マイナンバーカード 郡山市。 マイナポイント事業|鹿児島市

マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ

マイナンバーカード 郡山市

マイナンバー通知カードが廃止!期限はいつまで? マイナンバーの通知カードは2020年5月一杯で廃止されます。 一体、有効期限はいつまでなのでしょうか? そこで、有効期限を調べたところ、 5月25日(月)であることが確認されました。 法律の改正により、 マイナンバー通知カードは令和2(2020年)年 5月25日頃に廃止される予定です。 廃止時期については大津市のHPを引用しましたが、これは全国区の問題であるため、どの自治体でも有効期限が切れるタイミングは一緒です。 その条件については、以下の項目をお読み下さい。 廃止後にできなくなること (1)住所、氏名などの変更手続き (2)申請および再交付 (1)に関しては、通知カードに記載されている個人情報が住民票と 一致していれば問題はありません。 しかし、住民票と 一致していない場合は、廃止後に マイナンバーを証明する書類として通知カードを 使用できなくなります。 例えば、手元にあるのが通知カードのみだった場合、マイナンバーの証明を求められた際には マイナンバーカード自体を提示しなければなくなくなるのです。 または、マイナンバーが記載された 「住民票の写し」や 「住民票記載事項証明書」が必須となります。 もし、通知カードと住民票の情報が一致していない場合は、5月25日までに通知カードの情報を 最新のものに変更しましょう。 前項では、通知カードの有効期限を5月25日と記載しましたが、これは記載されている情報が住民票と 一致していない場合です。 この2つの情報が 一致さえしていれば、従来通り、マイナンバーを証明する書類として通知カードを 利用することが出来るのです。 世間の反応 この25日にマイナンバー通知カード廃止とか、何考えてんねん…! マイナンバーカード作ってない人めちゃくちゃ沢山いるし、 期限過ぎても通知カード廃止を知らないまま引っ越しとかあるやろ。

次の

通知カードを紛失した場合の手続き|船橋市公式ホームページ

マイナンバーカード 郡山市

マイナンバーカード(個人番号カード)は、交付申請書を提出することにより取得することができます。 (カードの取得は義務ではありません。 ) マイナンバーカードは顔写真付きの身分証明書として利用できます。 カード本体の有効期限は、20歳以上の方は10年、20歳未満の方は5年です。 カードに内蔵されている電子証明書(署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書)の有効期限は、年齢を問わず5年です。 マイナンバーカードでできること、電子証明書をどういった場面で使用するのかなど、詳しい内容は下記のリンクをご覧ください。 【マイナンバーカードのイメージ(表面)】氏名、住所、生年月日、性別、顔写真などが表示されます。 【マイナンバーカードのイメージ(裏面)】マイナンバーなどが記載され、ICチップが搭載されています。 マイナンバーカードの申請方法について 交付申請書に必要事項を記入し、顔写真を添付のうえ、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)へ郵送してください。 その後、カードの交付の準備が整いましたら、ご本人あてに交付通知書を送付いたしますので、必要書類の原本をお持ちのうえ、交付通知書に記載されている交付場所までお越しください。 通知カードに付属している交付申請書を持っていない方は、以下の方法のうち1つを選択してください。 ・当ページ下記の「様式をダウンロード」から、手書き用交付申請書を印刷する ・市民課または各行政センター、各市民サービスセンターの窓口にて、交付申請書の発行を行う (窓口での発行は申請者本人または同世帯の方のみ) その他の方法による申請• 本人確認書類(原本) 別表Aの書類のうち1点(運転免許証、パスポート等) Aの書類をお持ちでない方は、Bの書類のうち2点(健康保険証、社員証、学生証等) 書類の具体例については別表でご確認ください。 交付通知書(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書) 交付通知書は、回答書の部分にご本人の住所と氏名をご記入いただき、押印のうえお持ちください。 通知カード• 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)• 印鑑(認印) 15歳未満の方は親権者の方、成年被後見人の方は成年後見人の方(以下、法定代理人といいます。 )が同行してください。 その際、上記の書類に加えて、法定代理人の本人確認書類と、代理権者の確認書類が必要になります。 法定代理人の本人確認書類(原本) 別表Aの書類のうち1点(運転免許証、パスポート等)• 代理権を証する書類 15歳未満の方の親権者の方:戸籍謄本(本籍が郡山市にあり、法定代理人であることを確認できる場合のみ省略可) 成年後見人の方:成年後見登記事項証明書等 代理権を証する書類は、 発行日から3か月以内のものをお持ちください。 交付場所・日時 マイナンバーカードは、原則としてご本人に交付いたします。 受取りの際はご本人がお越しください。 なお、15歳未満の方および成年被後見人の方は、ご本人とともに法定代理人の方が窓口に同行していただく必要があります。 ご本人が病気、身体の障害その他のやむをえない事由により、交付場所にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードのお受取りを委任できます。 代理人の方が受け取る場合は、以下の書類の原本が必要です。 カードを申請したご本人の来場が難しい旨を証する書類 入院の証明書、医師の診断書等 書類の具体例については別表でご確認ください。 カードを申請したご本人の本人確認書類(原本) 別表Aの書類のうち2点 またはAの書類1点とBの書類1点 またはBの書類を3点(うち顔写真付を1点以上• 代理人として窓口にお越しになる方の本人確認書類(原本) 別表Aの書類のうち2点 またはAの書類1点とBの書類1点• 代理権を証する書類 任意代理人の場合:委任状(交付通知書に委任する旨の記載があるもの) 法定代理人の場合:戸籍謄本または成年後見登記事項証明書等(発行日から3か月以内のもの)• 交付通知書(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書) 任意代理人の方が窓口にお越しになる場合は、 委任状の欄に委任する旨が記載されているものを必ずお持ちください。 カードを申請したご本人の通知カード• カードを申請したご本人の住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)• 代理人として窓口にお越しになる方の印鑑(認印) 別表:本人確認書類等の具体例 本人確認書類:A 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書または仮滞在許可書 本人確認書類:B 健康保険・介護保険の被保険者証、各種年金証書、社員証(氏名・生年月日もしくは氏名・住所の記載があるもの)、学生証、学校が発行した在学証明書、預金通帳(氏名・生年月日もしくは氏名・住所の記載があるもの)、医療受給者証、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、地方公共団体が交付する敬老手帳、生活保護受給者証など ご本人の来場が難しい旨を証する書類 入院証明書、医師の診断書、施設入所証明書、交付請求者本人の障害者手帳、交付請求者本人の介護保険被保険者証(要支援または要介護の認定があるもの) ご注意ください.

次の

マイナンバーカードの受取方法について 横浜市

マイナンバーカード 郡山市

船橋駅前総合窓口センターは令和2年7月6日(月曜日)から通常の開館日時になります 新型コロナウィルス感染症の感染予防、感染拡大の防止のため、令和2年4月20日(月曜日)から船橋駅前総合窓口センター開館日時について縮小しておりましたが、令和2年7月6日(月曜日)から通常の開館日時に戻します。 掲載情報は随時更新していますので、ご利用前にご確認くださいますようお願い致します。 通知カードを紛失した場合の手続き 1.通知カードを外出先等で紛失した場合は、まずは警察へ遺失届を提出してください。 (家の中で紛失した場合は必要ありません。 2.その後、下記「通知カードを紛失した場合の届出方法」のとおりお手続きください。 また、通知カードを外出先で紛失した等により マイナンバーが漏えいして不正に利用されると認められるような場合に限って、マイナンバーを変更することができます。 詳しくは下記「マイナンバーの漏えいにより、不正利用のおそれがある場合」をご覧ください。 ・家の中で紛失された方は書類は必要ありませんが、申請書を記入していただきます。 ・火事等で焼失してしまった方等は、消防署または市役所で発行する罹災証明書 2.本人確認書類(原本) 法定代理人以外の代理人が手続きする場合 法定代理人以外が手続きする場合、上記に加え以下のものが必要になります。 ・委任状 ・委任した方の本人確認書類(原本) ・代理人の本人確認書類(原本) 法定代理人が手続きをする場合 法定代理人(親権者・成年後見人等)が手続きする場合には、以下のものが必要になります。 )、身体障害者手帳、精神障害者保健手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、等 官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって、個人識別事項 氏名と生年月日または住所 が記載され、かつ、写真の表示その他の該当書類に施された措置によって、特定の個人と確認することができるもの。 2点 健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、児童扶養手当証書、各種年金証書、生活保護受給者証、地方公共団体が交付する敬老手帳、社員証、学生証、等 個人識別事項 氏名と生年月日または住所 が記載された、特定の個人と確認することができるもの。 マイナンバーの漏えいにより、不正利用のおそれがある場合 通知カードを外で紛失した等により、 マイナンバーが漏えいして不正に利用されると認められるような場合に限って、マイナンバーを変更することができます。 申請に必要なもの 1.個人番号指定請求書(戸籍住民課、駅前窓口センターまたは各出張所でのお渡しになります) 2.通知カード紛失届(戸籍住民課、駅前窓口センターまたは各出張所でのお渡しになります) 3.通知カードと通知カード返納届(通知カードをお持ちの方のみ) 4.マイナンバーカード(個人番号カード)とマイナンバーカード(個人番号カード)の返納届(お持ちの方のみ) 5.本人確認書類(原本) 6.マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる証明もしくは理由。 外で紛失された方は警察署に遺失届を出し、その受理番号が必要です。 法定代理人以外の代理人が手続きする場合 法定代理人以外が手続きする場合、上記に加え以下のものが必要になります。 ・委任状 ・代理人の本人確認書類(原本) 法定代理人が手続きをする場合 法定代理人(親権者・成年後見人等)が手続きする場合には、以下のものが必要になります。 )、身体障害者手帳、精神障害者保健手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書等 官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって、個人識別事項 氏名と生年月日または住所 が記載され、かつ、写真の表示その他の該当書類に施された措置によって、特定の個人と確認することができるもの。 2点 健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、児童扶養手当証書、各種年金証書、生活保護受給者証、地方公共団体が交付する敬老手帳、社員証、学生証、等 個人識別事項 氏名と生年月日または住所 が記載された、特定の個人と確認することができるもの。

次の