最高の離婚 結末。 韓国ドラマ・最高の離婚

韓国ドラマ【最高の離婚】あらすじ25話~32話(最終回)と感想

最高の離婚 結末

スポンサーリンク 離婚弁護士は恋愛中|感想とネタバレ!最終回結末や視聴率も! 裁判で勝ち続けるためあらゆる手段で勝ち進んできた女性弁護士コ・チョクヒ(チョ・ヨジュン)。 大手弁護士事務所から目を着けられて弁護士活動を奪われどん底を味わいます。 自分に好意を持っている先輩で弁護士事務所代表でポン・ミンギュ(シム・ヒョンタク)に頼み込み事務長としてはたらくことに・・。 担当弁護士の部屋に入るとそこにいた弁護士は、自分の下で働いていた修習生ソ・ジョンウ(ヨン・ウジン)でした。 罵倒されながら耐えていたジョンウは、チョクヒにつらく当たるようになりますがどこか遠慮がち。 経験の浅いジョンウにチョクヒがヒントを与えながら解決し裁判に臨むようになって行きます。 コミカルな演技にも挑戦したチヨ・ヨジュンにも注目の作品です。 Contents• 離婚弁護士は恋愛中の視聴率は? 第1話 6. 0% 第2話 5. 5% 第3話 5. 8% 第4話 5. 1% 第5話 4. 8% 第6話 4. 6% 第7話 5. 2% 第8話 4. 4% 第9話 4. 0% 第10話 4. 7% 第11話 3. 4% 第12話 4. 3% 第13話 3. 7% 第14話 4. 6% 第15話 3. 7% 第16話 3. 6% 第17話 3. 4% 第18話 4. 2% 平均視聴率 4. 0% 離婚弁護士は恋愛中最終回(18話)結末は?ネタバレあり コ・チョクヒ(チョ・ヨジュン)の弁護をすることになったソ・ジョンウ(ヨン・ウジン)は、娘が母親をかばうために噓の証言をしたことをたどり着きました。 チョクヒの無実が証明され、ジョンウは自分の気持ちに改めて気づきチョクヒにプロポーズしました。 ポン・ミンギュ(シム・ヒョンタク)からもプロポーズされていたチョクヒは、大手弁護士事務所代表の息子のミンギュの猛アタックを断りジョンウを選びます。 お金ではない本当の愛を知ったチョクヒは、離婚を専門にした弁護士事務所を開設し新しい出発をしました。 結婚するよりも難しい離婚を依頼人に寄り添った小さな事務所からスタートしました。 今までの時代劇の印象が強かったのですが現代劇も長身を生かした優しい雰囲気がとても好印象でした。 コ・チョクヒ役のチョ・ヨジュンは、今まで上品な美しい女性の印象が強く、今回わがままな自己中の女性を演じてイメージを変えてきました。 コミカルな演技もやはり美しく演じていました。 二人の立場が逆転した掛け合いも楽しく、裁判で弁護していくために協力していく展開は楽しく見ることができました。 弁護依頼人の秘めた思いに寄り添いながら解決していく姿にほろっとさせられました。 やはり最後は、ハッピーエンド!ですが題名通りの結果にならないように策を講じてきたチョクヒの行動に笑いを誘いました。 まとめ 今回は、離婚弁護士は恋愛中|感想とネタバレ!最終回結末や視聴率も!について書いてみました。 若手実力派俳のソ・ジョンウ役のヨン・ウジンの優しさあふれる演技に癒されます。 関連: スポンサーリンク•

次の

韓国ドラマ・最高の離婚

最高の離婚 結末

愛の不時着の最終回のネタバレのあらすじ ある日彼の世界に不時着した彼女…。 そして再び彼女を探して不時着した彼。 偶然ではなく運命で長い時間会って別れたジョンヒョクとセリは二人だけの世界にしっかりと着陸することができるのか…。 引用:tvN愛の不時着公式サイト ジョンヒョクとセリの 運命的な出会いから始まった恋はどのような結末を迎えるのでしょうか。 救急車で運ばれるスンジュンにダンは泣きながら好きだったということを告白しました。 スンジュンは最後の力を振り絞りダンに微笑みかけますがその まま息を引きってしまいました。 スンジュンとダンの恋の行方はたくさんの注目を集めていました。 しかし最後は死別というとても 悲しい結末に終わってしましました。 ジョンヒョクはセリの意識がない間もずっと側で付き添っていました。 しかし ジョンヒョクは交換取引で北朝鮮へ帰るように命令されます。 目が覚めたセリはそのニュースを聞きますが一度は再び会うことを拒みました。 母親からセリが眠っている間ジョンヒョクがずっと側で見守っていてくれたことを聞き会いに行くことを決めました。 南北双方から銃を向けられた状態で二人は 最後の別れを告げます。 もう会えないのかと泣きながら尋ねるセリ。 強く願えば必ずまた会えるとジョンヒョクも少し涙を浮かべながら答えました。 そのまま二人はそれぞれ元の居場所に帰っていきました。 ジョンヒョクとの婚約も解消します。 スンジュンを殺した組織への 復讐を決意したダンは情報を掴み通報しました。 セリの兄である セヒョンと妻のサンア、オ課長は殺人や拉致の罪で逮捕されました。 完璧なハッピーエンドとは言えないダンの結末。 ある日突然 ジョンヒョクからメッセージが届きます。 ジョンヒョクが送信予約システムを使って連絡が取れない間もセリにメッセージが届くように準備していたのです。 ジェヒョクが準備した一年分のメッセージ。 最後のメッセージには二人が初めて出会った スイスで会おうという約束が書かれていました。 このジョンヒョクからのサプライズは見ていてとても幸せな気分になりました。 セリは奨学金支援事業を通じてスイスを訪れました。 ジョンヒョクと会えることを期待しますが 結局二人は会うことはできませんでした。 翌年も同じ時期にスイスへ行きジョンヒョクとの思い出の場所を訪れますが見つけることができません。 そんな中セリはスイスの壮大な自然を見てパラグライダーに乗ります。 またしても 着地に失敗したセリ。 その不時着したところにジョンヒョクがいました。 こうして二人は長い時を経て奇跡的に 再会することができました。 不時着によって恋が始まり、不時着によって再会したという心温まる結末でした。 \ 「愛の不時着」日本語字幕動画/ / 1分で登録完了 \ 愛の不時着の最終回ネタバレのまとめ スンジュンの死やジョンヒョクとセリの別れなど前半は涙が出るような切ないシーンが見られました。 ですが、最後の スイスでの再会シーンは美しい画も加わり感動的なものとなりました! エピローグでは毎年スイスで再会する場面やダンが一人での生活を楽しんでいる様子が描かれていました。 国境を超えた極秘恋愛を描いた斬新な題材でしたが 最後は素敵なハッピーエンドでした!.

次の

最高の離婚SP見ました。最後結夏は子供と一緒にいましたがそれは...

最高の離婚 結末

離婚予定日という漫画 離婚予定日は、粕谷紀子さんの漫画で2001年から連載がスタートして単行本は全11巻。 集英社のYOUという漫画雑誌で連載されていました。 YOUは大人の漫画という感じがして読んだことありませんでした。 始まり方は普通で、家事も育児も手抜きな32歳の何処にでもいそうな主婦が主人公。 美人でもなく、ズボラ。 そしてどこにでもいそうな普通の夫と結婚。 その結婚も打算だったと初回から言っちゃうんです。 とにかくつまらない日常を描くことから始まるのですが、どこかリアルです。 しっかりしてるけど生意気な娘と惣菜を買って帰る姿。 その辺もリアルです。 少女漫画や恋愛漫画特有のキラキラ感なんて一切なし! そして離婚を切り出されるところから話が展開していく、何ともタイトルに沿った話の流れ。 で、終わらないから11巻も連載が続いたんですよ。 読み始めた時は、そんなに好きな感じの絵でもないし、夫が本当嫌な感じ。 どこにでもいそうな男だからこそなのか、この夫に離婚を突きつけられるのプライドが傷つく・・・。 離婚予定日という漫画の登場人物が最高 はじめは 地味な漫画と上目線で思ってました。 ごめんなさい。 漫画の途中からは鮎川早紀の美しさに見惚れるようになりました。 この漫画、登場人物がとにかくパンチ効きすぎです。 鮎川 早紀 早紀の夫の会社に勤める派遣社員 この漫画の最大の鍵となるのが、この玲子。 もうイライラしっぱなしです。 もう一人の主役(?)である玲子に、2回目の大泣きポイントがありました。 初めは、早紀の夫を寝とるというまぁ安易な登場から始まったのですが、その男性関係は多岐に渡るように。 私生活もめちゃくちゃ。 早紀の娘を狙う• 監禁されてパニック障害• 早紀一家と同居• 早紀一家の資産を根こそぎ没収• 早紀の実兄と関係を持つ この女の最強に不幸なラストを熱望!と思い続けていました。 思い続けていたのに・・・玲子結末に号泣。 早紀の優しさ・早紀の夫の優柔不断さが色濃く出るためには欠かせない登場人物です。 木下 霧子 主人公にイライラします 序盤のだらしなさとかは別に良いんです。 ズボラな主婦を見事に貫いていて逆に良い! でも真田とのデートで、娘を放置したりと母親業はイライラすること多々でした。 ところがどっこい。 真澄が大切と再認識してからは、良い母親になっていきます。 次に、夫へ言い返さないところもイライラポイント! はっきり言って早紀の旦那はかなりのクズ。 最後までクズというか・・・イライライします。 真面目に生きてきた割に、女性関係がだらしない。 もし自分の夫だったら、浮気がわかった時点で即離婚・即慰謝料です。 だって離婚予定を突きつけられてる状態ですからね。 そんな男、こちらからポイ! 誰に対しても優しすぎる早紀。 そこにかなりイライラしますが、その優しさで幸せをつかみます。 早紀の旦那にイライラ この漫画は玲子にあり! というくらい玲子の存在は凄いです。 常に最悪すぎて、怒りポイント多すぎます。 こんなパンチの効いた女が近くにいたら、イライラが収まらない。 離婚予定日という漫画のガチ泣きポイント ここからはネタバレを含みますのでご注意ください。 あの人の死 離婚予定日、どこまでもスケールが大きくなっていき、とある人物が死にます。 私的には、絶対死なないと思ってた人です。 この人が死んだら、話の盛り上がりはこの後なくなっていくだろうという重要なキーマンが死にます。 あっさり死にます。 あまりにもあっけない死に「人が死ぬということ」は突然起きることなんだと痛感されられます。 その人の死で、私は大泣きしました。 死ぬことが、あっけないのに深い。 誰もが羨む幸せの絶頂に、幸せな遣いが迎えに来る。 私の中で一番の衝撃でした。 そしてその衝撃が新しい話を生むんだから 離婚予定日って凄い。 真澄の気持ち 真澄の気持ちは、とても複雑なものだったと思います。 大好きなママとパパが離婚する。 そのことで話が何度も大きく動く。 真澄の子供心が深く傷つくことばかり。 この漫画の一番の犠牲者は真澄です。 最終章では大きくなった真澄が登場しますが、可愛くない。 そんな風に作者が書いてるのもわかりますが、性格も可愛くなくて・・・なんというか悲しい気持ちになります。 真澄の純粋な気持ちに大泣きした私ですが、最後くらい真澄に花を持たせて欲しかった。 最後の最後、綺麗にまとまって見えますが、真澄を題材にするならハッピーな形が良かったな。 離婚予定日という漫画は章が多い 離婚予定日、大きく分けても複雑に章が多い。 あまりに多くて漏れがあるかもしれません。 読んだ方からの「この章抜けてる」ってコメントもお待ちしています。 私の中での章は以下。 離婚予定日成立• 早紀の自立と恋心• 秀行の浮気と降格• 真澄に忍び寄る影• 玲子と同居• 玲子の死• 早紀と霧子の選挙• 離婚成立• 秀行の再婚• 早紀の再婚 大きく大雑把に分けて、私の中では10章です。 この他にも• 早紀のPTAの役員の話• 霧子の離婚• 大介との話 などなどパンチが効いてるけど省いてる話たくさんあります。 早紀の命が危なかった話もあります。 その章もめちゃくちゃ見所だけど、省いています。 離婚予定日という漫画の結末 完全なネタバレですが、離婚予定日の終わりかた上手だと思います。 早紀の再婚のその後が描かれています。 ただ、離婚予定日の作者である粕谷先生は人物の描写がとても丁寧。 それぞれの人物を最後まで描いてくれる点から言うと、最後の章で出てきた真澄のお嬢様学校の嫌な奥さんをコテンパンにして欲しかった。 「早紀を許さない女たち」は結構執念深いので、最後の許さない女も粘着質にして欲しかった。 真澄の最後の身の引き方もそうかな。 早紀の再婚相手への執着が、最後は思ったよりあっさりだった。 離婚予定日という漫画が面白すぎて注意! 何を言ってもとにかく最高です、離婚記念日。 ネタバレした部分もありますが、まだ読んでない人は是非読んでください。 ちなみに私の漫画を読むときの定番 でも勿論読めます。 無料期間で退会する方法と、その他の無料で漫画を読む方法はを参考にしてください。 記事にするほどハマったマンガとも で読みました!.

次の