アコギ 値段。 【価格.com】アコースティックギター

初心者におすすめのアコギ人気ランキング15選【ヤマハ・フェンダーなど!】

アコギ 値段

Amazon. jp アコースティックギターストアについて アコースティックギターとは、電気を使わずに楽器本体のみで音を出せる、持ち運びが容易なギターです。 そのため、練習や演奏環境の制限も少なく、バーベキューなどのアウトドアやホームパーティなどでも、アコースティックギター本体さえあればすぐに楽しむことができます。 Amazon. jpのアコースティックギターストアでは、一般的な6弦のナイロン弦を使用した商品のほか、6弦ギターの音色に広がりを持たせたような12弦ギター、より手軽なアコースティックギターとしてヤマハのミニギター「ギタレレ」など、さまざまな種類のアコースティックギターをラインアップ。 様々なデザインのアコースティックギターや、ブランドも多彩で、リーズナブルな商品からマーチンやギブソンなど、有名ブランドのアコースティックギターまで、お客様の好みにあった商品を探すことが可能です。 また、アコースティックギターストアでは、アコースティックギター本体はもちろん、初心者向きのアコースティックギターセットの通販も行っており、音楽を始めてみたいが「何の楽器にしようか迷っている」かたなどにもおすすめです。 そのほかアコースティックギター用ピックやピックケース、ギターケース、アコースティックギター対応のクリップ式チューナー、立って演奏するために必要なギターストラップなどの商品も取りそろえております。 アコースティックギターストアでは多彩な商品をラインアップしており、お客様に最適な商品がきっと見つかります。 ぜひアコースティックギターストアをご利用ください。

次の

どれくらいの値段がいいの?

アコギ 値段

アコギの弦高。 弦高が12フレット目で5mmあり、とても弾きにくい状態なので 修理に出して弦高を低くしてもらおうと思っています。 初心者のため、いろいろと本を読んだりしてなるべく知識をつけるようにしているのですが、 まだまだわからないことだらけです。 どうかご回答をよろしくお願いいたします。 補足あまり高くつくようならば自分で調整するのも考えています。 ロッド調整(サドル調整含む)だけで直れば、3,000~5,000円程度。 それ以外の方法でネックを修正すると25,000円以上かかるので省きます(購入価格より高くなると思います) ネックが反っていないのに弦高が高い場合は色々原因はありますが、予算を考えるとサドルで調整するしかありません。 リペア専門の店で、その時に時間が空いていればやってくれる場合もあります(30分~1時間程度)。 その場合でも事前に電話してリペア内容を伝えておく(弦高が5mmあるのでビビらない範囲で2. 5mm程度に下げたい、予算がないのでロッド調整、サドル調整だけででお願いします。 みたいな感じで) 一般的には預かりになると思います。 ギターをチェックして見積をだしてから、仕上がり日を相談することになります。 (急ぎでお願いするしかありません)。 お店側もギターの事を考えて色々修理ヶ所を見積もってくるかもしれませんが、必要な修理だけにしないと購入価格より高くなってしまうので注意してください。 YAMAHAで断ることはないと思いますが微妙ですね。 受けたとしても金額的、日数的に結構かかると思います。 ご自宅の近所のリペアーのお店をネット検索や楽器店に聞いて探してみてはどうでしょう。 補足内容について:自力で「ロッド」と「サドル」を調整する場合、方法については事前にネットで検索してください。 写真入りのページも多数あります。 「ロッド調整」は、少しづつ根気強くやってください。 作業自体は難しくありません。 「サドル調整」は音に直接係わる部品なので慎重に。 専用のヤスリ等もありますが、予算をかけずにやるなら「紙ヤスリ」「水ヤスリ」だけでできます(時間はかかります)。 3~5種類あればできるので、600円程度です。 仮に失敗しても新しいサドルを買って作り直す事ができます。 サドルの種類はピンキリですが、お勧めは「TUSQ」のサドルです。 800~1000円程度。 サドルの上側(弦と接する側)は指板の形状(湾曲)と同じ形になっているので、原則として削ってはいけません。 新しいサドルの場合は、最初からついていたサドルと同じ形状に削っていきます。 サドルの下側(ボディと接する側)は直角がでていないと弦の振動がトップにうまく伝わらないので、こもった音になってしまいます。 根気強く、慎重に。 「あまり高くつくようならば自分で調整するのも考えています。 」とのことですので、そっちを視野に入れて回答します。 すでに補足を使ってしまったあとで、やり取りが出来ませんので質問形式ではありますが、無視して参考程度に読んでください。 ・弦高は徐々に高くなってきたのでしょうか? ・もしそうならまずボディ側のブリッジ周辺が湾曲して盛り上がったりしてませんか?もしくはブリッジがはがれかけて斜めになったりしてませんか? 上記について、もし「徐々に高くなってきた」「ブリッジ周辺とブリッジは元の通りで問題ない」と言うことであれば原因はネックの「起き」か「反り」に絞って考えても良いと思います。 「ネック起き」はネックとボディとのジョイント部分あたりからネックが折れ曲がるように(そんな極端ではないですが)変形して弦高が上がってしまう症状です。 これが極端に出ると簡単には治りませんので、できる範囲でごまかして妥協して使うことになると思います。 この場合はリペアに出して要相談で1万円とかあたりじゃないでしょうか?完全に治すなら解体修理ですのでギターの価格を軽く超えます。 それを踏まえてリペアマンとの相談(どの程度までなら許せるか?ごまかせるか?)・・・ようするにそのギターの場合はかなりチョイスしにくい方法になると思います。 「ネック反り」これは症状次第ですが、ロッドが効く限りは一番簡単で安上がりでしょうね。 ちゃんとロッドが効いて、細かいことを言わずにある程度弦高が下がればOKって言うことなら2~3千円で済むんじゃないでしょうか?「弦高調整」と発注すると、希望の弦高にするために色んな方法を駆使しますので値段が不安定で見積もり要ですが、単純に「ロッドでのネック調整」っていう発注ならロッドの効く範囲だけでの調整で弦高やナットなどは別の問題になりますので結構安いし早いと思いますよ。 一般的にネックの反りは7~9フレットを中心にネックがそります。 ネック起きは15Fあたりのジョイント部分が中心です。 ネックに直定規を当ててみるなどしてネックの状態を確認してみてはどうでしょう?もしネックの反りだけならロッド調整を自分で試してみてもいいかもしれません。 結構あっけなく治ってしまうかもですよ。 一旦弦をある程度緩めて・・・ ヘッド側かサウンドホールからネックを覗いた位置にあるロッドのナット(6角レンチかBOXレンチ、またはドライバーで回せるタイプがありますので適切な道具を使用してください)を今回の場合は時計回りに回します。 現物を見ないとさっぱりわかりませんが、60度位回して一旦チューニングしてみて変化を見てください。 その変化に合わせて回す量を調整してみて下さい。 無理やりでない限りは潰れることはそうそうありません。 (でも自己責任ですよ!ここまで書いてて「無責任かな・・・??」とちょっと不安になってますので、とにかく不安だったらやらないでください。 そしてやるなら自己責任で)行き過ぎたな・・と思ったらまた反時計回りに戻せばいいです。 余程精度の高いギターでない限り、そこそこアバウトなもんです。 とりあえず以上です。 1、その弦高になっている理由によります。 ブリッジやナットが原因なのか、ネックの反りなのか、実はフレットが浮いているだとか、推測だけで言うなら原因はいくつかあります。 どれが原因なのかによりますし、原因が複数のこともありますから、値段はそれによってかなり異なってくるでしょう。 お店によりますが、簡単なネックの調整だけなら数千円程度でやってもらえるでしょうし、場合によっては万単位でかかると思います。 大抵のお店では見積もりは無料でやってくれると思うので、とりあえずギターを持ち込んで相談するのがいいと思います。 2、原因によってはその場ですが、一度預かりの可能性も高いです。 3、問題ないと思いますが、それもお店次第なので、直接相談しましょう。

次の

【簡単】趣味でアコースティックギターを始める方法を解説【独学でOK】

アコギ 値段

また以前「」でもご紹介したように通販サイトのエレアコは価格的に安いことも多いんですが、ギターは木材による個体差もある楽器なので、通販サイトは口コミや評価の確認に使って、本体の購入は「楽器屋さんで試奏してから」がおすすめです。 1〜3万円 まずは3万円以内でエレアコを探す場合について。 実は新品のエレアコは入門モデルでも3万円を超えてしまう場合が多いので、この価格帯で狙うとすると選べるメーカーがかなり限られてきます。 国産メーカーのモーリスや、ギブソンの廉価モデルを作っているエピフォンのギターは新品でも3万円弱で売られていることがあるので、新品のエレアコを探している場合はこの2つのメーカーで探してみるのが良いでしょう。 ただ、この価格帯であれば状態の良い中古のエレアコを探してみるのもいいと思います。 例えばヤマハの入門モデルのエレアコは新品で4万円弱しますが、作りがしっかりしているので、中古品でも良いものが多いです。 とは言っても中古ギターの状態を見極めるのは慣れないとなかなか難しいので、店員さんに「どこか悪いところがあれば教えてください」と言って色々教えてもらいましょう。 基本的に「大手の楽器屋さん」で状態の良い中古エレアコが1万円を切ることはないので、値段があまりに安い場合は「ジャンク品」ではないか疑ってみたほうが無難です。 3〜5万円 この値段になると色々なメーカーで新品のしっかりしたエレアコが買えます。 大体の入門モデルには手が届きますが、田村からのおすすめはヤマハが出している入門用のエレアコです。 3万円代後半で買えて、扱いやすく、音もしっかりしています。 ボディについている「イコライザー」という装置がとても優秀なので、初心者の人にとっても音作りが楽なこともおすすめのポイントですね。 エレアコとしての質ではヤマハがおすすめですが、ギブソン系のギターサウンドに強い憧れがある方はエピフォンのエレアコとを検討してみるのもいいと思いますよ。 5万円〜10万円 この価格帯になってくると、とても良いエレアコにも手が届くようになってきます。 一部の高級メーカーを除けばこの値段でかなり幅広いメーカーの良いエレアコが買えますが、田村からのおすすめはテイラーのアカデミックモデルです。 値段は8万円〜9万円代になりますが、値段以上の価値があるエレアコです。 理由としてはまず、この値段では考えられないような性能のピックアップが積まれていること。 テイラーの製品には数十万円の上位モデルから入門モデルまで全て同じピックアップが使われています。 そして、エレアコとしてもアコギとしても実用的で音が良く、さらに弾きやすいということ。 Kヤイリなどもとても良いギターメーカーなんですが、1本選べと言われれば田村からはテイラーをおすすめします。 この価格になってくると安い買い物ではないですし、各メーカーの個性も強くなってくるので、絶対にいくつかのメーカーを試奏させてもらって選びましょう。 おすすめどころはテイラー、Kヤイリ、ヤマハのエレアコです。 ここまでいくとギターとしてはかなりレベルの高いものが多くなってきます。 恐らく、各メーカーの中で「作りは上位モデルと同じで、木材のグレードを落としたエレアコ」が増えてきます。 正直に言えば、良いものが多すぎてなかなか「この1本がおすすめ!」とは言いにくいくらいです。 ただなんとか1本に絞るなら、先ほどに続いてテイラーのエレアコで、旧入門モデル 100番代 〜中級モデル 200番代 のものをおすすめします。 実は田村が使っているのもこれなので、必然的におすすめにはなるわけですが... 田村が買ったテイラーギターは中級モデルの「214CE」で値段は当時15万円ほど。 最近は木材の希少価値が上がったこととピックアップが変更されたことによって値上がり傾向です。 このレベルの値段になってくると、「アコギとしての生音も好きかな?」というのもしっかり基準に入れて選ぶのが良いと思います。 大きな買い物なので、なるべく色々なギターをじっくり試奏しましょう。 試奏してみてどうしても決まらなければ「出直してきます」でも良いですし、直感で決めてしまうのもありなので、とにかく焦らずに自分に合ったギターを見つけてください。 ここの音質と使い勝手の差はかなり大きいので。 予算が20〜30万円にもなるとエレアコとしては最高品質のギターにも十分手が届く値段です。 基本的には高級メーカーとされるようなメーカーでも「そのメーカーの顔となるようなモデル」が売られているはずです。 これ以上の値段のモデルというのは「なんらかのプレミア」や「年代物」、「希少な木材、最高級の木材を使っている」などになってくるので、ギターとしての作りはこれ以上あまり良くならないと思って下さい。 もちろん木材はこだわればきりがない世界ですが これは逆に言えば、好きな個性と音色のエレアコがほぼ自由に買えるという意味。 なのでこのレベルのギターを買うなら、出来れば「こんな音のギターが良いな」「こんな風に使いたいな」というイメージをしっかり持って選んで欲しいです。 田村からのおすすめのメーカーは、 ピエゾピックアップであればテイラー、マーチン デュアルピックアップであればメイトン、コールクラーク の4メーカー。 どれもとても強い個性のあるエレアコを作っているメーカーです。 ただ、本当に一生付き合うようなギターを選ぶことになると思うので、ここに書いてあることは「参考にもしない」くらいの気持ちで、自分の耳や弾き心地と相談しながらしっかり選んで欲しいです。 どうしても自分の耳じゃ決められないという人は、好きなアーティストさんの使っているギターのメーカーに合わせるのも良いかもしれません。 エレアコとして良いものであることはほぼ間違いないので、あとで「自分のプレイスタイルならこっちにすれば良かった」とだけならないようにして下さいね。 商品例はテイラーの中上位モデル 300番代 を載せておきます。 ギターの練習方法や、演奏時のちょっとした悩みについての記事一覧です。 ピッキングの練習方法や弦のサビ対策、弦がすぐに切れる原因、指の痛みへの対処などの記事が人気です。 ギターを保管しておく時の注意点や、持ち運びの方法、扱い方、調整とリペアについての記事一覧です。 弦やフレットの交換時期の目安、保管時に弦を緩めるかどうか、湿度管理などの記事が人気です。 弦、ピック、ギターケースの種類や使い方など、ギターに必要な道具類についての記事一覧です。 コーティング弦や雨の日のギターの運び方、弦の種類などの記事が人気です。 アコギとエレアコについての記事一覧です。 エレアコの選び方や使い方、アコギの練習場所などの記事が人気です。 コード、スケールなどの音楽理論についての記事一覧です。 ルート音や音程など基本的な部分の記事が人気です。 家の防音対策についての記事一覧です。 防音の基本と、防音室を自作した際のまとめ記事が人気です。 まだたむすぎたーではジャンル分けしていない記事の一覧です。 著作権とローンの組み方についての記事が人気です。 楽器・付属品・防音材を探す.

次の