くもん さっ ぷりん。 iKUMON サイトへようこそ

KUMONがもっとよくわかる情報サイト iKUMON

くもん さっ ぷりん

「利用登録(無料)」「認証」とは何ですか? 「利用登録」:「iKUMONサイト」トップページよりID(メールアドレス)、パスワードで「iKUMONサイト」に登録することです。 「iKUMONサイト」に利用登録(無料)すると公文式学習、子育てに役立つ記事の閲覧、「くもん さっぷりん(学習応援機能)」などご利用いただけます。 「認証」:利用登録後に、「認証コード・セキュリティコード」を入力することです。 メールアドレスが登録できません。 (ドットが2つ以上続く)」、「. 大変恐れ入りますが、別のメールアドレスでのご登録をお願いいたします。 「利用登録(無料)」のためのメールが届きません。 メールをドメイン指定受信されている方は「kumon. jp」ドメインを受信できるようにしてください。 また、ご利用のメールソフトによっては利用登録の返信メールが「迷惑メール」フォルダに届いてしまうことがあります。 「迷惑メール」フォルダにメールが届いていないかご確認ください。 きょうだいの「認証」はどうすればよいですか? すでに「iKUMONサイト」に登録済みのごきょうだいのID(メールアドレス)・パスワードで、「iKUMONサイト」にログイン後、マイページよりお子さまの追加認証が可能です。 同じID(メールアドレス)・同じパスワードで登録すると、ごきょうだいの画面を切り替えることができておすすめです。 なお、ごきょうだいごとに異なるID(メールアドレス)・パスワードで登録した場合は、一旦ログアウトし、ご覧になりたいごきょうだいの方のID(メールアドレス)・パスワードであらためてログインする必要があります。 あらかじめご了承ください。 「認証コード・セキュリティコード」が不明な方、入会月の翌月末を経過してもお手元に届いていない場合は、下記までお問い合わせください。 【メールお問い合わせフォーム】 【電話でのお問い合わせ】 くもん友の会事務局 0570-073-666(ナビダイヤル) 9:30~17:30 月~金(祝日除く).

次の

KUMONがもっとよくわかる情報サイト iKUMON

くもん さっ ぷりん

さんの本に「わからない子は2学年戻れ」というのがあった。 去年の数学のテスト結果に衝撃をうけ、これは算数からやり直したほうがいいと強く思った。 基礎力をつけるための公文という案が浮上してきた。 公文のイメージはとにかく宿題、できる子はどんどん学年を進むという感じ。 中学受験する子は3〜4年生くらいまでに小学レベルを終えるらしい。 中受じゃなくても小学生の習い事としてやる子が大多数だろう。 でも「学び直し」としてで取り入れてるところがあるというのを知った。 そうか、そういう使い方もあるよな…、やり直すなら今しかないよ、と息子を説得して去年の秋から公文算数をはじめた。 入会時のテストの結果、年をかなり遡ってスタート。 教室ではちっちゃいのがが自分より先をやってるのがチラチラ見えてて、結構きつかったらしい。 そうだよね…。 同じ学校の子がちらほらいる。 仲間がいるのは心強い。 宿題で間違いが多いとそれがまた宿題になる。 「が多いと大変だから、先生に出す前にお母さんチェックしてー」と言われた。 家で完結してしまえば時間短縮になる(教室によっては家での丸つけは反則かもしれないが)。 今は分数計算アプリとか便利なものがあるし。 土日は平日にやりきれない分を少し多めにやって、おやつをかねてカフェ勉をした。 半年以上かかってしまったが、先日ようやく算数を卒業し中学教材に進んだ。 息子は持ち帰った修了証書を私に授与してくれた。 6年生の夏からはじめた個別指導塾は1年半通ったが、ほとんど効果がなかったので春期講習から別のところに転塾した。 月謝はちょっと高くなったので、教科は数学一本にしぼってお願いした。 宿題の量が増えて家での勉強時間が増えた。 その結果、塾の4月のテストでは全教科横ばいだったが、6月のテストでは偏差値が10あがり、の点は前回より30点以上あがった…! ちょうど今のテスト範囲が公文と相性のいい分野だったのもあるけれど、親子でぴょんぴょんしながら喜んだ。 公文のメインターゲットはきっと10歳くらいまでなんだろうな。 そして国語。 国語の成績が塾の月例テストのたびにひどくなっていたので、公文に慣れてきた頃をみはからって国語もはじめた。 こちらも算数ほどではないが年を遡ってはじめた。 公文の国語を一緒にやってみて、こっちこそ小学生のころからやっておけばよかったなと思った。 国語の勉強は人に教えてもらいずらい。 また教えずらい。 どれだけ読み書きして文章の理解してきたかの積み重ねのように思う。 息子には、あまり自力で本を読ませてなかった。 字が多くなるにつれて私が読んであげるのが大変になってきて書籍からフェードアウト気味。 せごどんとか、イッパイアッテナとか、映像で見たものを与えると多少は読んだけど。 公文の国語は毎日自分の実力レベルの文章を、ある程度まとまった文章量を読む。 題材が結構面白いからか、息子は計算問題よりも国語をやりたがった。 塾テストで数学とともに国語もずっと悲惨な成績だったのだけど、6月は国語の偏差値も10あがった。 漢字が結構書けていたのでそこで稼げたのが大きいけれど、前よりは読解ができてる。 ありがとう公文。 中3の秋ころまでには中学教材を終わらしたい….

次の

絵本・児童書 商品詳細ページ

くもん さっ ぷりん

公文に入会してから「iKUMON」という「くもんで学習するお子さまとママ・パパを応援するウェブサイト」があることを知りました。 でもこれらを利用するには「認証コード・セキュリティコード」が必要で、入会月の翌月末に自宅に届くとサイトに書かれています。 入会月の翌月末…。 iKUMONのサイト説明と認証コード・セキュリティコードの紙。 そうして見つけた「認証コード」がご自宅に届いた方はこちらからをクリック。 指示通り届いたコードを入力すると「生徒情報の確認」で我が子の情報が出てきます。 それが終わると 認証完了となりました。 入口さえ見つければあとは簡単ですね。 「ほめことば集」なんかはのみまもるトークにあるメッセージ例と通ずるものがありますね。 やはり勉強は褒めて子ども自身が気持ちよく取り組めるようにしてあげる方が伸びるんですかね。 「先輩ママボイス」なんかを読んでいても皆さん子どもを褒めて優しい気持ちで接している様子が伝わてきます。 今は我が子も楽しんで取り組んでいて、私も笑顔で見守ることができていますが、この先は・・・。 iKUMON等で先輩ママさんの話を聞いて(読んで)、親子共に楽しく公文を続けられるように子どもだけでなく私も頑張らなければいけませんね。

次の