いびきをかかない方法。 いびきをかかないで寝る5つの方法!

いびきをかかない方法!治し方の秘訣や厳選対策グッズ公開!

いびきをかかない方法

Contents• いびきの簡単な治し方 まず最初に、いびきの簡単な治し方をいくつかあげてみます。 ここで注意したいのは、いびきの原因は様々で、治し方も原因によって変わってくるということ。 自分のいびきの原因を確かめて、自分に合った治し方を試してみてください。 枕を変える 軽いいびきをかいている場合は、枕の高さが合っていないことが考えられます。 枕が高すぎても低すぎても、喉の気道が圧迫されて、いびきをかいてしまいます。 首が平行にまっすぐになるように、枕の高さを調整しましょう。 横向きに寝る いびきの主な原因は、仰向けに寝たときの舌の落ち込みによって気道が狭くなることにあります。 横向き寝に変えるだけで、たいていのいびきは減らすことができるんです。 横向き寝で寝るときのポイントは、頭部と首、体が一直線になるように枕の高さを調整すること。 そうすれば気道が確保されて、いびきをかかなくなります。 ただ、ふだんから横向き寝をしていないと、途中で寝返りを打って仰向けに戻ってしまいますので、横向き寝用の専用枕や、もしくは抱き枕を使うのがおすすめ。 しかし、寝返りをきっかけに、頭が枕から外れてしまうと横向き寝用枕の効果はなくなりますね。 お酒を控える 毎日、晩酌をするという人は要注意。 アルコールには筋肉を緩ませる効果があり、お酒を飲んで寝ると喉の気道を支える筋肉が緩み、舌がより落ち込みやすくなって、いびきがひどくなるんです。 毎日の晩酌では適量を守りましょう。 また、適度に休肝日を作ってください。 適量は、ビールなら500ml、焼酎なら100ml。 少ないと感じるかもしれませんが、お酒を控えるだけでいびきを抑えることができて、健康にも気をつかうことができるのですから。 ツボ押し いびきに効くツボがあります。 人迎(じんげい) 首回りの血行をよくするツボ。 場所は、のど仏から指2本分だけ外で、ちょうど脈を感じるところです。 親指とひとさし指ではさむように軽く触れて、30秒間くらいかけて左右にゆすります。 迎香(げいこう) 鼻づまりに効果のあるツボ。 場所は小鼻の両脇のくぼみで、両方の人差し指をツボにあて、下から上(鼻の付け根)に向かって押し上げるように刺激します。 3秒で押し上げ、3秒で元に戻す感じで、20回ほどやってみてください。 風池(ふうち) これも鼻づまりに効果のあるツボ。 場所は首の後ろにあるくぼみの、髪の生え際。 左右に1か所ずつあります。 後頭部で親指だけを出すようにして両手を組んで、その親指で髪の生え際を刺激します。 3分間くらいかけて、ゆっくり押しましょう。 力加減は自分が気持ちいいと感じる程度で。 口閉じテープ この後にご紹介する「あいうべ体操」によるトレーニングによる効果は、いびきの改善に作用するまでに3ヶ月と時間がかかります。 そこで、いびきが改善されるまでの間、使用するとよいのが口閉じテープ。 口を開けて仰向けで眠ると舌が落ち込んでしまうため、気道が狭まり、これがいびきの原因に。 口をしっかりと閉じて鼻呼吸をするだけでも、いびきは大きく改善します。 使い方は簡単で、寝る前に口に対して縦にテープを貼るだけ。 横幅が広いタイプのものだと、横からの息漏れが少なくて済みます。 口に貼ったときの違和感が気になる人は、 唇にあたる部分がくっつかないタイプがおすすめ。 貼ってもすぐに取れてしまう、という人には、 強力接着タイプを。 ただ、唇が乾燥しがちな人は、はがすときに唇を傷つけないよう注意。 もう一つ、 口全体をしっかりカバーする独自の形をしたタイプがあります。 こちらは医療用のシリコン素材を使っているため、唇にも優しいんです。 いびきを治すということ いびき防止グッズや手術に頼らずにいびきを治して、夫婦円満になる方法があります。 あなたは今、このようなことでお悩みではないでしょうか。 いびきがうるさいと、奥さんから文句を言われる• いびきが原因で夫婦関係が気まずい• 市販のいびき防止グッズをいろいろ試したが、いまひとつ効果がない• 睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思っている• できれば手術はやりたくない• いびきが気になって、家族や友人と旅行に行くのは気が進まない• 睡眠時間は十分なのに朝の目覚めがすっきりせず、日中に眠気を感じる 正しい方法さえ知れば、誰でもある程度はいびきを改善できます。 しかもあなたの身近にある方法で。 お金もかからず、特別な道具も全く不要です。 あなたがいびきを治すことで、あなた自身の快眠と健康を手に入れることができます。 それだけにとどまらず、今あなたの健康を心配しつつ、自身も寝不足で悩んでいる奥さんを救うことにもなるんです。 そしてそれが夫婦、さらには家族全体の幸せにもつながっていくんです。 これは何も大げさなことではなく、本当にそうなります。 あなたがいびきを克服した先に待っているのは、自信にあふれた、幸せで充実感のある毎日。 そんな素敵な毎日を過ごしている自分を想像してみてください。 あなたが一日も早くいびきを改善し、健康で幸せな日々を送られることを願っています。 いびきをトレーニングで完治させる方法 ここでは「いびき体操」をご紹介します。 「あいうべ体操」とも呼ばれます。 注釈)あいうべ体操は福岡市の内科医である今井一彰先生が考案した方法です。 この体操で口まわりの筋肉を鍛えることで、舌を支える筋肉を強くし、舌が落ちるのを防ぐことができ、空気の通り道を確保できるようになります。 特に、舌を前上方向へ引き上げる筋肉が鍛えられるので、寝ているときの気道確保に役立つんです。 では、実際にやり方を説明します。 あいうべ体操は、「あー」「いー」「うー」「べー」の順番で口を動かすだけの体操です。 声は出しても出さなくてもかまいません。  いびき体操(あいうべ体操)のやり方:• 「あー」と口を大きく開けて、1秒キープ。 「いー」と口を横に大きく広げて、1秒キープ。 「うー」と口を思い切りすぼめて、1秒キープ。 「べー」と舌を出して、1秒キープ。 前にではなく、下に向かって出すように意識して。 これを10回繰り返します。 10回を1セットとして、1日に3セット行うと効果的。 一度に3セット行う必要はありません。 朝、昼、晩で1回ずつでもOKです。 ポイントは、1つ1つ大きく口を動かし、ゆっくりと行うこと。 なお、トレーニング方法と合わせて、こちらの記事ではいびきの原因についても記載していますので、ご確認ください。 参考: まとめ 今回はいびきの比較的簡単な治し方と、いびきを根本から治すためのトレーニング方法の2本立てで、全てをお伝えしました。 いびきの原因は人それぞれであるため、その対処法もいろんな選択肢の中から自分に合ったものを選ぶということが大切になってきます。 1つ試したけどダメだった、とすぐにあきらめることなく、いろんな治し方を試して探していきましょう。 いびきの原因がある程度絞れると、治すのもより効率よくできますね。 まずは簡単にいびきを治して、快眠と健康、そして幸せを手に! 応援クリックをポチッとお願いします!.

次の

いびき対策に横向き寝!朝まで楽にキープする方法

いびきをかかない方法

いびきをどうにかしたいと思うけど、何から始めれば良いか分からない… あなたはこうしたお悩みを持ってはいないでしょうか? いびき解消のための方法には様々なことが言われていますが、枕といびきにも深い関係があることは今では有名な話です。 実際、枕を変えるだけでいびきが収まってしまった、なんて話もよく聞きますよね。 でも、どのような枕がいびきを効果的に抑えてくれるかを知っている人はまだまだ少ないのではないでしょうか? 結論から言うと、いびき防止用の枕選びには枕の高さをはじめ、素材や硬さといった様々な要素がカギとなるんです。 そこで、今回はいびきと枕の関係性やオススメの枕の選び方についてご紹介していきます! コンテンツ• いびきと枕の関係性って? いびきがおきる原因 そもそも私たちはどうしていびきをかくのでしょうか? そのメカニズムは至ってシンプルで、睡眠中に 「鼻や喉の空気の通り道が狭くなる」ことによって起こると言われています。 鼻や喉の狭くなったスペースに空気が無理やり通ることで、口の奥にある粘膜が震えていびき特有の「ゴォォォ!! 」という音が鳴るんですね。 しかしさらに詳しく見てみると、空気の通り道が狭くなる原因には 肥満やお酒、疲れ、加齢など様々なものがあります。 各原因については割愛しますが、こちらでは「いびきは空気の通り道が狭くなる」ことでいびきが起こるということを抑えておけばOKです。 いびきをかかない方法とは? いびきは「空気の通り道が狭くなる」ことで起こるもの。 それなら 空気の通り道をしっかりと確保してあげることができれば、いびきを収えることができるはずですね。 いびきをかく多くの方が寝ている時に顎が下がっていたり、舌が喉奥に落ち込んだりすることで喉の空気の通り道を狭めています。 そして、これをもっとも簡単に解決できる方法が 「横向きで寝る」という対策です。 横向き寝では顎が喉を圧迫したり舌が喉奥へ落ち込む影響を避けることができるため、多くの方がいびきの減少を実感できるんですね。 これは一つの例ですが、いびきの解消には横向き寝のような「空気の通り道をしっかりと確保してあげる対策」がまず重要になるわけです。 そして、こうした空気の通り道の確保に 「枕」はとても重要な役割を果たすのです。 いびきをかかない枕とは? いよいよ本題ですが、 いびきをかかない枕とは具体的にどういったものなのでしょうか? ここまでで、いびきは空気の通り道をスムーズにすることで解消できるということをお話ししました。 実は、こうした状態は自分にぴったりと合った枕を選ぶことで作ることができるんです。 枕の高さがカギ! いびきと枕の関係性でよく話題に挙げられるポイントが 「枕の高さ」です。 ある研究では、普段いびきをかかない人が 枕の高さを5mm下げただけでもいびきをかいてしまったという事例があります。 これは、枕を低くしすぎたせいで首の角度が変わり、舌が喉奥に落ちやすくなったことで空気の通り道が塞がれてしまった一例です。 それでは、枕が高ければ良いのか?というと、そういうわけでもありません。 枕は高くしすぎると舌は顎が喉を圧迫して気道を狭くしてしまうんです。 つまり、いびきをかかないための枕の高さは 「舌が喉奥へ落ち込まない」「顎が喉を圧迫しない」と言った2点をバランス良く抑えていることが重要となります。 いびきを効果的に解消していくためには、これらの条件を満たす「ちょうど良い高さ」の枕を見つけることが大切なんですね。 自分にあった枕の高さを知ろう! タオルを使う方法 いびきをかかないちょうど良い枕の高さを見つけたい時にオススメな方法が、 枕の下にタオルを敷く方法です! バスタオルやブランケットなどを枕の下に敷いて、毎日高さを少しづつ調整することでいびきをかかない高さを見つけるのです。 枕の高さ調整を行った日は自分のいびきを録音しておくと、いびきがどのように変わったかを確認することができますね。 ただし、何度やってもいびきが収まらなかったという場合は、 今使っている枕が高すぎるということになります。 その際には現在の枕より低めの枕の購入を検討してみましょう。 このように、タオルを使った方法なら普段忙しい方でもすぐに実践することができますね。 また最適な高さを覚えておけば旅行先などでも自分で簡単に調整することもできるのでとてもオススメです。 プロにみてもらう方法 百貨店には 寝具や枕の専門店が入っている場合があります。 そしてほとんどの場合、その店で働いているスタッフは皆睡眠の頼れるアドバイザーです。 近くにそういったお店がある場合は、店員さんのアドバイスを直接仰ぐことも可能です。 自分に合った高さの枕を見つけるためにも、いびきに関する悩みや今使っている枕のことなどトータルで相談してみましょう。 お店によっては かなり細かく数値化して分析してくれるところもあるようです。 それを参考に自分の気に入った枕を探してみる…というのも、一つの方法と言えそうですね。 いびき防止におすすめの枕とは? オーダーメイドで作る「my makura」 「my makura」は九州を中心に全国展開している 眠りの専門店です。 睡眠時のいびきをはじめ、頭痛や肩こり、不眠などの悩みを抱えた方へ、専門家が1人1人に合わせた 完全オーダーメイドの枕を作ってくれるんです! my makuraでは枕の高さはもちろんのこと、スタッフの方が1人1人に 睡眠中の悩みから生活習慣まで丁寧にヒアリングしてくれます。 そのヒアリングを元に様々な素材をグラム単位で組み合わせ、自然な寝心地の枕が完成します。 またオーダーメイドというと何ヶ月も待つようなイメージがありますが、「my makura」では30分ほどで仕上がり、その日に持ち帰ることができます。 仕上がった枕はその場で微調整も自由に行えて、 購入後のメンテナンスも一生涯無料! 枕の耐用年数や身体つきの変化によって枕が合わなくなる心配も無用です。 更にご家庭の 洗濯機で洗うことができますので、いつでも清潔に保つことが出来るのも長く使える秘訣です。 ただ一つ難点なのが、全国どこでも店舗があるわけではないという点。 全国展開はしているものの東〜北日本の店舗数が少なく、近くにお店がない場合は購入が難しくなってしまいます。 鹿児島や福岡などでは店舗数も多くなっているようですので、九州にお住まいの方は是非チェックしていただきたいお店です! マイまくら公式サイトはこちら 横向き寝を快適サポート!「YOKONE2」 横向き寝は 空気の通り道をしっかりと確保してくれるため、いびき改善にとても効果的な対策です。 でも一般的な枕ではなかなか横向き寝がしっくり行かないことも多いですね。 そこでおすすめしたいのが、横向き寝にぴったりの枕 「YOKONE2」です! YOKONE2はいびきを改善して睡眠の質を高めてくれる、横向き寝に最適化された形状で作られた 高反発ウレタン枕です。 また一般の枕では横向き寝をした時に首や肩に負担がかかるところを、YOKONE2では首元や頭部をしっかり支えて安眠をサポートしてくれるんです。 付属の高さ調整用ウレタン板が枕の裏面に差し込めるようになっているので、自分で簡単に高さの調整が行えて便利ですね。 価格はオーダーメイドの枕よりも安価で、 ネットで注文受付・即日出荷してくれるので買い求めやすいのも魅力です。 最近では雑誌の快眠特集でも紹介され、様々なメディアで注目が集まっています。 二つ購入で三つ目が無料になるキャンペーンも度々行われていますので、ご家族で購入するのにもぴったり! いびきに悩んでいる方で、普段なかなかお店を周っている時間のない方には特にオススメです。 YOKONE2公式サイトはこちら いびきをかかない枕選びのポイント 枕の素材や硬さ いびきをかかないための枕を選ぶ際は「ちょうど良い高さの枕」を見つけることが大事だというお話をしましたが、実は 枕の素材や硬さも大切です。 せっかくちょうど良い高さの枕を見つけたとしても、素材が柔らかすぎると頭が沈み込みすぎたり、寝返りを打つたびに高さが変わってしまいます。 低反発よりも 高反発素材で作られた枕を選んでみると良いでしょう。 いびきを防止する枕に 向いている素材は以下のとおりです。 高反発ウレタン• プラスチックパイプ• コルマビーズ• そばがら• 小豆等 また以下の様な素材は 不向きと言われています。 低反発ウレタン• 羊毛 ウール• ポリエステル綿 等 いびきが気になっている方は、自分の枕がどんな素材でできているのかをチェックしてみてください! お手入れしやすいものを選ぶ 枕は毎日使うものですので、気づかない間に皮脂や汗が蓄積されていきます。 結果的に カビが発生したりダニの温床となってしまうこともあるんです。 お手入れのしやすいものを選ぶことも、いびきをかかない枕の大切なポイントですよ! 洗濯が気になる方は、 プラスチックパイプやビーズでできた枕を選ぶと良いでしょう。 ただし自己判断で洗濯をしてしまうと、形崩れなどの原因にもなります。 必ず枕のラベルを確認したり、店員さんのアドバイスを仰ぐようにしてください。 形崩れが気になる方は、 高反発ウレタン素材の枕がおすすめです。 毎日使用しても形崩れが起きにくく、長く使えると言われています。 一方、いびき防止に向いていても そばがらや小豆などの植物性のものは洗濯するとカビが生えたり腐敗することがあります。 その場合は無理に洗濯しようとせず、こまめに日光に当てて干してあげると良いでしょう。 いびき防止枕でも効果のない場合は? 枕を変えてもいびきが収まらない場合は、寝る姿勢に関係なく 睡眠中に空気の通り道が阻害されてしまっている場合があります。 例えば、口蓋垂(こうがいすい)という、別称「のどちんこ」とも呼ばれる部位が通常よりも大きくなってしまっているケースです。 こうした状況では枕を変えても、横向きに寝ても効果はなく空気の通り道が塞がれてしまいます。 また、 医療機関で治療を受けなければならない場合もありますので、早めの対策が必要です。 まとめ 枕選びをしっかり行えば多くの場合いびき解消への効果が期待できることをお分かりいただけたのではないでしょうか。 まとめると、いびき防止枕は次の3つのポイントを押さえて選ぶと良いでしょう。 高すぎず、低すぎない枕• プラスチックパイプなどの高反発素材• なるべく洗濯のしやすいもの あなたの枕は自分にぴったり合っていますか? タオルで高さ調整を行う方法は今夜にでも実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

次の

いびきや睡眠時無呼吸症候群を解消! ダイエット方法と漢方薬

いびきをかかない方法

口を開けた状態で眠りにつくと、下顎が落ち込み、舌が喉の奥へ落ちて気道を塞ぎ、いびきをかきます。 このため、 普段から口呼吸をしている人、寝ている間に口があいている人は、いびきをかきやすいと言えます。 対策としては、就寝時に 仰向けではなく「横向き」になって寝る習慣をつけましょう。 また、 日頃からガムを噛むなどして、口を閉じている習慣を付けるのもおすすめです。 寝ている間どうしても開いてしまう場合は、市販の 口呼吸防止テープ(口に貼るテープ)を使うのもおすすめ。 ただし肌が敏感な方などは、唇のカブレに注意してくださいね。 口呼吸は喉が乾燥するため、いびきだけでなく感染症なども引き起こしやすいもの。 できるだけ鼻呼吸の習慣に変えていきましょう。 (2)鼻が詰まっているケース 「風邪をひいているときはいびきをかきやすい」と聞いたことがありませんか?これ、じつは本当です。 具体的には、 舌を大きく突き出し、鼻に付けるつもりで上に伸ばします。 この運動を、入浴中などできるときに続けてみてください。 首回りの筋肉を鍛えると、姿勢が良くなり、猫背や肩こりの解消にも繋がりますよ。 肩甲骨を寄せるように肩を回す運動も、この筋肉を鍛えるのに有効です。 いいストレッチにもなりますので、仕事の合間などにちょこちょこ実践してみましょう! (4)顎が小さい・噛む力が弱っているケース 一般に「小顔は可愛くて良い」と思われがちですが、じつは顎の小さい人はいびきをかきやすいんです。 顎が小さい人、また普段固いものをあまり食べない人は、噛む筋肉が弱まっている傾向があります。 よく噛まないと食べられない食品、固い食品を、意識して食べましょう。 顔面の体操も有効です。 天井を見上げ、口を大きく開けてゆっくり「あ・い・う・え・お」と発音していきます。 顔じゅうの筋肉が動くと、ストレッチにもなり気持ちいいですよ! それでもなかなか改善されない場合は、矯正歯科・口腔外科などで施術を受けるのもおすすめです。 マウスピースや手術など、顎の骨格が原因のいびきを解消する方法はいくつかありますので、信頼できる医師を見つけて相談しましょう。 (5)扁桃腺が腫れているケース 扁桃腺は、舌の付け根の両側にあるアーモンドのような膨らみです。 ここがもともと大きかったり、風邪などで腫れて大きくなると、喉の気道を塞いでいびきを引き起こします。 風邪などが原因で一時的に肥大したものならば、問題はないでしょう。 予防するには、こまめな手洗い・うがいが一番。 喉を潤し、ビタミンCを摂取しましょう。 もともと大きい扁桃腺は、自然に小さくなることはありませんが、手術で切除することができます。 いびきが劇的に改善される場合もありますので、気になる方は一度 耳鼻咽喉科に相談してみましょう。 (6)いつも仰向けで寝ているケース いつも布団に横たわるときに天井を見上げ、「おやすみなさ〜い」……としている人は、仰向きで寝るのをやめてみましょう。 自律神経の乱れは脳の酸素不足を招き、多くの酸素を採り込もうと、脳が口呼吸を促すため、と言われています。 あなたのいびきが溜まった疲れやストレスによるものならば、できるだけそれらを溜めない工夫が必要です。 ストレス源から距離を置く• 規則正しい生活を心がける• 睡眠時間をしっかり確保する• こまめにストレス発散する• 疲労が溜まる前に休息を心がける• 入浴や趣味でリラックスする こうした日々の工夫の積みかさねで、ストレス・疲労を軽減していきましょう。 【2】いびき改善の特効薬!専用アプリを活用する いびき改善のためのアプリを活用するのも良いでしょう。 おすすめは、 「いびきラボ」というアプリ。 これは寝ている間のいびきを録音し、原因予測・対策提案までしてくれる、とっても親切で便利なアプリです。 毎日のいびきの記録を「いびきスコア」という形で残せるので、実行した対策が効いているかどうか、判断する助けとしても使えます。 いびきラボ — いびき対策アプリ 【iPhone用】 【Android用】 他にも、「いびき」でアプリを検索するとさまざまなアプリが出てきます。 上手に活用しましょう! 【3】病院に行くなら何科?いびきの相談ができるのは たかがいびき、されどいびき。 原因によっては家庭の処置だけでは改善が難しいケースもあります。 とくにいびきの習慣が長く続いている場合、 睡眠時無呼吸症候群やその他の病気が潜んでいることがあるので、気になる方は病院へ行くことをおすすめします。 「でも、いびきって何科で診てもらえるの?」 うーん、あまり聞いたことがないですものね。 じつは、これは原因によっても変わってます。 もしも通える範囲に いびき外来があるなら、迷わずそこへ行きましょう。 なければ 呼吸器科、歯科、耳鼻咽喉科、精神科、心療内科などで一度相談してみると良いでしょう。 迷った場合は、いびきを治すというより「いびきの原因を取り除く」ことを考えるのが病院選びの目安です。 また、信頼できる医師を見つけることも大切なポイントです。 【4】いびきが健康に与える悪影響は、意外と怖い いびきのデメリットは単に「うるさい」とか「恥ずかしい」といったものだけではありません。 いびきがあなたの身体に及ぼす悪影響は、思いがけず大きなものです。 (1)深刻な睡眠不足 たかが睡眠不足と侮るなかれ。 これがとっても怖いのです。 いびきをかいている間は眠りが浅くなるため、脳は睡眠不足になります。 本人は充分な時間寝ているつもりでも、いびきが原因で脳が休めずにいるケースが多いのです。 毎晩のいびきのせいで、• 日中の強烈な眠気• 集中できない• わけもなくイライラする など、自分も気づかないうちに心身を苛まれていることもあり、要注意です。 (2)高血圧・糖尿病 いびきは、気道が狭くなることで起こります。 この状態が長時間続くと、必要な酸素を身体に採り込むことができなくなります。 寝不足のときはなんとなく食べ過ぎてしまう、という経験はありませんか?これ、身体のメカニズムのせいなのです。 また酸素不足は、 脂肪を分解する酵素の働きを鈍らせてしまいます。 寝不足が続くと、どんどん痩せにくく太りやすい身体に変わってしまうのです。 ダイエット成功のためにも、いびき改善は不可欠!できることからしっかり対策していきましょう。 まとめ:いびき対策でスヤスヤ美人になろう! 放っておくと怖い、いびき。 でも、裏を返せばそのいびき、あなたの身体が不調のサインを送ってくれている……ということかもしれません。 いびきを改善することは、自分を大事にすること。 しっかり眠れるようになれば、肌荒れや気だるさからも解放されます。 目指せ、健やかなスヤスヤ美人!いびき対策、できるところからぜひ試してみてくださいね。

次の