スキレット ロッジ。 【ロッジ】スキレットの失敗しないサイズ選びと人気のサイズを紹介!|山行こ

スキレットは【LODGE(ロッジ)】がオススメ!初心者でもカンタン男前料理デビュー

スキレット ロッジ

「ニトスキ」と呼ばれ、一時は品切れ状態が続いていたそうな。 その後、イオンなどでも扱われるようになり、今ではすっかり市民権を得た印象があります。 僕が購入したスキレットは、製のもの。 LODGE社とは、1896年に創業したアメリカの鋳鉄メーカーで、120年の歴史を持つ老舗です。 歴史の長さと製品の品質には、直接的な関係はありません。 けれども、これぞ プラシーボ効果でしょうね。 アメリカ西部開拓時代から使われてきたなんて聞くと、それだけで美味しく感じてしまうのです。 というのは、半分冗談なのでさておいて、LODGE製品を選んだ正真正銘の理由は「 フタ」にあります。 突起がついている LODGE社製のスキレット、とはいっても別売りの専用フタですが、他社製品には見られない特長があります。 それは、写真のとおり、内側に 突起物があるという点です。 テレビの料理番組を見ていると、染み出した肉汁などを食材にかけながら調理している場面って見たことありませんか?あれは「 ベイスティング」という技法なんだそうでが、この突起はそのベイスティングを自動で行ってくれる(セルフ・ベイスティング)優れモノなんです。 仕組みはこうです。 この突起が付いているおかげで、蒸発した水分が まんべんなく食材に降りかかり、旨みを余すことなく仕上げてくれるのです。 突起がないフタの場合、水分の流れは一様ではなくなり、結果仕上がりにムラが発生してしまいます。 このフタの仕組みは、あの高級調理器具メーカー、 STAUB(ストウブ)社の鍋にも見ることができます。 食材から出た水分を蒸気に換え、鍋の内部で対流させます。 更にピコやシステラなど、フタに付いた突起に付着した蒸気が水滴となり、食材にまんべんなく降り注ぎます。 この仕組みをアロマ・レインと言います。 (中略) STAUBのフタは通常のフタで起こるセルフベイスティングの9倍もの効果をもらたします。 (STAUB社より) STAUB社では、蒸気の対流のことを「 アロマ・レイン」と呼んでいます。 ネーミングセンス抜群ですね。 これだけでもご飯1杯食べられます。 初回のシーズニングは済んでいる シーズニング済みであることも、LODGE製品を選んだ理由のひとつです。 ダッチオーブンもそうですが、これらノンコーティングな鉄製品は、シーズニングという作業が必要になります。 サビを発生させないためですね。 具体的な方法は、• 火で熱し、カラカラになるまで水分を飛ばす。 熱いうちにオイルを薄く塗る。 という作業です。 一度やってみると、実に 簡単な作業であることがわかります。 ですが手間といえば手間なので、すでに処理済であるには越したことはありません。 しかもメーカーの技術をもって行われているのですから、「シーズニングって、これでいいのか?」と疑心暗鬼にならずに済むので、初めて扱う方には安心です。 [追記]今は、コールマンのスキレットも、シーズニング済ですね。 メーカーを揃えようかとも思いましたが、次の理由でやめました。 鋳鉄製じゃない ダッチオーブンもそうですが、UNIFLAME社のスキレットは鋳鉄製ではありません。 黒皮鉄板という鋼板で作られています。 ダッチオーブンを購入したときは、黒皮鉄板製であることに魅力を感じていました。 友達が使っていたことが一番の理由ですが、他にも、• 中性洗剤が使え、メンテナンスが簡単• サビにくい• 衝撃に強い• 温度変化に強い など、鋳鉄製のものよりメリットが多いように考えたからです。 まだまだキャンプ自体に不慣れなこともあって、余計な手間や不安材料を増やしたくなかったんでしょうね。 ですが少し経験を重ね、上記のように感じたメリットも、それほど優位差が大きくないことがわかりました。 なぜならキャンプ場によっては下水処理が未整備なところも多く、 洗剤の使用を禁止しているところもあるからです。 しっかり焼き切れば、水だけでも汚れは簡単に落ちてくれるので。 シーズニングは楽しい作業 また先述のとおり、シーズニングは決して難しい作業ではありません。 オイルが染み込み、 黒く艶めいてくるのを見ていると、むしろ楽しい作業に思えてきます。 当然、サビとは無縁です。 鋳鉄製は十分すぎるぐらい頑丈 衝撃や温度変化への耐性については、黒皮鉄板製に分があります。 だって1枚の鉄板で作られているのですから、象が乗っても潰れることは、まずないでしょう。 でも現実的には、破壊という問題に直面することなんてありません。 鋳鉄って車の部品にも使われる素材なんで、キャンプで使って壊れるようなヤワなものではないですよ。 恐いのはヒートショックですが、それも扱い方次第。 熱くなったスキレットを急激に冷やさなければいいだけのことです。 鋳鉄製のメリット とまぁ、慣れてしまえば黒皮鉄板製のメリットは薄くなり、逆に鋳鉄製のメリットがきわ立ってきます。 蓄熱性が高いので、より美味しく調理ができる スキレットやダッチオーブンで作った料理が美味しくなる秘密は、高い「 蓄熱性」と「 圧力」だといわれています。 「圧力」は、高い気密性と重いフタがあれば実現できるので、鋳鉄製品と黒皮鉄板製品に差はほとんど生まれません。 ですが「蓄熱性」に関しては、鋳鉄製の方が優れているように感じます。 鋳鉄製は黒皮鉄板製に比べて、 熱の伝わるスピードが遅いかわりに、冷めるのも遅いように思います。 そのおかげで 火加減の調整(中火〜弱火)が簡単になり、食材を焦がすことなく、 芯までやわらかく調理できるのです。 見た目の良さは美味しさの秘訣につながる 鋳鉄製品は、ドロドロの銑鉄(せんてつ)を型に流し込んで成形します。 だから 自由なかたちに仕上げ、思いのままの 装飾を施すことができます。 丸みを活かした風合いは,鋳鉄製品ならではのものです。 一方、黒皮鉄板製品は、切断・曲げ・溶接で仕上げます。 いわば折り紙なので、どうしても ソリッドな仕上がりになってしまいます。 僕の好みは、もちろん鋳鉄製です。 黒皮鉄板であの突起を作ろうと思うと手間が増えるので、着想しなかったのではないでしょうか。 この推理が正しければ、 鋳鉄製は美味しさの必須条件ということになりますね。 まとめ 良いものですよ、スキレット。 今朝もこれでハムと目玉焼きを焼きました。 薄いハムでも、ふんわり感があって、美味しく感じます。 プラシーボかなぁ。 こういった 単純な料理ほど、味の差が分かりやすい。 その点も含め、まさに男の調理器具です。 しつこいようですが、 LODGE製はフタが命。

次の

【スキレット比較】ニトリよりもLODGE(ロッジ)スキレットを選択した理由!

スキレット ロッジ

ゆっくり温まり、冷めにくい。 蓄熱性が高い。 と言うことです。 鉄の内部にたっぷりと熱を溜め込むことによって、 冷たい食材を乗せて表面の熱が奪われてもすぐさま周りの熱で補填され、一気に焼き上げることができます。 まるで吉本新喜劇のローテーショントークのように熱を浴びせ続けるのです。 目玉焼きや肉を焼いた時にその違いは明らかです。 プリプリです。 いやもうプリップリです。 重い スキレットは厚みのある鉄の塊です。 そのため、 思った以上に重いです。 基本的には振って使うことはできません。 多分手首をやられます。 無理して足に落としでもしたら物理と熱のW属性攻撃で骨折することになります。 フライパンとの使い方の最大の違いはここにあります。

次の

ロッジのスキレットがやっぱりおすすめ!大は小を兼ねる?~サイズ選びは慎重に~

スキレット ロッジ

ロッジのスキレットとは 出典: ロッジは、創業120年の歴史あるアメリカNo. 1のキャストアイアンメーカーです。 質の良い鋳鉄製品にこだわり続け、スキレットはもちろんのこと、ダッチオーブンや鍋など、さまざまな調理道具を生み出しているロッジ。 代表製品でもあるロッジのスキレットは、今やアメリカでは一家に一枚といわれるほどの人気を維持しています。 「ロッジスキレット」のココが凄い! IHにも対応なので自宅でもキャンプでも使える! 出典: ロッジのスキレットはIH対応です。 アウトドアでの焚き火やガス調理のみならず、オーブンも利用できるうえ、自宅のコンロがIHクッキングヒーターでも使うことができるので、キャンプ好きな方には便利な調理器具の一つです。 サイズ展開が豊富なのでそのまま食卓に並べることも可能 出典: ロッジのスキレットはとにかくサイズ展開が豊富です。 キャンプではもちろんのこと、ミニサイズは自宅でも調理したらそのまま食卓に出してもおしゃれで見栄えがよいので使いやすいと大人気です。 厚みがあるので保温性に優れている 出典: もともと高い蓄熱性が5mmの厚さ構造にすることでさらに高くなり、より料理が冷めにくい作りになっています。 長時間たってもおいしく食べることができるので、キャンプでの使用にも適しています。 ロッジのスキレットのサイズ選びの目安 出典: サイズが豊富なロッジスキレット。 たくさんあるのでどれが使いやすいサイズなのか悩みますね。 サイズを比較紹介してみましたので、スキレット選びの目安として参考にしてみてください。 本体サイズ:直径29. 9x深さ5. 2x全長30. 5 cm 本体重さ:3. 3kg ロッジのスキレットで一番大きいサイズ12インチです。 重さは3kgを超えかなりの重厚感があります。 ホームパーティや大人数でのアウトドアに最適です。 パエリアなどを調理して、皆でワイワイ楽しみながら長時間たっても温かいまま食べられます。 ロッジのスキレットを自宅のIHで使う時注意点 ロッジのスキレットは使用できる熱源の種類が多く、IHクッキングヒーターにも対応しています。 ただ、IHを使用する場合の注意点がいくつかあります。 使用できるサイズを確認する 使用可能サイズがあるため、IHコンロの説明書を確認してから使用するようにしましょう。 目安として、底面以下のサイズのフライパンが使えないIHコンロは使用できません。 IHは安全装置が作動してしまうこともある スキレットは他の調理器具より保温性が高いため、IHコンロの安全装置が作動し止まってしまうことがあります。 調理の際の火加減に注意が必要 火加減ですが、スキレットが温まるまでは中火(800w以下)で、それ以降は弱火で調理するようにしましょう。 IHは高温になりやすいため、火加減は様子を見ながら調節してください。 「ロッジスキレット」人気の定番サイズは? 出典: いざ、ロッジのスキレットを購入しようと思っても、サイズが色々あるのでどのサイズがいいのか困る方もいらっしゃるでしょう。 ここでは、キャンプやアヒージョに人気の定番サイズを紹介します。 ソロキャンプに人気のサイズは? ソロキャンプには6. 5インチか8インチサイズのスキレットが人気です。 簡単なものしか作らないのであれば6. 5インチで十分かと思います。 付け合わせも一緒に作りたい場合や、ソロキャンプ以外にも使うことが多い場合は8インチをおすすめします。 ロッジスキレット6. 5 ニトスキ15cm 公式オンライン価格 2376円 税込 498円 税込 大きさ 直径約16. 3cm 重さ 約1kg 約720g IH対応 可 可 サイズ展開 6. 5,8,9,10. 25,12 15cm,19cm ロッジもニトスキも鋳鉄製でどちらも保温性には優れています。 5mmの厚みがあるロッジスキレットの方が若干保温性は高いようですが、それほど大差ないようです。 ニトスキは人数分揃えられるような価格設定で普段使いに向いています。 ロッジは重厚感があり、どんな料理もカッコよくおしゃれに決まります。 さらにフタの利用で料理の幅も広がるというメリットがあります。 ロッジのスキレット使い始めはシーズニングが必要? ロッジのスキレットは出荷時にすでにシーズニング済みなため、最初に使う際のシーズニングは不要です。 ただし、久しぶりに使う場合などは、使い初める前にシーズニングを行いましょう。 ロッジスキレットの手入れ方法 出典: 正しい手入れをすれば、寿命もないといわれるほど長持ちするのがロッジスキレットです。 使いっぱなしにせず、きちんと手入れをすることでさらに使いやすくなります。 スキレットの洗い方 タワシを使ってお湯で洗い流します。 馴染んだ油が抜けてしまうため、洗剤はなるべく使わないようにしましょう。 やむを得ず使った場合は、後からシーズニングしなおします。 乾燥させる 洗った後、火にかけ十分乾かします。 ハンドルも含めて全体的によく乾かすことでサビ防止になります。 シーズニングをする シーズニングを行います。 スキレットが熱いうちに、油(サラダ油、オリーブオイルなど)を全体に薄く塗ってなじませてください。 キッチンペーパーを使うと便利です。 スキレットの保管方法 スキレットは完全に冷ましてから、湿気の少ない場所で保管しましょう。 長期間使用予定がなければ、新聞紙で包んで保管しておくと良いです。 ロッジのスキレット簡単おすすめレシピ集 さまざまな料理が作れるロッジスキレット。 初心者でも失敗せずに作れる簡単レシピをいくつかご紹介します。 定番のステーキ 出典: ビーフステーキレシピです。 スキレットで簡単に調理できます。 材料:牛ステーキ肉用1枚、塩・しょうゆ・黒こしょう少々、牛脂少量 下準備:肉は塩と黒こしょうを振って擦り込み、叩いて筋切りをしておく。 焼く30分くらい前に常温に戻しておきましょう。 しょうゆを回しかけたら出来上がり。 ガーリックバター味もおすすめです。 玉子焼き じゃがいもを使った玉子焼きレシピ、スパニッシュオムレツです。 塩こしょうでジャガイモが透き通るくらいまで炒めます。 軽くかき混ぜたらフタをして弱火で蒸したら出来上がり。 アヒージョ 出典: 具材をオリーブオイルで煮込むだけの簡単料理です。 今回はエビとマッシュルームのアヒージョレシピをご紹介します(エビの代わりにタコでもいいです)。 材料(8インチスキレット 二~三人分) 海老適量(もしくはタコ)、マッシュルーム4~6個、にんにく2片、鷹の爪適量(好みで)、オリーブオイル150cc、パセリ(好みで)、塩こしょう、バケット 下準備 ・海老~殻と背ワタをとります。 酒を少量入れて軽く揉み水で洗い流しておく。 ・マッシュルーム~半分に切っておく(小さめならそのままでいいです)。 ・にんにく~薄くスライスもしくは粗みじん切り。 ・鷹の爪~適当に輪切り。 ・パセリ~みじん切り。

次の