茶屋 町 あるこ。 予約困難店が阪急梅田駅高架下にズラリ!「茶屋町あるこ」|関西グルメスクープ|eoグルメ

阪急「梅田駅」北側の高架下の飲食街「茶屋町あるこ」がオープン!

茶屋 町 あるこ

Contents• 茶屋町の新スポット「茶屋町あるこ」がオープン! 2019年3月28日(木)、阪急「梅田駅」北側の高架下に、飲食街「 茶屋町あるこ」が新しくオープンしました。 「茶屋町あるこ」のスポット情報や店舗などを紹介します。 「梅田駅」の楽しみ方がもっと広がる飲食街にでかけてみませんか。 客のそれぞれのニーズに合わせて選べる、バラエティ豊かなジャンルの7つの飲食店がラインナップ。 食へのこだわりが強い人でも満足できるような美食が揃います。 「 茶屋町あるこ」は、もともと「 かっぱ横丁」だった場所にできていますが、かっぱ横丁自体は、1F北側と2Fに、依然として残っています。 この「茶屋町あるこ」ができたおかけげで、昔ながらあるなつかしい感じのかっぱ横丁も、おしゃれな看板に掲載されています。 「茶屋町あるこ」に登場する7つの飲食店 「茶屋町あるこ」には、「ベーカリーカフェ・串揚げ・イタリアン・ステーキ・スペイン料理・日本酒バル・中華」の7つの店舗がオープンしています。 どれも関西初・大阪初・梅田初の注目店舗ばかり。 ランチ・ディナー営業も行われるので、時間帯を気にせずにシーンに合わせて食事を楽しめます。 「 THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)」は、グランフロントのうめきたセラーにもありますが、路面店としては、関西初です。 目覚めのコーヒーや朝食をはじめ、野菜たっぷりのランチや夕暮れどきのビールやワインまで、一日を通して楽しめるお店です。 旬の食材はもちろん、高級食材の「フォアグラ」なども楽しめる創作串揚げがいただけます。 北新地・銀座・パリで繁盛し続ける絶品串揚げを召し上がれ。 「闘牛士」という意味を持つイタリア語の「TORERO」のようにシェフが食材を巧みに操って、素材の持ち味を最大限に活かした料理を提供しています。 カウンターでワインをがぶ飲みしながら堪能してくださいね。 ワインも主にスペイン・カタルーニャ地方のものを取り扱い、まるで現地で食事をしているような感覚を味わえます。 良質な料理を手ごろな価格で楽しんで。 厳選された「無濾過生原酒~火入・濃醇~淡麗」などの日本酒を多様に揃えて、作り手の想いを伝えます。 日本酒をもっと身近に感じながら、懐の深さを楽しんでみませんか。 看板メニューは「麻婆麺」と「汁なし担々麺」。 「麻婆麺」、「パクチー麻婆麺」、「焼きチーズ麻婆麺」、「汁なし担々麺」の4種類が楽しめます。 メインの「麻婆麺」をはじめとした麺料理を楽しめます。 銀座の「ガス通り」にあった本店の息を吹き込んだ、古き良き時代と現代とのマリアージュを堪能して。

次の

癖になるシビレ!阪急梅田”茶屋町あるこ”『シビレヌードル蝋燭屋』の“麻婆麺”&“担々麺”でシビレ体験!

茶屋 町 あるこ

阪急梅田駅改札から徒歩約1分のスーパーグルメストリート! 大阪・梅田周辺でもオシャレで感度の高い人たちから人気のエリアとして知られる茶屋町。 そのため、話題店の出店が多いことでも知られています。 オープンから8ヶ月近く経つ今も連日長蛇の列となっている台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」のほか、今年になってからでも、ハンバーガーの「Shake Shack(シェイクシャック)」やタコスの「Taco Bell(タコベル)」などがオープンしました。 2019年3月28日、そんな人気エリアに生まれた飲食街が「 茶屋町あるこ」。 古書店街だった阪急梅田駅北側の高架下を大幅改装し、7つの飲食店が誕生しました。 今回は、オープン直前の「茶屋町あるこ」を訪問。 いろいろ探ります。 周辺にはないハイスペックな店がそろった! ミシュランガイドに掲載されているイタリアやスペイン料理店、予約困難な東京のステーキ専門店など、今回出店した店はそれぞれが独自の個性を持ち、すでにビッグネームとなった店や企業が運営している。 飲食通なら7店すべてを理解でき、「よくぞこれだけ連れてきたね」と思うメンツ。 そんな中から気になる店に取材をお願いしました。 店舗ラインアップ• 福島を代表する肉イタリアンが新たなチャレンジ! 「TORERO TAKEUCHI(トレーロ タケウチ)」 大阪福島に「il luogo di TAKEUCHI(イル ルォーゴ ディ・タケウチ)」、「MACELLERIA di TAKEUCHI(マチェレリーア ディ・タケウチ)、「PARADISO DEL VINO TAKEUCHI(パラディーゾ デル ヴィーノ タケウチ)」の3店舗を構えるTAKEUCHIグループ。 どの店も連日満席の人気ぶりで、1号店の「イル ルォーゴ ディ・タケウチ」と2号店の「マチェレリーア ディ・タケウチ」は、ビブグルマンとしてミシュランガイド2019にも掲載されています。 各店ともイタリアンなのですが、コースメイン、ボリュームのある肉系メニュー、ワインとそれに合う料理など、それぞれに個性を持たせているのが特徴です。 4店目となるのがこちらの「 TORERO TAKEUCHI(トレーロ タケウチ)」。 キッチンを囲むようにカウンター席が配された店内は、タイルがたくさん使われ、温かみのある印象です。 イスだけでなく、ソファのテーブル席も。 魚介メニューもありますが、2号店の「MACELLERIA di TAKEUCHI」に近い印象の肉系メニューが充実しています。 また、窯も備えているので、おいしいピザが味わえます。 これを食べよう! 素材の旨さを生かすために工夫を凝らした料理の数々! 「なにわ黒牛厳選部位グリル一麈」(200g)3,800円(税抜) 「トレーロ タケウチ」の看板メニューのひとつが、なにわ黒牛のグリル。 この日は、マルシン、クリ、ミスジの3種が用意されていました。 そのなかからチョイスしたのがマルシン。 赤身のモモ肉です。 口にしてみると想像を上回る柔らかな赤身。 そこに程よい脂の甘みを感じさせます。 肉への味付けは塩コショウのみでそのままでも十分おいしく味わえますが、上に乗せられたパルミジャーノや添えられたタマネギのすりおろし、葉わさびのペーストと合わせるとアクセントに。 おいしさの秘密のひとつは焼き方。 塊の肉の表面をグリル。 その後は低温でじっくり火を入れます。 そのため、注文後50分ほどかかります。 待つ価値はあるので、財布に余裕のある方はぜひ試してほしいです。 そのミンチを使って作られた約180gのハンバーグがこちら。 チーズやジェノベーゼソースで彩りも鮮やかですが、ハンバーグそのものがおいしい。 なかの肉汁だけをそのままごはんにかけて食べたいくらいです。 デミグラスに見えるソースは、立派なトマトソース。 チーズやジェノベーゼソースとともにイタリアンらしい仕上がりを演出しています。 この価格で、このハンバーグが味わえるのはかなりお得。 「本日鮮魚のカルパッチョ3種盛り彩りサラダ仕立て」1,800円(税抜) 手前のカツオの上にのるのはトマトやアボカド。 その下にアボカドディップが敷かれているなど、しっかり手間をかけたカルパッチョです。 ナスの甘みや食感とのコントラストも楽しいサヨリや、ミョウガのアクセントも心地よいタイなど、リッチな気分になる一品です。 「なにわ黒牛は、大阪のブランド牛なんですが、月に5頭しか出荷しないんです。 そのうち1. 5頭をウチに供給していただけるようになったんです! 貴重な肉なんでおいしく焼きますよ」とシェフの宮川祐治さん(写真左)。 「おいしい料理と一緒に楽しんでほしいので、グラスワインをたっぷり用意しています!」と言うのは店長の盛 雄大さん(写真右)。 なんと、税抜きで500円、700円、900円のグラスワインをそれぞれ各10種ずつ、合計30種も用意。 これだけグラスワインをそろえる店はめったにありません。 ドリンクがお手頃なので、ハンバーグをおつまみにカウンターでのちょい飲みからステーキでリッチに決めるなど、お財布に合わせた楽しみ方をできるのがうれしいお店です。 出身シェフが腕を振るうカタルーニャ料理店! 「maspi(マスピ)」 本店は、本町にある人気のスペイン料理店「ETXOLA(エチョラ)」。 関西では珍しいバスク料理が味わえることで知られ、食通たちを唸らせています。 本店のすぐそばにある2号店の「gastroteka bimend(ガストロテカ ビメンディ)」はミシュランガイド2019のビブグルマンにも掲載されています。 バスク地方というのは、スペインとフランスの両側にまたがるエリアで、近年では美食とアートの街として注目されています。 いまや日本の飲食店の1つのスタイルとなった「バル」の本場。 そのグループの3号店にあたるこちらの「 maspi(マスピ)」もバスク料理と思いきや、なんとカタルーニャ料理。 スペインでも地中海側にあり、肉も魚介もおいしく大西洋側のバスクとは違ったご当地料理があるそうです。 お店は、なんともスタイリッシュ。 木目と白のコントラストがなんともかっこいい。 カウンター席からは、オープンキッチンでの仕事ぶりがうかがえ、その臨場感も楽しめます。 ただし、コースの中のメインにあたるsegundo(セグンド)などをいくつかのなかから選べるプリフィックススタイルです。 いくつかを試食させていただいたので紹介します。 「cakcot con romesco(行者ニンニクのカルソッツとロメスコソース)」 カタルーニャの焼きネギ料理を、行者ニンニクを使って作ってみたそうです。 ロメスコもカタルーニャではスタンダードなソース。 アーモンドとかヘーゼルナッツを使っていて脂分のあるマイルドな味わいで、最後にほんのりスパイス感。 ポリポリとした食感も楽しい料理です。 バリバリと硬めの皮のパンにフレッシュなトマトと生ハムはおいしくないわけないです。 ホワイトアスパラガスはスペインではスタンダードな食材だそうです。 日本ではあまり出合わないタイプの料理ですがおいしいですよ。 ポテトサラダのような食感のなかに、さまざまな野菜の食感が加わり、素朴ながら味わい深い。 スペイン人ではないのに懐かしい気持ちになりました。 ソースはベシャメル。 もちっとした皮とミンチのコントラストが楽しい。 リゾットスタイルの豆ごはんは、蟹の風味など、日本人の舌にすごく合います。 白ワインとも好相性。 料理人としてオランダやシンガポールで働いてきたジャレッドさんと出会ったことで、出身地のカタルーニャ料理店に決めたそうです。 「ロメスコやトリンチャットなど、カタルーニャの郷土料理を食べていただいて興味を持っていただけたらうれしいですね」と平山さん。 「ワインもカタルーニャのものをそろえていますので、若い方にもいらしてほしいですね」とも。 本気でおいしいし、「スペイン料理を食べに行こう!」よりは、「カタルーニャ料理を食べに行こう!」の方が一歩進んだ感じになると思うので、食のスキルアップを目指す方におすすめです。 東京で人気の肉料理店が関西初進出! 「CarneSio west(カルネジーオ ウエスト)」 東京・恵比寿の人気店「CarneSio east(カルネジーオ イースト)」が「 CarneSio west(カルネジーオ ウエスト)」として関西初進出。 とはいえ、東京には、系列が8店もありながら、トラットリアやビストロなどすべてがほかと違った個性を持たせているグループらしく、こちらにも特徴が。 自慢のがっつり肉を鉄板で焼くのが特徴で、「牛テール焼き」1,200円(税抜)や「豚タン1本焼き」1,600円(税抜)など、塊で焼いた肉は、食べ応えも最高です。 また、認証を得ているので出せるのが「和牛の刺身」900円(税抜)などのレアな肉料理。 キッチンをぐるりと囲んだカウンター席では、場所によりますが調理の様子をうかがうことができます。 またアツアツの料理が届くのもうれしい。 また、カルネジーオの名物といえばワイン。 常時30種類のワインが用意され、すべて2,800円(税抜)。 ぶどう品種などは、特定せずいろいろな国のワインをバランスよくそろえています。 これを食べよう! ステーキだけでなく、ワインによく合う料理がそろう! 「A5ランク和牛」100g 2,000円〜(税抜) 和牛のステーキは、時期などによって銘柄を変えつつもA5にこだわります。 部位も変わりますが、多いのは内モモ。 赤さが残るジューシーで旨味のある肉は食べ応えがあり、ワインにジャストフィット。 そのままでもおいしいお肉を醤油とわさびで食べるのがカルネジーオ流です。 「和牛のタルタル」1,800円(税抜) 細かくきざんだ和牛に特製のタルタルソースを合わせた最強のおつまみ。 一緒に出されるアツアツのトーストにのせて食べると、ついついワインが進みます。 細かく刻んだピクルスの食感やほのかなマスタードの風味など、必食アイテムのひとつです。 「鶏そぼろチーズ」500円(税抜) 生クリームなどで溶いたクリームチーズに、鶏そぼろをまぜこんだおつまみメニュー。 やわらかな食感は感動モノで、プチプチとしたそぼろのアクセントも心地いい。 わさびと海苔もいい仕事をしているやみつきになる味わいです。 お通しとして出される「ゆで豚タンとパルミジャーノチーズ」は、これだけで完成したおつまみ。 入店した瞬間から、がぶ飲みワインの世界に誘われるよう、完成された世界になっています。 定番の「パリパリピーマン」500円(税抜)など、おつまみ類も充実しているので、ついリピートしてしまいそうです。 常時120種以上の日本酒をそろえる! 「茶屋町Marry(チャヤマチマリー)」 京都の日本酒シーンを作ってきた「馳走いなせや」が大阪に進出。 店主の高田佳和さんは、京都の人気日本酒イベント「京都日本酒ドロップキック」を主宰する人物の一人です。 その大阪初進出店となる「 茶屋町マリー」も、もちろん日本酒のお店。 オールスタンディングです。 大きな特徴は、用意された日本酒の数。 なんと120種以上になります。 そのため、日本酒のメニューも超ワイド。 日本酒があまりに多いので番号札で管理。 「88番を70ミリリットルで!」などと注文します。 注文するとスタッフが目の前で入れてくれます。 スタッフによっては、こんなになみなみに注いでもらえます。 これを食べよう! 旨い酒と個性的なアテが用意される! 「呑み比べセット 新政」1,000円(税抜) 希少な新政の3種の日本酒を45mlずつ楽しめる飲み比べるセット。 このお酒を3種類飲めるチャンスはなかなかありません。 「チーズカツ天」450円(税抜) 店長の出身地・徳島の名物カツ天にチーズをのせています。 徳島のカツ天は、見た目はハムカツなのですが、中身はフィッシュカツ。 魚のすり身なので、日本酒によく合います。 「クリームチーズ味噌漬」480円(税抜) もろみ味噌を混ぜ込んだクリームチーズ。 ほどよい塩分ともろみとクリームチーズの食感のコントラストが楽しい。 発酵パワーが生きるおつまみです。 「京都北山の恋豆腐(バリ塩わさび添)」280円(税抜) トロリとした豆腐をバリ島産の塩とわさびで味わう。 軽やかな口あたりと、塩&わさびで引き出される豆腐の甘みが辛口の日本酒にぴったり。 「上燗屋(しょうゆ豆)」480円(税抜) 香ばしく煎ったそら豆をしょうゆ・砂糖などでつくったタレに漬け込んで味付けした香川県の名物しょうゆ豆。 あまじょっぱい豆は、お酒を飲むスピードを早めます。 日本酒だけでなく、凍らせたフルーツがたっぷり入った「日本酒サワー」590円(税抜)などの個性的なドリンクも用意。 シメのデザートに、玉川の日本酒が入った「SAKAそふと」480円(税抜)も。 とことん日本酒を楽しむことができるお店です。 キッチンとの距離も近いので、店全体がアットホームな雰囲気。 日本酒初心者でも、スタッフとコミニュケーションを取りながら味わえば、楽しさがわかるようになるんじゃないでしょうか。 まだあります! しびれる麺がそろう東京の人気店が大阪進出! 「SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋(シビレヌードルズ ロウソクヤ)」 東京銀座で連日行列の人気ぶりで知られるラーメン店。 名物の麻婆麺のほか担々麺、酸辣湯麺など、しびれる辛さが魅力のメニューがそろいます。 8年連続でミシュラン一つ星を獲得している人気店の系列 「串揚げキッチン だん」 8年連続でミシュラン一つ星を獲得している「北新地 串かつ凡」の系列店。 「北新地 串かつ凡」の味をリーズナブルに味わえます。 サクッとした衣の黒毛和牛や天使の海老、フォアグラの創作串揚げが充実。 スタイリッシュな空間で、進化系串揚げが楽しめます。 ニューヨークを代表するカフェ! 「THE CITY BAKERY(ザ シティベーカリー)」 ニューヨーク・ユニオンスクエアで1990年に開業して以来、毎日焼きたてのパンを用意し、ニューヨーカーはもちろん、海外から訪れる人々に愛され続けている老舗ベーカリー。 こちらではパン以外に、クッキーやマフィンなど、メニューも充実しています。 また、日本だけのオリジナルバーガーやデリ、ワインやビールもラインアップ。 周辺にない、ちょっとええ料理が味わえる店がそろった! 正直なところ、今の梅田は新店ラッシュ。 話題店や有名店が続々進出し、すべてそろっているような状態です。 そんななか誕生する新飲食店街に、リーシング(店舗誘致担当)サイドも非常に悩んだのではないかと思います。 たしかに、梅田に少ないタイプのハイグレード店たち。 路面店ということもあり、これから話題になりそうです。 20~30代の若い世代に、ちょっとだけ背伸びしていく店として利用してもらいたいですね。 高田 強/フードライター 関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。 現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。 約月1回ペースで登場する関西テレビ「よ~いドン!」のほか、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

次の

茶屋町

茶屋 町 あるこ

阪急電鉄の高架下に位置しており、その形状が弓のように広がっている飲食店街であるため、イタリア語で弦楽器の弓を表す「arco(あるこ)」をその名の由来としています。 茶屋町あるこがあった場所は、今まで古本屋が軒並み営業していました。 飲食街に変わることで、街の雰囲気が刷新。 路面型飲食街が並ぶことで、洗練されたイメージと、賑わいある景観に生まれ変わりました。 茶屋町あるこの各店舗は、関西初出店のお店をはじめ、話題性のある店舗が多く集まっています。 ランチタイムは、どのお店も混雑しているようですので、時間がある時に訪れることをオススメします。 近隣のランチ事情で言えば、2017年に阪急三番街がリニューアルオープン。 さらに2018年には、UMEDA FOOD HALLが登場。 2019年11月16日、ヨドバシ梅田タワー「オイシイもの横丁」もオープンして、阪急電鉄・大阪梅田駅エリアは、さらに注目度の高いスポットとなっています。 ランチタイムは11:00~始まり、名物はプレッツェルクロワッサンです。 ランチタイムはこのプレッツェルクロワッサンにレタスやトマトがサンドされており、満足感がより高くなっています。 他にはCBバーガーというハンバーガーもランチタイムには提供しており、1000円は越えますがボリュームがあってオススメです。 7:30~11:00は朝食セットが用意されているので、早いランチでもお得に食事をすることができます。 takeuchi-italia. 本格的な味わいながら、カジュアルな雰囲気で居心地の良さが感じられます。 ランチメニューは2種類から選べるパスタランチが用意されています。 スープとサラダがついて1000円を超えるぐらいの価格設定です。 ハンバーグをパスタセットに追加できますので、サラダ、パスタ、メインと簡易的なコースのように楽しむこともできます。 どのお店も魅力的な内容のランチがありますので、是非訪れてみてくださいね。 関西(大阪・京都・神戸・奈良・和歌山)で、飲食店のバイト・正社員の求人をお探しの方はこちらから。 最新の求人情報がチェックできます! 私たちは関西の飲食業界に特化した求人サイト『食ジョブ』を運営しています。 ご希望の条件からお探しください。 <ホットな新着求人> <非公開求人> <梅田エリアの求人> <三宮エリアの求人> <河原町エリアの求人> <時給1000円以上の求人>.

次の