原田 知世 ツイッター。 原田知世、かわいすぎる奇跡の50歳!結婚してる?子どもは?姉・貴和子の現在は

朝ドラ、半分青い。律くんの母親役の原田知世さんがピアノ弾...

原田 知世 ツイッター

最終更新: 2020年6月27日 04:25• ニックネーム Tomoyo Harada, 透影月奈• 出身地 長崎県長崎市• 生年月日 1967年11月28日• 年齢 52歳• 星座 いて座• 血液型 A型• 略歴 80年代に角川映画の看板として世に出た女優。 映画デビュー作「時をかける少女」からユニセックスな魅力で熱狂的ファンを生み、映画主題歌を中心に歌手活動も。 90年代にはトーレ・ヨハンソンをプロデューサーに迎え、いち早くスウェディッシュポップに取り組むなど、アーティストとしての評価を高めた。 トリビア 女優デビュー作は薬師丸ひろ子の映画で知られる「セーラー服と機関銃」のドラマ版。 1987年の主演映画「私をスキーに連れてって」で再びブームを起こすなど、歌手としても女優としても年齢に応じてスタンスを変えて活躍 女優デビュー作は薬師丸ひろ子の映画で知られる「セーラー服と機関銃」のドラマ版。 1987年の主演映画「私をスキーに連れてって」で再びブームを起こすなど、歌手としても女優としても年齢に応じてスタンスを変えて活躍を続けている。 2005年にイラストレーターのエドツワキと結婚。 原田知世のSNS Twitter ツイッター Instagram インスタグラム 関連ページ 原田知世の出演映画 2019年 「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」 2018年 「あいあい傘」 松岡玉枝役で出演 2013年 「ペコロスの母に会いに行く」 2011年 「しあわせのパン」 水縞りえ役で出演 2010年 「おまえうまそうだな」 お母さん役で出演 2009年 「やさいのようせい N. SALAD The Movie」 ナレーション役で出演 2006年 「日本の自転車泥棒」 「となり町戦争」 「紙屋悦子の青春」 2005年 「姑獲鳥の夏」 「大停電の夜に」 佐伯静江役で出演 2004年 「サヨナラ COLOR」 笈川未知子役で出演 「村の写真集」 2000年 「長崎ぶらぶら節」 1998年 「落下する夕方」 1997年 「傷だらけの天使」 立花英子役で出演 「時をかける少女」 ナレーション役で出演 1995年 「あした」 1993年 「水の旅人 -侍KIDS-」 1991年 「満月 MR. MOONLIGHT」 野平まり役で出演 1989年 「彼女が水着にきがえたら」 田中真理子役で出演 1987年 「私をスキーに連れてって」 「黒いドレスの女」 朝吹冽子役で出演 1986年 「キャバレー」 1985年 「早春物語」 沖野瞳役で出演 1984年 「少年ケニヤ」 「天国にいちばん近い島」 桂木万里役で出演 「愛情物語」 「天国にいちばん近い島」 1983年 「時をかける少女」 芳山和子役で出演 「幻魔大戦」 原田知世の出演ドラマやテレビ出演情報 2019年 「あなたの番です」 手塚菜奈役で出演 2018年 「半分、青い。 」 「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」 村田佐知子役で出演 2016年 「運命に、似た恋」 桜井香澄役で出演 2015年 「海に降る」 天谷直子役で出演 「三つの月」 小坂繭役で出演 2014年 「途中下車」 「紙の月」 梅澤梨花役で出演 2011年 「連続テレビ小説 おひさま」 須藤紘子役で出演 2007年 「やさいのようせい N. SALAD」 ナレーション役で出演 「やさいのようせい N. SALAD」 ナレーション役で出演 「やさいのようせい N. SALAD」 ナレーション役で出演 2003年 「末っ子長男姉三人」 2000年 「ストレートニュース」 白石紀子役で出演 1994年 「秋の一族」 原田知世の関連ニュース•

次の

予期せぬ感動!時をかける少女 ― スクリーンで歌う可憐な少女・原田知世

原田 知世 ツイッター

全盛期のミュージシャンの100%のタイアップ曲が好きだ。 古くは、ポール・マッカートニー&ウイングスの「007 死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)」がそうだし、前に一度、本サイトでもコラムを書いたゴダイゴの「銀河鉄道999」もそう。 いずれも、出来合いの曲をタイアップに乗せたのではなく、映画のためにわざわざ書き下ろした新曲である。 何がいいって、曲のタイトルが映画の題名そのままってのがいい。 映画と同タイトルってことは、映画がコケれば、主題歌もその影響を少なからず受けるということで、リスクも高い。 もちろん、映画もヒットした。 鶏が先か卵が先かの議論じゃないが、映画と主題歌が win-win の関係にあるのは、実にいいことだ。 同名タイトルの主題歌はこの作品のためにユーミンが書き下ろし、ヒロインの原田知世が歌い、セールスは50万枚以上、オリコン年間11位と大ヒット。 よほど自信作だったのか、ユーミンはセルフカバーした同曲を同年12月にリリースしたアルバム『VOYAGER』にも収録した。 時をかける少女 愛は輝く舟 過去も未来も星座も越えるから 抱きとめて 思えば、それは嬉しい誤算だった。 映画公開の前年の1982年4月、角川書店は、大学受験で休業中の薬師丸ひろ子の穴を埋めるべく、『角川・東映大型女優一般募集』と称して、オーディションを開催する。 よく誤解されがちだが、この時のグランプリは渡辺典子で、原田知世は角川春樹の推薦による特別賞だった。 準グランプリでもなかった。 僕らが原田知世という存在を知るのはこのタイミングである。 そのドラマも、先輩の薬師丸ひろ子が主演した同名タイトル映画と違い、当時のフジテレビの悪い癖でコメディ色が強く、僕は早々に離脱したのを覚えている。 10月から主演ドラマ第二弾『ねらわれた学園』が始まったが、コメディのトーンは相変わらずだった。 だが、その時1つだけ小さな変化があった。 彼女は髪をショートにしたのだ。 当時、14~5歳。 成長期で刻一刻と容姿が変わる年ごろである。 「原田知世、ショートにして可愛くなったろ?」 そんな声が、僕の周りの男子からも聞かれ始めた。 そして年が明けて1983年。 彼女は中学を卒業して、日出女子高校に進学する。 それが同年7月公開の『時をかける少女』である。 後から知った話だが、この映画の出資は100%、角川春樹のポケットマネーだったという。 つまり、彼のプライベートフィルムである。 監督は大林宣彦が指名された。 前年に映画『転校生』を撮り、そのロケーション映像の美しさや青春映画の瑞々しさが評価されての起用だった。 原田知世自身の推薦もあったという。 大林監督は自身の故郷である尾道での撮影は『転校生』一本切りと決めていたが、角川のたっての願いで再び尾道で撮ることになった。 そして話は冒頭に戻る。 映画『時をかける少女』は、薬師丸ひろ子の『探偵物語』との併映で公開された。 薬師丸の復帰第一作ということもあり、ヒットは約束されたようなものだった。 僕も友人たちと夏休みに入ってすぐ観に行ったのを覚えている。 晴れて女子大生になり、髪型をボブに変えた薬師丸目当てだったのは言うまでもない。 噂では、薬師丸のほうから舌を入れたという話だった。 だが、そんな純朴なティーンエイジャーを救ったのも、また映画だった。 インターミッションを挟んで始まった『時をかける少女』を見終わった時、先の映画とは別の意味で、僕らのハートは撃ち抜かれた。 もともと、『時をかける少女』は、僕ら世代には有名な小説だった。 当時は、70年代半ばから80年代にかけてSF小説ブームがあり、筒井康隆や星新一、眉村卓などが中高生によく読まれていた。 物語はスキー場のシーンから始まる。 いきなりモノクロ映像である。 原田知世演ずる主人公・芳山和子が満点の星空を眺めながら「あんまり綺麗すぎて、なんだか怖い」とつぶやく。 ここで、未来から来た運命の人、深町一夫(高柳良一)と出会うが、彼女は記憶を上書きされ、2人は幼馴染になる。 このスキー場のシークエンスの後、彼女を含むクラス一行は列車で帰途につくが、町に近づくにつれ、段々と画面が色付いてくる。 それら一連のクラシカルな技法と、ロケ地である尾道のたたずまいが相乗効果を生み、この映画は全編がまるでおとぎ話のような幻想的な空気を醸しだしている。 それゆえ、古風な出で立ちの原田知世が絶妙にハマる。 ストーリーはさほど複雑ではない。 とある土曜日の放課後、和子(原田)と深町(高柳)、それに堀川吾朗(尾美としのり)の幼馴染み3人が、理科室の掃除を命じられる(そーいえば当時、尾美としのりと鶴見慎吾をよく混同しませんでした?)。 その時、深町と吾朗がゴミ捨てに行ってる間に、一人残った和子が実験室に入り、ふとしたことからラベンダーらしき謎の香りを吸って気を失う。 そして、その日を境に、和子は不思議な力を持つようになる。 タイムリープである。 何度か不思議な出来事が起きて、とうとう彼女は月曜日を2度繰り返す。 この間、大林監督は原田知世に体操着の短パンを履かせたり、弓道部のコスプレをさせたりと、サービス精神を忘れない。 さすがの「脱がせの大林」も、知世相手ではこれが限界だった。 二度目の月曜日の放課後、彼女は雨宿りで深町の家を訪れる。 意外にも、幼馴染みなのに、その家に入ったのはその日が初めてだった。 「それはきっと、僕が芳山クンのうちに遊びに行ってたからじゃないかな」 「あぁ、それはよく覚えているわ。 それは、2人が幼い時に過ごした雛祭りの思い出だった。 絵本を読みながら歌うのは挿入歌の「愛のためいき」。 まるで童謡のようだが、れっきとしたオリジナルソングで、なんと大林監督の作曲である。 自分もケガしているのに、和子の傷口の血を吸い出す深町少年。 今も残る傷跡は、和子にとって深町との大切な思い出だった。 ここで、意を決して和子はタイムリープの件を打ち明ける。 「笑わないでね… 私ね、丸一日、時間が逆戻りしちゃったみたいなの」 「デジャビュ… かなぁ。 時々あることなんだ」 自分が当の仕掛け人なのに、白々しく返答する深町。 この夜、和子は二度目の地震と火事に遭遇して、駆け付けた深町と再び落ち合う。 「あれ? ないわ… あなたの傷」 翌日、和子は通学途中で、旧家の屋根瓦が崩れ落ちるところから間一髪、吾朗を助ける。 ここから物語は急展開する。 ここで、大林監督の一世一代の演出がさく裂する。 絶妙に時計のコラージュが重なる。 このシーンにかかる劇伴もいい。 音楽監督は松任谷正隆である。 全ての発端となった土曜日の実験室へのタイムリープを試みる和子。 その途中、途中で、自身の幼少時のシーンにも遭遇する。 雛祭りの日にケガをした和子の傷口の血を吸い出す一人の男の子の姿が見える。 続いて、ある一家の通夜にも遭遇する。 祭壇に親子3人の遺影が見える。 ちなみに、父親はカメオ出演の松任谷正隆サンである。 遺影に驚きを隠せない和子。 未来の世界は植物が絶滅の危機に瀕し、薬の開発のために、どうしてもラベンダーが必要だと。 あなたのことは、私の胸だけに」 「君は、僕のことは忘れて、この時代で幸せになるんだ」 最後に、いつか再びやってくることを告げる深町。 和子の顔がパッと明るくなる。 「分かるわ。 物語は11年後に飛ぶ。 時に20代半ばになった和子は大学に残り、薬学の研究を続けていた。 ある日、彼女は廊下で背の高い一人の男性と出会う。 だが、和子に彼の記憶はない。 「それなら、この先よ」 「ありがとう」 別れる2人。 映画はここで終わる。 切ない。 不覚にも、僕ら男子は全員泣いていた。 こんなに感動する映画とは予想だにしなかった。 嬉しい誤算だった。 だが、僕らに更なるサプライズが待ち受けていた。 エンドロールである。 スクリーンは黒味になると、あの曲の前奏が始まった。 そして霧が晴れるように、次第に映像が浮かび上がる。 そこには、あの実験室で倒れた和子の姿があった。 あなた 私のもとから 突然消えたりしないでね スクリーンの中、リップシンクロで歌う原田知世。 そこから、これまでの名シーンの数々がプレイバックされ、そこでも劇中の構図のまま原田知世が歌っている。 二度とは会えない場所へ ひとりで行かないと誓って 私は 私は さまよい人になる さっきまで泣いていた僕らが、気が付けば、歌う彼女に釘付けになっていた。 共演者たちもスクリーンの中で、彼女に笑みを浮かべている。 まるでカーテンコールのようだ。 そして、サビを挟んで、彼女の NG シーンが流れるに至り、僕らはようやくある事実に気づいた。 「そうだ、これはアイドル映画だったんだ!」 あまりにもクオリティが高すぎて、途中、アイドル映画であることを忘れていたが、よく考えたら、これは角川娘の二本立て映画なのだ。 褪せた写真のあなたのかたわらに 飛んで行く 歌い終わり、彼女を取り囲む共演者たちが拍手を贈る。 な、なんだこの演出は! オーラスは、神社の境内を走って、こちらへと駆けてくる原田知世のカットだ。 カメラの前で立ち止まり、少し照れながら笑顔を見せる。 素の表情だ。 気が付けば、僕らは全員、彼女に恋をしていた。

次の

朝ドラ、半分青い。律くんの母親役の原田知世さんがピアノ弾...

原田 知世 ツイッター

(初期の頃はアイドルか・・・) 『時をかける少女』とか『私をスキーに連れていって』などはこの時代を反映する大ヒット作といっても過言ではないと思います。 私は原田知世さんといえばこのCMが一番、印象に残ってます。 1996年頃 1996年と2016年の動画を見比べても本当に変わらないな~というか、むしろキレイになっていってるくらいです。 実際の年齢よりかはお若く見えますが、若作りをしている訳ではないので「若いっ!」という感じではなく、落ち着いた大人の女性という印象を受けます。 デビュー当時からコンスタントに歌手活動をされていたようですが、本格的に行うようになったのは1990年頃のようです。 1990年以降の歌手としての活動• 鈴木慶一らとのコラボレーションによる数々のアルバムを制作• 日本のミュージシャンとしては初めてスウェーデンのプロデューサー、トーレ・ヨハンソンを迎えてのアルバム制作• オールスウェーデンのメンバーで国内ツアー• 海外のプロデューサーやミュージシャンと関わることにより、JAZZにも興味を持たれたのかなと感じました。 (JAZZ自体はずっと前から聴いていたかもしれませんが・・・。 ちょうど、トーレ・ヨハンソンをプロデューサーに迎えていた時期ですね。 原田知世さんがオリジナル曲に一番力を入れていた時期のベストアルバムなので 最初の1枚にピッタリかと思います。 収録されている『ロマンス』や『シンシア』はこの時期を代表する曲です。 選曲はほとんどかぶってませんので、両方買うのも良いですが、どちらか一方だと私は『原田知世 Best Harvest』がおススメです。

次の