膝 の 外側 が 痛い。 膝が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

膝が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

膝 の 外側 が 痛い

スポーツで走り込んでいると膝を動かす筋肉に負担がかかる 『ランナー膝(ランニングによる膝周辺のスポーツ障害の総称)』 に悩まされる方がいらっしゃいます。 ランナー膝の中でも特に多いのが、膝の外側に痛みが出る 『腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)』 があります。 近年は• 身体を動かすことが少ない仕事をする人が増えている• 健康への意識が高まっている などの時代背景から 『ランニング(ジョギング)』をされる方が増えている傾向があっていったん走る習慣が身につくと、• 運動をすると気分がすっきりする• 運動をしないと身体がムズムズしてくる とはまってしまって、自然に運動をするようになります。 そこで、練習量が多かったり急激に増やしてしまうことなどで膝が痛くなることがありますが、そこまで習慣になっているとちょっとくらいでは練習を減らしませんので走れなくなるまで悪化させる人が多くなります。 痛くなった時に対処するためには『腸脛靭帯炎』がどういう疾患か起こる原因から症状などをきっちり知っていただくことは大切でしょう。 腸脛靭帯炎とはこすれつづけて起こる炎症 『腸脛靭帯炎(Iliotibial Band Fliction Syndrome)』とは、• 『腸脛靭帯(ITB:Iliotibial Band)』 足の付け根の横側から太ももの外側を通って膝の外側に渡って着いている靭帯(正確には、上側は大腿筋膜張筋になる)• 『炎』 炎症を起こしている 状態 を言ってランナー膝の代表とも言われる腸脛靭帯炎は、• ランニング(ジョギング)• 自転車• エアロビクス などのスポーツの方に多いことから 『膝の曲げ伸ばしの動きが多い』 ことが1番の原因となります。 ジャンプなど瞬発的な曲げ伸ばしでも起きますが、とにかく回数を多く曲げ伸ばしする方が腸脛靭帯炎は起こりやすく思っておかれるとよいでしょう! この膝の曲げ伸ばしのたびに、• 腸脛靭帯が• 太ももの骨(大腿骨外側上顆)を 乗り越えますがお互いが『こすれて』しまうのを繰り返していくうちに『炎症』が起こります。 運動選手の1. 6~6. 4%に起こると言われています。 臨床スポーツ医学 2008vol25、p257より 腸脛靭帯炎の原因となりやすい人の特徴を知ろう 腸脛靭帯になる原因は、• 身体の個性• スポーツ活動のし過ぎ(オーバーユース:overuse)• スポーツ環境 と大きく3つが言われています。 スポーツ活動のし過ぎ(使い過ぎ)はわかりますが、他の2つに関しては具体的にどのようなものがあるのでしょうか? 詳しくみていきましょう! スポンサーリンク 1、腸脛靭帯炎になりやすい身体の個性 腸脛靭帯炎になりやすい身体の個性には、• 成長期の発育状況によるもの• 身体のアライメント(姿勢) があります。 成長期の発育状況によるもの 成長期には、すべての組織が成長していきますが• 身体のアライメント(姿勢) 腸脛靭帯炎になりやすい『アライメント』には、 『いわゆるO脚』 があります。 細かく言っていくと、• 足先が内側に向いている(トゥイン:toe-in)• すねの骨が内向きにねじれる(脛骨 内旋)• 膝が外側に移動している(ニーアウト:knee-out)• O脚(内反膝:bowleg、genu varum) などがあります。 『いわゆる『O脚』のときの各部分がどういう状態になっているかを分けて表現している』 と理解していただければと思います。 ちなみに『X脚』は、基本的にはその真逆のアライメントになります。 2、腸脛靭帯炎の原因となるスポーツ環境 ランニングを例に挙げますが、よく言われるものに走るとき• 硬い路面を走っていないか アスファルトなど硬い路面だと、地面からも反発力が強く膝全体にかかる負担が大きくなります。 道路の端を走っていないか 道路の端は雨のときなどの水はけを良くするために真ん中に比べてやや低めにしています。 走るときには、外側の足は、非常に小さいながら『O脚』を強制されるような負担が着地のときにかかっていくのが問題になることもあります。 トラック走 トラックなどを同じ方向にグルグルまわるような走り方をしている人 (学生が学校のトラックを使っている場合が多いです) の外側の腸脛靭帯には負担がかかります。 シューズ 気に入ってるから、まだまだ使えるから、とソールが減っているのに長い期間履き続けている場合 を気をつけなければいけません。 その他に原因としていわれるものには• 身体が硬い(柔軟性が低い)• ウォーミングアップの不足• 体重の増加 がありますがこれに関しては、腸脛靭帯炎に限ったことではありません。 スポンサーリンク 走ってて膝の外側が痛いのが腸脛靭帯炎の1番の症状 痛みの出方は、最初は走った後に 『膝の外側あたりに違和感』 が生じますが、休んでいれば次の日には今まで通りに走れるようなものです。 そのまま放置していると、少しずつ違和感が 『痛み』へと変わっていき、運動後に出ていた『違和感・痛み』が運動中にも出てくるようになります。 更にひどくなってくると、• 『痛み』で走れない (スポーツへの支障)• しゃがめない、階段の上り下りが痛い、歩いても痛い ・足をひきずって歩く など、日常生活にも支障が出るほどの『痛み』になっていきます。 医療機関にかかるのは 『スポーツが満足にできなくなってきた』 中程度以上の症状になってからで、それまでは、運動をやめたくないからみなさんだましだまし続けてしまうんですね。 腸脛靭帯炎かどうかを自分で調べる徒手検査法とは 腸脛靭帯炎かどうかを動きなどから検査する方法を紹介します。 通常検査は、検査をする先生が患者さんを検査しますが、今回はそれを『一人二役』して自分でやっていただけるようなやり方にします。 グラスピング テスト(Grasping test) 「靭帯がこすれる状況を作りだして痛みが出るかをみてみよう」 という主旨でこすれる環境をわざと作ってみるテストになります。 膝を軽く曲げた状態で座ります。 痛みのあるところのやや上側を手でつかみます。 そのまま膝を曲げ伸ばしします• 痛みが出たら陽性とします オーバー テスト(Ober test) 次は、『腸脛靭帯』を伸ばす動作が問題ないか診るテストです。 陽性だと、『腸脛靭帯』が 『過緊張や短縮』 などして腸脛靭帯炎の原因になる可能性あるよなっていう意味合いです。 少し余談ですが、このテストは本によって• 読み方• やり方 が違います。 オバー、オベールなどありますが、調べた結果 『オーバー』 が1番カタカナにしたときは適切かと考えます。 痛い側の足を上にして横に寝ます。 痛い側の足を後ろに引き、上に挙げます(股関節 伸展・外転)• そこから足を下に下していき、膝が床に着くまで下りるかみます。 床に下りなかった場合は陽性とします。 まずは、『レントゲン(X線)』撮影をしますがレントゲンではわかりませんが他の問題が潜んでいないことを確認する 『鑑別診断』としての意味合いでおこなわれます。 『腸脛靭帯』の『炎症』を診るとなった場合には、『MRI』検査が有用です。 おわりに 膝の外側が痛むランナー膝の代表となる『腸脛靭帯炎』についてその病態を紹介してきました。 オーバーユースによる炎症が起こっていますので、休ませれば治るのは間違いありませんが我慢していた人は慢性化しているためちょっとくらいでは治ってくれないのが少しやっかいなところです。 しかし、病態をきっちりわかっていただいた今ならきちんと休まないといけないことも実感していただけたのではないかと思いますので無理をしないで過ごしていただければと思います。

次の

【朱 寧進】膝の痛みには、関節外の痛みと関節内の痛みがあります。痛みの原因を見極めてこそ、治療がうまくいくといえるでしょう。|先生があなたに伝えたいこと

膝 の 外側 が 痛い

赤の筋肉・腱の硬さにより黄の関節軟骨が悪影響を受けることがあります 膝の痛みや違和感の原因はさまざま。 長期間、ふくらはぎやフトモモの筋肉を酷使するような仕事やスポーツを続け、あまりケアをせずに膝を酷使してきた人は、膝の動きや膝関節の安定性に関わる構造に問題が生じる場合があります。 気付かないうちに膝へしわ寄せがいくケースでは、普段の「姿勢」が関わることもあります。 片方の足へ重心を移動させたまま立ち話をしたり、赤ちゃんの抱っこの際に腰へ乗せるような体勢をとったり、何げない姿勢の癖によって、慢性的に体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてしまうことがあります。 長期間の負荷で起きやすいのが右図のように関節軟骨の磨耗が激しく、結果的に痛みの発生につながるという人もいます。 病気や生活習慣の中に潜む、膝痛、違和感の原因は以下の通りです。 赤色部分が関節軟骨がすり減り、間が狭くなりがちな箇所 1. 変形性膝関節症などの関節軟骨がすり減る疾患 変形性膝関節症は、膝への衝撃を吸収するクッション材である関節軟骨がすり減って傷んでしまい、日常生活でも膝に痛みを感じるようになる疾患です。 多くみられる膝関節の疾患の一つで、慢性関節リウマチなどの病気を除くと、膝の痛みの原因として説明を受けることが少なくありません。 軟骨の代謝異常など体質の問題があると発症しやすいとも言われています。 40代以降の女性に目立ちますが、スポーツで膝に負荷をかけてきた人にも見られ、年齢を問わず発症する可能性があります。 膝の関節は、太もも部分にある骨(大腿骨)と膝下部分の骨(脛骨)が繋がるように位置しますが、膝への衝撃吸収力の低下が続き悪化すると、関節の変形へもつながり、膝を支える筋肉の働きもさらに低下していく恐れがあります。 スポーツなどによる膝の酷使 膝の痛みを予防するためには、下半身の筋力強化は大切です。 しかし、注意をしなくてはならないことがあります。 スポーツをしていると膝を動かす働きをする筋肉も発達していきますが、筋肉疲労を溜めたまま運動を継続した場合や、過度に体を動かし続けた場合などは、膝への負荷が増してしまい、膝痛のリスクが高まることもあります。 競技によっては、特定の筋肉が反復して酷使され、膝への負荷がかかることがあります。 試合前で練習頻度が多かったり、トレーニングの時間が長引いたりして疲労回復の時間が足りない、といったケースもあります。 その疲労が解消されずに再び運動を始めると、膝を支える筋肉や靭帯への負荷が増し、関節軟骨の磨耗を早めることになりかねません。 (効果的な運動トラブルの予防法は、「」をご覧下さい。 ) 3. イベント的なジョギング、自転車、山登り 趣味でジョギングを長年続けている人で、膝に痛みを感じると「長い間のジョギングで、膝に負担が生じたのかな?」と想像するかもしれませんが、期間が長くなくても、膝へ負担のかかる条件が揃えば、短時間のうちに膝に症状が表れることがあります。 例えば、ジョギングやウォーキングを始めたばかりという人、久しぶりの山登りをしたという人などは、少ない運動回数・短時間でも膝に不具合に見舞われることがあります。 このような運動によって、普段、あまり使われていない筋肉がいつも以上に働くことで、筋疲労を起こすと、太ももやふくらはぎ、お尻の筋肉などが一時的に硬く緊張し、膝を支える複数の筋肉の機能バランスが崩れて痛みを起こすことがあります。 O脚・X脚の影響 X脚では赤色の部分に負荷がかかりやすいです 先述した「変形性膝関節症」になってしまうと膝関節の変形が進み、O脚・X脚が目立ってくることも。 ひどい場合は、膝が伸びにくくなるなどの支障も出てくるリスクもあります。 この場合は関節軟骨のすり減りも進んでいるため、骨と骨の間はさらに狭くなっていきます。 生活での合わない靴の使用 サイズの合わない靴や、ハイヒールを無理して履き続けていると、足指の関節に徐々に負荷がかかり、外反母趾や土踏まずのアーチが下がる偏平足になることがあります。 靴底のすり減りで、左右差が大きい場合、その靴を履き続けることで、足元の不安定性につながり、膝へのしわ寄せがいくこともあります。 靴の中で足の指が靴に当たり、足指が痛い場合や、靴底のクッション性が悪く、足部痛を感じる場合、足の痛みをかばいながら歩くと、歩行時の体重分散にも影響を及ぼします。 体重のかかる部位が変化すると、太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し、膝への負荷が強まる恐れがあります。 足元が不安定な土地 砂利道など足元の不安定な状態の場所を歩いていると、不意に足を滑らせて転びそうになることがあると思います。 この時に、膝の関節へ捻るような方向の負荷がかかると、膝を痛めてしまうことがあります。 スポーツのトレーニングメニューや競技の中で、横に動いたり急に立ち止まったりするような動作でも、捻りの負荷がかかり痛めることがあります。 また、あぐら姿勢や横座りをする時も要注意です。 肥満・体重増加 体を支えるための筋力アップと姿勢バランスを安定させるケアをしましょう 「減量したら膝の痛みも改善された」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起すリスクが高くなります。 歩くだけでも、自分の体重の約3倍の重みが膝へかかるのですが、もし10キログラム体重が増えてしまった場合、膝への荷重は約30キログラム増加ということになってしまいます。 肥満により運動が億劫になると、膝を支える筋力も衰え、膝にとっても良くない状態が続くことになりかねません。 ダイエットを考えたい方は、「」「」などで紹介されている方法を参考にされるとよいでしょう。 太ももの筋肉の衰え 膝の曲げ伸ばしをスムーズに行い、あらゆる活動において膝への負荷を和らげるためには、太ももの前・後面にある複数の筋肉の正常な働きが必要になります。 運動不足により筋力不足になったり、日頃の癖や姿勢、疲労などの影響で太ももの筋肉の働きが低下したりと、太ももの筋肉がベストな状態を維持できなくなる要素は、日常生活習慣の中にも沢山あります。 また、怪我や病気などで寝たきりの状態が続いた後も膝を支える筋力が低下することがあります。 過去の怪我の影響 膝の怪我のみならず、足首の怪我から膝へ負担がかかるようになってしまうことがあります 過去にスポーツによる怪我や交通事故などで膝の靭帯を損傷したり、膝付近の骨折で関節軟骨が傷ついてしまった場合は、後々に変形性膝関節症になったりと、膝の不調を誘発しやすい状態になることがあります。 怪我自体は治っていても、関節軟骨の修復は不十分で本来の機能まで回復しない場合もあり、膝関節が不安定になる要素が残るかもしれません。 整形外科など病院を受診しても異常がない場合、膝の痛みを和らげる方法として「」「」などを試してみるのも良いかと思います。 より本格的なリハビリを試したい方には「」で膝の痛みを和らげる大腿四頭筋の強化法を紹介しています。 あわせてご参考になさってください。 【関連記事】•

次の

膝を曲げると痛い時の原因と治し方

膝 の 外側 が 痛い

あなたは、ランニングをした後や自転車を漕いでいるとき、膝関節の外側に痛みがでたり、だるくなったりしませんか? 膝の外側の骨の出っ張りを親指で押してみると、痛みが出たりしていませんか? 実はそれ、「腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん 」のサインかもしれないんです・・・! こんにちは、理学療法士10年目のふくです。 最近、ランニングや自転車、ゴルフなどのスポーツだけでなく、階段が原因で腸脛靭帯炎になる人が増えています。 腸脛靭帯炎とは、太腿の外側にある「腸脛靭帯 ちょうけいじんたい 」が膝の外側にある「骨 ほね 」を何度も擦ることで負担がたまり、膝関節の外側に痛みが出る症状のことです。 ちょうど、長さ3mmの坊主頭にタオルを容赦なくゴシゴシするときのような痛みになります。 この腸脛靭帯炎、最初は以下のように感じる方もいるかもしれません。 「なんだか膝の外側が痛むな」 「でも、寝れば治るし・・・大丈夫! 」 これを、放置して慢性化すると、日常生活でも痛みを感じるようになってしまいます。 例えば、長時間デスクワークをした後に立って歩き出そうとするときや、座ってスマホをしていて急に立とうとしても、痛くて立てなくなってしまうようになるんです。 さらには、膝の外側の痛みはいつしか慢性化してしまい、最悪のケース、膝が曲げられないほどの痛みになって手術が必要になってしまうことも・・・! 腸脛靭帯炎になると、パソコンを使ったデスクワークなどにも大きな影響が出るため、職場の同僚にも迷惑がかかってしまいます。 つまり、腸脛靭帯炎はあなたひとりだけの困りごとではないということです。 そうならないためには、 「これって腸脛靭帯炎かも・・・」と思った段階で早めに対処しておくことが大切です。 今回は、腸脛靭帯炎がなぜおこるかのメカニズムを解説したうえで、腸脛靭帯炎を早く治すための方法や、 外側の膝の痛み「腸脛靭帯炎」を予防するためのストレッチについてご紹介します。 膝の外側の骨の出っ張りを親指で押してみると痛みが出る人は、痛みがこれ以上悪化しないためにも、そして腸脛靭帯炎を早く治すためにも、この記事を読んで早めの対策をしてください。 それでは、まいります。 腸脛靭帯炎は「靭帯 じんたい 」が「大腿骨顆部 だいたいこつかぶ 」という骨に何度も擦れることで起きる! 腸脛靭帯炎についてしっかりとしっていただくためには、まずは腸脛靭帯炎がなぜ起こるのかを解説しますね。 腸脛靭帯炎は、膝の外側にある「筋肉の膜」と「外側上顆」というパーツに炎症が起きている状態です。 「筋肉の膜」や「外側上顆」がどんなパーツかわからない人は多いので、少し説明しておきますね。 私たちが運動するとき、実は、横にバランスを崩さないように常に働いている筋肉があることを知っていましたか? 横にバランスを崩さないように常に働いている筋肉が膝の外側にある腸脛靭帯なのです。 横にバランスが崩れそうになると、支えてくれるわけです。 ハンモックは、立ち木や柱などに両端を吊り、丈夫なひもで編まれた網です。 腸脛靭帯が身体を支えることで、運動していても横にバランスを崩さないのですね。 そして、腸脛靭帯は膝の外側で大腿骨外側上顆といわれるパーツの上を走ります。 大腿骨外側上顆は、骨が突出している部分です。 膝を曲げる、伸ばす、の動きで腸脛靭帯はその大腿骨外側上顆というパーツをクリックリッと行ったり来たりすることになります。 さて、問題はここからです。 膝を多く動かせば動かすほど、腸脛靭帯は大腿骨外側上顆という骨の出っ張りの上をせわしなく動くことになります。 そうすると、その過程で、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆がこすれ続け、腸脛靭帯が炎症を起こして腫れる場合があるんです・・・! そうなると大変です。 なぜなら、腸脛靭帯が腫れると、骨の出っ張りと余計に摩擦が強くなって、腸脛靭帯が動きにくくなるからです。 また、動きにくくなるだけでなく、腫れた部分に骨の出っ張りが触れるたびに 「痛いっ!」と痛みを感じるようにもなります。 その症状こそが、腸脛靭帯炎の正体です。 つまり、腸脛靭帯炎になる原因は、膝をたくさん動かすことで、膝の外側の「腸脛靭帯」と「大腿骨外側顆」がこすれすぎてしまい、炎症を起こすからなのです。 ただ、この腸脛靭帯が炎症を起こす原因はそれだけではありません。 「股関節周りの筋肉の硬さ」が原因になりやすいのです。 さきほど、腸脛靭帯は、「筋肉の膜」と説明しましが、体に詳しい人は、「腸脛靭帯は、靱帯 じんたい と名付けられているのに、筋肉の膜なの?」と思う方もいるかもしれませんね。 腸脛靭帯は、複数の筋肉の膜が集ることで靱帯のように太く強靭にできているためその名がついています。 前十字靭帯や内側側副靭帯などといった関節を取り囲むものとは違うのです。 では、どのような筋肉が集まって腸脛靭帯ができているのでしょうか。 腸脛靭帯を構成している筋肉は、主に以下の筋肉です。 大殿筋• 大腿筋膜張筋• 中殿筋 これらの筋肉は、すべて股関節を動かすときに働く筋肉で、その膜が腸脛靭帯を通して膝の外側へとつながっています。 腸脛靭帯自体には伸縮する機能はなく、「大殿筋」「大腿筋膜張筋」「中殿筋」が硬くなることで、腸脛靭帯がいわゆる張った状態になるのです。 股関節周りの筋肉の硬さからくる腸脛靭帯の張った状態で膝を動かすと、大腿骨外側上顆といわれる膝の外側にある骨の出っ張りをさらに強く擦り続けることになります。 ハンモックの網が強く張った状態ですと、たわみがなくなりひもに負担がかかりやすくなります。 腸脛靭帯炎の方の太ももを触ると、外側が異様に硬くなっていることがわかるはずです。 実は、膝の外側の痛みの原因となっている腸脛靭帯炎を治すためには、異様に硬くなっている股関節周りの筋肉をストレッチして、腸脛靭帯を緩めてあげることが重要になってきます。 いかがでしたか? ここまでお読みいただき、 「もしかすると自分は腸脛靭帯炎かも・・・」と思った方は、次の対処法を試してみてください。 腸脛靭帯炎の3つの対処法 腸脛靭帯炎かもしれないと思ったら、早めの対処が必要です。 とはいえ、対処の方法とタイミングを間違えると逆効果になることも・・・! ここからお話しするのは、痛みを和らげることから再発予防まで効く対処法なので、覚えておいてくださいね。 といっても、腸脛靭帯炎の対処法はとてもシンプル。 その1.痛みのあるときは冷やす その2.再発予防には日ごろのストレッチを その3.多少痛くても運動せざる負えないときはテーピングを活用 これら3つです。 それぞれの対処法について、わかりやすく解説します。 【腸脛靭帯炎の対処法 その1】 運動直後は膝の外側を冷やすことが基本です! ランナー膝とも言われる腸脛靭帯炎は、運動を開始したときは痛みはなく、次第に膝の外側に痛みが走りだすケースが多いです。 できれば無理はせず痛みが走り出す前に、運動を中止しましょう。 しかし、運動に夢中になってしまって後から「膝の外側に痛みが・・・」と気づいた時には、痛みのある場所を冷やすことが基本です。 冷やすときの注意点は以下の通りです。 氷嚢で直接当てず、薄いタオルの上から氷嚢を当てる• 冷やす時間は10分以内• 氷嚢のないときは、袋に水を入れるだけでもOK 氷嚢で冷やし過ぎると、逆に炎症を強くしてしまいます。 指標としては、冷やした部分の皮膚が赤くなってきたら冷やし過ぎです。 これを避けるためにハンドタオルなどの薄い生地の上から氷嚢を当てると、じわじわと冷えてきて心地よくなります。 また、冷やし過ぎを防ぐために、 冷やす時間は10分以内に留めておきましょう。 長時間冷やすと血行が悪くなりやすく、組織の回復を妨げてしまうことにもつながるため「1時間に1回、10分だけ冷やす」というセッションを組んで行った方が効果的です。 ただ、なかには氷嚢がないというご家庭もあると思います。 その場合は、袋に水道水を入れて、「直接」膝の外側の痛みがある場所へ当てても効果的です。 「ガンガンに冷やしたい」と思う気持ちもわかりますが、キンキンに冷やしてしまうことは血行を悪くしやすいため避けましょう。 【腸脛靭帯炎の対処法 その2】 股関節周りの筋肉をストレッチする 腸脛靭帯炎は、腸脛靭帯を構成している股関節周りの筋肉が固いことが根本の原因です。 そのため、腸脛靭帯炎を治すためには、股関節周りの筋肉を柔らかくすることが何よりも重要なんです! とはいえ、どうやって柔らかくしていいかわかりませんよね。 そこで、おすすめなのがストレッチです。 適切なストレッチをすれば、整体や病院に行かなくても膝の外側の痛みを和らげることは可能です。 ) 注意点としては、膝の外側に痛みの強いときにストレッチをしてしまうと悪化する可能性がありますので、膝の外側に痛みのないとき再発予防として取り組むとよいでしょう。 ポイントは、「大殿筋」「中殿筋」「大腿筋膜張筋」のストレッチをすることです。 ストレッチの方法に関しては、以下の2つの動画をチェックしてみてください。 2つ目の動画では、チューブを使っていますが、代用としてバスタオルを利用しましょう。

次の