ロイヤル カナン ドッグフード。 ロイヤルカナンの商品一覧|ドッグフード・おやつ|犬用品|ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY)

ロイヤルカナンのドッグフードは安全?評判や口コミと人気の秘密

ロイヤル カナン ドッグフード

ロイヤルカナンドッグフードの特徴 ロイヤルカナンでは理念として 「ヘルス ニュートリション」という言葉を掲げています。 「ヘルス ニュートリション」とは、 個々の犬によって違ってくる、それぞれに必要な50種類の栄養素の最適なバランスのことです。 ロイヤルカナンでは犬種やサイズ、ライフステージやケアの必要性など、個々の犬に適したフードを細やかに作り分けることで、愛犬に最も適したドッグフードを提供しています。 ロイヤルカナンのペットセンター ロイヤルカナンはフランスのエマルグと米国のルイスバーグにペットセンターを持っています。 エマルグでは40種の犬と20種の猫を180頭ずつ飼育し、ルイスバーグは25種の犬と17種の猫を220頭ずつ飼育しています。 ペットセンターでは犬や猫たちを継続的に観察し、彼らの 健康やフードによる健康的で幸せな生活について研究を行っています。 ペットセンターでは飼育されている犬や猫たちの食行動や習慣を常に分析し、 ロイヤルカナンのフードによって犬と猫たちが常に健康な状態が保たれていることを確認しています。 ロイヤルカナンがプロフェッショナルに推奨される訳とは? ロイヤルカナンには犬の食事には体重や年齢、ライフスタイルや健康状態によってそれぞれ必要な栄養素が違ってくる、という考えから多くのタイプ別ドッグフードがあります。 愛犬にとって最適なドッグードを与えるためには、今の愛犬にはどの栄養素が不足しているのか、どのような栄養バランスが適しているのかを知っている必要があります。 そのため、ロイヤルカナンは それぞれの犬に合った製品を選び、適切な給餌方法などのアドバイスができる獣医師、ブリーダー、ペット専門店などのプロフェッショナルの推奨を受け商品を提供しています。 米、とうもろこし• 家禽ミート(鶏、七面鳥)• 植物性分離タンパク、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク• ビートパルプ、植物性繊維• 魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油• マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)• 加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン、L-チロシン)• ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト• ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)• ビタミン類(A、D3、コリン、イノシトール、E、ナイアシン、C、• パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)• プレミアムと呼ばれているドッグフードのほとんどは主原料に生肉を使っています。 犬が本来肉食であったことからも、肉は犬にとって最も必要な主原料だといえるでしょう。 ロイヤルカナンでは 米、とうもろこしを主原料の第一原料としています。 プレミアムドッグフードでは消化不良やアレルギーの素因など、何かと悪者扱いされている穀物ですが、 ロイヤルカナンでは消化吸収されやすいように特殊な加工がされているようです。 原材料に穀物を使用していないフードが良いと言われることがありますが、適切に加工された穀物であれば、犬や猫にとっても必要な栄養素の優れた供給源になります。 例えば、ロイヤルカナンが原材料として使用している、小麦から精製される小麦グルテン(タンパク質)は、余分な食物繊維や脂肪分を丁寧に取り除いてあるため、消化率が90%以上にもなります。 これは何も加工されていない豚肉よりも高い消化率です。 BHAについて BHAの安全性は学術的に確認されており、日本ならびに諸外国において、人の食品に添加が認められています。 ロイヤルカナン製品に使用しているBHAの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。 また、摂取したBHAは、犬や猫などの動物では2~4日以内に体外に排出されますので蓄積されることはありません。 没食子酸プロピルについて 没食子酸プロピルは油脂、バター、など、人の食品への使用が認められています。 ロイヤルカナン製品に使用している没食子酸プロピルの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。 没食子酸プロピルなどの食品添加物の使用基準は、一日摂取許容量(ADI)を超えない量で定められています。 ソルビン酸カリウムについて ソルビン酸カリウムチーズ、魚肉練り製品、食肉製品、魚介乾製品、つくだ煮、煮豆、漬物、ワイン、シロップ、ジャム、乳酸菌飲料などに使用されています。 ロイヤルカナン製品に使用しているソルビン酸カリウムの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。 ソルビン酸カリウムなどの食品添加物の使用基準は、一日摂取許容量(ADI)を超えない量で定められています。 上記の説明をどのようにとるかは飼い主さんの判断ですが、多くの研究者や獣医師などの専門家が認めていること、世界的にも広いシェアを持っていることなどからも、人工添加物を使ったロイヤルカナンが必ずしも悪いドッグフードとはいえないでしょう。 ただ、人工添加物を使った他の市販されているドッグフードに比べると価格が高めです。 最近主流になっている無添加でヒューマングレードなドッグフードと同等に近い価格帯というのは、ドッグフードにこだわりのある飼い主さんには魅力的には思えないでしょう。 生まれた時から、これを食べています。 大好きなようです。 悪い口コミ 特に見受けられませんでした。 口コミ・評判から見るロイヤルカナンドッグフードのメリット・デメリット ロイヤルカナンのサイトでの評価は悪いものが多いのですが、ネットショップなどの口コミやレビューに悪い評価のものは見当たりませんでした。 おそらくペットショップやブリーダーから引き続き食べさせている方が多いのではないかと思われます。 また、療養食として獣医師から奨められることも多いようで、獣医師と相談しながら与えられることが安心感に繋がっているのではないでしょうか。 デメリットといわれている穀物や人工添加物の悪影響も口コミを見る限りではありませんでした。 ロイヤルカナンの原材料に不安を感じられる方は別として、特に悪いフードだと毛嫌いする必要はないように感じられます。 ロイヤルカナンドッグフードを与えると良い犬・与えない方が良い犬 ロイヤルカナンドッグフードを与えると良い犬 ロイヤルカナンにはさまざまな種類のドッグフードがあります。 特に肥満を解消したい犬や療養食を必要としている犬など、 食事によるケアが必要な犬に適しています。 ロイヤルカナンはほとんどの動物病院で扱っており、獣医師と相談しながら与えることができるので安心です。 ロイヤルカナンドッグフードを与えない方が良い犬 明らかに穀物アレルギーであることがわかっている犬には与えることができません。 また、人工添加物に抵抗感を持っておられる方や、穀物不使用を望んでおられる方には選ばれないドッグフードでしょう。 65kg 3kgの袋なら約半分強です。 1ヵ月の目安料金は約2,600円程度になります。 超小型犬のチワワで約2,600円ですから 小型犬(4~6kg になると3000円~4000円以上かかることになります。 プレミアムフードの平均的な1ヵ月の給餌量料金も同様に3000円~4000円ですから、原材料の質や添加物などのことを考えると、特別安いというわけではありません。 ロイヤルカナンドッグフードが購入できる場所 ロイヤカナン公式通販サイトマイロイヤルカナンの他に、ペット専門店(ペットショップ)や動物病院、Amazon、楽天、Yahoo! などのネットショップなどで購入できます。 まとめ ロイヤルカナンは、犬を飼っている人なら知らない人はいないくらいに有名なドッグフードですが、プレミアムフードにこだわる飼い主さんからはかなり酷評されています。 その反面、ブリーダーや獣医師から一番に奨められるドッグフードがロイヤルカナンなのです。 ドッグフードはグレインフリー、無添加、ヒューマングレードでなければならないという、ナチュラル志向の飼い主さんにとっては、主原料に穀物を使い人工添加物を多用しているロイヤルカナンは、粗悪ドッグフードに思えるのは無理のないことかもしれません。 唯、世界中に多くのシェアを持ち、化学的に研究され獣医師にも認められているということには、それなりの存在意義があるのではないかと思われます。 獣医師からロイヤルカナンを勧められたなら、ぜひその素材や成分内容についての見解を聞いてみてください。 専門家ならではの回答が得られるのではないでしょうか。

次の

ロイヤルカナンのドッグフードは安全?評判や口コミと人気の秘密

ロイヤル カナン ドッグフード

ロイヤルカナンは、世界的に有名なペットフード会社から製造されているドッグフードです。 世界90ヵ国以上で販売されているほどの人気を誇る製品で、「ウチの子にはロイヤルカナンをあげている」という飼い主さんは多いのではないでしょうか。 病気やケガの療養食としても知られていますので、動物病院で診察を受けた際に獣医師から勧められることもあります。 「動物病院で勧められるから大丈夫」と安心している方はいますが、ロイヤルカナンは韓国製造に変わりました。 2014年頃にロイヤルカナンの公式サイトで韓国に向上を設置する予定だと発表してからというもの、「いつから切り替わるの?」と不安視する声が上がっています。 そこで今回は韓国製ロイヤルカナンがいつから開始しているのか、またその危険性についてまとめてみました! この記事の内容• ロイヤルカナンが韓国製造になるのはいつからなの? まず結論からいうと、ロイヤルカナンの韓国製造は始まっています。 ロイヤルカナンの韓国工場の稼働は、下記のように2018年の9月に稼働をスタートしたと報告されています。 かねてより韓国の金提(キムジェ)市にて建設を進めていた工場が竣工いたしました• ロイヤルカナン韓国工場はアジア太平洋地域を主力供給先とする初めての拠点です• 他の工場と同じ厳しい品質管理体制はそのままに異物除去やパッキングの新システムを導入しています• 今まで以上に安全でご安心いただける製品を製造できる最新鋭の工場です 参考: 日本に輸入される韓国製のロイヤルカナンの製品は、犬用食事療法食「満腹感サポート ドライ」のみです。 ドッグフードを選ぶに当たって生産地や工場の品質管理は重要ですので、 これから愛犬にロイヤルカナンを食べさせようとしている飼い主さんは注意しないといけません。 また、別の種類のロイヤルカナンを与えている飼い主さんも安心できません。 とりあえず現在は「満腹感サポート ドライ」のみですが、今後別の種類のロイヤルカナンが韓国製に切り替わることがあり得る話でしょう。 ロイヤルカナンが韓国製造になった理由や背景 なぜ今までとは違ってロイヤルカナンが韓国製造になったのか、考えられる理由や背景についてまとめてみました。 アジア太平洋地域のペットフード市場を拡大する目的• 日本だけではなく中国や韓国、台湾などのアジア太平洋市場向けに提供するため• 群山(クンサン)のような輸出入港が近く、ドッグフード製造の原材料を調達しやすい• 交通や通信などのインフラがしっかりとしている 公式サイト内では記載されていませんが、ドッグフード製造のコストを削減する目的で韓国製造に変わったとも考えられますね。 韓国製造のロイヤルカナンの危険性についてまとめてみた 「工場が変わっただけではドッグフードの品質に違いはないでしょ?」とイメージしている方はいませんか? しかし、韓国製造のロイヤルカナンには危険性がありますので、「安いから」「世界中で売れているから」という理由で購入しない方が良いでしょう。 ここでは韓国製造のロイヤルカナンのデメリットを説明していますので、ドッグフード選びで迷っている飼い主さんは要チェックです。 衛生面に関する不安が残る 韓国製のロイヤルカナンが危険視されているのは、衛生面に関する不安が残るのが大きな理由です。 もちろん、「国産のドッグフードは絶対に安全」「韓国製のドッグフードは絶対に危険」と言い切ることはできません。 それでも、韓国から輸入された食品の汚染は下記のように世界で問題になっています。 韓国のりにトイレットペーパーが付着していた• インスタントラーメンから寄生虫が出てきた• 韓国産貝類缶詰は糞尿汚染水域で採取されている• 大手調味料メーカーが原料をバキュームカーで搬送した インターネットで検索すればたくさんの情報が出てきますので、「これは聞いたことがあるかも」という方は多いのではないでしょうか。 韓国製の食品が危険な事実として、アメリカ食品医薬品局(FDA)は2012年に「牡蠣」「ムール貝」「ホタテ」などの貝類は食中毒を引き起こす恐れがあるとして、流通業者に販売禁止を通告しました。 この韓国で作られたドッグフードが安全とはとても言い切れませんので、ロイヤルカナンの購入は避けるべきです。 人間用の食品ですら安全管理を徹底していないため、韓国製造のロイヤルカナンは危険性が高いと判断して良いでしょう。 犬食の文化が残っている 日本人にとっては少々驚きですが、韓国では犬食や猫食の文化が残っています。 韓国の犬食文化が世界的に知れ渡ったのは、1988年のソウルオリンピックで批判が出始めたのが始まりでした。 2002年のサッカーワールドカップが開催された頃はFIFAが犬食文化の追放を韓国に申し入れたところ、「古くからあるもの」という主張で拒否しています。 その土地の風習ですので、「犬食は絶対にNG」と決め付けることはできません。 それでも、 犬食文化の残る韓国で製造されたドッグフードを大事なペットに与えるのは嫌ですよね。 私たちにとって犬やネコは大事な家族ですので、韓国製のロイヤルカナンは危険だと心得ておいてください。 【発がん性あり】防腐剤(酸化防止剤)のBHAが使われている 韓国製造のロイヤルカナンだけではなく以前の製品にも該当しますが、防腐剤(酸化防止剤)のBHAが使われています。 BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とは食品添加物の一種で、以前から発ガン性が疑われてきました。 このBHAを含んでいるのは、ロイヤルカナンの危険性が高いと言われている何よりの理由です。 そもそも、なぜドッグフードの中に防腐剤(酸化防止剤)を入れるのか見ていきましょう。 ドライフードやセミモイストフードの変質を防ぐため• 賞味期限や有効期限を延ばすため ドッグフードの中には脂肪分が含まれていますので、空気と触れ合ったり光に当たったりすると酸化していきます。 酸化すると製品の品質が悪化して嘔吐や下痢などの消化器系の症状を愛犬が起こしてしまうため、安全性を守る目的で防腐剤(酸化防止剤)が使われているのです。 天然の酸化防止剤が使われているドッグフードは安全ですが、BHAの危険性を指摘する意見が多いので気を付けないといけません。 韓国製造のロイヤルカナンにも従来と同じようにBHAが含まれている恐れがありますので、別のドッグフードを選びましょう。 韓国製のロイヤルカナンに関する口コミ 韓国製のロイヤルカナンに対して、不安視するユーザーの声はたくさんあります。 ロイヤルカナンの韓国工場移転のニュースを聞いて、とあるアンケートでは下記の意見が出ていました。 Sランク 今までロイヤルカナンを食べさせていた方もこれから購入しようと考えている飼い主さんも、別のドッグフードに変更すべきです。 韓国製造のロイヤルカナンは皆さんが考えている以上に危険性が高いので、ネット通販でも確かな信頼と評価を獲得している「」をおすすめします。 「モグワン」は世界一、ドッグフードの品質管理が厳しいイギリス産です。 他にも間接をサポートする成分がたくさん含まれているため、骨や間接が弱くなりやすいシニア犬にはもちろん、骨折しやすい「」「」などの小型犬にもとってもおすすめですよ。 日本:45 または 49• 韓国:880• フランス:30~37 と、このように判別することができます。 「モグワン」はイギリス産ですが、一度日本のという輸入業者の元を通るので日本の45になります。 安心できました。 韓国製のロイヤルカナンでもバーコードからチェックできないかも バーコードから韓国製のロイヤルカナンかどうかをチェックする方法をお伝えしましたが、実はすべてが正しいわけではありません。 バーコードの2~3桁目は「事業者」をチェックするものなので、販売元が韓国で法人を立ち上げたロイヤルカナンでないと880の番号はつかないのです。 つまり、本社があるフランスのロイヤルカナン社が韓国法人を立ち上げずに、日本に韓国製のロイヤルカナンを輸出してもフランス番号のままなのです。 そのため、バーコードがフランス製のものだとしても安心できないのです。 まとめ|韓国製ロイヤルカナンについて 愛犬に食べさせるドッグフードを選ぶに当たり、原産国が大事な理由についておわかり頂けたでしょうか。 世界的に有名なロイヤルカナンは韓国工場での生産に変わりましたので、今までとは違って少々危険です。 わざわざ韓国製のロイヤルカナンを選ぶメリットはありませんので、上記で紹介した「」を選んでみてください。

次の

【2019年最新】ロイヤルカナンが韓国製造になるのはいつから?危険性についてまとめてみた!

ロイヤル カナン ドッグフード

ロイヤルカナンは、世界的に有名なペットフード会社から製造されているドッグフードです。 世界90ヵ国以上で販売されているほどの人気を誇る製品で、「ウチの子にはロイヤルカナンをあげている」という飼い主さんは多いのではないでしょうか。 病気やケガの療養食としても知られていますので、動物病院で診察を受けた際に獣医師から勧められることもあります。 「動物病院で勧められるから大丈夫」と安心している方はいますが、ロイヤルカナンは韓国製造に変わりました。 2014年頃にロイヤルカナンの公式サイトで韓国に向上を設置する予定だと発表してからというもの、「いつから切り替わるの?」と不安視する声が上がっています。 そこで今回は韓国製ロイヤルカナンがいつから開始しているのか、またその危険性についてまとめてみました! この記事の内容• ロイヤルカナンが韓国製造になるのはいつからなの? まず結論からいうと、ロイヤルカナンの韓国製造は始まっています。 ロイヤルカナンの韓国工場の稼働は、下記のように2018年の9月に稼働をスタートしたと報告されています。 かねてより韓国の金提(キムジェ)市にて建設を進めていた工場が竣工いたしました• ロイヤルカナン韓国工場はアジア太平洋地域を主力供給先とする初めての拠点です• 他の工場と同じ厳しい品質管理体制はそのままに異物除去やパッキングの新システムを導入しています• 今まで以上に安全でご安心いただける製品を製造できる最新鋭の工場です 参考: 日本に輸入される韓国製のロイヤルカナンの製品は、犬用食事療法食「満腹感サポート ドライ」のみです。 ドッグフードを選ぶに当たって生産地や工場の品質管理は重要ですので、 これから愛犬にロイヤルカナンを食べさせようとしている飼い主さんは注意しないといけません。 また、別の種類のロイヤルカナンを与えている飼い主さんも安心できません。 とりあえず現在は「満腹感サポート ドライ」のみですが、今後別の種類のロイヤルカナンが韓国製に切り替わることがあり得る話でしょう。 ロイヤルカナンが韓国製造になった理由や背景 なぜ今までとは違ってロイヤルカナンが韓国製造になったのか、考えられる理由や背景についてまとめてみました。 アジア太平洋地域のペットフード市場を拡大する目的• 日本だけではなく中国や韓国、台湾などのアジア太平洋市場向けに提供するため• 群山(クンサン)のような輸出入港が近く、ドッグフード製造の原材料を調達しやすい• 交通や通信などのインフラがしっかりとしている 公式サイト内では記載されていませんが、ドッグフード製造のコストを削減する目的で韓国製造に変わったとも考えられますね。 韓国製造のロイヤルカナンの危険性についてまとめてみた 「工場が変わっただけではドッグフードの品質に違いはないでしょ?」とイメージしている方はいませんか? しかし、韓国製造のロイヤルカナンには危険性がありますので、「安いから」「世界中で売れているから」という理由で購入しない方が良いでしょう。 ここでは韓国製造のロイヤルカナンのデメリットを説明していますので、ドッグフード選びで迷っている飼い主さんは要チェックです。 衛生面に関する不安が残る 韓国製のロイヤルカナンが危険視されているのは、衛生面に関する不安が残るのが大きな理由です。 もちろん、「国産のドッグフードは絶対に安全」「韓国製のドッグフードは絶対に危険」と言い切ることはできません。 それでも、韓国から輸入された食品の汚染は下記のように世界で問題になっています。 韓国のりにトイレットペーパーが付着していた• インスタントラーメンから寄生虫が出てきた• 韓国産貝類缶詰は糞尿汚染水域で採取されている• 大手調味料メーカーが原料をバキュームカーで搬送した インターネットで検索すればたくさんの情報が出てきますので、「これは聞いたことがあるかも」という方は多いのではないでしょうか。 韓国製の食品が危険な事実として、アメリカ食品医薬品局(FDA)は2012年に「牡蠣」「ムール貝」「ホタテ」などの貝類は食中毒を引き起こす恐れがあるとして、流通業者に販売禁止を通告しました。 この韓国で作られたドッグフードが安全とはとても言い切れませんので、ロイヤルカナンの購入は避けるべきです。 人間用の食品ですら安全管理を徹底していないため、韓国製造のロイヤルカナンは危険性が高いと判断して良いでしょう。 犬食の文化が残っている 日本人にとっては少々驚きですが、韓国では犬食や猫食の文化が残っています。 韓国の犬食文化が世界的に知れ渡ったのは、1988年のソウルオリンピックで批判が出始めたのが始まりでした。 2002年のサッカーワールドカップが開催された頃はFIFAが犬食文化の追放を韓国に申し入れたところ、「古くからあるもの」という主張で拒否しています。 その土地の風習ですので、「犬食は絶対にNG」と決め付けることはできません。 それでも、 犬食文化の残る韓国で製造されたドッグフードを大事なペットに与えるのは嫌ですよね。 私たちにとって犬やネコは大事な家族ですので、韓国製のロイヤルカナンは危険だと心得ておいてください。 【発がん性あり】防腐剤(酸化防止剤)のBHAが使われている 韓国製造のロイヤルカナンだけではなく以前の製品にも該当しますが、防腐剤(酸化防止剤)のBHAが使われています。 BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とは食品添加物の一種で、以前から発ガン性が疑われてきました。 このBHAを含んでいるのは、ロイヤルカナンの危険性が高いと言われている何よりの理由です。 そもそも、なぜドッグフードの中に防腐剤(酸化防止剤)を入れるのか見ていきましょう。 ドライフードやセミモイストフードの変質を防ぐため• 賞味期限や有効期限を延ばすため ドッグフードの中には脂肪分が含まれていますので、空気と触れ合ったり光に当たったりすると酸化していきます。 酸化すると製品の品質が悪化して嘔吐や下痢などの消化器系の症状を愛犬が起こしてしまうため、安全性を守る目的で防腐剤(酸化防止剤)が使われているのです。 天然の酸化防止剤が使われているドッグフードは安全ですが、BHAの危険性を指摘する意見が多いので気を付けないといけません。 韓国製造のロイヤルカナンにも従来と同じようにBHAが含まれている恐れがありますので、別のドッグフードを選びましょう。 韓国製のロイヤルカナンに関する口コミ 韓国製のロイヤルカナンに対して、不安視するユーザーの声はたくさんあります。 ロイヤルカナンの韓国工場移転のニュースを聞いて、とあるアンケートでは下記の意見が出ていました。 Sランク 今までロイヤルカナンを食べさせていた方もこれから購入しようと考えている飼い主さんも、別のドッグフードに変更すべきです。 韓国製造のロイヤルカナンは皆さんが考えている以上に危険性が高いので、ネット通販でも確かな信頼と評価を獲得している「」をおすすめします。 「モグワン」は世界一、ドッグフードの品質管理が厳しいイギリス産です。 他にも間接をサポートする成分がたくさん含まれているため、骨や間接が弱くなりやすいシニア犬にはもちろん、骨折しやすい「」「」などの小型犬にもとってもおすすめですよ。 日本:45 または 49• 韓国:880• フランス:30~37 と、このように判別することができます。 「モグワン」はイギリス産ですが、一度日本のという輸入業者の元を通るので日本の45になります。 安心できました。 韓国製のロイヤルカナンでもバーコードからチェックできないかも バーコードから韓国製のロイヤルカナンかどうかをチェックする方法をお伝えしましたが、実はすべてが正しいわけではありません。 バーコードの2~3桁目は「事業者」をチェックするものなので、販売元が韓国で法人を立ち上げたロイヤルカナンでないと880の番号はつかないのです。 つまり、本社があるフランスのロイヤルカナン社が韓国法人を立ち上げずに、日本に韓国製のロイヤルカナンを輸出してもフランス番号のままなのです。 そのため、バーコードがフランス製のものだとしても安心できないのです。 まとめ|韓国製ロイヤルカナンについて 愛犬に食べさせるドッグフードを選ぶに当たり、原産国が大事な理由についておわかり頂けたでしょうか。 世界的に有名なロイヤルカナンは韓国工場での生産に変わりましたので、今までとは違って少々危険です。 わざわざ韓国製のロイヤルカナンを選ぶメリットはありませんので、上記で紹介した「」を選んでみてください。

次の