イトキン 株式 会社。 (株)レナウン【3606】:株式/株価

株式会社オンワードホールディングス│投資家情報│IRニュースリリース

イトキン 株式 会社

働きがい:服飾用品を販売するということは、その商品の良さをお客さまにお伝えすることだと思いますが、商品のクオリティが低すぎる。 その割には高額だと思う。 販売員も自社ブランドの衣服を着用しているが、毛玉だらけだったり、白いスカートが汚れていたり、サイズの合わないものを着用しているせいで、商品が全然よく見えないし、欲しいと思うわけがないです。 色んな販売のスキルを身につける事も大事だけれど、店舗の清潔感や、販売員の身だしなみ等、他にもやるべき事があるのでは。 そこまで高額な商品ではないけれど、商品の扱い方も酷い。 床に直接置いたり、ギュウギュウにストックにつめているのでシワシワ。 そんな商品をおすすめする気にはなりません。 口コミ投稿日:2020年01月10日 働きがい:決まった研修制度は特になく、会社のルールなど統一化されていない。 チームワークは店長によって左右されるのでは?と今まで数店舗で経験してきた印象です。 販売経験がないスタッフにとっては戸惑いがあるかも。 良い意味で言えば自分を出せて自由に仕事が出来る部分もあります。 販売にやりがいを感じている人には自分らしさを出せて他の企業に比べると比較的仕事がしやすい環境でキツイ拘束や残業が少ないが評価を求める人によってはもどかしい部分もあり報酬=やりがいという面ではやりがいを感じられない会社だと思う。 基本キッチリとした上下関係がなく経験や年齢を重ねていると雇用形態がアルバイトでも店長という役職がつく。 他社からの転職者も多いので仕事のやり方やルールなどは店長によって変わるので環境に柔軟に対応できる人でないと長く続けるのは厳しい。 あまり、ルールにとらわれず自由に仕事がしたい人には向いている会社です。 口コミ投稿日:2015年08月 1日 成長性・将来性:【会社の成長について】どの会社に限らずアパレル業界全体が厳しい状況だと思います。 特に百貨店を主な取引先とする会社は苦境の時代です。 しかしながらそんな状況であるからこそ、打破するためにマンパワーが重要だと思います。 私が携わっていた販売職はこの会社では「ファッションアドバイザー」と呼びます。 お客様との会話からライフスタイルを読み解き、その方の希望をお伺いしながら一人一人に合わせたコーディネートを提案します。 そのブランド=会社を知って頂く窓口的な役割でもありますので、会社にとっても非常に重要な職務です。 携わるスタッフ次第で、いくらでも今後成長できるチャンスはあると考えます。 口コミ投稿日:2015年09月22日.

次の

上場企業が会社更生法を適用したら、株式はどうなりますか?株券は紙切れになっ...

イトキン 株式 会社

会社更生法を申請した場合、上場廃止となるので、取引所での売買はできなくなります。 したがって、売買は事実上、難しくなります。 (買ってくれる人を見つけて個人売買しなければならない。 ) また、株価は会社の資産価値を反映しているので、負債>資産 となると株価は「理論的」にゼロとなり、実際の株価も、この理論値を反映したものに近くなります。 (思惑で一定の値がつくこともある) 会社更生法を申し立てるのは借金が払えない場合、すなわち負債>資産の場合がほとんどですので、株価もゼロに近くなるのがほとんどです。 そして、裁判所の手続き進んで、最終的に更正計画が認可されると、債権ですらカットされるわけですから、弁済順位が債権に劣後する株式については、通常は100%減資が行われ、株式はただの紙になります(無価値となる)。 NOVAはスポンサーを探しているという報道がされていますが、スポンサーが、株を高値で買ってくれるということはありません。 会社更生法では、法的に100%減資できるので、無価値の他の株主の株を買って外部に資金を流出させるよりも、100%減資をして増資をし、会社に資金を注入した方がよっぽど理にかなっているからです。 なお、上場が廃止になるまで、株を取引することは可能で、その場合、株が1円とか2円で取引されることもありますが、1円の株が2円になると2倍になるわけですから、上昇率という点では儲けのチャンスとなります。 ただし、売ることができないリスク(流動性リスク)はかなり高いので、よく考えて取引した方が良いと思います。

次の

イトキン株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|en Lighthouse (6877)

イトキン 株式 会社

さて、1月末で資金ショートに陥る危機だったといわれていたイトキンがインテグラル社に買収された。 興味の対象はインテグラル社がどのような方策を打ち出すのか、そして創業家の辻村家はどうなるのかというところだろうか。 まず、辻村家は経営から手を引く。 繊研新聞社のウェブニュースではすでに新会長が就任することが伝えられていた。 となると、辻村家の現会長は退任するということである。 繊研新聞はそこまで書いていないが、普通の知識がある人間が読めばそう判断する。 会長2人体制なんていうのはあり得ない。 問題は社長以下の辻村家が残るかどうかだったが、インテグラル社は大株主から株式の大半を譲り受けたことがすでに伝えられている。 非上場の同族企業であるイトキンの大株主は辻村家しかないわけだから、辻村家から株式の大半を譲り受けたことは明白であった。 どの新聞もなぜか書いていないが。 (笑) 本日の日経ビジネスオンラインでさらに真相が書かれており、辻村家の経営からの撤退も明言されている。 ここまで突っ込んだ記事を書いた媒体はない。 評価に値する。 イトキン買収のファンド、真相を語る 「あと1年遅ければ債務超過だった」 新社長にはイトキンの前田和久副社長が就任することも書かれてある。 そして、記事末尾にはこうある。 ファンドが再生支援に入ることで、創業家は経営からすべて手を引くことになります。 とのことである。 まあ、正しい判断だろう。 むしろ、もっと早くに同族経営から脱していれば債務超過目前のような窮地に陥らなかったのではないかとも思う。 同族経営から離れられなかったのが、創業者・辻村金吾氏の限界点だったのではないかと個人的には見ている。 そして方策だが、まずは7ブランド廃止で400店舗の閉鎖である。 7ブランドの廃止はすでに報道されていたが、400店舗の閉鎖という具体的数字は初めてである。 収益力を高めるため、国内約1400の店舗は千店程度まで絞り込む。 昨年1月末で約4800人いた従業員についても早期退職を募っていて、4千人規模になる見通しだ。 昨年のワールドと合わせて900店舗の閉鎖である。 それ以前にもTSIも大量のブランド廃止を発表しているから、少なく見積もっても3社で1200店程度は閉鎖することになると考えられる。 すごいなあ、と思うのは、その1200店舗がなくなっても従業員以外は誰も困らないというところだ。 だれかいますか? ワールドのあのブランド店がなくなってすごく困っている人。 イトキンのあのブランド店がなくなってすごく困る人。 TSIのあのブランド店がなくなってすごく困る人。 その店で働いていた従業員以外はだれも困らない。 あ、そのブランドの製造を担当していた製造関係者も困るが、一般消費者はだれも困らない。 だからなくなっても当然だと思う。 むしろ、これまでの洋服の供給過多が改めて浮き彫りになったのではないか。 1200店舗がなくなっても誰も困らない。 これが今の国内市場である。 洋服が売れないのも、値崩れを起こしているのも、その原因の一端は供給過剰にある。 しかし、社会主義経済ではないから国やら役所が各社の製造数量を決めるわけにはいかない。 自由競争に任せた結果供給過剰に陥るのは仕方がない。 供給過剰でどう勝ち残るかを考えるべきであって、「オシャレに興味がない人が増えた」なんて責めても始まらない。 興味を持たれるような方策を採ってこなかった方が悪い。 元来が供給過多だから大手アパレルの大量閉店は、供給量を戻すための正常行為だともいえる。 脳内が高度経済成長期やバブル期で時間停止している経営者や幹部連中が君臨するアパレルは今後もさらに淘汰が進み、供給量は限りなく正常値に近づいて行くのではないか。 南 充浩.

次の