テラス ハウス コロナ。 “強制わいせつ事件”も起きていた【テラスハウスの闇】 木村花さんを追い詰めた「過剰演出」と「悪魔の契約書」:時事ドットコム

“中国出身の黒髪美女”ロン・モンロウが『テラスハウス』新入居者に

テラス ハウス コロナ

「新型コロナの影響で『テラスハウス』の収録が中止となったことが、彼女をより孤立させました。 プロレス興行も延期となってしまい、憎悪むきだしのSNSの言葉に、日に日に追い詰められていったんだと思います」(番組関係者) 亡くなった木村花さん(「テラスハウス」番組HPより) 玄関ドアには「有毒ガス発生中」の貼り紙 女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さでこの世を去った。 23日未明、東京・江東区にある自宅マンションの部屋で心肺停止の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。 警視庁は自殺とみて調べている。 「娘の異変に気付いた母親が自宅に駆けつけると、玄関ドアには『有毒ガス発生中』と書かれた紙が貼られていた。 「プロレスを皆に知ってほしい」という思いから、Netflixで全世界に配信されフジテレビでも放送されている恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に、2019年9月から出演していた。 だが、その番組制作の過程に問題はなかったのだろうか——。 〈テラスハウスは、見ず知らずの男女6人が共同生活する様子をただただ記録したものです。 用意したのはステキなお家とステキな車だけです。 視聴率低迷に喘いでいたフジテレビにあって、中高生を中心に熱狂的な支持を集め、23時台にもかかわらず、最高視聴率9. 1%を記録。 番組YouTube公式チャンネルのトータル再生回数は3億回を超えた大ヒット作品となった。 「週刊文春」(2014年6月5日号)では、同番組のディレクターらによる出演者へのセクハラやパワハラ、やらせ強要をスクープ。 同年9月で番組はいったん終了した。 A氏は撮影現場のベッドに入り込み、キスと関係を迫った だが、2015年2月に劇場映画版「テラスハウス クロージング・ドア」が公開。 同年9月から動画配信サイト「Netflix」で新シーズンがスタートした。 「2014年12月、被害者のB子さんは1人で女子部屋で寝ていましたが、そこにA氏が侵入。 B子さんのベッドに入り込み、キスを迫ったのです。 キスの後で男女の関係を求めてきたA氏に対し、B子さんはA氏の頭を抱え、なだめることでその場を収めました。 この日の夜は収録がなかったのですが、たまたま、シェアハウスにA氏とB子さんの男女1人ずつしかいないという状況になってしまったのです」(前出・番組関係者) 当時、A氏本人に事実確認を求めると「お話しできません」と答えたが、強姦や準強姦ではないと主張。 B子さんは電話取材に対して示談書の存在を認めた上で、「示談の時に、口外しないというのを条件で弁護士さんを通してしまったのでお話しできません」と答えた。 フジテレビの企業広報室は当時、「撮影時以外の出演者の行動に関しては、お答えする立場にございません」と回答している。 このフジテレビの回答に、制作側のスタンスがよく表れている。 取材班は当時からテラスハウスをはじめとするリアリティー番組の危うさを指摘していた。 各国で起きるリアリティー番組出演者の自殺 「米国では2004年から2016年のあいだにリアリティー番組の出演者20人以上が自殺したと報じられています。 イギリスや韓国も同様の事態が起こっているそうです。 いまや日本でもリアリティー番組は全盛と言えますが、メンタル面も含めた出演者のケアなどの対策を制作サイドが実施しているなんていう話は聞いたことがありません。 日本の撮影現場でも、多くの出演者が自分の描かれ方に作為的なものを感じ、世間に誤解されることについて深く傷ついているのは事実なのです」(制作会社関係者) 木村さんが亡くなったのは、3月31日配信の第38話が原因だと言われている。 プロレスで使用する木村さんのコスチュームを男性共演者が洗濯機にかけて縮ませてしまい、男性に木村さんが激怒するという「コスチューム事件」に番組のファンが反応。 木村さんのSNSには誹謗中傷が殺到した。 当該のエピソードが配信されてから1カ月半以上が経っても批判を浴び続け、木村さんは母親に相談するほど悩んでいたという。 「もう一度やって」撮り直しは日常茶飯事 「花さんは真面目で、プロレスでも与えられたヒール役を一生懸命こなしていた。 そのリング上での激しいキャラクターのイメージを踏襲して、番組でも木村さんが感情的になるシーンを選んで使っているように感じました」(前出・番組関係者) 番組での木村さんの激しいキャラクターは演出によるものではなかったのか。 ケンカや恋愛相談など、メンバー同士の話でわかりにくいところは、『もう一度やって』と指示して、撮り直しは日常茶飯事でした。 マネジャー抜きでメンバー全員がスタッフに集められていたこともあった。 そこで全体的な流れや方向性を説明されていたことを後から演者に聞いて知りました。 全体的な流れはスタッフが誘導していました。 知人女性が代弁する。 一方的に罵倒しているように編集されて…… 「番組内でほかの共演者と口論になったときに、自分が相手に悪口を言っているところだけが使われて、一方的に罵倒している感じに編集されたそうです。 出演者はテラスハウス内に設けられているプレイルーム(メンバー同士で放送内容を見る場所)で初めて編集された内容を知るのですが、その子も放送される番組を見て唖然として言葉も出なかったと言っていました。 彼女も精神的にやられて、かなり落ち込んでいました」 熱心なファンであればあるほど、放送内容への反応は熱い。 そしてその反応はすべて出演者にダイレクトにぶつけられる。 今回問題となったSNSの誹謗中傷に対して、フジテレビや制作現場は、適切に対応していたのだろうか。 別の芸能プロ関係者が打ち明ける。 「番組の出演者で誹謗中傷が来ない人はいないと思います。 事務所のマネジャーと密にコミュニケーションが取れている人は、『誰でも書かれるから気にしないで。 嫌ならSNSを止めてもいい』とフォローされていました。 正直、番組側はトラブルが起きても『自分たちでなんとかして下さい』という無責任なスタンスで、誹謗中傷から守ってはくれません。 「番組は責任を負わない」悪魔の契約書 そもそも、オーディションに受かって番組出演が決定すると、過去には『収録中に起きた事故などは番組は責任を負わない』『番組内でのことは口外しない』といった内容の契約書にサインさせられることがありました。 『悪魔の契約書』ですよ。 花さんにはフジテレビ側からなんの補償もない可能性もある。 むしろ番組が打ち切りとなったら、花さん側にクレームを入れる関係者も出てくるんじゃないかと危惧しています」 フジテレビとイーストが回答「制作側に賠償を求めない旨などの記載はございます」 番組を制作するフジテレビとイースト・エンタテイメントに、契約書の存在や演出の適正、誹謗中傷への対応などについて、事実確認を求めたところ、次のような回答があった。 《『テラスハウス』に台本はありません。 撮影の都合で、場所や時間などについて出演者と事前に協議したり、意思をヒアリングしたりすることはございますが、出演者の意思や感情に沿わない演出をして撮影することはございません。 また、出演者との同意内容には、出演者の責により損害が発生した場合は、制作側に賠償を求めない旨などの記載はございますが、ご指摘のような文章はございません。 なお、新型コロナウイルスの影響を受けて、3月下旬から撮影は中止しております。 今はご遺族のお気持ちもございますので、これ以上のコメントは差し控えさせていただきます》(フジテレビジョン企業広報室) 《出演者との同意内容では、出演者の責により損害が発生した場合は制作側に賠償を求めない旨などの記載はございますが、ご指摘のような文はございません。 『テラスハウス』に台本はありません。 撮影の都合で、場所や時間などについて出演者と事前に協議したり、意思をヒアリングすることはございますが、出演者の意思や感情に沿わないような演出をして撮影することはございません。 『テラスハウスTOKYO2019-2020』において、同じ建物内に常駐スタッフはおり、木村花さんをはじめ番組にご出演いただく方々とスタッフの間では日々近況を共有するようにしておりましたが、コロナ感染拡大防止のため3月下旬に出演者を含む撮影の停止以降も、必要に応じて近況の共有は行っておりました。 今はご遺族のお気持ちもございますので、これ以上のコメントは差し控えさせていただきます》(イースト・エンタテイメント) 木村さんの急死を受けて5月26日、高市早苗総務相は「発信者の特定を容易にするための方策を検討する予定」「どのような手段であれ、匿名で他人を誹謗中傷する行為は人として卑怯で許しがたい」などとコメント。 制度改正も含めて対応する考えを明らかにした。 当事者である番組制作サイドの対応にも注目が集まる。

次の

“強制わいせつ事件”も起きていた【テラスハウスの闇】 木村花さんを追い詰めた「過剰演出」と「悪魔の契約書」:時事ドットコム

テラス ハウス コロナ

まじで早くきえてくれよ》(原文まま) 現在放送中の恋愛リアリティ番組『テラスハウス2019-2020』に出演中だった女子プロレスラーの木村花さん(22)が、23日未明に亡くなったことがわかった。 木村さんは亡くなる直前と思われる午前3時に自分のSNSを更新。 インスタグラムのストーリーには《愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね。 /さようなら》という意味深なメッセージを投稿し、一部のネット掲示板では心配する声もあがっていた。 また、木村さんがツイッターで最後に『いいね』をしたのが冒頭のコメントだった。 『テラスハウスウォッチャー』の女性誌記者が解説する。 「 ここ2か月ほど、花ちゃんのSNSは炎上していて、消えろなどのコメントはもうしょっちゅうでした。 インスタグラムはコメント制限をかけていたのですが、ツイッターにはあらゆる罵詈雑言があふれていました。 それを心配した母親で元女子プロレスラーの木村響子さんはアンチに応戦する姿勢を見せましたが、花ちゃんが亡くなる今日までアンチからの攻撃が止むことはありませんでした」 なぜ木村さんは亡くなったのか。 テラスハウス入居からこれまでを振り返る。 4月からスタートした今シーズンにおいて5人目となる女子メンバーだった。 「それまでのテラハのメンバーは、どちらかというと心の内を明かさないタイプが多く、全体的に暗かった。 スタジオメンバーも花のことはベタ褒め。 あの山ちゃん(山里亮太)も見守っていました」(前同) 木村さんは入居してすぐにバスケットボール選手の田渡凌さん(26)にひと目惚れ。 不器用ながらもアタックするが失恋。 避けられ冷たくされる日々が続き、涙する場面が増えていきました」(同) このころは放送回のSNSでも応援コメントが圧倒的に多く、ファンとの微笑ましいやりとりなども見られた。 このとき木村さんには新しい恋が始まっていた。 スタンドアップコメディアンを目指す小林快さんだ(26)。 凌さんとの恋で凹むたびに話を聞いてくれた彼に木村さんはだんだん心を開いていく。 そしてクリスマスを迎え「花のことが気になっている」と告白され、幸せの絶頂にいたように思えたがーー。 「 実際には収録と放送のあいだに2か月ほどのタイムラグがあります。 視聴者はメンバーのSNSをもちろんチェックしていて、花と快がラブラブな放送回を見る一方で、リアルタイムで花が快のインスタグラムのフォローを外したことに気づきます。 同じころ、凌も花のインスタグラムのフォローを外しています。 凌が花のフォローを外す前に卒業メンバーの愛華、春花、流佳と食事をしていたことをアップしていて、その後、一時的に花が愛華のフォローを外すということもありました。 そのことから愛華が凌に、花に関して良くないことを吹き込んだのではと推測する声もありました。 視聴者の一部はメンバーのSNSアカウントのフォロー、フォロワーから誰に何回いいねをしたかなどの言動まで詳しくチェックしているのです」(同) このころから木村さんは少しずつ荒んだ心境を投稿してはすぐに削除などをするようになっていく。 他のメンバーとダブルデートをした京都旅行でも快はお金も出さずに不機嫌。 「そのあと中身を確認しないで快が洗濯機をまわしてしまったことで花のコスチュームは縮んでしまうんです」(同) 入居メンバー6人全員が集まったリビングルームに木村さんの怒声が響く。 《一緒に住むんだったら人のこともっと考えて暮らせよ! 限界だよもう! 京都の時からさ、自分のことしか考えて行動してないじゃん!!》 張り詰めた空気がテラハを襲った。 「わめき散らす花にただ謝ることしかできない快。 《命より大切なコスチュームを洗濯機に入れっぱなしにするな!》 《お前も悪いだろ》 《暴力行為とか最低》 などの批判コメントが殺到し、木村さんはその夜、包帯に血がにじんでいるような画像をインスタグラムのストーリーにアップ。 そこには《すみませんでしあ/消えれるもんなら早く消えたいよ/生きててごめんなさい。 良い人じゃなくてごめんなさい。 嫌な気持ちにさせてごめんなさい/消えて無くなったら許してくれますか? 消えたらみんなに愛してもらえますか。 /わたしはみんなの事が好きです。 》(原文まま)とあり、 これに対しても、 《悲劇のヒロインを気取ってる》 《かまってちゃんかよ》 《早く卒業しろ》などのコメントが相次いだ。 翌週の放送回(39週)で快は卒業。 物語の中心は他のメンバーにうつり、木村さんに対するコメントも少なくなってきたが、5月前半には最初の恋の相手である田渡凌さんが木村さんだけを省いたメンバーの写真をインスタグラムにアップ。 メンバー同士の不仲疑惑も浮上した。 「凌のインスタ投稿で花に同情する声が高まるなか、5月13日に『テラスハウス』の公式YouTubeアカウントに配信された番組未公開シーンで再び炎上してしまうんです。 コスチューム事件以降、心配した女子メンバーが花に話しかけようとします。 その発言の裏には快にメッセージを送ってもスルーされ、自分から弁償を申し出た快を信じたかったのに裏切られた、などの思いがあったのではないでしょうか。 しかしこの放送を見た視聴者は反省していないと捉えてしまうのです」(同) 19日に配信された42週の放送回では「 恋愛よりも人として成長したい」と話していた木村さん。 コロナの影響で撮影が中止される前の3月に撮影されたものと思われるが、彼女はこの2か月で追い詰められていったのかーー。 「批判コメントをひとりで読んでいた」 若者の生きづらさや、自殺問題を取材するジャーナリストの渋井哲也さんは、 「木村花さんは孤立した末に自死したのだと思います。 死因はあきらかにされていませんが噂されている通りの硫化水素自殺だったら、前もって用意した末の自殺です。 コロナでステイホーム週間の中、毎日100通近い批判のコメントをひとり読んでいたのが本当ならば、アンチでもいいから自分をかまってくれる状況を選んだのでしょう。 それが彼女が抱えていた孤立感を表しています。 今回の問題は番組側にも責任があると思います。 炎上する部分を番組側が煽って視聴率を稼ぐのならそのぶん、出演者の心のケアをしなくてはいけなかった」 とし、制作サイドを批判。 続けて、 「 最後に綺麗な自分の姿を残してメッセージまで発信することに強烈な自己愛を感じます。 台本がないというのが本当ならば、立て続けに失恋して自尊心も奪われた状態で、さらに炎上したら木村さんがどうなってしまうのか考えられる大人が周囲にいなかったのか。 韓国ではク・ハラさんをはじめとするネットをきっかけとした自殺が多いですが、もしかりに木村さんが自殺していたすれば、日本でこのようなケースは極めて稀です。 出演者に適切な対応をしたのか。 同じような状況を生まないためにも第三者による検証や、リアリティ番組のガイドライン策定など、一刻も早い対応が求められます」 とした。 23日夕方、番組側はホームページにお悔やみのコメントを掲載するとともに、配信予定だった木村さん出演の43週、44週を休止することを発表した。

次の

『テラスハウス』がコロナで配信中止…「終わりでいいよ」の冷めた声

テラス ハウス コロナ

韓国のリアリティ番組「ハートシグナル」は日本のAbemaTVでも視聴可能 HUFFPOST KOREAが、韓国と日本のテレビ番組の違いについて興味深いを掲載した。 記事が取り上げた日本の番組は、「テラスハウス」。 ご存知の通り、2012年からフジテレビが放送する恋愛バラエティ番組であり、前シーズンからはNETFLIX(ネットフリックス)と協力しネットを通じた世界配信も行っている。 記事ではまず、「テラスハウスALOHA STATO(ハワイ編)」について詳細に説明をしている。 初めて会う10代~20代の6人の男女が、一つ屋根の下で共同生活を行う。 企画のようなイベントや台本もなく、カメラは淡々と6人の生活を追いかけ続けるのだが、男女6人の恋愛を軸にした人間模様がリアルに描かれる。 その様子を芸能人たちが観察し番組を盛り上げる。 韓国にも、「テラスハウス」に似たような恋愛バラエティ番組がある。 初めてのシーズンを終え、次回第2シーズンの一般募集を行っている「ハートシグナル」という番組だ。 この番組も「テラスハウス」同様、6人の男女が「シグナルハウス」と呼ばれる一軒家で1か月の共同生活を送るのだが、「テラスハウス」と違い、「好きになっても直接告白をしてはいけない」、「毎晩皆が集まり気になる相手にメールを送る」等の「イベント」が盛り込まれている。 その様子を、やはりスタジオの芸能人たちが観察し、若人の恋愛の行く末を推理していくという番組だ。 記事の視点で興味深いのは、日本と韓国、両方の恋愛バラエティ番組における登場人物たちの「描き方」の違いに関する指摘だ。 「テラスハウス」のハワイ版における最初の登場人物たちは、イラストレーターを夢見るローレン、母が経営するTシャツ屋で働く26歳のエビアン、アルバイトをしているナオミ、ハリウッドの俳優を目指しているユウヤ、家具職人の27歳エリック、ギターとウクレレが得意なユウスケの6人である。 番組から家と車は提供されるが、普段の生活やデートのため出演者たちのほとんどはアルバイトをしている。 彼ら彼女らの多くは「アルバイトをしながら夢の実現のために頑張っている」と自分を紹介する。 社会的な羨望を集める職業の出演者はほとんどいない。 学力や学歴を前面に押し出したりもしない。 実家の資産や生活のバックボーンを聞く人もいなければ、知る由もない。 すくなくとも画面の中の出演者は、お互いの身の上や社会的なスペックではなく、人となりの魅力に惹かれ合っているように見える。

次の