日本語教師 企業 求人。 スカイプレッスン実績No.1!大手企業の案件多数!

日本語教師 求人特集

日本語教師 企業 求人

日本語教師の転職は売り手市場 日本語教師とは、外国の方々に正しい日本語を読み、書き、聞き、話せる能力を身に付けさせる仕事です。 国内外で日本語を習得したい方を対象としているため、勤務は日本国内にとどまらず海外にも広がります。 例えば、国内の日本語学校や大学の教育機関、民間企業などに勤務する他、海外では国際交流基金などの学校や大学へ派遣され、ビジネスマンや留学生を対象に教えます。 日本語教育機関で学ぶ学生の数は、平成20年の34,937人から平成29年には50,892人になり、10年間で約15,000人増加しています。 一方、学生が日本語を勉強する教育機関の数は平成23年の451機関をピークに平成29年には285機関と減少しています。 (参考:)生徒数は増えているにもかかわらず教育機関は減少しているという状況から、各校の学生数が増加していることになります。 そのため、どの教育機関も日本語教師不足となり、 日本語教師の就職・転職市場は売り手市場になっているのです。 日本語教師になる方法・将来性 日本語教師になるために、特別な資格は必要ありません。 しかし、日本語を外国の方々に教えるためには日本語の専門的知識や文化や教育学についての知識が必要なため、日本語教師の求人は「大学での日本語教育主専攻(副専攻も可のことが多い)修了」「日本語教育能力検定試験の合格」「教育機関での420時間の日本語教師養成講座修了」のいずれかの条件を満たすことを求められています。 日本語教育能力検定試験の合格率は20~25%前後で推移しており、比較的難易度が高めの資格です。 ここ数年は合格率がやや上昇傾向にあり、平成29年度の受験者数は5,733名、合格者は1,463名で、合格率は25. 5%でした。 (出典:) また、2017年8月より「教育機関での420時間の日本語教師養成講座」の文化庁認定制 届出制 が開始され、届け出が受理された講座しか認められなくなりました。 届け出の要件が厳しく、費用も高額になり、受講期間は6か月から1年かかるということからこのルートで日本語教師になる人材が減るのではないかと危惧されています。 以上のように、 日本語教師になるための条件は緩くはないため、今後しばらくは日本語教師が急に増加する見込みはなく、人出不足は続くと予測できます。 日本語教師になるための条件を満たしている人材にとっては転職市場は良好状態が続くことになり、過去の実績と資格がある日本語教師経験者はより良い条件の職場へ転職することができるでしょう。

次の

海外で日本語教師として働くには?日本語教師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

日本語教師 企業 求人

近年のグローバル化に伴い、国内の民間企業では多くの外国人が働いています。 そういった 外国人のために会社内で日本語研修を開いている企業が多くあります。 ですが実際、外国人の日本語研修のために日本語教師を正社員として雇用し、社内に常駐させているという民間企業は皆無に等しいです。 現在、多くの民間企業で行われている外国人向け日本語研修は、 派遣会社から企業派遣されている非常勤の日本語教師が行うのが大半です。 そういったことから、民間企業で日本語教師として日本語を教えたいという人は、まずは企業派遣を行っている日本語教師の派遣会社へ登録しなければなりません。 このページでは 「民間企業派遣の日本語教師の求人の探し方」や「民間企業派遣の日本語教師の勤務形態や給与」などについて解説しますのでご参考下さい。 民間企業派遣の日本語教師の求人を探すには? そもそも日本語教師の求人の中でも、 民間企業派遣の日本語教師の求人は日本語学校などの教育機関に比べて圧倒的に少ない傾向にあります。 そして民間企業派遣の日本語教師の求人は一般的な大手転職サイトなどに掲載されることが少なく、派遣サイトを利用することになります。 例えば派遣大手の「」には公益法人で日本語を教える仕事などが掲載されています。 参照: また、日本最大級の日本語教師求人・交流サイト「」というサイトには、一定数の民間企業派遣の日本語教師の求人があります。 採用時期・掲載時期は不定期となりますので、常に情報をチェックすることが大切です。 (参照:) 民間企業の日本語研修では、すぐに仕事で使えるような、 実践的な日本語を教えることを求められます。 日本語そのものに加えて、日本的な企業文化や習慣なども教えていかなければなりません。 テキストには載っていない、生の現場の声や苦労を伝えることができる会社経験のある日本語教師は、非常に貴重な存在なので、自己PRとしてそういった点も入れていくといいでしょう。 民間企業派遣の日本語教師の勤務形態や給与は? 日本語教師の派遣会社から民間企業へ企業派遣される場合、 「週3回、1回2時間の授業を3ヶ月」、「1回1時間を全30回」と言った形で、回数や期間で契約を行います。 契約した数の授業が終われば契約も終了しますが、日本語研修を続けていきたいという民間企業からの要望があれば、企業派遣としての契約も更新されます。 また、優秀な日本語教師ならば1つの仕事が終わっても、またすぐに日本語教師の派遣会社から、同様の仕事の依頼があったりと、継続して仕事をしていくことができます。 給与については、企業派遣の場合は民間企業がクライアントになりますので、 日本語学校よりも時給単価が高い傾向にあります。 企業派遣の時給は1時間2500円以上、高い民間企業では3500円を超えるところもあります。 参考企業派遣の報酬について紹介 民間企業で働く日本語教師の正社員の採用がほとんど皆無に等しい日本国内に対して、 海外では民間企業で日本語教師の正社員採用があります。 就職先は、日系企業はもちろんですが、中には日本人や日系企業を顧客とした外資系の民間企業もあります。 海外の民間企業で正社員として働く場合、日本語教師だけをしていればよいと言うわけではなく、企業によっては日本人だからこそできる、翻訳や通訳、マナーの指導などを任される場合もあります。 日本語教師ですので、基本的にその国の言葉を話せる必要はありませんが、もし業務の幅を広げたいというのであれば、日本語以外の語学力が武器になることも当然あるでしょう。 参考海外勤務の日本語教師の求人.

次の

日本語教師の求人サイト19選

日本語教師 企業 求人

求人の探し方 日本語教師ジョブ(弊社運営のサイトです) 他のサイトは以前 naver にまとめてみましたので下記のリンクをご覧ください。 803校のうち4分の1が東京、半分が関東のようなイメージだと思います。 なかには特徴的な学校もありますが、大部分の学校が主に大学、大学院、専門学校等への進学を目的とした日本語学校になっていると思います。 初級からそれなりのレベルまで長いスパンで様々なレベルが経験できます。 10校程度なのではないのでしょうか。 留学生を受け入れる日本語学校と比べると欧米圏から学びに来ている人が多いのが特徴です。 ただし、留学生を受け入れる日本語学校と比べ比較的滞在期間が短くなると思うので、その分、レベルは限定されることが多いのかなと思います。 代表的な学校としては COTO JAPANESE ACADEMY JALS GROUP GENKI JAPANESE AND CULTURE SCHOOL EF JAPANESE LANGUAGE SCHOOL などが挙げられると思います。 講習の内容としては日本語、日本の文化、日本のマナーだったり、労務関係、また仕事で必要な専門用語を学びます。 一般に入国後1ヶ月〜2ヶ月、総時間数160時間〜180時間程度、実習生は研修センター併設の寮に住み込んで学びます。 技能実習生の研修センターも年々増え、関東では北関東を中心に30個ほどあるようです。 下記サイトより調べることができます。 研修センターでの日本語教育を担当ができる資格は、国内の日本語学校の告示基準と同一となっています。 こうした中、一般財団法人日本国際協力センター(JICE)では、身分に基づく在留資格(「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」及び「定住者」)を有する定住外国人や日本企業に就職する外国人留学生等を対象に、日本語も含めた職場でのコミュニケーション、日本の労働法令、雇用慣行等の基本的知識、履歴書の作成等の知識の習得を通じて、国内企業における安定的な就職及び職場定着の促進を図ることを目的とした「外国人就労・定着支援研修事業」を厚生労働省から受託しました。 このうち定住外国人を対象としたコースでは、2019年5月9日(木)の東京都新宿区での開講を皮切りに、20都府県で年間5,000名以上の定員での実施を計画しています。 jice. 平日午前午後に加えて、夜間、土日等もレッスンがあるのが特徴です。 お近くに日本語学校がないという方や、空き時間にもう少しレッスンを入れたいという方にはおすすめかもしれません。 サクシードさんに限らず、企業レッスンは場所・時間等の条件がマッチした時に紹介してくれるという場合がほとんどですので、常時仕事があるわけではありません。 収入のメインにするのはちょっと難しいのかなと思います。 他にも日本語教師を企業に派遣するサービスを提供している企業はあると思います。 他にも「オンライン日本語教師 求人」と検索すると出てくると思います。 いずれも一般の日本語教師求人サイトよりはIndeed等の方が出て来やすいと思います。

次の