胸 いっぱい サミット 岩井。 関西テレビ『胸いっぱいサミット』で岩井志麻子氏が「韓国人気質」について「手首を切るブスみたいなもの」と暴言! IWJの取材に関テレは「差別の意図を持って表現したものではない」ので謝罪も撤回もしない!?

作家の岩井志麻子氏、収録番組で差別的発言 関テレ放送:朝日新聞デジタル

胸 いっぱい サミット 岩井

関西テレビ「胸いっぱいサミット!」で、 岩井志麻子さんの問題発言により大炎上した件について、今回の放送で冒頭謝罪し話題になっています。 これが令和元年の日本か。 — chocolat. !? コチラが胸いっぱいサミット! 冒頭謝罪に関する記事• 的を射てるか否かが問題なのではない。 言い方でしょう。 「気品がない」と気品のない言葉で責めたら格好悪い。 謝罪した事に抗議したい、胸いっぱいらくない。 豹の顔が定着しすぎて素顔忘れてたわ。 今のテレビ局は10人程度のクレームで番組の構成を変えたり時には謝罪するらしい。 恐らく少数者に「配慮せざるを得ない」状況になっているということでしょう。 メディアは外国勢力に乗っ取られ死に体です。 この番組もー、見ない。 つまらんことで謝罪させたら調子にのる• 全くもって正しい意見です。 謝罪する神経を疑うわ。 44人の苦情で謝罪なんかしたら今後の対応が大変になるのがわからないのか?韓国以外の問題でも44人の苦情で謝罪しないと差別になりますよ。 日本国民のほとんどが気にしなくていいよ、謝らなくていいよ、と思ってる。 最初どこが問題発言なのか正直分からなかった。 てっきり「手首を切るブス」への差別として問題になっているのかと思ってましたよ。 そんなたいそうに謝ることか• なんで朝鮮の日本へのヘイトは許されるのに、 日本が朝鮮を悪く言うことは許されないのですか?? どなか教えてください。 反日ヘイトの方がよっぽどやばいだろ。 言論の自由がなくなるからマジでやめろや。 腹立つ• 北海道では、同じ時間帯に放送していた。 あまりに少数の苦情を真摯に受け止めすぎやな。 特に問題無いと思うが。 岩井志麻子をキャスティングした時点で何か言うのを期待してる訳でしょ! こんな事でいちいち謝罪してたらこの手の番組は成り立たないのでは? 多少の批判は当たり前、くらいの番組をどんどん作って行くべき。 これは結局最後は手を差し伸べる優しい日本を揶揄していた例えでもあったまさに、44人の抗議に屈する姿がそれを如実に表している結果となった 岩井さんさすがですね• この発言で 誰を傷つけたというのでしょうか? 手首切るブスの方ですか? 異常なかまってちゃんに 傷つけられる人もいるんです。 死ぬ死ぬ詐欺みたいな人は 精神が不安定ってだけで 人を傷つけても 罪にも問えない。 テレビ局は誰に誤ってるんだろう。 志麻子使わないなら本当に面白くないテレビになっちゃう。 特アに気を使いすぎ• 間違っていなくても謝らなきゃならないのおかしい。 この発言にいちいちクレームつける奴にも驚きだけど、関テレが謝罪したのにも驚いた• なぜ謝る必要があるのか。 もしも本当に反省しているのなら、岩井本人と一緒に謝罪させるべきだろう。 「面倒くさいから頭下げときゃいいや」ではクレーマーを図に乗せるだけでしかない。 全く問題ないだろ。 こんな事が問題になるなら、表現や比喩が出来なくなる。 スポンサーリンク.

次の

作家の岩井志麻子氏、収録番組で差別的発言 関テレ放送:朝日新聞デジタル

胸 いっぱい サミット 岩井

岩井志麻子が差別発言? 関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性にたとえる発言をしていたことがわかった。 インターネット上などで差別発言として批判の声が上がっている。 同社は放送の経緯や見解について「後ほど正式にコメントする」としている。 発言があったのは、5月18日の放送。 生放送ではなく収録で、編集でカットされなかった。 慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」と問われ、 岩井氏は「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。 手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」。 スタジオで笑いが起きた。 さらに「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。 番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言していた。 (杢田光) 引用:Yahoo!ニュース 岩井志麻子「韓国人は手首切るブス」発言動画 その発言をした時の動画はこちらです。 岩井志麻子 「 韓国人は すぐ手首切るブス😏」 4流マルチタレントども 「わかりやすい👏😁」 こんなもん、よく公共の電波で流せたな😡怒る人間が一人もいないってどういうこと? しかも山本太郎叩きと同じ番組。 これが令和元年の日本か。 — chocolat. — 高田のババァ RabbitRhubarb 「(韓国人は)手首を切るブスみたい。 」 この発言だけで さんを売れない作家や差別主義者扱いすべきではない。 彼女は韓国人と結婚して旦那さんに「竹島は日本の領土」と暗唱させたり、韓国に着くと着信音を「君が代」に変更する筋金入りの人だ。 なお、ぼっけぇきょうていは名作 — 闇の占術師geek. tokyo geektokyo2 June 18, 2019 岩井志麻子さんは『ぼっけぇきょうてい』というホラー小説を執筆し、1999年に第6回日本ホラー小説大賞を受賞しています。 リンク 旦那が韓国人? 今回の差別発言の炎上では 「旦那が韓国人で、韓国人について知った上で語ってるんだからいいんじゃない?」という声もありました。 まず岩井志麻子さんは2度結婚した経歴があります。 一度目の結婚の相手は地元で代々続く会社の社長だったとのことです。 2人の子供が生まれましたが、子供は元旦那が引き取っています。 そして 現在の旦那が2008年に再婚した韓国人のジョンウォン氏で、18歳も年下の男性です。 結婚前のジョンウォン氏の職業については、韓国のホストクラブのボーイだったらしいということです。 またジョンウォン氏は自己紹介で「独身の金持ち」と自称したという話もあります。 現在の職業は不詳で、一説にはヒモなのではないかと言われています。 旦那のジョンウォンの顔画像 旦那のジョンウォン氏の顔画像を探したところ、ウーマンラッシュアワーの村本にそっくりだと(私は)感じました。 岩井志麻子の韓国人旦那とのエピソード 志麻子さんが語る旦那とのエピソードにはこのような話があります。 「結婚を望む女を夫はノラリクラリとかわした。 女が『何か怪しい!』と思って調べたら、日本のおばちゃん(岩井氏のこと)の存在に気づいたのよ」逆に、 ジョンウォンさんの浮気に気づいた岩井氏は「若い女と一緒になりたいなら離婚してもいいよ」とジョンウォンさんに言ったが、拒否されたという。 その理由は、女性が金持ちではなかったから。 うちのジョンウォン君は、いつも『おこづかいくだしゃい、来月返すから』と言ってくるが、返さない。 私が疑うと『うそなんかついていない』と反論する。 結果的に返さなくても、本人には確かに返すつもりがあるみたい」。 ソウルの家に女物の化粧水があったので『これ、何』と問い詰めると、悪びれもせずに『これ志麻子のだよ。 年寄りだから忘れてる』と言い張る。 向こうは全身全霊で『僕、悪くないもん』と言ってきて『僕を浮気者と責めたね。 謝罪と賠償が必要だよ』と追い打ちをかける」と別のエピソードを披露。 思わず『すまんかった』と謝って洋服を買わされた。 年寄りと罵倒されたのに、謝罪させられて洋服を買わされる。 韓国は全然悪くない、日本が悪いと言ってくる。 泣く子と韓国人にはかなわない。 かわいいからいっか。 いろいろありながら嫌いになれない。 まんまと韓国のハニートラップにはまったまま逃げられない。 日韓の関係もそんなものでした。 もちろんそれでもアウトと取るかセーフと考えるかは、それぞれの人に委ねられるわけですが。 以上になります。

次の

岩井志麻子氏発言でカンテレ謝罪→何ら問題ないと思うよ

胸 いっぱい サミット 岩井

関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性にたとえる発言をしていたことがわかった。 インターネット上などで差別発言として批判の声が上がっている。 同社は放送の経緯や見解について「後ほど正式にコメントする」としている。 発言があったのは、5月18日の放送。 生放送ではなく収録で、編集でカットされなかった。 慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」と問われ、岩井氏は「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。 手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」。 スタジオで笑いが起きた。 さらに「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。 番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言していた。 (杢田光) 影山貴彦・同志社女子大教授(メディアエンターテインメント論)は「しゃべり手の責任がゼロとは言わないが、責任が重いのは編集せずに放送した関西テレビだ。 バラエティーだから許されるだろう、といったダブルスタンダードもいい加減やめるべきで、作り手が鈍感すぎると思う。 放送業界全体の問題として、対岸の火事ではなく、他山の石として考えてほしい。 読売テレビの問題があったすぐの放送で、差別的な内容の放送が続いたことが怒りを通り越して、悲しい。 読売テレビの問題のあと、その他の放送局が自分の番組を検証したケースはほとんど見られなかった。 きちんと検証し、隠さずにつまびらかにすることで、メディアがいい方向に向かっていくことになるはずだ」と話した。

次の