キッシュ ロレーヌ。 [レブレ]キッシュ ロレーヌ キット| ISETAN DOOR

ether

キッシュ ロレーヌ

まさに、私が住んでいる地方のこと!フランスの北東部に位置するところなの キッシュロレーヌ地方発祥のロレーヌ地方ってどこ? フランスの北東部にある、ドイツの隣です。 地図でいうとこの辺で、アルザス地方の横の赤い地域でした。 「でした。 」と過去形で書いたのは訳があり、現在はこのロレーヌ地方という名称はなくなってしまいました。 と言うのは、2016年1月1日より、Alsace地域とChampagne-Ardenne地域と合併し、3地域まとめて Grand Est地域ゴーンエスト もしくはゴ-ンデスト という呼び名に変わってしまいました、ちょっと残念ですが。 この地方は、かつて以前ドイツ領だった地域 Moselle県=モゼル県 もあり、フランスとドイツの文化が混ざった独特な文化が残っています。 パン屋さん bourangerie ブロンジュリィ やスーパーでも、 一切れづつ販売しています。 もう、家に帰ってご飯作るの面倒!!と言う時に買って、オーブンで温めるだけでOK! もし、キッチン付きのホテルに滞在するのであれば、キッシュロレーヌを買って温めてホテルで食べてみるのもいいかもしれません! 疲れてレストランに行くのも億劫な時に、便利ですよ。 ラザニア同様、便利なお惣菜としても人気の一つです。 本場で作っている、簡単キッシュロレーヌレシピは? 本場ロレーヌ地方に住んでいる私ですが、 本格派のレシピで作ってません。 すみません…だって時間掛かるんですもの!! と、いう訳で、忙しいあなたにも簡単に作れる手抜きレシピを伝授したいと思います。 手抜きと言っても、 要は パイ生地を市販のものにするぐらいです。 早速明日のディナーに、作ってみて下さいネ! 楊夫人流!本場で作る超簡単キッシュロレーヌレシピ もう、 めんどくさいこと抜き!! パパっと作ってオ-ブンに放り込み、あとはゆっくり本でも読んでください! では材料から、ご紹介しますね。 臆することなく、豪快にドバっと行きましょう。 と、言うのも以前、私はボケていたのか、クレームフレッシと、 フロマージュブロン ヨーグルトのようなチ-ズ を間違えて買って、気づかずキッシュを作ってしまったからです!? 意外と、どうってことありませんでした。 フランス人の夫も何も言わず食べてたので、イケると思います! これなら、 生クリームを買うより安上がりですし、何より 重くありません!! 一度、だまされたと思って 笑 お試しあれ。 作り方は下の参考文献にリンクした、クックパッドさんをご覧下さいネ。 参考文献: キッシュロレーヌの作り方 1. ボ-ルに 卵を割り入れ、かき混ぜます。 かき混ぜた卵に クレームフレッシュを入れて、さらに混ぜます。 卵とクレームフレッシュを混ぜた中に、 塩コショウを適量入れて混ぜます。 べ-コンを焼き、3に入れて混ぜます。 最後に チーズも3に入れ、混ぜあわせます。 タルト生地を型に敷き、全て混ぜ合わせたものを タルト生地の上に 流し入れます。 私のレシピは、 量りを使わない時短レシピです。 アパレイユ 卵とクレームフレッシュの混ぜた液体 の 分量が正しければ、あとのチーズやべ-コンの量は 多少前後しても大丈夫です。 べ-コンを 生のままアパレイユに流し込むレシピと、 焼いて入れるレシピがあります。 焼かないレシピの方が多いですが、 私は焼いた方が好きなので、焼いたものを入れています。 フランス語学習中のみなさんは、ディクテにチャレンジしてみて下さいネ! この動画は設定で、 フランス語字幕も出るように出来ますよ。 キッシュは焼いて冷凍しておくことも出来ますので、疲れた時にはオーブンで温めて召し上がってくださいね。 楊夫人流!本場で作る超簡単野菜キッシュレシピ 野菜を入れるか入れないかだけの違いで、工程は殆ど同じです。 実は野菜と言っても、冷凍と缶詰なのですが。 作り方 1. ボ-ルに 卵を割り入れ、かき混ぜます。 かき混ぜた卵に クレームフレッシュを入れて、さらに混ぜます。 卵とクレームフレッシュを混ぜた中に、 塩コショウを適量入れて混ぜます。 べ-コンを焼き、3に入れて混ぜます。 トウモロコシの缶詰と、 解凍したほうれん草も、3に入れて混ぜ合わせます。 ほうれん草はこちらを使いました。 冷凍のすでにマッシュしたほうれん草です。 4塊ぐらい使用しました。 解凍したほうれん草は、こんな感じです。 トウモロコシもドバっと1缶投入。 最後に チーズも3に入れ、混ぜあわせます。 タルト生地を型に敷き、全て混ぜ合わせたものを タルト生地の上に 流し入れます。 焼き上がりまでのトータルの必要時間は、 1時間あればOKです! 最後に楊夫人から、あなたへ 今回は我がロレーヌ地方の郷土料理こと、キッシュロレーヌを詳しくご紹介しました。 古くは 16世紀からのロレーヌ地方発祥の郷土料理ですが、今や フランス全土で食べることが出来る、 メジャーな軽食料理となっています。 実際作るのも簡単で、 卵、クレームフレッシュ、ベーコン、タルト生地がれば、焼き上がりまで トータル1時間も掛らないほど、パパっと作れます。 もちろん!フランスにいらした時に、注文するのもヨシ! 野菜が足りないなあ…と思うあなたは、野菜を入れても 野菜キッシュにしてもOK。 気軽に作って、 フランスの味をお楽しみくださいネ。

次の

[レブレ]キッシュ ロレーヌ キット| ISETAN DOOR

キッシュ ロレーヌ

まずは生地から作っていきましょう。 最初に粉類をふるって、よく混ぜます。 生地がぽろぽろとなってきたら、牛乳を入れてさらに攪拌します。 生地をラップにくるんだら、3時間ほど冷蔵庫で休ませます。 冷やしたら、生地を延ばして方より少し大きくなるまで伸ばします。 そのあと、生地を型に入れていきましょう。 底に穴をあけたら、クッキングシートをのせてタルト石をのせます。 170度で予熱したオーブンで20分焼いたら生地の完成です。 残りの卵を生地に塗り、更に10分焼くことで生地に具材がしみこまなくなります。 続いては具材づくりです。 ボウルに卵、塩を入れて溶いたら、牛乳、生クリーム、胡椒、ナツメグを入れて混ぜればアパレイユの完成です。 具材を炒めたら、生地に具材とチーズ半量をのせます。 アパレイユを7割入れたら、オーブンで20分ほど焼きます。 残りのアパレイユを注ぎ、チーズを加えて更に20分焼けば、美味しいキッシュの完成となります。

次の

キッシュ・ロレーヌ

キッシュ ロレーヌ

材料 (18cmタルト型1台分) 玉ねぎ 400g(1. 5個) ベーコン 100g バター 10g 牛乳 100g 生クリーム 100g 卵 2個 卵黄 1個 ミックスチーズ 100g 粉チーズ ひとつかみ 塩、コショウ、ナツメグ 各適量 プロが教えるポイント キッシュロレーヌとは キッシュ・ロレーヌは「ロレーヌ風キッシュ」のこと。 以前紹介した「リヨン風サラダ」と同じで地名が付いているので、その土地の有名なものが入ったキッシュってことです。 ロレーヌはフランスの右上、「ハウルの動く城」や「ごちうさ」で有名なアルザス地方・コルマールとも近い場所。 特産も似ていて、 ベーコンやハムにソーセージ、 じゃがいも、ロレーヌは特に 黄色いプラムのミラベルが有名な場所です。 他にもミネラルウォーターの 「ヴィッテル」はロレーヌ地方のヴィッテル村から取れるもの。 そんなことから、 「キッシュロレーヌ」は主にベーコンやハムを使ったキッシュに付けられる名前です。 具材はそのまま食べられるくらい美味しく キッシュに入れる具材は、加熱するのが基本。 加熱することで、余分な水分や油分が飛んで、卵の中にすき間ができ辛くなります。 そのときに味付けもしておくと、卵との一体感がでて美味しいキッシュに。 今回は型に敷くときに山を作ったので、具材はかなり多め。 作り方 生地の空焼き 焼き縮みを防ぐため、型に敷いたキッシュは冷蔵庫で30分以上休ませる。 フォークで全体に穴をあけ、クッキングシートかアルミホイルを敷いて、タルトストーンか無ければ米を詰める。 170度のオーブンに入れて、20分空焼きする。 米は使い終わったら粗熱をとって、クッキングシートごと袋に入れておけば繰り返し使えるので、たっぷり使いましょう。 生地のフチがうっすら色づいたら、重しを外しまた2~30分オーブンに入れて底の部分を乾燥させる。 目安は生地全体が薄茶色になるまで。 途中底が浮いてくるようなら、布巾で押さえて底と密着させること。 今回はオーブンの調子が悪くて、かなり色は薄め。 卵黄に少量の水を加えて、ハケで塗りやすいくらいまで伸ばす。 あまり伸ばすと水っぽくなるので、とろみがある状態にすること。 型の外側に垂れないように、底、側面、フチに綺麗に卵黄を塗る。 卵黄で膜を作って、あとで入れる液体が染み込まないようにするためなので、丁寧に塗ること。 再度170度で2~30分加熱。 10分おきに様子を見ながら、焼きムラが無いように回転させる。 このときも底が浮き上がってきていたら、布巾で押さえて型と密着させること。 アパレイユの作り方 キッシュを空焼きしている間に、アパレイユ作り。 今回は新玉ねぎで。 玉ねぎは横に3、4つに切って、四角く切る。 鍋にバターを入れて弱火にかけ、溶け切らないうちに玉ねぎを加える。 バターとさっと馴染ませ、塩をひとつまみ加えて、フタをして弱火で蒸すように加熱する。 だいたい20分でこんな感じ。 クタクタすぎると美味しくないので、 すこし食感が残っている状態で火を止める。 ただしちゃんと甘味が出て、食べて美味しいところまでは加熱すること。 火を止めたらそのまま食べられるくらいに塩で味付けして、粗熱をとっておく。 ベーコンはブロックの方が食べてる感が出るので、オススメ。 ピンク色の安いベーコンは、独特の香りがキツイので一度下茹ですること。 棒状に切って、沸かしたお湯で2、30秒サッと茹でて水気をきっておく。 ベーコンはお好みでもっと量を増やしてもいいですね。 キッシュに塗った卵黄、残りの卵をボウルに入れ、よく混ぜる。。 牛乳、生クリーム、ナツメグをひと振り入れて混ぜたら、一度濾す。 粗熱のとれた具材、ミックスチーズ、胡椒をひと挽き入れて混ぜる。 ここで塩で味付け。 そのまま飲めるくらいの塩気にまとめる。 今回は具材をたっぷり入れたので液体は余りましたが、山をつけずに普通にタルト型に敷いて焼くなら丁度いい液体量のはず。 余った液体はレンジでチンで、茶わん蒸しにしちゃうのがオススメ。 キッシュを焼く 170度にオーブンを予熱しておく。 空焼きした型に、おたまで具材だけ取るように入れる。 液体を型のフチ5mmくらいを残して入れ、こぼさないようにオーブンへ。 ここでこぼしてしまうと生地の外側が焦げるので、出来るだけ慎重に。 ぼくはこぼしました。 様子を見ながら15分焼く。 表面が膜張ってきたら一度出して、液体が余っているようなら中央の方に注ぎ、粉チーズを全体に振りかける。 ここでもこぼさないように注意。 ぼくはまたしてもこぼしました。 再度オーブンに入れて、20分。 20分経ったら焼きムラが出来ないように、回転させてさらに10分。 表面を触って液体の様なプルプル感がなくなって、フカフカした卵焼きの感触があればOK オーブンを180度にして色づける。 思っているよりもすぐに色付くので、5分おきに回転させて綺麗に焼き色をつけること。 今回は15分くらいで美味しそうに色付きました。 焼きあがったら網に乗せて粗熱をとる。 型が触れるようになったら、型から取り出す。 液体をこぼすと、このありさま。 包丁を下に向けて、生地ではなく、タルト型を削るように型から外しましょう。 キッシュの美味しい食べ方 サラダを添えれば立派な一皿。 高さがある分、普通のキッシュよりもフカフカでしっとりした焼き上がりに。 温めなおすときは、レンジで軽くあっためてから、弱火にした魚焼きグリルへ。 表面がアツアツになって、生地を触ってサクサクしていれば焼きたての味です。 手間はかかりますが、その分美味しさはひとしお。 ぜひ作ってみて下さい。

次の