パン アメリカン 航空 914。 パンアメリカン航空とは (パンアメリカンエアウェイズとは) [単語記事]

「日本航空123便墜落事故」が「世界最大」である理由

パン アメリカン 航空 914

消えた飛行機は82機、行方不明は1441人 航空安全ネットワークによると、1948年から2014年の間に、少なくとも82機が失踪しました。 内訳は、旅客機が26機、貨物用が20機、軍用が18機、フェリーフライト(回送)が9機、その他9機となっています。 82機のうち、57機は海上で、25機は陸上で消息が途絶え、乗客乗員の1441人が行方不明のまま。 マレーシア航空機の残骸は見つかったとか、偽物だとか、いろいろ言われていますが、その他の事故では、ひとかけらの残骸も油膜も遺体もみつかっていないとされています。 多くが1940年代から1970年代にかけて起こった事故で、科学技術の進歩とともに事故は減っているそうですが、2000年以降でも7機が消えているというのが実情です。 今回は特に、失踪者が多い事例を紹介します。 フライング・タイガー・ライン739便失踪事故 1962年にアメリカの軍事航空輸送サービスのフライング・タイガー・ライン739便が忽然と姿を消しました。 107人を乗せたチャーター便は、ホノルル、ウェイク島、グアム、フィリピンのクラーク空軍基地で給油し、サイゴンまで行く予定でした。 途中、エンジンの点火システムのメンテナンスが2度ほど発生しています。 グアムを出発して2時間半後、グアムのオペレーターは強い雑音による通信トラブルを経験。 その後無線連絡が途絶えたことから、捜索が開始されます。 目撃情報としては、オペレーターが通信トラブルを認識していた時間帯に、SS TL Lenzenスーパータンカーの乗組員が空中爆発をみたと証言しています。 しかし、その後48機の航空機と8機の水上機で144000平方マイル(約372958平方キロメートル)を捜索しましたが、何もみつかりませんでした。 パキスタン国際航空機の雲隠れ 1989年の8月のよく晴れた日、Fokker-F27 Friendshipは離陸直後に姿を消しました。 パキスタンのギルギット空港を午前7時35分に離陸し、その5分後の無線電話を最後に消息を絶ったといいます。 54人を乗せた航空機はヒマラヤに墜落したと考えられていますが、残骸はみつかっていません。 雪に覆われたヒマラヤで、軍隊が大規模な捜索をしましたが無駄に終わりました。 停戦ラインを越えたとしてインドに撃墜されたという説もあります。 バミューダ・トライアングルの謎 先ほどの82機にもカウントされていない古い案件ですが、1945年に海軍の雷撃機5機が行方不明になりました。 出発前の点検ではまったく問題なく、2時間の訓練もつつがなく終わった5機14人は基地に向かいました。 ところがその後、陸地が見あたらないという無線連絡が隊長から基地に入ります。 またパイロットの一人からの、「白い水のようなものに突入した……完全に方向を見失った(引用:NATIONAL GEOGRAPHIC)」という無線を最後に、消息が途絶えました。 さらに、捜索に向かった2機のうち1機もその後戻ることはなかったそうです。 この事故は、「魔の三角地帯」「バミューダ・トライアングル」で発生しています。 フロリダ南部、プエルトリコ、バミューダ半島を結ぶ海域については、古くは1492年にコロンブスが訪れた際に、方位磁石の動きがおかしかったという記録が残っています。 20世紀だけでも、数多くの飛行機と300隻の船が行方不明になっているそうです。 バミューダ・トライアングルの謎については、いろいろな説があります。 特別不思議はなく、スコールの吹き荒れる海域で、メキシコ湾流の強い流れが機体や船体の残骸を消し去っただけという説。 海底の天然ガスのメタンが爆発して大気の乱れから飛行機が墜落したのではないかという説。 また、そもそも交通量が多いから事故も多く感じられるだけで、特別に発生確率が高いわけではないという意見もあります。 50年近くを経て発見された機体もあるので、これらもいつかは発見されるのでしょうか?.

次の

複数都市滞在など

パン アメリカン 航空 914

謎に包まれた過去の航空機事故を映像で振り返る動画です。 興味深い・・・。 トランス・ワールド航空800便墜落事故(1996) トランスワールド航空(TWA)ボーイング747が、ジョン・F・ケネディ国際空港離陸から12分後に爆発。 乗員乗客230名全員死亡。 公式発表での事故原因は電気配線のショートだが、米軍ミサイルに撃墜されたとする陰謀説もある。 ハイジャック犯がパイロットを射殺し、機体は墜落したとされる。 進路から外れた場所で機体の残骸が発見される。 遭難信号は送信されず、プロペラ故障説、爆弾説、保険詐欺欺説などがある。 残骸が2000年に氷河の終着点で再出現するまで、機体は50年以上見つかっていなかった。 その意味は未だに分かっていない。 管制塔が無線で制止するも応答せず、機体はそのまま離陸して飛び去った。 FBIとCIAの調査にもかかわらず、行方不明となった機体は今も見つかっていない。 米陸軍空輸サービスの委託を受け、南ベトナムのサイゴンに兵士を送り届ける途中だった。 兵士90名以上を載せたまま遭難信号も出さずに失踪。 乗員乗客全員は死亡したとされる。 身元を特定できる遺体が発見されなかったため、生きてソ連に拘束されているという説も生まれた。 管制官と奇妙な無線のやり取りを残した後に消息を絶った。 最後に残したメッセージは「UFOが上を飛んでる」。 捏造説、自殺説、見当識障害説などが唱えられている。 実際にUFOを目撃したのだと考える人もいる。 機体は発見されず、捜索に向かった救援機まで遭難した。 この事件がきっかけとなりバミューダ海域の伝説が生まれた。

次の

失踪からなんと37年後に着陸した飛行機…その驚きの理由とは?

パン アメリカン 航空 914

単独機 厳密に言うと、「日本航空123便墜落事故」は「単独機で死者数最大の事故」です。 本当の「世界最大の死者数を持つ事故」は、1977年3月27日にカナリア諸島のテネリフェ空港で起きたジャンボ機衝突事故です。 この事故では、パン・アメリカン航空とKLMオランダ航空のジャンボ機が管制ミスや霧などの要因で衝突しました。 結果として、583人が亡くなったのです 日本航空123便墜落事故の死者数は520人。 国内線の事故 日本航空123便に使用されていたB747SRは、世界的にも珍しい「国内線用ジャンボ機」でした 日本は拠点空港の整備が遅れたため、国内線に大型機を使うのが普通の国です。 当然、この事故は「国内線で起きた中で死者数世界最大の事故」となってしまったのです。 1つの航空会社だけが関与している 上に書いた通り、テネリフェの悲劇ではパン・アメリカン航空とKLMオランダ航空の2社が事故に関与しました。 日本航空123便墜落事故は、「他の航空会社が関与していない中でも」最大の事故なのです。 墜落事故として最大 実は、日本航空123便墜落事故は「墜落事故として最大の死者数を持つ事故」でもあります。 これは、テネリフェの悲劇が滑走路上で起きた事故であるためです。

次の