日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない。 日立冷蔵庫の製氷機の故障 氷が一団となって固まる。修理に長期保証はありがたい

【冷蔵庫】氷が出来ない5つの原因!自動製氷で氷が出来る時間の目安

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

日立冷蔵庫製氷機フィルターのの価格は、1,000~3,000円ほどです。 決して安くはないので、できれば衛生的に使用できて長持ちさせたいですよね。 フィルターを長持ちさせるためには、 週一回のペースでこまめに掃除をすることです。 そして、冬場など製氷機の可動をほとんどしない時期は、製氷機を停止させ給水タンクやフィルターを掃除します。 フィルターを含め、給水タンクはしっかり乾燥させて使う時期がくるまで棚などに保管しておきましょう。 給水タンクやフィルターは、冷蔵庫の中のように湿っぽい場所に置いとくとカビが繁殖します。 この方法は、少々面倒に感じるかもしれませんが、フィルターを長持ちさせることができ衛生的です。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. カビだとは思わずに、氷を作り続けその氷を食べていたことを考えるとゾッとしますよね。 水をきれいにする役割のある浄水フィルターがカビていたら、氷にもカビは付着していると思ってください。 また、 カビのせいで氷が臭くなったり氷のできが悪いなど、様々な悪影響が現れます。 そして、カビが体内に入ると、アレルギーを起こしたり敏感な方は便がゆるくなったりして健康にもよくありません。 浄水フィルターが黒くなっていたら、即交換しましょう。 また、冷蔵庫内はカビ繁殖しやすい環境です。 冷蔵庫にカビが繁殖する原因や食品へのえいきょうなどを詳しく解説しているページがありますので、参考にしてください。

次の

知ってますか? 自動製氷機のお手入れ方法

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

給水タンクに水を入れておくだけで、 自動的に氷を作ってくれる、 自動製氷機能って冷蔵庫には なくてはならない便利な機能ですが… 先日、我が家の冷蔵庫の自動製氷機能でも 氷が出来なくなってしまう事があったので、 氷が出来ない原因について調べてみました。 で、この事について調べてみると、 私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能で 氷が出来ない原因や、 氷が出来る時間はどのくらいなのか?について、 みなさんにシェアしていきたいと思います^^ 【冷蔵庫】自動製氷機能の氷が出来ない5つの原因 冷蔵庫の自動製氷機で氷ができない場合には、 一体どのような原因が考えられるのでしょうか? 早速この事についてご紹介していきたいと思います^^ 原因1・給水不良 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる1つ目の原因は、 給水不良が起こっているという事になります。 例えば、• 給水タンクの浄水フィルターが目詰まりしている• 給水モーターが故障してしまった などの原因で、 製氷皿に給水が出来なくなってしまうと、 氷が出来なくなってしまいます。 なので、自動製氷で氷が出来ない場合は、 一度給水タンクを取り外して、 浄水フィルターをやさしく水洗いする事で 目詰まりが解消され氷が出来るようになる 可能性があります。 原因2・製氷皿の不具合 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる2つ目の原因は 製氷皿の不具合になります。 これはどういったことかというと、 例えば、製氷皿の周辺に霜が発生していた場合、 製氷皿が出来上がった氷を落とす動作を妨害して、 氷を貯氷ケースに落とす事が出来なくなってしまう という事があったりします。 また、製氷皿を動かすモーターや、 製氷皿が取り付けられている部分の故障によって、 氷を落とす事が出来なくなっている という可能性も考えられます。 原因3・製氷室の温度センサーの故障 自動製氷機能で氷が出来ない時に、 考えられる3つ目の原因は、 製氷室の温度センサーが故障している ということになります。 また、冷蔵庫を設置したばかりで 製氷室が冷えていない場合は、 氷が出来るまで1日かかってしまったり、 また、冷凍室を長時間開けっ放しにしてしまうなどで、 庫内の温度が温まってしまった場合にも 氷が出来るまでの時間が長くなってしまう可能性があります。 原因4・製氷停止ボタンを押している 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる4つ目の原因は、 製氷停止ボタンを押してしまっている ということになります。 冷蔵庫内にある製氷停止ボタンを、 押してしまうと製氷が停止され 氷が出来なくなってしまうので、 一度製氷停止ボタンが押されていないかどうか 確認してみると良いでしょう。 自分で押したつもりがなくとも、 何らかの拍子に製氷停止ボタンが押されてしまっている なんて事もあるかもしれません。 もし、製氷停止ボタンが押されていた場合は、 製氷停止ボタンを押し直す事で 再び製氷が再開されるようになるでしょう。 原因5・貯氷ケースの検知レバーの誤作動 自動製氷機能の氷が出来ない時に、 考えられる5つ目の原因は、 貯氷ケースの検知レバーの誤作動になります。 貯氷ケースには氷がたくさんできると、 製氷が停止できるように、 氷の量を検知するレバーがありますが、 例えば、アイスシャベルなどが氷の上に 乗っていると検知レバーが誤作動して、 製氷が止まってしまう原因になります。 ですから、貯氷ケースの中の氷は平にならし、 アイスシャベルは手前の仕切りの中に しまうようにすると良いでしょう。 自動製氷機能で氷ができるまでの時間の目安 ここまでは、 自動製氷機能で氷ができない場合に 考えられる原因についてご紹介しましたが、 ここからは、自動製氷機能で氷が できるまでの時間の目安について 気になっている方も多いようだったので、 この事についてご紹介していきたいと思います。 で、結論から言ってしまうと、 自動製氷機能で氷が出来上がるまでの時間は だいたい2時間くらいとなります。 なので、給水タンクに水を入れてセットして、 氷が出来るまで2時間くらいかかるということなんですね。 まとめ 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能の 氷が出来ない原因や、 自動製氷で氷が出来るまでの時間の目安について ご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 自動製氷機能の氷が出来ない場合には いろいろな原因が考えられるので、 自分では原因が分からないという事もあるかもしれません。 そういった場合は、 一度メーカーの方に連絡して点検してもらった方が良いでしょう。 また、冷蔵庫に自動製氷機能の テストスイッチがある場合は、 活用してみると氷が出来ない原因が 分かる場合があるので、 テストスイッチを活用してみてください。 ということで、 この記事が何かの参考になれば幸いです^^.

次の

私が冷蔵庫選びで日立を選んだ理由

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

「冷蔵庫は数年じゃ壊れない」と思っていたら、購入して2年目に故障してしまいました。 冷蔵庫の故障 個々の氷ができない 冷蔵庫は冷えて当たり前。 氷はできていて当たり前。 そんな毎日を送っていたら、突然、冷蔵庫の製氷機が故障してしまいました。 バラバラと落ちてくるはずの氷が、突如氷が、一団となって固まるように。 キチンと凍らないうちに落ちるので、できていた氷に水をかけたようになり、貯氷コーナースペース大の氷ができるようになってしまいました。 冷凍サイクル保証5年 故障となれば、まず確認したいのは、保証。 保証書を見ると、冷蔵庫本体の保証は1年ですが、冷凍サイクルの保証は5年とあります。 「冷凍」というワードが入っているので、もしや1年超でも保証されるのか?と思い日立のサービスセンターに電話してみると、製氷機の故障は、この冷凍サイクルではないので、保証対象外とのこと。 まずは「製氷おそうじ機能」を試すようにとの回答でした。 冷凍サイクルとは では、冷凍サイクルとはなんでしょう? 保証書の裏面に「冷凍サイクルとは」という説明がありました。 圧縮機、凝縮器、毛細管、冷却器および配管で構成された冷媒循環回路のこと。 保証には冷気強制循環式冷蔵庫、冷凍庫における冷却器用ファン、およびファンモーターも含みます。 ということで、どうやら冷蔵庫の配管の中を冷媒がグルグル回っているそのシステムのことのようです。 入っていてよかった!ヤマダ電機の無料長期保証 「製氷おそうじ機能」を試しても全く改善されず。 となると、その先は修理しかありません。 メーカー保証期間を過ぎてしまったときに、突如威力を発揮するのが、販売店の追加保証。 ヤマダ電機は無料で長期保証を付与していました。 おぉ!やった~! 早速、ヤマダ電機の修理受付センターへ電話しました。 冷蔵庫の修理「アイスメーカー交換」 まずは、アイスメーカーの交換をしていただきました。 製氷機の不具合は、たいがいはこれで解決するとのこと。 修理料金目安(技術及び部品代の合計)は、8,000円~18,000円です。 冷蔵庫の基盤、製氷皿、パイプ交換 アイスメーカーの交換をしていただきましたが、その後も氷が固まらずに落ちてきて、一団となってしまう症状は改善されませんでした。 再度修理依頼。 今度は、基盤、製氷皿、パイプ交換をしていただきました。 基盤交換の修理料金目安(技術及び部品代の合計)は、9,000円~18,000円です。 大切だった家電の長期保証 なければ3万円超の出費だったかも 日立のHPには修理料金の目安が記載されています。 それを見ると、今回の修理は1万7千円~3万5千円超の料金の可能性があります。 電化製品には当たりはずれがあるので、家電の長期保証に入っていてよかったと、その必要性を切に感じました。 2度の修理のおかげで、改善しました。 今のところ順調に氷が量産されています。

次の