モバイル suica 定期 券 払い戻し。 定期券の払い戻し手数料とモバイルSuicaのjr東日本の計算方法

[新型コロナ]モバイルスイカ定期券の払い戻しで損しない方法

モバイル suica 定期 券 払い戻し

前回の記事でも触れましたが、Apple Watchを買ってしまいました。 首都圏の方でApple Watch series3、もしくはSuicaを利用できるiPhone7以上のiPhoneを購入してモバイルSuicaを導入しようとしている方のやりたいことの一つといったら Apple Payで改札を通る事じゃないですかね。 筆者もご多分に漏れず普段使っていた 「カード式Suica定期券」から 「モバイルSuica定期券 Apple Pay 」への移行をトライしてみました。 その時にちょっとしたトラブルに巻き込まれたので記事にしたいと思います。 新年度や新型Apple Watchの発売でで「モバイルSuica定期券」を導入しようとしている方は注意をしてください。 紆余曲折ありましたが結果としては解決しました。 対応していただいたJR東日本の職員さんにはこの場を借りて感謝します。 その場合は各鉄道会社の窓口、またはコールセンターに事前に問い合わせて対応してください。 筆者は責任を持てません。 前回の記事 前段 まず変更する前の定期券、使用しているiPhoneや身の回りの状況をまとめますと• カード式Suicaの定期券を使用している。 JR東日本の首都圏Suicaエリア~私鉄駅間• 今年に入って継続購入した6箇月定期券なのでまだ有効期限は余っている。 Apple Watchを購入したのでモバイルSuica定期券で通勤をしたい。 (主目的)• Apple WatchはiPhoneが母艦となるので母艦のiPhoneによって出来ることが変わってくる。 カード式Suica定期券をApple Pay モバイルSuica に読み込ませるためにはiPhone 7以上のiPhoneしか対応しておらず、 筆者のiPhone SEは対応していない。 という状況です。 そんな状況でも上手いこと定期券を移し替える方法は無いのかなーと思ってJR東日本のサイトをちょっと読み込んで見ました ここが一番楽しい。 色々探してみましたが、定期券の 「区間変更」を利用して移行できる方法を見つけました。 まず、区間変更とはなんぞやという事なんですが、 より引用 「Suica定期券」の有効期間中に区間の変更をしたいのですが? 新しい区間の定期券をお求めになる場合は、以下のようにお取扱いをいたします。 Suicaエリア内の駅のみどりの窓口にお持ちください。 (Suica一部対応駅ではお取り扱いいたしません。 ) なお、下記の払いもどし計算は、新しい区間の定期券をその場で同時にお求めになる場合に限ります。 定期券部分の払戻額は、定期券部分の発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします。 )に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。 通常の定期券の払い戻し計算については下記のリンクから。 より引用 (1)定期券の有効期間が1ヶ月以上ある場合は、発売額からすでにお使いになった月数分(1ヶ月に満たない日の端数は1ヶ月とします)の定期運賃と手数料220円を差し引いた残額を払いもどしいたします。 ただし、払いもどし額がない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 WebページとPDF資料を見つけました。 より引用 新しい定期券 新定期券 をモバイルSuica 携帯電話機 で購入した後、これまでお使いになっていた定期券 旧定期券 と公的証明書 運転免許書など をあわせて、JR東日本のSuicaご利用可能エリア内の駅のみどりの窓口にお持ちください。 窓口にお持ちになった日を払いもどしの基準日としてお取扱いをします。 注意 ご注意駅窓口では「払いもどし申込書」にご記入いただきます。 JR東日本以外の窓口でお求めになった定期券を払い戻す場合は、JR東日本の窓口での確認後、お求めになった会社の窓口へお申し出いただく場合がございます。 カード式Suica定期券の区間変更でも改めて定期を買い直すことになるので、定期券を買い換える段階で今日はもう使わないと分かっていたら次の通勤日から指定希望、となる 区間変更についてまとめ カード式Suica定期券同士の区間変更では直接購入するのではなく、区間変更する前の定期券を持ってくるように記載がありますが、 モバイルSuica定期券は事前に購入してから窓口に旧定期券 と証明書等 を持ってくる 、という手順になっているとのことですね。 勘のいい人はここで分かるかも… 元々、筆者はJRのターミナル駅から私鉄で1駅だけ乗車した駅が最寄り駅になるため、他社線最寄り駅~JR東日本駅間の定期券を購入していましたが、 最近は健康のためにJRのターミナル駅まで歩いて通勤する事が多く、私鉄1駅分の定期代がもったいないと思ってましたので、 モバイルSuica定期券への移行と合わせて区間変更も行えればお得に変更できるということに。 勤め人としては通勤手当の事が気になったのですが、勤めている会社の方針としては実際に購入している定期が通勤区間より短くても構わないとのこと。 その代わり、最寄り駅からの最安値でしか定期代 通勤手当 は出さないからね、という方針でした。 とりあえず問題無し、と。 以上をまとめると 移行計画• 旬数を考慮してカード式Suica定期券を終了する日を決める。 有効日から10日単位の日数まで無駄なく利用する• その翌日を起日としたモバイルSuica定期券を区間変更した上で購入する。 カード式Suica定期券と購入したモバイルSuica定期券をカード式Suica定期券の利用終了日にみどりの窓口に持ち込んで旧定期券を払いもどしする。 という流れですね。 この手順を参考にして定期券の切り替えを実行しようとしている人は、悪いことは言わないので実行に移す前にみどりの窓口で相談してください。 じゃないと以下のような事になります… 実行に移す 事前に新しい定期券となるモバイルSuica定期券 JR東日本 首都圏 駅間、6箇月定期 を購入して おきました。 実際に利用終了日 筆者は8旬 80日目 目利用終了日を設定 に最寄JR東日本ターミナル駅のみどりの窓口へ。 記載台に払いもどし申込書があったので予め記載してから列に並び、 カード式Suica定期券を購入したクレジットカードと領収書、免許証を用意していざ窓口へ。 とりあえず事情を話して 区間変更扱いで払戻しをしたい旨伝えます。 担当してくれた窓口の人がひとまず裏に潜りました。 戻ってきて 「大丈夫です」という事だったので端末を操作して手続きを進めてもらうとちょっと様子がおかしい… モバイルSuicaで新定期券を購入したのにiPhoneの画面を確認させてくださいとかが全く無く、電卓を叩き始めたと思ったら 払いもどし額が事前に計算した額より5000円近く安い…。 たまらず 「区間変更扱いでの 旬数で計算した 払いもどしになってます?」と聞くと 窓口の方「モバイルSuicaで区間変更扱いで払いもどしをする場合は、窓口で今から区間変更したSuica定期券を購入する宣言をしたうえで購入をしていただかないと、通常の払いもどし対応になってしまうんです。 最終的な捉え方としてはこうなってました。 へっ? 言っていることとしては 窓口でカード式Suicaの区間変更申込の手順 新定期券の購入と旧定期券の払いもどしを窓口で同時に行う手順?)をモバイルSuica定期券にも適用してる形…? さっきの「大丈夫です」は一体何が大丈夫だったのかは突っ込まないとして、何回か会話を取り交わして話していると周りの視線もあるし…ひとまず手続きは進めてもらっていました…ターミナル駅という事もあって複数窓口があるのですが、常に列が伸びていくようなみどりの窓口なので… 今度は手続きを進めている最中に色々と疑問が湧いてきます。 金額が金額だけに簡単に引き下がるのはおしい。 自分が見た「モバイルSuica定期券以外からモバイルSuica定期券の区間変更」のWebページを一緒に見て読み進めてもらいました。 「払いもどし額の計算はどこを見られましたか?」と聞かれたのでWebページ中程にリンクがある「定期券の払いもどし額の計算方法についてはこちらをご覧ください」というリンクで区間変更の計算を一緒に見てみます。 新しい区間の定期券をお求めいただき、古い区間の定期券は払いもどしをいたします。 この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。 この記事を書いている段階で気づいたのですが、 問題なのは払戻しの計算方法じゃなくて区間変更扱いになっていないところだ…話のすり替えをされてしまっていた事に今気づいた…。 担当の方は 「紛らわしい表記で申し訳ございません。 」との事… いや、この場合は紛らわしいという表現じゃなくて、そもそも 「カード式Suica定期券からモバイルSuica定期券への区間変更の手順の記載が間違っている」という指摘をして欲しいんだけど…。 どうやら、どう頑張っても無駄みたい…ということで諦めて署名します… 再度手続きを進めてもらっていると、 窓口担当の方「最後のご確認となるのですが、残り10日間 定期券有効日から満3ヶ月 まで払いもどし料金は変わりませんが払い戻ししてしまってよろしいですか?この対応は取り消しができませんが…」 いやいやいや 翌日から有効の定期券をもう買っちゃってるんだから… 有効にしておく意味のない定期券をあと10日間有効にしておいて何の意味があるの… 呆れてつい、手に持っていたiPhoneを持ち上げながら 「こっち iPhone でもう買っちゃってますから…」と言っちゃいました。 担当の方も 「あ、そうですよね…すいません…」といった反応に。 その後、手続きが完了して駅を出て歩いて帰宅の途につきました。 最後の窓口の方の発言も、区間変更扱いをしようとしていれば、出てこない発言ですし、ネット上だけの情報でできると思った自分にも落ち度があるかとは思いますが… やはり諦めきれないと思い、家に帰ってコールセンターに問い合わせみることにしました。 JR東日本の職員さんはちゃんと対応してくださいましたよ! 続きのコールセンター編は次回に。 kabayakin.

次の

Apple Payの使い方|Suica定期の設定・支払い・学割・払い戻し・明細を徹底解説

モバイル suica 定期 券 払い戻し

関連記事 上記の記事を読んでもらえればわかるように、 払い戻ししてから、新しいモバイルSuica定期券を発行していました。 これはやっちゃいけない駄目パターンです! 結論から言うと、モバイルSuica定期券を区間変更するだけなら、わざわざ払い戻して、新規発行などしなくても、 区間変更という便利機能があったのです。。。 そうとも知らずに払い戻して、モバイルSuica定期券を再発行して、喜んでいたら馬鹿ですね自分・・・という感じ(泣) モバイルSuica定期券の区間変更はどうすればいいのか? 考えれば当然ですが、 定期を解約して払い戻しをするのは、モバイルSuica定期券の精算になってしまいます。 モバイルSuica定期券の区間変更 いきなり払い戻さずに区間変更するべし! 書いてみるとアホみたいに簡単なことですが、そういうことですね(汗)JR東日本にも区間変更のモバイルSuica定期券の参考記事が書いてありました、、、 しかも悔しいことに、その区間変更はかなり簡単にできてしまいます。 前回の記事による苦労はなんだったの?という感じで、 情弱・無知というのは本当に罪だなと思いました。 情弱・無知というのは本当に罪 大事なことなので2回書かせていただきましたw モバイルSuica定期券の区間変更の方法 スマホアプリ Suicaだけで区間変更できちゃいます! やり方はかなり簡単でした。 知らないだけで、こんなに違うとは本当に悔しい限りですw Suicaを起動 スマホのモバイルSuicaアプリを起動します。 トップ画面にある「i」ボタンをクリック この「i」のアイコンを押してください。 インフォメーション(information)の「i」なんでしょうね。 定期券を押した後は下記のような確認画面へ遷移しますので「モバイルSuica定期券」を押して進みます。 定期券購入・変更・払戻の「区間変更」をクリック 定期券購入・変更・払戻画面の3番目にある「区間変更」を押してください。 注意事項の確認画面になるので「次へ」をクリック 定期券利用駅検索にて区間変更の情報を入力 この画面で区間変更の情報を入力していきます。 乗る駅から、降りる駅の情報を入力してください。 乗り換える駅がある場合も、経由駅部分に入力。 該当する定期券の区間を検索してくれます。 間違えても親切にエラーが出ます。 このような場合は、修正して情報を再入力。 基本的に後はモバイルSuica定期の登録と同様です。 使用開始日や期間を入力していきますので、細かい部分は下記の記事を参照ください。

次の

モバイルSuicaの定期を払い戻しする方法と一番お得に解約する時期 │ HomeChicに

モバイル suica 定期 券 払い戻し

Suica定期券を6か月分購入して4ヶ月利用した場合、残りの2か月分の定期代は払い戻ししてもらえる? 6ヶ月定期券は、残り2ヶ月を残して 払い戻しができます。 ただし、払い戻し金額を計算するにはちょっとコツが要ります。 日割り計算ではありません。 月ごとに区切られるので、 4ヶ月目のできるだけ後半に手続きした方がお得です。 定期券の種類には、6・3・1ヶ月があります。 5,520円-220円= 5300円 定期券の機能を停止して払い戻しても、Suicaとしての機能は継続して使えます。 今後は、定期券ではなく、Suicaのカードになるという事ですね。 もしSuicaも不要でカードごと返却するのであれば、 チャージ金額-デポジット(500円)=チャージ分の払い戻し金額 が戻ってきます。 Suica定期券を3か月分購入して2か月利用した場合、残りの1か月分の定期代は払い戻しできる? 前章では2ヶ月を残して払い戻しできるか、というパターンでしたが、1か月ではどうでしょうか。 実はSuica定期券は、期間1か月残しがポイントです。 1か月以上残っていれば払い戻しができるので、3ヶ月定期を1か月残した場合も、払い戻しに対応しています。 しかし、日割り計算はできないので、1か月を少しでもオーバーしてしまったら、払い戻しされません。 この場合も、定期券とは別でSuicaにチャージした分も払い戻しは可能ですし、もちろん払い戻さずにSuicaカードとして使い続ける事もできます。 デポジット500円分が差し引かれる事は変わらないので、ご注意下さい。 定期券の払い戻しはどこでできる? 定期券の払い戻しは、基本的に みどりの窓口で対応しています。 SuicaはJR東日本の交通系電子マネーなので、JR東日本Suicaエリア以外の駅では、窓口であろうと払い戻しはできません。 また、JR東日本の駅でも、券売機やチャージ機では払い戻しできません。 多機能券売機でも払い戻しには対応していないので、みどりの窓口で手続きを行いましょう。 定期券の払い戻しの注意点について Suicaの払い戻しがネットや郵送ではできず、みどりの窓口でしかできないとなると、わざわざ外出するという手間がかかってしまいます。 せっかく窓口まで出向くのですから、しっかりと準備して、「払い戻しに行ってみたけど、手続きできなかったー…」なんて事にはなりたくないですよね。 ここではまず、現金でSuica定期券を購入した際の注意点を見てみましょう。 免許証などの、公的身分証明書が必要• 代理人が払い戻しする場合は、委任状と代理人の身分証明書が必要• Suicaエリア内でも、一部で払い戻し対応していない駅があるので、通勤・通学の際に事前確認がおすすめ• Suicaチャージ分も払い戻しする場合、残高が220円以下の場合は手数料がかからないので、きっぷ購入や乗り越し精算、お買い物などで残高を使い切った方がお得 また、Suica定期券をクレジットカードで購入していた場合、上記の現金購入注意事項の他に、以下の点にも注意して下さい。 払い戻し手続きの際、購入に利用したクレジットカードが必要になる• 払い戻し金額は、現金での返金ではなく、クレジットカード利用金額から差し引かれる ポイントは、払い戻し金額は現金でも口座振り込みでもなく返金されるという点です。 もしクレジットカードで30000円利用している月に、Suica定期券10000円分の返金がある場合、その月の引き落とし金額は20000円になるという事です。 ただし、クレジットカードが既に解約済であったり、カード利用金額が払い戻し金額に満たない場合は、現金やその他の方法で返金される場合があります。 調べてみたところ、この対応は駅やカード会社によって、ルールが一律ではないので、一概にこのようなシステムですとは言えません。 その為、クレジットカード購入のSuica定期券払い戻しの際は、実際に返金されているか 数か月先まで明細を確認しましょう。 2,3ヶ月音沙汰無しの場合は、駅やカード会社に問い合わせても良いでしょう。 そのような可能性もふまえて、払い戻し手続きの際、窓口で問い合わせ連絡先などを聞いておく事をオススメします。 最後に• Suica定期券の払い戻しは可能だが、手続きする時期によって金額が変わるので要注意• 払い戻しに対応しているのは、みどりの窓口のみ• クレジットカードで購入したSuica定期券は、現金返金ではなくカード利用額から相殺される Suica定期券を払い戻しする際のポイントは、 手続きする時期です。 定期券として何か月利用し、何か月分残っているのか。 残り1か月をきったら、払い戻しはできないと思っておきましょう。 手続き面倒だな…と放置していると、もったいない事になります。 できるだけ利用月の末日に、そして、身分証明書やクレジットカードなど、必要書類を忘れずに確実に準備してみどりの窓口に行きましょう。

次の