千と千尋の神隠し ラスト。 【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

千と千尋の神隠しのラストの振り返ってはいけない理由は?だるまの向きやトンネルが違う理由

千と千尋の神隠し ラスト

1.はじめに 千と千尋の神隠しの最大の謎である「千尋が豚の中に両親がいないと分った理由」について、物語の中の場面、キャラクターの対比に注目しながらまとめることにする。 詳しくはあとで書くことにするが、この物語のテーマは「自分の最愛の人の姿かたちが変わってしまっていても、自分はその人を見つけ出せるのだろうか」というものではないかと考える。 2.物語の題材 この物語で題材にしているのは「水」と「人間」である。 人間にとって水は欠かせないものであり、だからこそ川の神である「ハク」と人間である「千尋」が引かれあうラブストーリーになるのは理解できる。 ここで「千尋」という名前について考察してみる。 辞書で「尋」を引くと「水の深さの単位。 1尋は1. 8m」と記してあり、「千尋」はその1尋の千倍であり、計り知れない深さという意味である。 この名前からわかるように、千尋は水を表す名前であるのだ。 また、ハクは住んでいた川が埋め立てられた川の主という設定である。 千尋は物語の序盤で湯婆婆に名前を奪われ「千」になる。 こうして水を意味する名前の部分を失い、千尋もハクもお互いに水を失っている状況であることが分る。 この点をふまえて、千尋が竜の状態のハクに乗るシーンを考える。 二回あるこのシーンでは、千尋とハクが水の中に一瞬入るのである。 これは、二人が一緒になった時だけ水の記憶を補い合い補完する仕組みあるないかと思われる。 そして最後には名前、水の記憶を思い出すことができたと考えると筋が通る。 最後のシーンは、千尋が川でおぼれた記憶があったという事実が大切なのではなく、広い意味で、人間が水との共存を取り戻すメタファーではないだろうか。 3.カオナシとハクの対比 ハクの印象を言うと、清潔感があり、しつこくはないが困ったときに現れ、千尋を助けてあげる。 そして千尋におにぎり、服を渡す、といったものであり、一方カオナシはといえば、食べ方は汚く清潔感は皆無。 千尋のことが好きで必要以上に付きまとい、彼女に対してセクハラとも取れる行動、パワハラともとれる行動をする。 そして千尋にバンダナ、砂金、食べ物を渡す。 正確には渡そうとする。 ここまで見ると、千尋の前に現れたり、何かをあげたりするという点で見るとやっていることは両者同じなのである。 これは偶然ではなく駿のメッセージが隠されていると考える。 やっていることは同じであるように見えるが両者の行動には決定的な違いがある。 それは千尋の目的の考慮である。 そもそも千尋の目的は湯屋で働くことでも仕事がうまくなるわけでもない。 親を見つけて帰る。 それだけなのである。 ここでもう一度両者の行動を振り返ってみると、確かにハクは一番最初に両親の居場所を教え、連れてきた場所で渡すものは服である。 その点カオナシは「欲しがれ」という言葉と共に金、飯を無理矢理渡そうとする。 明らかな違いは「千尋が一番必要としているものを理解して行動しているか」である。 これは恋愛においても同じであり、男の人は何かを与えて頼ってほしいと思うあまり、その人の本当に望んでいることを考えることを放棄してしまうことがおおいのではないだろうか。 千尋にとってハクはヒーローである。 カオナシはヒーローになりたかったがなれなかった男。 このハクとカオナシの対比は現代社会のどこにでもいるカオナシのような大人たちに対して何らかのメッセージを送っているのかもしれない。 そして暴走の末外に出たカオナシに千尋が声をかける。 ここで印象的であったセリフは「あそこにいるからだめになっちゃうの」そして水につかったカオナシは打って変わったようにおとなしくなり正気を取り戻す。 また、千尋やカオナシがいた「油屋」そして「水」。 ここで油と水の対比が用いられているのだと考える。 4.千尋とハクの対比 有名な話ではあるが、千尋は最初の契約書の文字の「荻」という字の火の部分を犬と書いている。 書き間違えたかわざとであるかはわからないが、これが彼女らの最後に大きく影響していると思われる。 ハクは本当の名前を湯婆婆に教えているので脱出できず、千尋は教えなかったから思い出せて脱出することができた、と考えればラストシーンで千尋のみチャンスが与えれられ湯屋を脱出することのできたことの筋は通る。 この世界では名前を知っていることで本当の姿を取り戻すことが可能になるということはハクのうろこがはがれるラストシーンからでも明らかである。 その証拠にハクのうろこがはがれた後の彼の目の輝き、眉の形など、それまでのシーンとはっきり区別して描かれている。 神隠しの世界では、自分の名前を分かっているということは自分が何者であるかを分かっている、ととらえてよさそうだ。 名を失って帰り路がわからないハクと最後まで名前を完全に失うことなく帰ることができた千尋が対比的に描かれている 5.カオナシと千尋の対比 カオナシというキャラクターの役割はいったい何なのだろうか。 それは、受動性ということだと考える。 振り返ってみるとカオナシは行動すべてが受動的なのである。 また、受動性とは自分の欲望よりも他人の欲望に突き動かされる性質のことである。 ただ橋に立っていたカオナシに千尋があいさつをするという、そもそも出会いからして受動的である。 その後、千尋が扉を開けっぱなしにするという形で湯屋に招き入れる。 ここでも自分で行動するというよりは受け身である。 そんなカオナシは湯屋で他人の欲望に出会う。 はじめは千尋の必要とする薬湯の札、砂金、食べ物、と。 このように他人の欲望にあおられて行動し、さらに相手の欲望を引き出すように行動する。 しかしそんなカオナシの暴走がストップするシーンが二場面ある。 一つは、大量に出した札を千尋が断るシーンだ。 このシーンの後カオナシは消えてしまう。 もう一つは、太ったカオナシが千尋を呼び、食べ物を欲しがらせようとするシーンだ。 「千は何が欲しいんだ?言ってごらん」と言うカオナシに対して千尋は「あなたはどこから来たの……」と話を続ける。 そしてカオナシはうろたえる。 このように、二つのシーンの共通点は、千尋という「他人」が欲望に煽られずきっぱりと拒絶するということだ。 やはりここでは、欲望に煽られるカオナシと欲望を拒絶する千尋が対比的に描かれている。 6.坊&湯婆婆と両親&千尋の対比 この対比はこの映画を考察し理解する上で最も大切だと考える。 湯婆婆と坊の関係は作中ではっきりと明言されていないが、湯婆婆にとって坊は非常に大切な存在であるということは読み取れる。 そんな坊は作中で姿を変える。 本物の坊はネズミに、偽物は頭三匹を用いて銭婆婆によって作られる。 この両者に湯婆婆は遭遇するのである。 一度目は、湯婆婆が千尋を太ったカオナシの部屋に呼び出すシーンだ。 この時、姿が変わった坊に対して次のような言葉を言う。 「なんだその小汚いネズミは」。 湯婆婆は坊が変わったことに気づいていないのである。 もう一つのシーンは印象的である。 しかしこの物語で非常に重要なシーンである。 それは、ハクが湯婆婆の部屋に訪れるシーンだ。 この時ハクは「まだ気づきませんか。 大切なものがすり替わったのに。 」と言い、次に湯婆婆が見る視線の先は坊、ではなく砂金なのである。 そして時間がたって物音がして初めて坊を見、魔法を使ってようやく気付く。 最後に、一瞬ではあるがラストの橋のシーンで坊(ネズミ)が湯婆婆の元に飛んでいく。 ここで、魔法が解け、坊は元の姿に戻り、湯婆婆が抱き着く。 何気ないシーンのように思えるが、やはり湯婆婆は姿の変わった本物の坊に「気付かなかった」という意味は大きいだろう。 さてここで、千と千尋のテーマを振り返ってみる。 「自分の最愛の人の姿かたちが変わってしまっていても、自分はその人を見つけ出せるのだろうか」。 そう、ここではそれを見つけることのできなかった湯婆婆とラストのシーンで見つけることのできた千尋が対比されて描かれているのである。 7.橋のシーンの対比 余談ではあるが、「橋を渡る」というシーンにも対比が使われていると思われる。 初めはハクに「連れられて」渡り、最後のシーンでは「ひとりで」渡り、湯婆婆の元へ向かう。 この最後の橋を渡るシーンには必要以上に長い時間がとられているように思えた。 この対比により橋を渡るという行為で千尋の成長を表現しているのだと考えられる。 8.千尋が豚と出会うシーン まず千尋が作中で豚と出会うシーンは四度あった。 一回目は帰ってきたところ、両親と同じ服を着た豚が飯を食べているところ。 実はこのシーンでは、両親が豚になったと千尋は確信していないようにも思える。 それを見た後、「お父さん、お母さん、どこ」と探し回るからだ。 二回目はハクに連れられて養豚場へと向かうシーン。 養豚場の前で千尋は眼をぱちくりさせ、ハクがうなずき、両親と「思われる」豚の元へ向かう。 この時、千尋は、「私よ。 」と言う。 三回目は、竜になった傷だらけのハクのシーンの直前なので印象は薄いかもしれない。 夢の中で、豚を見回して、どの豚か両親かわからない、といった夢だ。 冷めた後、千は「分からなかったらどうしよう」という不安を口にしている。 そして四回目は最後のシーンである。 9.まとめ ここまでの考察を踏まえて、なぜ千尋が豚の中に両親がいないと分ったかについて考える。 豚の中の両親がはじめ分らなかった理由は、彼女が「千」だったからであろう。 この世界では、名前は記号ではなく、自分は何者かということを意味していた。 自分の名前を分かっているということは、他の誰かに支配されたり、自分の進む道を誤ったりしないということであろう。 千尋は自分が何者なのかをわかっていたので、目先の金に惑わされる湯婆婆とは違い、自分の大切なものをまっすぐ真剣に見つめ続けていたからであると考える。

次の

千と千尋の神隠しの幻ののラストシーンについてです…自分もこれを...

千と千尋の神隠し ラスト

Contents• 千と千尋の神隠しラストは時間がどれくらい経っていた? 千と千尋の神隠しのラストって、車汚れていたよね。 あちらの世界と現実の世界の時間が違うと示している。 2001年7月に公開されたこの作品は、308億円もの興行収入を叩きだし、「タイタニック」や「アナと雪の女王」、「君の名は」などを抑え、今も 日本歴代興行収入堂々の第一位の記録をキープしています。 監督を務めた宮崎駿は「 もののけ姫」までにやりたいことをやり切り、この作品からかなり作風を変えたのだとか。 それまでの宮崎駿作品はメッセージ性のしっかりしたものばかりでしたが、確かに「千と千尋の神隠し」では明確なメッセージはないように感じます。 とはいえ、興行収入やテレビ放送時の視聴率などを診れば、世間からの評価は一目瞭然でしょう。 そんな「千と千尋の神隠し」について様々な考察を行っていますが、今回は 千と千尋の世界での時間の流れについて見ていきたいと思います。 トンネルに入ってから色々なことがあったものの、そこまで長い時間が経っているようには思えないのに、ラストシーンでは現実世界でかなりの時間が経っているような描写もされていますよね。 では、千尋たち家族がトンネルに入り、また出てくるまでに現実世界ではどれくらいの時間が経過していたのでしょうか? 宮崎駿監督へのあるインタビューによると、 現実世界で経過した時間は2か月だそうです。 冒頭のシーンとラストシーンでの車周辺の変化を見てみると• 木の生い茂り方が違う(成長している)• 車の上に葉っぱが積もっている• 車の中がホコリだらけになっている• トンネルの壁が朱色からただの石垣になっている(魔法が解けたという描写?) などがありました。 お父さんもビックリしていましたよね。 この変化から、たった数日の出来事ではないことがわかります。 ではなぜ2か月なのか・・・?• エンジンが問題なくかかる• 半袖でも寒くなさそう だからです。 まだ気候が激しく変化していない頃で、しかも車の中に埃が溜まるくらいの期間ということでだいたい2か月くらい経過している、ということで間違いなさそうです! ちなみに 車のバッテリーは一般的に、1年くらい放置すると上がってしまうため、数か月に1度はエンジンをかける必要があります。 ということは、戻ってきたのが1年後の夏ということは考えにくいですよね。 では、経過した月日は半年くらいでは?という意見もありましたが、そうすると季節は真冬。 とてもじゃないですが、半袖ではいられないでしょう。 やはり 現実世界で経過した時間は2か月くらいが妥当だと考えられます。 湯屋で千尋は何日過ごした? 千と千尋の神隠しで千尋は湯屋「油屋」にいったい何日過ごしたのだろ.. 帰ったとき、車に草やツタが被っていたけど、もし一年以上いたら相当苦労してたよね。 既に何日か経ってるのか?ってわけじゃないか — 米著功 yonecyoko 現実では2か月くらい経過していましたが、千尋は湯屋(トンネルの中)で何日くらい過ごしたのでしょうか? トンネルの中での出来事を時系列でまとめてみました。 トンネルを抜けてくる(昼)• 湯婆婆と契約する(夜)• 湯屋で働き始める・両親(豚)と対面する(昼)• 「お腐れ様」の接待をする(夜)• 瀕死のハクを救う• カオナシが暴れる(昼)• 電車で銭婆の所へ行く(夜)• ハクの名前を思い出す(昼)• 両親を助けて湯婆婆との契約を解除する。 現実世界へ(昼) これらの出来事がコンスタントに起こったと考えると、湯屋で過ごしたのは 約4日。 あっという間の滞在だったといえます。 しかし! 4日よりもっと長い間滞在していたのではないか?という意見もたくさんあり・・・ その理由の1つが一緒に働いているリンと千尋が「 今日から大湯番だ」と言われること。 また、この話では最初と最後で千尋の心の強さが全く違いますよね。 千尋は様々な出来事を通し、恐れていた湯婆婆にも「おばあちゃん」などと言ってしまうくらい、すごく芯のある強い人間に成長しています。 話し方や目つきも別人のようです。 子どもの成長はすごい!とはいえ、たった3,4日でここまで変われるものでしょうか? ある程度の間湯屋で過ごし色々な経験を積む中で、千尋は成長したと考える方が自然な気がします。 とはいえ現実世界とは時間の流れ方が異なるという前提があるので、湯屋にいたのは2か月よりも短い間。 総合すると、千尋が湯屋にいたのは短くて1週間ほど、長くて1か月くらいかな~と思うので、間を取って 約2週間だと予想しました! 2週間なら、これだけの出来事が起こっても自然ですし、千尋も親のいない特殊な環境の中で強く成長できるでしょう。 まとめ ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の 時間の経過について考察しました! 物語の中で経過した時間は、車周辺の環境の変化、湯屋での出来事、千尋の成長などから• 現実世界・・・約2か月• 湯屋の世界・・・約2週間 と予想しました! トンネルの中と外では時の流れ方が違うだろうと思うので、ハクも早く湯婆婆とケリをつけて現実世界に戻って来られるといいですね>< ぜひ細かい描写の中から千と千尋の世界の時間の流れを感じつつ、作品を楽しんでください!.

次の

【ジブリ都市伝説#1】千と千尋の神隠しの幻のラストシーンについて!?映画館で観た人続出!?

千と千尋の神隠し ラスト

急いでいたはずがトンネルを見つけるやいなや、無邪気に入っていき母親は「車にあったサンドイッチを持ってこればよかった」と発言さえしています。 これは 「千尋達は事故に遭い、瀕死状態の中臨死体験として異世界の夢を見ている」という説を考えればこの違和感は解消されます。 トンネルは臨死体験をした人達が天に向かうトンネルであり、日暮れから現れた大きな川が「三途の河」です。 戻ろうとした時には川になってしまい「この世」には渡れなくなってしまったのです。 」といったもの。 実はその先のラストシーンを見たとファンの間では囁かれています。 両親が食べた食事は 「神様のおもてなしの料理」であり、 「迷い込んだ人間を罠にかけるもの」とも考えられます。 豚になったのは、 「豚のように欲望のままに食べ物を貪り尽くし、罠にかかった結果「喰らい尽くされる側」となったと考察されています。 宮崎駿監督は、バブル時代「喰らい尽くされる側」の人たち 豚そのものになってしまった人)が多く存在していて、今でもそのことに気がつかずに「不景気だ、餌が足りない」と言い続けているとコメントしています。 貪欲であり欲に忠実な愚かな人間の象徴をあらわしているのが豚なのです。 早い話、後先をしっかり考えて行動しろとも取れますよね。 宮崎駿監督は 「カオナシは誰の心にも存在する」とコメントしています。 カオナシは思春期の心の象徴であり、 不安や恐れといった思春期のもやもやとした感情がデフォルメしてあらわれた存在だと言われています。 千尋は最初はカオナシを拒んでいましたが、のちにカオナシを鎮め、招き入れることでひとつ成長するのです。 のちに宮崎駿監督による後付けされた冗談であると明かしています。 ですが並んだところを見ると目元やなで肩具合が似ており、「確かに似てる!」と思わずに入られません。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がモチーフとなっているといわれています。 銀河鉄道では、死者を天上へと運ぶ汽車であり乗客や車掌は黒く描かれています。 また周囲には何もない闇の中に線路が続いており車窓から草花や星々が見え、時折プラットホームだけの駅が現れるといった類似点が千と千尋にも見受けられます。 銀河鉄道の夜がモチーフとなっているのであれば、 千尋達が乗った乗客や車掌も死者ということになります。 宮崎駿監督はこの美しい風景を「千尋にこの世界にもきれいなところはあると知ってもらいたかったから描いた」とコメントしています。 世界の汚い面に翻弄されたとしても、少し外に出てみれば綺麗な世界があると我々にも伝えたかったのではないでしょうか。 宮崎駿監督は 「これだけ経験を経てきた千尋は両親がいないことがわかる。 なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 」とコメントしています。 湯屋で多くを学んできた千尋は、生還するためにこれまでに培ってきた智恵を使ったのではないでしょうか。 例えるなら、仕事のノウハウがある人とない人ではその結果はまちがいなく違います。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっているじゃないですか」 宮崎駿監督日本版プレミア誌上コメント 宮崎駿監督はそうコメントしています。 大人の社会にまだ子供である千尋がぶつかっていき心身ともに成長する物語として描きたかったのではないでしょうか。 「千」とつけられた名は源氏名といわれると納得してしまいますね。 本来は「萩野千尋」ですが、契約書に書いた名前は「萩」の「火」の部分が「犬」になっているのです。 そのおかげで本来契約は成立しておらず、千尋は元の世界に戻れるようになったともいわれています。 千と千尋の神隠しのその後はどうなる? ハクは千尋を元の世界へ返すことができます。 別れ際「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」とセリフを残します。 幻のラストシーンのようにハクが龍神として新しい小川に戻ってくれるのが一番幸せなおわりではありますが、ファンの間では「すべてのことはルールに従わなければならない」ため「八つ裂きにされる運命」を受け入れているのでは?と推測されています。 ハクの手が最後まで名残惜しく残るシーンは宮崎駿監督が「二人の永遠の別れを表現している」という記述が残されているようです。 千と千尋の神隠し都市伝説裏設定まとめ まだまだ探せば多くの都市伝説や裏設定がありそうですよね! 何度見ても新しい発見がある千と千尋の神隠し。 裏設定や都市伝説を知った上で視聴するとまた違った観点で楽しめるのでおすすめです。

次の