カンスト とは。 カンストとは (カンストとは) [単語記事]

「カンスト」ってどんな意味?完凸とカンストは同じなの?そんな疑問に答えます!

カンスト とは

物理職なら頭に入れておいて損はないと思います。 殴りBISはクリティカル、Wクリティカルは特に必修項目です。 カンストについて カンストとはカウントストップの略でREDSTONEでは、主にダメージの上限(それ以上の数字が出ない)に達したダメージ数値のことを言います。 PTに入ると20000とか26000とかキリのいい数字を連発する人がいると思いますがアレのことです。 これらは赤ダメと呼ばれ、 クリティカルは白ダメの2倍、Wクリティカルは4倍、強打は3倍となっています。 さらに白ダメはカンスト2万でしたがクリは4万、Wクリは8万などカンスト数値も倍化します。 どういうことかというと、ドッジが出てても致命打抵抗が高い相手の場合、実はクリ要件を満たしてなくてもドッジ表記が出るようです。 どうやらクリ要件を満たしているかどうかより、ドッジクリティカル判定の方が優先されているっぽいです。 対抗するには純粋にクリ率で勝利するか貫通系の効果を活かしてクリを出すかしかないと思われるので、今狩場でドッジが出る皆さんはしっかりリサーチを行い、ぬか喜びがないように祈っています。 これが殴りBISには最小限の敏捷健康を確保したらあとは全、力or運振りといわれる所以の1つです。 Wクリは4倍撃ですがエクソは同数値のダメがもう1hitするので8倍撃になるといわれれば誰でも運確保に走るはずです。 相手の運の数値を調べるには・・・、実地に行きmobの等級・種族・Lvの3つをみる。 モンスター鑑定士の称号がある程度のLv必要。 等級の見方は種族マーク(アンデット系だとドクロのマーク)の右下に小石かオレンジのバーか赤い石のいずれかが表示されているので、小石3個なら一般3、オレンジバー2本ならセミボス2、赤い石1個ならボス1といった感じである。 それ以外ならノーマルかEXといった具合である。 (どちらかわからない場合は両方の運を超えるようにするか、自分で検証を行う) レベル欄があるので該当狩場mobのレベルを入れて運数値を確認する。 (正確には致命打ではない) ・殴りBISスキルでアンデット悪魔クリティカル率上昇の最高峰、ゴッドハンドのスキルと... ロイヤルスカルプチャー(75%)+スタチューNx(25%)+上位骨首系(15%)+フォーチュン指(5%)+etc などクリ率お化けたちで徹底抗戦する。 敵の抵抗によってはかなりおかしいクリ率が必要です。 ご自身でリサーチでき、自己責任で行える方は挑戦してみてください(要するに実用的ではない)。 通常はカンストダメは20000ですが称号Lv1で21000が白ダメのカンストとなります。

次の

「カンスト」ってどういう意味?使い方もあわせて解説

カンスト とは

スポンサーリンク クラクラでの意味 クラクラ内で使われるカンストもゲーム用語として一般的に使われている意味と同じ感じで使われます。 カウンターやカウントがストップする状態を指します。 では何のカウントがストップした状態なのかです。 これは主に防衛施設のレベルなどを上げれる上限のカウンターがストップした(ストップする)状態の意味で使われます。 どういう事かというと例えばタウンホールのレベルが8だと、防衛施設のアーチャータワーや大砲はレベル10までしか上げれません。 タウンホール毎に制限されている防衛施設のレベル制限のカウントをストップさせる事(ストップするまでレベルを上げる事)をカンストと呼んでいます。 防衛施設の他にもユニットレベルやヒーローレベル等でもカンストするとかカンストさせるとかいう感じで使います。 例えばクランチャットでクランルールとしてタウンホールのレベルを上げる時は防衛施設をカンストしてくださいと言われた場合は、防衛施設を上限まで上げてからタウンホールレベルを上げてくださいという事です。 この防衛施設やユニットレベルをカンストさせるのが極端にできてない例が「早上げ」と呼ばれる状態で、ゲームとして詰んだりクランに入れてもらえなくなったりするわけです。 スポンサーリンク カンストの使われ方 では実際にクラクラでカンストとはどういった感じで使われているかを確認してみたいと思います。 「タウンホール9のカンストから全壊を取るのは難しい」 これはタウンホール9の防衛施設のレベルが最大限まで上げられた全壊しにくい強い配置から星3の全壊を取るのは難しいという意味です。 この使われ方の例でいうとヒーローレベルや壁レベルは含まないのが通例です。 「壁塗りカンストしたのでタウンホールレベル上げます」 例えばタウンホール8で壁のレベルは髑髏(ドクロ)までしか上げれません。 大体は先に防衛施設とヒーローがカンストして壁塗りが残ると思います。 タウンホール8で壁を全て髑髏(ドクロ)で塗り終えたら壁塗りをカンストしたという意味で使ったりします。 「タウンホールのヒーローカンストには時間がかかる」 クラクラの中で一番楽しいと言われてきたタウンホール9ではババキンとアチャクイのレベルを30まで上げる事が可能です。 ヒーローレベルのカンストとはタウンホール9の状態の場合は上限のレベル30まであげる意味で使われます。 まとめ クラクラを遊んでいると出てくるカンストの意味や使われ方についてまとめました。 クラッシュオブクラン以外のゲームでも使われていたりするゲーム用語なわけですが、基本はあんまり使わないですよね。 カンストとは何の事?って思った人も多いのではないのでしょうか。 クラクラではレベルの上限まで上げてカウンターをストップさせた状態の事を指すわけですが、その状態を他の人に説明する必要があるソシャゲ特有に使われやすくなった言葉かもしれませんね。 戦略的早上げは別ですが、防衛施設とユニットレベルはカンストさせてからタウンホールレベルを上げていってくださいね。

次の

【スプラトゥーン2】カンストとは?|ゲームエイト

カンスト とは

カンストとは? 和製英語「カウンターストップ」の略 「カウンターストップ Counter Stop 」という言葉を略したものが「カンスト」です。 日本語に置き換えると「計数が止まる」という意味になります。 「カウンターストップ」は、一見英語の表現かのように思えますが、正しい英語ではなく日本で独自に作られた和製英語であるため、英語としては意味が通じません。 「カウントストップ」と記す時もある 元の言葉として、「カウンターストップ」以外にも「カウントストップ」と表記されることもあります。 この場合も和製英語であり、意味にも差異はありません。 意味は上限に達して数えられないこと 「カンスト」とは、数値があらかじめ設定された上限 あるいは下限 に達し、それ以上数値が増えたり減ったりすることがなくなる、という意味で用いられる言葉です。 ここから転じて、何かを突き詰めていった時に、それよりも上のレベルはないだろうという状況を表すこともあります。 後者の意味合いで、比喩的に使用する例も見受けられます。 主にゲーム用語として使用されている 「カンスト」という言葉をもっともよく耳にするのはゲーム関連の話題です。 主に、ゲーム中の何かの数値が上限または下限に到達した時に使用される言葉が「カンスト」です。 ゲーム用語として広く使われる表現であり、「それ以上先がない」という意味から「ゲームの終わり」と同義で用いられることもあります。 ゲーム以外の分野では、コンピューターやプログラミング関係などで使用されることもあります。 カンストの使い方や使用例は? レベルカンスト ジャンルを問わず、多くのゲームにおいてゲーム内のプレイヤーや、プレイヤーの操るモンスター、武器などに、強さの基準として「レベル」という数値が設定されています。 「レベル」が上限値に達した状態を表す言葉が「レベルカンスト」です。 「レベルカンスト」という言葉を用いた例文としては次のようなものが挙げられます。 例文:レベルカンストするまでひたすらレベルを上げ続ける。 ステータスカンスト 「レベル」とは別に、ゲーム内のプレイヤーやモンスター、武器などの性能を表す数値を「ステータス」と呼びます。 「レベル」と同様に強さを示す数値ですが、「レベル」よりも細かい設定値を示すのが「ステータス」という言葉です。 この「ステータス」が最高値に達した状態を、「ステータスカンスト」という言葉で表現します。 例文:所持している全ての武器をステータスカンストさせる。 アイテムカンスト ゲーム内で使用する「アイテム」にも「カンスト」という表現が用いられます。 多くのゲームにおいては、プレイヤーが所持することのできるアイテムの最大数があらかじめ設定されています。 あるアイテムの所持数がその設定値に達した状態を表す言葉が「アイテムカンスト」です。 例文:アイテムドロップ率が上がったため、アイテムカンストしたユーザーが増えた。 スコアカンスト ゲームをプレイした成績を表す数値などは「スコア」と呼ばれており、ゲームの設計上、このスコアにも上限が設けられている場合がほとんどです。 下記の例文のように、プレイヤーのスコアがその上限に達した際に、その状態を「スコアカンスト」と表現します。 例文:スコアアップアイテムを多用すれば、スコアカンストも難しいことではない。 カンストダメージ ゲーム内での「ダメージ」と言えば、プレイヤーから敵に、あるいは敵からプレイヤーに対して攻撃をした際に、攻撃をされた側が受けるものです。 このダメージが数値で表現されるゲームにおいて、ダメージ値があらかじめ設定された上限に達すると、その上限のダメージ値を「カンストダメージ」という言葉で表現します。 例文:新しい武器をうまく使えばカンストダメージを叩き出すことができる。 カンストと似た意味を持つ日本語は? 超越 「超越」という言葉には、使われている漢字にも表れている通り、「通常考えられる程度をゆうに越えている」「程度が高すぎて別の次元にある」などの意味があります。 「カンスト」が限界を表すのに対し、そういった限界を超えるような場合に使用されます。 例文:規定値を超越したダメージが算出される。 限界 「それ以上、またそれより外には出られないというギリギリの地点」という意味を持つのが「限界」という言葉です。 こちらは、「カンスト」とほぼ同じ意味で下記の例文のような使い方ができます。 例文:主人公の能力が上昇し、限界に達した。 また、この言葉に「点」をつけて「限界点」という単語で使用される例もあります。 ゲーム内以外でも、人間や機械などの能力・性能に関して使用されることが多いです。 例文:防御力を限界点まで強化する。 上限値 「上限値」は「数値などの上の方の限界」を指す言葉です。 意味としては、上述の「限界」という言葉に近いと言えます。 「限界」同様、こちらも「カンスト」と同じ意味を持つ言葉であり、下記の例文にあるような使い方がされます。 例文:アイテム所持数の上限値に達したので、これ以上アイテムが持てない。 最大値 数学の分野でも耳にする「最大値」という言葉ですが、文字通り「数値などの最も大きな値」を意味します。 「上限値」や「限界」のように「限りのある中での最も高い地点」という意味とは多少異なりますが、こちらも下記の例文のように「カンスト」と似た意味で使える言葉です。 例文:キャラクターの育成を極めて、各ステータスを最大値まで上昇させる。 まとめ 「カンスト」は、主にゲームの中の様々な要素に対して使用される言葉です。 使われる場面や使われ方は複数ありますが、いずれの場合でも「上限 下限 に達してそれ以上数値が増えない 減らない 」が「カンスト」の意味です。

次の