A5型」、「A6型」があります。 こちらの商品の特徴は、超軽量(170g)で、前面のポケットが縦、横どちらからでも出し入れできるという点になります。 価格がやや高い点で6位としましたが、個人的には総合的にいちばん使ってみたいと思えるインナーケースです。 カラーは「ブラック」の他に「ブラウン」「ライムイエロー」「ネイビー」など6色あります。 内側は8mm厚のクッションが内蔵されているので、しっかりと衝撃を吸収して保護してくれます。 またハンドル部分は使わないときは収納可能な仕様になっています。 ファスナーはコの字には開かないタイプなので、ケースを広げてそのままケースの上でノートパソコンを使いたいという方には不向きです。 サイズは「12型」以外に「13. 3型」、「14型」があります。 ナイロン素材にはない生地の、優しい雰囲気でシンプルデザインのインナーケースを探している人におすすめ。 コスパの良さと、収納性の高さで選びました。 PCを持ち運ぶのにも、もちろんしっかり機能しますが、ポケットが豊富なのでPCの代わりにメインポケットにA4サイズの書類を入れて、外側のポケットにスマホやペン類を収納して使っても便利です。 衝撃耐久性に優れた低反発ポリウレタンでしっかりノートパソコンを守ってくれるのはもちろんのこと、ハンドルを使わないときはケース本体に固定できる、折りたたみ式ハンドルが付いているのがおすすめポイントのひとつ。 3型」以外に「10. 1-12. 1型」、「15. 6型」があります。 こちらの商品のいちばんの特徴は「パソコン収納部」と「アクセサリ収納部」をファスナーで切り離せる仕様になっている点。 「アクセサリ収納部」にはマウスやACアダプタなど厚みのあるアイテムも余裕をもって収納できるマチがあり、それぞれのポケットにアイテムのマークがあり整理しやすいですね。 5cmとややバッグインするには嵩張りますが、ノートパソコン周辺のアクセサリを機能的に収納できるインナーケースを探している人には使いやすくおすすめです。 【2020年最新版】ノートパソコン用インナーケースの比較表はこちら 商品画像 No. 1 インチ・外寸:約 14. 5 x 10. 5 x 1. 6インチ 13~13. 3インチ 13. 3インチ 12~13. 3インチ 13~14インチ程度(A4サイズ) 12インチ 13インチ 13~14インチ程度(A4サイズ) 13~13. 5インチ 12. 15インチのMacBookにぴったりですが、最大約34. 8 cm x 24. 1 cmの14インチノートパソコンにも対応しています。 傷つきやすいコーナーやエッジ部分を保護するパッド補強が入っており、衝撃耐久性も高くしっかりとPCを守ってくれますよ。 13インチサイズ、16インチサイズ用の2サイズ展開です。 ケースロジックは、コンピューターケース全商品(キャスターつきのもの、およびコンピューターアクセサリーを除く)の保証が25年という長期間なのが特徴でもあるブランドで品質が非常に高いです。 無印良品らしい「こんなの欲しかった!」がかなえられたインナーケースは、収納性にとても優れているのが特徴のひとつ。 スマホを入れておけるポケットの下部は、充電ケーブルが通せるようになっており、入れたまま充電できます。 他にもペン用の細いポケット、A4サイズのノートを入れておけるポケットなど使いやすいポケットが充実していますよ。 PCの底面になる部分がフラットなのでやや熱がこもりやすいかもしれません。 キレイなカラー展開と遊び心のあるデザインだけでなく、ウエットスーツにも使われていて衝撃吸収に優れた「ネオプレン素材」が採用されており、大切なノートパソコンをしっかり守ってくれますよ。 カラーは「スカイブルー(ミルクセーキ柄)」「バイオレット(ビール柄)」「グリーン(ロブスター柄)」「ブルー(デイジー柄)」「オレンジ(フラミンゴ柄)」の5種類。 持っているだけで注目を集めること間違いなしのユーモアあふれるトースト型で、カラーは 「ブラウン」「ピンク」「ブラック」の3色展開。 ピンクは、甘いジャムやクリームが塗ってあるのかな?ブラックはトーストが真っ黒に焦げてしまったのかな?と思うと面白いですよね。 サイズは13インチ用のほかに、「15インチ」「11インチ」用もありますよ。 ほかでは見ない個性的でユーモア性の高いインナーケースを探している方におすすめです。 第1位 O,LD! 」の人気キャラクターであるモンナニ3兄弟と、実用的で高品質なことで有名な韓国のバッグブランド「Sweetch」とのコラボインナーケースです。 男女問わず使うことができるシンプルながら洒落が効いたデザインで、背面と内部に大きなポケット付きと、収納性も備えた商品はなかなか見ないので1位とさせていただきました。 素材は生活防水機能のあるナイロン素材。 内部に綿が入っているのでふかふかなさわり心地で軽い衝撃からも大切なノートパソコンを守ってくれますよ。 カラーは「ブラック」「ホワイト」の2色展開、サイズは「13インチ」「15インチ」用から選ぶことができます。 頻繁に持ち歩くなら、汚れの目立たちにくい「ブラック」がおすすめです。 ノートパソコン用インナーケースの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ノートパソコン用インナーケースの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 優秀なインナーケースでPCの持ち運びもノンストレス! 今回は需要の一番多い13-13. 3インチ対応でビジネスシーンにおいても実用的にしっかり使えるインナーケースを中心に紹介してきましたが、いかがでしたか? 高価なノートパソコンをしっかり守るため、仕事や旅行でノートパソコンを持ち歩く機会が多い人はもちろん、家の中でもノートパソコンをキズや物理的な故障から保護するのに便利なインナーケースは、それぞれの使用シーンによって複数使い分けるのもおすすめです。 ぜひ、自分にとって便利で使いやすいインナーケースを見つけてみてくださいね。

次の