エラー コード 5003。 ステータスコード(500エラーとか)

オペレータパネルに表示されるメッセージ

エラー コード 5003

HTTP 503、またはエラーメッセージ Service Unavailable(「サービス利用不可」「サービスが利用できません」の意)は、の一つ。 一時的にサーバーにアクセスできないことを示す。 概要 [ ] HTTPによる通信の際、クライアント()からのアクセス要求に対するサーバー側からの返答コード()の一つ。 初めの5がサーバー内部のエラーであることを示している。 同様にサーバーエラーが関連して表示されるエラーコードであるとは違い、このコードは一時的にサーバにアクセスできずサービスが利用不可能になっていることを示している。 このコードが表示される要因としては、• 当該ウェブサイトに瞬間的に多数のアクセスがなされ、サーバーが処理不能に陥った。 サーバーがメンテナンス中などで機能していなかった。 サーバ内の最大データ転送量を超過した。 同一サーバ内の他のサイトへのアクセスの集中。 などが挙げられる。 一度このエラーが発生してしまうと、サーバのトラブルが解消されない限り復旧しない。 対処法としてはウェブサーバー側の高性能化、を利用したデータの転送量および転送速度の向上などがある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - が運営するホスティングサービスの解説サイト.

次の

ice in nightmare エラーコード:

エラー コード 5003

コロナウィルス対策もあってテレワークや在宅勤務に切り替える企業も増えています。 コミュニケーションをどうするかは大事な問題ですが、その1つの解決策がビデオ会議です。 ここでは人気のビジネスビデオ会議システムZoomについて紹介します。 Zoomとは? ビデオチャットサービスを専門で提供する企業です。 Zoomのビデオチャットは使いやすいうえ、ビデオ品質も良く、導入する企業も増えています。 Skypeとの違いは? ビデオチャットができるうえ、チャット機能やファイル送信機能があるという点でみれば差異はありません。 しかしスカイプのほうは汎用で、仕事から個人・家族での利用まで様々な使い方をされています。 一方ZOOMは企業でのビデオ会議用途が中心です。 用途が明確なだけに、動画配信システムが最適化されています。 わかりやすい例が、スカイプの転送量に比べてZoomのデータ転送量ははるかに少なくなっている点です。 正直なところビデオ会議はスカイプ等あるのでそれで済むかなとは思っていましたが、実際ZOOMのほうがシンプルで使いやすいです。 また、スカイプは人数が増えると質がぐっと落ちる印象があるのですが、ZOOMのほうは安定していている印象です。 こちらのによれば、長時間の会議の場合にはどんどん画質を抑えながら記録サイズが抑えられる仕様になっているそうです。 時間超過などで会議データの保存サイズがオーバーしないようにという措置と思われ、このような1つ1つの使い勝手がファンを生む秘訣のようです。 価格は? 基本無料です。 ただし無料の場合、ミーティング時間が40分までと制限があり、録画機能などは利用できません。 テレワークで常時会議をオンにする場合、最初はフリープランで試し、あとはプロ以上の有料プランということになるでしょう。 フリープラン• 100人の参加者までホスト可能• グループミーティングは40分まで プロ 1ホスト当たり月額2,000円• 100人の参加者を含みます• ミーティングの時間は24時間• ユーザー管理機能• クラウド記録 Zoomの始め方 アカウント 誰でも簡単にアカウントを作れます。 メールを入力し、贈られてきたメールの認証リンクへ移動。 名前やパスワードを入れ、招待をすませれば完了です。 この後すぐミーティングを開催できるようになります。 ビデオ会議 実際の接続は別途ソフトをダウンロード・インストールして行います。 かなりこのあたりの手間は軽減されているので、わりあいすぐ会議ができるようになります。 ビデオ会議を起動するとこんな感じ。 下にはマイクやビデオのミュート・停止、参加者の招待、画面共有、チャット、レコーディングなどの必要な機能のアイコンが並びます。 シンプルで使いやすいです。 招待であれば、この会議のリンクURLを相手に送るだけで相手は参加できます。 表示モードを切り替えて、並列的に表示することもできます。 もちろん文字によるチャットやファイル送信も問題ありません。 Zoomの不具合 Zoomにつながらない? 真っ先に考えられるのがメンテナンス・サーバ障害です。 Zoomでは以下サイトにてステータス情報を公開しています。 稼働していれば「Operational」になっています。 ZOOMはその恩恵を受けている一方、無料キャンペーンなどもあいまって通信量が増大。 結果一部で再生パフォーマンスが低下したり、サービスの利用が一時停止となる事態が起きています。 多ページでも紹介していますが、利用にあたっては別企業の類似サービスをバックアップ用として必ず用意しましょう。 ZOOMならTEAMSかSKYPEでも一度会合をしておき、ZOOMが利用できない場合はそちらへすぐ参加できるようにするのがリスクヘッジとなります。 会議には入れない? セキュリティの不備が指摘されていたZOOMですが、暗号化を強化したバージョン5に移行します。 パスワードがないと入れない場合もあります。 旧バージョンのままだと「このミーティングに参加するには、5. 0以降のバージョンのアプリが必要です。 更新して、続行してください」のようにバージョンアップが促されますので必ず更新するようにしましょう。 Zoomが重い? CPUやメモリについてチェックしておきましょう。 設定>統計情報でCPUやメモリが十分空きがあるか確認することができます。 音がしない? 音がしない場合は、マイクやカメラ設定を確認してみましょう。 設定>オーディオで、「スピーカーのテスト」や「マイクのテスト」ボタンがあるので押して反応を見ましょう。 出ない場合は利用ドライバを右のプルダウンから切り替えて試してみましょう。 マイクによっては、オンオフボタンやミュートボタンがマイク自体についている場合があります。 意外に盲点ですので、きちんと確認してみましょう。 パソコンの機種によっては、そもそもマイク入力のレベルが低い場合もあります。 うちのPCは最大音量にセットしていてもかなり低い感じです。 ビデオが出ない? 各参加者はマイクやカメラ設定のオンオフがすぐできますので、そちらも確認しましょう。 設定は、右上の歯車アイコンから行います。 利用カメラを切り替える 通常は「設定>ビデオ」でもカメラ画面がでます。 出ない場合はカメラのところにあるプルダウンから利用可能なカメラを切り替えて試してみましょう。 利用したいカメラが一覧に出ない場合は ・きちんとUSBがささっているか ・USBスイッチャーなどでカメラ電源がオフになっていないか ・カメラのドライバーがちゃんと動作しているか... など確認してみましょう。 表示方法を切り替える 設定>ビデオの下に「詳細」ボタンがあります。 すると ビデオレンダリング方法(ビデオ画面を描画する機能)を選択できます。 Direct3Dとはウィンドウズがゲーム用に用意している描画形式で、高速に動画を再生するのに向いています。 GDIは標準的な画面表示で、高速表示用ではありませんがかえってDirect3Dよりも安定した表示が期待できると思います。 またビデオキャプチャリング方法を選択できます。 これはカメラで動画を取得する方法だと思いますので、カメラ画像が映らない場合にはこちらを切り替えて試してみるといいかと思います。 極端にレートが遅い場合などは、ネットワークのほうの障害の可能性が高いと思います。 WiFiなどに切り替えて試すか、WiFi自体の設定を確認したりWiFi機器の再起動を試してみましょう。 仮想背景をオフにする 仮想背景は、人物だけ切り取って背景を隠します。 ただし人物がうまく認識できない場合は、人が表示されなくなります。 動画は送信できているものの人物が表示されない場合には、仮想背景をオフにしておくとよいでしょう。 エラーコード一覧 0、3000、10002 インストールエラー。 最新ファイルを手動でダウンロードしてインストールしてみましょう。 またインストール前に一度アンインストールを行ってから実施するとより確実でしょう。 13003 パーミッションエラー。 インストーラを管理者として実行しましょう。 2008 ウェビナー開催ライセンスが切れている可能性があります。 今一度契約状況を確認しておきましょう。 5000, 5003, 5004、104101、104102、104103、104104、104105、104106、104110、104111、104112、104113、104114、104115、104116、104117、104118 ZOOMに接続できないエラーです。 まずはファイアウォール設定で、以下ポートが利用できるか確認しましょう。 TCP:80,443,8801, 8802• UDP:3478, 3479, 8801 - 8810 参考: McAfeeやAVGなど、アンチウィルスでブロックされていないことも確認しておきましょう。 利用者急増に伴いサーバ障害が起きやすくなっています。 下記サイトでZOOMのサーバがちゃんと稼働しているか確認してみましょう。 」を入れなおしてみましょう。 XmppDll. dll? 最新のアプリへインストールしなおしてみましょう。 参考: apicode.

次の

HTTP 503

エラー コード 5003

エラーコード ログ記録されたエラーメッセージ 理由 解決策 0 終了コード: 0 エラーなし。 成功 1 終了コード: 1 コマンドラインを解析できません。 コマンドラインにある正しくない引数です。 正しい引数を入力したことを確認します。 2 終了コード: 2 不明なユーザーインターフェイスモードが指定されました。 6 終了コード: 6 エラーが発生してサイレントワークフローが終了しました。 必須のコンポーネントが失敗しました。 ログファイル内でエラーの発生を確認して正確な原因を判別します。 7 終了コード: 7 サイレントワークフローを完了できません。 重要なコンポーネントが失敗しました。 ログファイル内でエラーの発生を確認して正確な原因を判別します。 9 終了コード: 9 サポートされていない OS バージョンです。 オペレーティングシステムのサポート対象外のバージョンに製品をインストールしようとしています。 ご使用のオペレーティングシステムがサポート対象であることを確認します。 製品の必要システム構成を確認してください。 10 終了コード: 10 サポートされていないファイルシステムです。 11 終了コード: 11 別のインスタンスが実行中です。 一度に実行できるのは単一のインスタンスのみです。 1 つのインスタンスのみが実行されるように、Adobe Application Manager の他のインスタンスを終了します。 次に、コンピューターを再起動します。 14 終了コード: 14 権限不足により失敗しました。 インストーラーが管理者モードで実行していることを確認します。 を参照してください。 15 終了コード: 15 メディア DB の同期に失敗しました。 インストールプロセスがインストーラーメディアデータベースとローカルメディアデータベースをマージしていません。 これらの 2 つのデータベースファイル(media. db とローカルの media. db)のインストールが破損していない(0 バイトを表示しない)ことを確認します。 オペレーティングシステムをアップデートします。 再起動して、再試行します。 ローカルの media. db のアクセス許可を確認します。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、古いインストールを削除します。 を参照してください。 16 終了コード: 16 展開ファイルの読み込みに失敗しました。 AAAME または ASU によって生成されたデプロイメントファイルは通常有効です。 一時的な配布ファイルを読み込むことができません。 インストールを再度実行します。 18 終了コード: 18 Adobe Application Manager のブートストラップに失敗しました。 19 終了コード: 19 競合するプロセスが実行しています。 このエラーはサイレントインストール中によく発生します。 競合するプロセスをすべて閉じます。 続いて、コンピューターを再起動してインストールを再試行します。 を参照してください。 20 終了コード: 20 インストールソースパスが存在しません。 インストーラーが破損していない(media. db がペイロードフォルダーに存在する)ことを確認します。 インストーラーのローカルコピーを作成してから、インストールを再試行します。 21 終了コード: 21 ペイロードのバージョンが RIBS のインストールされたバージョンでサポートされていません。 最新バージョンのインストーラーを使用します。 22 終了コード: 22インストールディレクトリの確認に失敗しました。 別のインストール場所を選択します。 23 終了コード: 23 いくつかのペイロードのために必要システム構成の確認に失敗しました。 システムが最低限の必要システム構成を満たしていることを確認してください。 24 終了コード: 24 ユーザーがインストール/アンインストール/再インストールをキャンセルしました。 インストールがキャンセルされました。 もっと短いパスにインストールします。 26 終了コード: 26 ペイロードの一部の場所を確認できません。 ご使用のインストーラーを確認してください。 AAMEE の事例の場合:インストーラーパッケージを再作成して、すべてのペイロードがペイロードフォルダーにあるようにします。 メディアから実行している場合:インストーラーのローカルコピーを作成して再試行します(ディスクがアクセス不能である可能性があります)。 インストーラーの新しいコピーをダウンロードします。 マルチディスクの事例:すべてのペイロードをディスク 2 からディスク 1 のローカルコピーにコピーしたことを確認します。 を参照してください。 27 終了コード: 27 ターゲットでキー付きファイルが検出されました。 Sassafras パッチを適用します。 28 終了コード: 28 基本製品がインストールされていません。 このパッチは、基本製品がインストールされている場合にのみ実行可能です。 パッチを適用する前に基本製品をインストールしてください。 を参照してください。 29 終了コード: 29 基本製品が移動されています。 基本製品が見つからないため、パッチは適用できません。 基本製品を起動してから、パッチをもう一度適用してみてください。 30 終了コード: 30 ディスク領域が不十分なため、インストールはエラーが発生して終了しました。 ディスク容量を開放して、必要なコンポーネントをインストールする容量を確保します。 を参照してください。 31 終了コード: 31 ディスク領域が不十分なため、インストールに失敗しました。 選択したインストール場所から容量を開放します。 重要なコンポーネントをインストールする十分なスペースがシステムボリュームにあることを確認します。 を参照してください。 終了コード: 32 既にパッチが適用されています。 ご使用の製品は最新です。 アップデーターインベントリに関連する問題を解決するには、アプリケーションを再インストールしてからパッチを再実行します。 を参照してください。 33 終了コード: 33 基本製品がインストールされていません。 アンインストールできません。 現在インストールされていない製品をアンインストールしようとしています。 ARP のみが存在している場合は、製品を再インストールしてからアンインストールします。 GM ビルドでは発生しません。 35 終了コード: 35 一部のインストーラーファイルがないか、無効です。 36 終了コード: 36 別の MSI インストールが既に進行中です。 (Windows のみ)別の Microsoft Installer Service が進行中です。 別の MSI インストールを完了させてください。 コンピューターを再起動して、新しい MSI インストールを可能にします。 37 終了コード: 37 検証できませんでした。 メディアの正規の検証に失敗しました。 アドビからインストーラーの新しいコピーをダウンロードします。 38 終了コード: 38 不明なエラーです。 Adobe Application Manager が破損している可能性があります。 アドビからインストーラーの新しいコピーをダウンロードします。 39 終了コード: 39 ARP エントリの作成に失敗しました。 コンピューターを再起動してインストールを再試行します。 9999 おっと! 致命的なエラーが発生しました。 エラーコード ログ記録されたエラーメッセージ 理由 解決策 DF001 のアクセス権限を取得できません。 ファイル/フォルダーアクセス権限を取得できません。 を参照してください。 DF002 のアクセス権限を 04o に復元できません。 ファイル/フォルダーアクセス権限を設定できません。 「を参照してください。 DF002 のアクセス権限を 04o に設定できません。 ファイル/フォルダーアクセス権限を設定できません。 「」を参照してください。 DF003 の所有者/グループを取得できません。 ファイル/フォルダー所有者アクセス権限を取得できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF003 の所有者とグループを維持できません。 ファイル/フォルダー所有者アクセス権限を取得できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF004 の所有者 とグループ を復元できません。 ファイル/フォルダー所有者アクセス権限を設定できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF004 の所有者とグループを と に設定できません。 ファイル/フォルダー所有者アクセス権限を設定できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF004 所有者/グループを に設定できません。 ファイル/フォルダー所有者アクセス権限を設定できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF005 トークン のエイリアスをオリジナルパス とエイリアスデータ で解決できません。 トークンのエイリアスをそのオリジナルパスで解決できません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF006 SymLink パスがファイル の に既に存在します。 同じ名前の別のファイル/フォルダーが既に存在します。 指定されたパスのsymlinkを削除し、再度インストールを試みます。 DF006 SymLink パスが に既に存在します。 同じ名前の別のファイル/フォルダーが既に存在します。 指定されたパスのsymlinkを削除し、再度インストールを試みます。 DF006 パス は既に存在し、ディレクトリではありません。 同じ名前の別のファイル/フォルダーが既に存在します。 DF006 パスは既に存在し、ディレクトリではないため、モード のディレクトリ を作成できません。 を名前変更/削除して再試行してください。 同じ名前の別のファイル/フォルダーが既に存在します。 DF006 パス は既に存在し、ディレクトリではないため、ディレクトリを作成できません。 名前を変更/削除して再試行してください。 同じ名前の別のファイル/フォルダーが既に存在します。 DF007 AnchorService: adobeCode は未定義です。 Anchor Service コマンドの失敗。 DF007 パス のエンクロージングフレームワークバンドルが見つかりません。 Anchor Service コマンドの失敗。 DF007 Anchor Service をインストールできませんでした。 Anchor Service コマンドの失敗。 DF008 CreateAlias:Source パスは に存在しません。 エイリアス/ショートカットのターゲットファイルが見つかりません。 DF008 宛先パスがファイル の に既に存在します。 エイリアス/ショートカットのターゲットファイルが見つかりません。 DF008 出力先ファイルが に存在しないため、symlink を作成できません。 エイリアス/ショートカットのターゲットファイルが見つかりません。 DF008 ソースファイル の symlink ターゲットを読み込めません。 エイリアス/ショートカットのターゲットファイルが見つかりません。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 手順については、を参照してください。 その後、インストールを再度実行します。 DF009 上位バージョンのプラグインが に既に存在します。 バンドルの上位バージョンが既にインストールされています。 DF010 プラグインを にインストールしません。 このバンドルは、上位バージョンが既にインストールされているため、インストールできません。 DF011 エイリアスが の に既に存在します。 エイリアスファイルは既に存在するため、上書きフラグは無効になっています。 DF012 エイリアスを再ターゲットできません: エイリアスパスは に存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 コマンド '' のライブラリ '' が見つかりません - ファイルが見つかりません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 Chmod:Source パスは に存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 ファイル/フォルダーは に存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールファイルが破損しています。 インストーラーコンテンツを再抽出またはコピーします。 DF012 Flash Player 信頼ファイル '' は存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 インストールソースパスは存在しません:。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DF012 アンインストールデータベースファイルは に存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 ファイルを見つけられません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 ファイルは に見つかりません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 タッチするファイル は見つかりません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 DB のアンインストールパスが見つかりません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DF012 プロパティ を読み込むデータベースファイル '' が存在しません。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 インストールを再度試みます。 DF012 デプロイメントファイルが 存在しません:。 システムは、指定されたファイルを見つけられません。 DF013 plist パスを で削除できませんでした。 Service plist ファイルの削除に失敗。 plist ファイルが存在しない可能性があります。 DF013 service plist を削除できません。 Service plist ファイルの削除に失敗。 plist ファイルが存在しない可能性があります。 DF014 symlink を作成できません。 Symlink の作成に失敗。 DF014 symlink を に作成できません。 Symlink の作成に失敗。 インストールを再度実行します。 別のインストール場所を選択します。 DF014 をターゲットに に symlink を再作成できません。 Symlink の作成に失敗。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF015 symlink を削除できません。 パスのシンボリックリンクの削除に失敗しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、製品を削除します。 手順については、を参照してください。 DF015 の symlink は削除できません。. パスのシンボリックリンクの削除に失敗しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、製品を削除します。 手順については、を参照してください。 DF016 dir を作成できません。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 dir を作成できません。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 アセット抽出の にディレクトリを作成できません。 エラー:。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 管理者ユーザーとしてログインしていることを確認してください。 DF016 を作成できませんでした。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 要求されたフォルダーを作成できませんでした。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 SLCache: SLCache ディレクトリ を作成できませんでした。. ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 モード のディレクトリ を作成できません ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 ディレクトリ を作成できません。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF016 モードの のディレクトリは再び作成できません。 ディレクトリの作成に失敗。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、ディスクに十分な空き容量があることを確認します。 DF017 を参照する Mac エイリアス を作成できません。 エイリアスの作成に失敗。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF018 Mac エイリアス を削除できません。 エイリアスの削除に失敗。 DF019 MD5 チェックサムのターゲットファイルは見つかりません:。 パッチするファイルが存在しません。 製品を再インストールします。 DF019 パッチするファイルは に見つかりません。 パッチするファイルが存在しません。 製品を再インストールします。 DF020 オリジナルファイルを に保存できません。 オリジナルファイルをパッチに保存できません。 DF021 ファイル のチェックサムを取得できませんでした。 ファイルのチェックサムを計算できません。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 目的の場所へのフルアクセス権限があることと、管理者としてログインしていることを確認します。 DF022 新しいファイルチェックサム は期待値 と一致しません。 パッチ対象のファイルが破損しています。 製品を再インストールします。 DF022 パッチ適用後のチェックサム は期待値 と一致しません。 パッチ対象のファイルが破損しています。 製品を再インストールします。 DF022 ファイル で事前チェックサムが不一致です。 パッチ対象のファイルが破損しています。 製品を再インストールします。 DF023 バックアップエイリアスファイル を削除できません。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 のバックアップファイルを削除できません。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 のバックアップファイルを削除できません。。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 ファイル を削除できません。。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 のファイルを削除できません。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 のファイルコピーを削除できません。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF023 再ターゲットされたエイリアスファイル を削除できません。 ファイルの削除に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF024 のファイル(再起動)を に移動できません。。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF024 のファイルを に移動できません。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF024 のオリジナルファイルを保存できません。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF024 ファイル を復元できません。。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF024 のファイルを のバックアップから復元できません。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF024 のファイルを復元できません。 ファイルの移動に失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 を参照してください。 DF025 アプリケーション の登録の試行に失敗しました。 アプリケーションの登録の試行に失敗しました。 DF026 言語 の名前 の PDF 設定移動を削除できません。 PDF の設定に失敗。 DF026 言語 の名前 の PDF 設定移動を に復元できません。 PDF の設定に失敗。 DF026 言語 の名前 の PDF 設定移動を に設定できません。 PDF の設定に失敗。 DF027 ペイロードのキャッシング - 失敗。 Creative Cloud インストーラーはコンポーネントをキャッシュできません。 すべての競合するプロセスを終了して、再度インストールを試みます。 DF027 ファイルを から にコピーできません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF027 ファイルを から にコピーできません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF027 テンプレートデータベースファイルを から にコピーできません。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DF027 サードパーティ アンインストールファイルをコピーできません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF027 ファイル '' を '' にコピーできませんでした。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 ディスク領域をいくらか解放してインストールを再試行します。 DF027 ファイルを から にコピーできません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 「」を参照してください。 DF027 オリジナルエイリアスファイルを に保存できません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF027 オリジナルファイルを に保存できません。。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF027 のエイリアスファイルを のバックアップから復元できません。 ファイルのコピーに失敗。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF028 を参照する の Mac エイリアスを再ターゲットできません。 Mac エイリアスを再ターゲットできません。 DF029 ARKServiceControl: プロセス がまだ実行している可能性があります。 続行します。 サービスの停止に失敗。 DF029 ARKServiceControl: StartService: サービスが を開始/停止していません。 現在の状態: 終了コード: サービス SpecificExit コード:。 サービスの停止に失敗。 DF029 ARKServiceControl: StopService はサービス を停止できませんでした。 エラー:。 サービスの停止に失敗。 DF030 の service plist をインストールできません。 service plist をインストールできません。 DF031 の表示属性を読み込めません。 ファイルの表示属性を読み込めません。 ファイルが存在しない可能性があります。 インストール場所へのフルアクセスがあることを確認するか、または別の場所を選択します。 DF032 の表示属性をマスク 04o の 04o に復元できません。 ファイルの表示属性を設定できません。 ファイルが存在しない可能性があります。 DF033 パス のエイリアスデータを取得できません。 ボリュームパスのエイリアスデータを取得できません。 DF033 トークン のボリュームパス のエイリアスデータを取得できません。 ボリュームパスのエイリアスデータを取得できません。 DF034 ファイル のタッチに失敗しました。 Touch コマンドの失敗。 インストールを再度試みます。 DF034 SetFileTime はエラー: で失敗しました。 Touch コマンドの失敗。 インストールを再度試みます。 DF035 CreateAlias:Icon ファイルは、ターゲット のアイコン の に存在しません。 ショートカットの作成でアイコンファイルが存在しません。 DF036 宛先パスがファイル の に既に存在します。 ファイルは既に存在します。 DF036 ファイルは既に に存在します。 ファイルは既に存在します。 DF037 ファイル '' の代わりにディレクトリが見つかりました。 ディレクトリを削除できません。 「」を参照してください。 DF037 ファイルの代わりにディレクトリが見つかりました。 ディレクトリを削除できません。 「」を参照してください。 DF037 ディレクトリ を削除できません。。 ディレクトリを削除できません。 「」を参照してください。 DF037 ディレクトリ を削除できません。 ディレクトリを削除できません。 「」を参照してください。 DF038 e. what. Firewall コマンドの失敗。 DF038 ファイアウォール規則を追加できません。 Firewall コマンドの失敗。 DF038 ファイアウォール規則を削除できません。 Firewall コマンドの失敗。 DF039 フォルダーアイコンを設定できません。。 フォルダーアイコンを設定できません。 DF040 フォント '' の に失敗しました。 エラー:。 フォントをシステムで登録/登録解除するのに失敗しました。 DF041 モジュールファイル と resID: の のローカライズ表示名を設定できません。 Error:0xx。 ファイルのローカライズ表示名を設定できません。 DF041 のローカライズ表示名を復元できません。 ファイルのローカライズ表示名を設定できません。 DF042 ファイル を修復できません。 パッチ適用による破損、または削除されたかのいずれかです。 パッチファイルを修復できません。 パッチ適用中に破損、または削除されたかのいずれかです。 DF043 GetNamedSecurityInfo に失敗しました。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を取得できませんでした。 DF043 ファイル の ACL を保存できませんでした。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を取得できませんでした。 DF044 SetEntriesInAcl に失敗しました。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を設定できませんでした。 インストール場所へのフルアクセス権限があることと、管理者としてログインしていることを確認します。 DF044 SetNamedSecurityInfo に失敗しました。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を設定できませんでした。 インストール場所へのフルアクセス権限があることと、管理者としてログインしていることを確認します。 DF044 SID の割り当てまたは作成に失敗しました。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を設定できませんでした。 インストール場所へのフルアクセス権限があることと、管理者としてログインしていることを確認します。 DF044 ファイル の ACL を復元できませんでした。 ファイル/フォルダーのセキュリティアクセス権限を設定できませんでした。 インストール場所へのフルアクセス権限があることと、管理者としてログインしていることを確認します。 DF045 ファイル をバックアップできません。。 パッチコマンドでファイルをバックアップできません。 ファイルが存在しない可能性があります。 DF046 エラー: で System Folder を作成 できません。 フォルダーを System Folder に設定できません。 DF047 ARKServiceControl:: InstallService は、サービス の詳細 を設定できませんでした。 エラー:。 サービスの詳細を設定できません。 DF047 ARKServiceControl:: ModifyService は、サービス の詳細を設定できませんでした。。 サービスの詳細を設定できません。 DF048 ARKServiceControl:: InstallService はサービス をインストールできませんでした。 エラー:。 サービスのインストールの失敗。 DF049 ARKServiceControl:: UninstallService はサービス を削除できませんでした。 エラー:。 サービスの削除の失敗。 DF050 ARKServiceControl:: ModifyService はサービス で失敗しました。。 サービスの変更の失敗。 DF050 ARKServiceControl:: ModifyService は、以前のサービス設定の保存中に失敗しました。 サービスの変更の失敗。 DF051 サービス構成データを取得できません。 サービス構成データを取得できません。 DF051 サービス名 '' のサービスハンドルを取得できません。 エラー:。 サービス構成データを取得できません。 DF052 ファイルを開けません。 ファイルを開けません。 ファイルが存在しない可能性があります。 または、管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 ファイルが存在していることを確認して、インストールを再試行してください。 DF053 Wow64FsRedirection を 有効にできませんでした。。 ファイルシステムリダイレクションの有効化/無効化に失敗しました(WOW64)。 DF054 ファイルのバージョンを取得できません。 ファイルのバージョンを取得できません。 ファイルにバージョン情報がない可能性があります。 DF054 ファイルパス '' のアドビファイルバージョンを読み込めません。 ファイルのバージョンを取得できません。 ファイルにバージョン情報がない可能性があります。 DF055 の のタイプであるはずなのに、既存のファイルはタイプ です。 違うタイプの 2 つの異なるファイルでバージョンが要求されました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 '' と '' のバージョン比較に失敗しました。 違うタイプの 2 つの異なるファイルでバージョンが要求されました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DF055 違うタイプの 2 つの異なるファイルでバージョンが要求されました。 違うタイプの 2 つの異なるファイルでバージョンが要求されました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DF056 空白のパスセグメントが存在できるのは先頭のみです。 パス をチェックしてください。 無効なファイルパスです。 空白のパスセグメントが存在できるのは先頭のみです。 DF057 ファイル のファイル属性を標準に設定できません。 ファイル属性を設定できません。 DF058 サービスマネージャーハンドルを取得できません。 サービスマネージャーを開けません。 DF059 ARKServiceControl:: StartService は、サービス を開始できませんでした。 エラー:。 サービスの開始の失敗。 DF060 パス のボリューム名を取得できません。 パスのボリューム名を取得できません。 ファイルパスが最大制限を超えています。 DF062 ファイルは別のプロセスで使用中です。 このファイルは別のプロセスで使用中です。 DF063 service monitor をインストールできません。 service monitor をインストールできません。 DF063 service monitor を削除できません。 service monitor を削除できません。 DF063 service monitor を起動できません。 service monitor を起動できません。 DF064 サービスの ACL を追加できませんでした:。 Service ACL コマンドに失敗しました。 DF064 ServiceACL::DoPerform: SID を割り当てられませんでした。 エラー: Service ACL コマンドに失敗しました。 エラーコード ログ記録されたエラーメッセージ 理由 解決策 DS001 でディスク イメージをマウントできませんでした。 ディスクイメージが損傷していないことを確認してください。 ディスクイメージのマウントに失敗しました。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 ディスクを再挿入またはマウントしてください。 DS002 アセットは保護されていますが、キーが入力されていません。 アセットは保護されていますが、キーが入力されていません。 DS003 '' を抽出できません。 エラー:。 zip ファイルからのファイルの抽出に失敗しました。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 または、ディスクがいっぱいです。 を参照してください。 DS005 INSTALLDIR プロパティが必要です。 INSTALLDIR プロパティが見つかりません。 条件テーブルが正しくありません。 条件テーブルのエントリが無効です。 DS006 条件テーブルのエントリが無効です。 条件テーブルのエントリが無効です。 条件テーブルのエントリが無効です。 条件テーブルのエントリが無効です。 条件テーブルのエントリが無効です。 DS007 TotalSize プロパティがデータベースで設定されていません。 INSTALLDIR プロパティが見つかりません。 DS008 ペイロード の ParentProductAdobe Code プロパティはデータベースに見つかりません。 TotalSize プロパティが見つかりません。 不良なフォント。 DS010 無効なライブラリファイル です。 コマンド の GetCommandObject API アドレスを取得できません。 不良なモジュール。 DS010 Self Register ファイル '' は無効です。。 不良なモジュール。 DS011 : ペイロードはペイロードフォルダー に見つかりません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 メディア情報はリムーバブルソースの場所に提供されません 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 ペイロードパスが存在せず、メディアレコードが指定されていません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 ペイロードソースが見つかりません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 Apple package は以下に存在しません。。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 のアプリケーションが見つかりませんでした。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS011 MSI インストーラー が 見つかりません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 インストーラーのコンテンツを再度抽出またはコピーします。 DS012 LocalizeFile: ロケール '' のローカライズされた文字列が見つかりません。 指定されたロケールのローカライズされた文字列が見つかりません。 別のインストール言語を選択します。 DS012 LocalizeFile: ロケール '' のローカライズされた文字列が見つかりません。 指定されたロケールのローカライズされた文字列が見つかりません。 別のインストール言語を選択します。 DS013 ペイロードアップグレード/競合関係の確認: コード で失敗しました。 アップグレードはインストールされている製品と互換性がありません。 DS013 ペイロード は既にインストールされています。 また、セッションペイロード とはアップグレード/競合関係はありません。 アップグレードはインストールされている製品と互換性がありません。 DS014 DefragFiles コマンドの空のファイルリスト。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS014 無効なアクション が渡されました。 0 または 1 にしてください。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS014 無効なパラメータ値が提供されました. 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS014 ServiceInstall: 無効な数の引数が入力されました。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS014 サポート対象外のペイロードタイプが toInstallThirdParty Payload: に入力されました。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS014 無効なアクション: ARKServiceControl コマンドの。 無効なパラメーターです。 インストーラーを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DS015 ソースファイル の symlink ターゲットを読み込めません。 Symlink が破損しているか、または管理者が十分なアクセス権限を持っていません。 「」を参照してください。 DS016 データベースのアンインストールは再配置をサポートしません。 データベースのアンインストールは再配置をサポートしません。 DS017 は破損しています。 署名ファイル '' は破損しているか、存在しません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 署名ファイル検証に失敗しました。 DS017 は破損しています。 ファイル '' は破損しています。 OCEError:。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 署名ファイル検証に失敗しました。 DS017 は破損しています。 ファイル '' は破損しています。 ファイル名が一致しません。 無効なインストールメディアです。 インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 署名ファイル検証に失敗しました。 レジストリキーが存在しないか、または管理者が十分なアクセス権限を持っていないかのいずれかです。 管理者が十分なアクセス権限を持っていないか、またはアクセス権限が破損しているかのいずれかです。 DR003 SID を作成できませんでした。 管理者が十分なアクセス権限を持っていないか、またはアクセス権限が破損しているかのいずれかです。 DR006 SetSecurityDescriptor Dacl エラー! rclu 随意アクセス制御リスト(DACL)に情報を設定できません。 管理者が十分なアクセス権限を持っていないか、またはアクセス権限が破損しているかのいずれかです。 DR007 RegSetKeySecurity エラー! 管理者が十分なアクセス権限を持っていないか、またはアクセス権限が破損しているかのいずれかです。 DR010 レジストリキーの作成に失敗しました - 64 ビット ルート: ロール: アクセス権限: キー: を開始します。 エラー : レジストリキーを変更できません。 管理者が十分なアクセス権限を持っていない可能性があります。 を参照してください。 DR011 レジストリキーの削除 - 失敗。 エラー レジストリキーを変更できません。 レジストリキーが存在しないか、または管理者が十分なアクセス権限を持っていないかのいずれかです。 を参照してください。 DR012 レジストリ値の設定に失敗しました。 レジストリ値を設定できません。 を参照してください。 DR013 レジストリ値を削除する - 失敗。 エラー: レジストリ値を削除できません。 を参照してください。 DR014 キーオープン - 失敗。 キー: エラー: レジストリキーのオープンに失敗。 レジストリキーが存在しないか、または管理者が十分なアクセス権限を持っていないかのいずれかです。 を参照してください。 エラーコード ログ記録されたエラーメッセージ 理由 解決策 DW001 ペイロードキャンセルステータスを設定しました。 ユーザーにより操作がキャンセルされました。 DW002 予期しないユーザーレスポンスを受け取りました。 キャンセル中... ユーザーにより操作がキャンセルされました。 DW001 不明なユーザーレスポンスを受け取りました。 キャンセル中... ユーザーにより操作がキャンセルされました。 DW001 ユーザーにより操作がキャンセルされました。 ユーザーにより操作がキャンセルされました。 DW001 ユーザーレスポンス要求が処理されませんでした。 ユーザーにより操作がキャンセルされました。 DW002 スレッドメッセージキューからメッセージをポップできません。 スレッドメッセージキューからメッセージをポップできません。 DW003 InstallPayload に失敗しました。 ペイロードインストールに失敗しました。 DW004 RepairPayload に失敗しました。 ペイロード修復に失敗しました。 DW005 UninstallPayload に失敗しました。 ペイロードアンインストールに失敗しました。 DW005 アンインストールに失敗しました。 ペイロードアンインストールに失敗しました。 DW006 Apple Package は正常にインストールできませんでした。 Apple Package は正常にインストールできませんでした。 DW007 ターゲットボリュームの取得に失敗しました。 Apple Package のインストールを続行できません。 ターゲットボリュームの取得に失敗しました。 Apple Package のインストールを続行できません。 DW008 プロパティマップからのインストールディレクトリの取得に失敗しました。 Apple Package のインストールを続行できません。 プロパティテーブルにプロパティ値が見つかりません。 DW008 修復操作のインストールプロパティを読み込めません。 プロパティテーブルにプロパティ値が見つかりません。 DW008 修復操作のペイロードパスを読み込めません。 プロパティテーブルにプロパティ値が見つかりません。 DW008 adobeCode は未定義です。 プロパティテーブルにプロパティ値が見つかりません。 DW008 adobeCode プロパティは空白です。 プロパティテーブルにプロパティ値が見つかりません。 DW009 サポート対象外のペイロードタイプが InstallThirdPartyPayload: に入力されました。 サードパーティのペイロードに、サポート対象外のペイロードタイプが入力されました。 DW010 修復をサポートしないサードパーティのペイロードタイプの修復が試行されました。 修復をサポートしないサードパーティのペイロードタイプの修復が試行されました。 DW010 セットアップバージョン 0. 0 以前でインストールされた物理的修復ペイロードは、Mac でサポートされていません - 非致命的なエラー 修復をサポートしないサードパーティのペイロードタイプの修復が試行されました。 DW010 セットアップバージョン 0. 0 以前でインストールされた物理的修復ペイロードは、Mac でサポートされていません。 修復をサポートしないサードパーティのペイロードタイプの修復が試行されました。 DW010 RepairThirdPartyPayload はサポートされていません 修復をサポートしないサードパーティのペイロードタイプの修復が試行されました。 DW011 : サードパーティペイロードのアンインストールはサポートされていません。 サードパーティのペイロードのアンインストールはサポートされていません。 DW011 を別々にアンインストールしてください。 Apple Package (pkg)のアンインストールは、現時点でサポートされていません。 サードパーティのペイロードのアンインストールはサポートされていません。 DW011 UninstallThirdParty ペイロードは サポートされていません。 サードパーティのペイロードのアンインストールはサポートされていません。 DW011 アンインストールアプリケーション が見つかりません。 既にアンインストール済みと思われます。 サードパーティのペイロードのアンインストールはサポートされていません。 DW011 ペイロードタイプは次のアンインストールをサポートしません:. append inType サードパーティのペイロードのアンインストールはサポートされていません。 DW012 ライブラリ '' を読み込めません - ファイルが見つかりません。 インストーラーライブラリファイルを読み込めません。 1 つ以上のライブラリファイルが見つかりません。 または、インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 DW012 無効なライブラリファイル です。 API を取得できません。 インストーラーライブラリファイルを読み込めません。 1 つ以上のライブラリファイルが見つかりません。 または、インストーラーパッケージが破損している可能性があります。 DW013 依存操作失敗の設定に失敗しました。 自動挿入の結果、失敗しました。 インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW013 のため、ペイロード操作に失敗しました。 インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW013 不明な例外によりペイロード操作に失敗しました。 インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW013 手順の作成時に エラーが発生しました: インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW013 exceptionString インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW013 re. what インストール中に不明な例外が発生しました。 インストールを再度実行します。 エラーが再度発生する場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を実行して、すべての製品を削除します。 を参照してください。 セッション/PDB データはペイロードでは既に初期化されています。 DW014 ペイロードに設定中の PDB データに間違った AdobeCode があります。 セッション/PDB データはペイロードでは既に初期化されています。 セッション/PDB データはペイロードでは既に初期化されています。 DW014 ペイロードに設定中のセッションデータに間違った AdobeCode があります。 セッション/PDB データはペイロードでは既に初期化されています。 DW015 必要としないペイロードの依存演算結果を設定しようとしています。 無効なパラメーターです。 理由:• ペイロード間に不明な依存性タイプが見つかりました。 無効なデプロイメントファイルです。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW015 InstallOperationsQueue: 同一実行内のペイロードのインストールおよび削除はサポートされていません。 無効なパラメーターです。 理由:• ペイロード間に不明な依存性タイプが見つかりました。 無効なデプロイメントファイルです。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW015 の無効なインストーラーアクション です。 無効なパラメーターです。 理由:• ペイロード間に不明な依存性タイプが見つかりました。 無効なデプロイメントファイルです。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW015 不明な依存性 タイプ。 無効なパラメーターです。 理由:• ペイロード間に不明な依存性タイプが見つかりました。 無効なデプロイメントファイルです。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW015 に不正なインストール状態 無効なパラメーターです。 理由:• ペイロード間に不明な依存性タイプが見つかりました。 無効なデプロイメントファイルです。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべての製品を削除します。 を参照してください。 DW016 注意:アクション は、ペイロード により既にアップグレードされているため、 ペイロード に設定できません。 上位バージョンのペイロードが既にインストールされているため、下位バージョンのメディアペイロードはインストールできません。 DW017 PayloadPolicyNode。 SetAction: ペイロード は に必要ですが無料ではありません。 理由: いくつかの制約により、ペイロードアクションは設定できません。 DW018 productName の旧バージョンが既にインストールされています。 製品の旧バージョンが既にインストールされています。 旧バージョンをアンインストールしてから、もう一度インストールしてみてください。 DW019 製品をシリアライズしてから、このインストーラーを実行してください。 体験版モードでは保護されたコンテンツをインストールできません。 製品をシリアライズしてから、このインストーラーをもう一度実行します。 DW020 注意:競合ペイロードがインストールされているため、ペイロード にアクションを設定できません。 ペイロードは、その競合ペイロードが既にマシンにインストールされているため、インストールできません。 これらの製品をアンインストールし、ご使用のコンピューターを再起動してから、このインストーラーをもう一度実行します。 DW021 "バージョンのペイロード : はこのバージョンではサポートされていません: RIBS の。 ペイロードは現在のインストーラーではインストールできません。 DW021 サポート対象外のペイロードバージョンが含まれています。 ペイロードは現在のインストーラーではインストールできません。 DW022 互換性のないペイロードが既にインストールされています。 互換性のないペイロードが既にインストールされています。 DW023 errMsg インストーラーメディアに、拡張ペイロード(言語パック/パッチ)の親ペイロードがありません。 DW024 errMsg インストーラーメディアに、UI の親を必要とするペイロードの UI の親ペイロードがありません。 DW025 重要な依存性の一部が ペイロードです インストーラーメディアに、ペイロードの依存ペイロード(重要/必要/ 推奨)がありません。 DW026 以下の " 依存関係を満たすペイロードが見つかりません:家族: ProductName: MinVersion:。 インストーラーメディアに、ペイロードの依存ペイロード(必要)がありません。 DW027 セッションに満たされない依存性があります。 インストーラーメディアに、ペイロードの依存ペイロード(重要)がありません。 DW028 InstallOperationsQueue: 命令セットが空白です メディアから単一のペイロードをインストールできません。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべてのアプリケーションを削除します。 を参照してください。 DW028 操作キューを開けません。 メディアから単一のペイロードをインストールできません。 Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、すべてのアプリケーションを削除します。 を参照してください。 このペイロードをスキップします。 ペイロード(またはその依存ペイロードの 1 つ)のカスタムアクションでは、このペイロードの省略を考慮します。 このペイロードに失敗。 " ペイロードが修復中であるため、ペイロードのパスはアンインストールされます。 パッチャーは修復/再インストールできません。 パッチは既に適用されています。 DW037 セットアップは既に実行中です。 Adobe インストーラーの別のインスタンスが既に実行中です。 すべてのインストールを閉じて、再度インストールを試みます。 DW038 現在のユーザーは、このソフトウェアをインストールする十分なセキュリティ 証明書 持っていません。 現在のユーザーは、このソフトウェアをインストールする十分なセキュリティ証明書を持っていません。 管理者アカウントでログインして、再度インストールを試みます。 選択不可であるため deployment. xml ファイルから削除してください" 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 "デプロイメントファイルに指定された ペイロードは既にアンインストールされています。 ドライバー以外の他の関連ペイロードアクションを指定してください。 " 無効なデプロイメントファイルです。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 donotinstall アクションと remove アクションはデプロイメントファイルに混在できません。 無効なデプロイメントファイルです。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 ペイロードはインストールモードでは修復できません。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 インストーラーペイロード選択はサイレントデプロイメントファイルから設定できません。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 EDTWorkflow: ペイロード のアクション '' アクションは、非サードパーティペイロードであるため、設定できません。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 デプロイメントファイルの読み込みに失敗しました 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 configdbonly アクションは EDT ワークフローにのみサポートされます。 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 次のデプロイメントファイルからペイロードオプションを読み込めませんでした: 無効なデプロイメントファイルです。 DW039 デプロイメント ファイルを読み込めません: 無効なデプロイメントファイルです。 DW040 製品はもうインストールされていません。 製品はインストールされていません。 アンインストールを続行できません。 DW040 製品 は インストールされていません。 アンインストールを続行できません。 製品はインストールされていません。 アンインストールを続行できません。 DW041 INSTALLDIR ボリューム は存在しません。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR は ルートパスにできません。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR に 無効な文字が含まれています。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR のパスの記述が不完全です。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR は ローカルボリューム上にありません。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR は大文字と小文字が区別されるボリューム上にあります。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR パスは最大許容長を超えています。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 INSTALLDIR パスは書き込み可能なボリューム上にありません。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 無効な INSTALLDIR - インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 1 つ以上の 再インストールパス は、もうマウントされていないボリュームです: '' インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW041 パス '' は 最大制限を超えています。 インストールディレクトリが無効です。 別のインストールディレクトリを選択してください。 DW042 ARP エントリは言語 に作成できませんでした。 製品は、選択されたインストール言語をサポートしていません。 製品は、選択されたインストール言語をサポートしていません。 DW042 ドライバーペイロード は、選択されたインストール言語 をサポートしません。 製品は、選択されたインストール言語をサポートしていません。 DW043 サポート対象言語のリストを取得できませんでした。 サポート対象言語のリストを取得できませんでした。 いくつかの制約により、ペイロードアクションは設定できませんでした。 DW046 次の競合プロセス が実行されていました - 競合プロセスが実行中です。 競合プロセスを閉じて続行します。 DW047 必要システム構成チェック に失敗しました。 必要システム構成チェックに失敗しました。 DW048 ディスク容量の要件チェックに失敗しました。 ディスク容量が不足しています。 インストールドライブとシステムドライブのディスク領域を解放し、再度インストールを試みます。 DW048 ペイロード: '' で必要な ディスク容量 は空き容量 よりも大きいです ディスク容量が不足しています。 インストールドライブとシステムドライブのディスク領域を解放し、再度インストールを試みます。 エラーまたはユーザーによるキャンセルにより、ペイロードのインストールが省略されました。 DW050 次のペイロードエラーがインストール中に見つかりました: ペイロードがインストール/アンインストールに失敗しました。 DW051 セッションペイロード の依存性が変わりました。 メディアにおけるペイロードの依存性は、既にインストールされているペイロードと異なります。 DW052 基本製品がインストールされていません。 パッチ操作を続行できません。 このパッチは、基本製品がマシンにインストールされている場合にのみ実行可能です。 基本製品をインストールしてから、パッチをインストールします。

次の