私たちはどうかしている完結ネタバレ。 私たちはどうかしているネタバレあらすじ!最新刊まで全巻まとめ

私たちはどうかしている/ロケ地の和菓子屋(光月庵)確定!山梨県の老舗

私たちはどうかしている完結ネタバレ

目次を覗く• ドラマ「私たちはどうかしている」のネタバレ一覧 この記事でポイントとなるネタバレをまとめました。 下記項目の気になるところから読んでくださいませ。 「私たちはどうかしている」のドラマ情報 15年前。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。 そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。 互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに・・・。 そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。 そして、15年前の事件の真相とは!? 原作漫画「私たちはどうかしている」のネタバレ 七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。 しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。 15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。 二人は和菓子の腕を競って対決することに。 七桜の人生を狂わせた椿。 その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。 七桜をかつての幼なじみとだは気づいていない椿。 思いもよらない言葉に七桜は、殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。 しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。 リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。 憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。 七桜は彼を拒絶できない!? 光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。 椿は七桜と部屋をともにすると宣言。 肌を重ねた二人だが、椿の口から出た 「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」という言葉に凍りつく。 何者かに狙われた七桜をかばいケガをした椿は、大事な茶会を前に七桜に自分の思いを告白する。 大旦那との確執を払拭するために、茶会をなんとしても成功させたい椿の壮絶な過去を知った七桜の心にも嵐が吹き荒れて!? 自分の正体を知られずに光月庵の椿と結婚した七桜は、母の死の真相を探るために従業員の城島に誘われ、かつて自分と母が住んでいた部屋を訪れる。 しかし、女将と裏で手を結んでいる城島は七桜に近づいて痛めつけようとしていた。 自分と同じような境遇の城島に自然と親近感を抱き、親身になっていく七桜。 一方、城島の恐るべき過去を知った椿は、城島の企みを止めようするが!? 身体の変化に戸惑う七桜だが、そのことを吹っ切ろうとますますわらび餅作り専念していく。 七桜がなにかを隠していると気づく椿だが、そこには触れず思いやりを見せる。 距離が縮まる二人。 一方、城島も自分のしていることに疑問を抱きはじめ揺れる。 七夕のデパート催事当日までにわらび餅は完成するのか!? そして、これ以上椿に嘘がつけないと思った七桜はようやく決心する。 過去と現在の真実が明らかになる。 素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。 妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。 次々と明らかになっていく過去の真実。 ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。 そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ・・・光月庵は炎に包まれる事に・・・。 原作漫画「私たちはどうかしている」の二章ネタバレ 光月庵の火事から10ヵ月。 意識不明の重体だった椿もようやく回復。 行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。 そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。 一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。 背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!! 月日が経ち、光月庵に復讐を誓う七桜は、多喜川の力を借りて金沢に「花がすみ」をオープンさせた。 光月庵を葬るため和菓子の選定会に勝負をかける七桜。 一方、七桜への思いをようやくふっきった椿も再起。 選定会会場でふたたび出会った二人に緊張が走る。 しかし、椿の身体には異変が・・・。 亡き母への気持ちと椿への偽らざる気持ち。 二つの相反する感情が七桜を、そして椿を翻弄する! 目に不調を抱えながら復活した椿。 そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。 だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。 金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。 一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。 戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!? 共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。 光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。 18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。 勝つのは一人。 運命の逆転はすぐそこに!? 除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。 だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。 新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。 さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。 そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。 和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作る。 15年前に、殺人容疑をかけられたまま亡くなった母からの手紙を受け取り、無実を証明すると心に決めた。 幼なじみの椿の証言で母が逮捕されたため、椿を憎んでいる。 再会した椿からのプロポーズを受け、正体を隠したまま光月庵に乗り込むが・・・!? まっすぐで、どんな逆境にもめげない芯の強さを持つ。 高月椿 演:横浜流星 老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子。 創業400年を超える歴史をもつ光月庵を継ぎ、より愛される店にすることを志す。 親が決めた結婚を破談にすべく、和菓子対決で出会った七桜に、その日のうちにプロポーズする。 七桜が15年前に店にいた、幼なじみの少女だとは気づいていない。 一見、クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いがあるがゆえ。 母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても孤独。 そのため、愛情表現に関しては不器用な一面も。 ドラマ「私たちはどうかしている」の最終回・結末はどうなる? ドラマが放送されるまでまだ時間がある「私たちはどうかしている」。 今話題の俳優さんも起用していますし、物語が楽しみですね! 色々と情報が解り次第更新していきます。 【関連記事】.

次の

【毎月更新】私たちはどうかしている最新話第60話のネタバレと感想!多喜川の本当の目的|漫画ウォッチ

私たちはどうかしている完結ネタバレ

母親が犯人にされてしまった事件の真相を明らかにするために、光月庵・長男の椿からのプロポーズを受けた七桜。 切ない愛憎劇のお話です。 6巻では、七桜が「さくら」と知らずに、椿は信頼して愛してくれてます。 七桜は妊娠をしたことを機に、本当のことを話して受け入れてもらおうと考えるのですが・・・・。 続きは、ネタバレ・感想をどうぞっ。 まんが王国なら会員登録なしで無料試し読みOK! 「私たちはどうか」で検索 『私たちはどうかしてる6巻』の見どころ 百貨店の催事に和菓子を出すことになって、女将に嫌がらせを受けることは予想できました。 それを回避して成功させるために、七桜と椿の絆が強くなっていきます。 そして椿を失脚させようとしていた城島ですが、風向きが変わってきました! 七桜の強い味方になってくれそうです。 そして、そして! 七桜の出生に関する情報が明らかになります!! もう、これは決定的です。 憎んでいる人が愛する人という愛憎劇の行方はいかに? 『私たちはどうかしてる』6巻ストーリー はこちら! 潰れてしまった城島の実家の店「しまや」のわらび餅を、苦労の末に再現することに成功した七桜。 これは城島を助けたいがために、始めたことでした。 かつて「しまや」は百貨店の催事に、このわらび餅を出すはずでした。 しかし、何者かの嫌がらせによってわらび餅を出すことが叶わず、廃業に追い込まれてしまったのです。 嫌がらせをしたのは、光月庵の関係者であることが濃厚で・・・。 そこで今度の百貨店の催事に出すお菓子を、このわらび餅にすることに椿が決めます。 ここでも女将のえげつない嫌がらせが! しかし、七桜と椿は裏をかいて、無事わらび餅を出品。 催事を成功させることができました。 この時の女将の悔しそうな顔ったら!!! 城島は女将の犬でもありましたが、七桜が真摯にわらび餅に向かい合う姿勢に、心を打たれて気持ちが変化していきます。 (どうやら七桜のことが好きになり始めているようです!) 城島は再び七桜を部屋に呼びました。 ここはかつて、七桜が母親と一緒に暮らした部屋でした。 城島は、この部屋に七桜が何らかの思い入れがあることを察して、七桜が一人でこの部屋で過ごせるように計らってくれたのです。 懐かしさでいっぱいになる七桜。 ですが、とんでもないものを見つけてしまうのです!! それは、七桜の出生に関わる重要なもので___?! 妊娠していることを椿に告げていなかった七桜でしたが、苦渋の決断をします! 『私たちはどうかしてる6巻』の感想 *ネタバレ注意* 椿は七桜にちゃんと「好きだ」と言って、大切にしてくれるんですが・・・・ 七桜の正体は椿が恨んでいる「さくら」なんですよね。 そうとも知らずに、大切にしてる椿。 なんだか切なくて可哀想なくらい! そして七桜が「さくら」と分かった時、この愛情が憎しみにどう変わってしまうのでしょうか?! 想像するだけでも、怖いっ。 一方の七桜も騙す形になっていて苦しんでいて。 七桜は椿のこと憎みきれなくて、愛してしまっていてね。 小さい頃、椿のことが好きだと言った七桜に、悲しそうな顔をする母親の顔が気になって仕方ありません。 椿と幸せになってはいけないと言われている気がして、悩んでるんです。 妊娠したことを機会に、本当のことを話そうとしていましたが、何度もタイミングを逃しています。 でも、真実を知ってしまった七桜の決断。 いずれにしても、どんな選択をしても、苦しみそう〜〜。 で! 急展開を迎えそうな予兆がありましたよ! 七桜が作ったお茶会用の試作品を食べた大旦那が、とんでもないことを言い始めました! だれが作ったんだ? この味・・・ どこかで食べた気がする。 昔____・・・・ ですって!! 幼き日の「さくら」の姿も思い出しています。 それを聞いていた椿も、また同じで。 七桜が「さくら」だと、気づいたっぽい!? この後七桜に向けられた視線が、冷たくなっているのは気のせいなのでしょうか? 続きが気になります! まんが王国なら会員登録なしで無料試し読みOK! 「私たちはどうか」で検索.

次の

私たちはどうかしているネタバレあらすじ!最新刊まで全巻まとめ

私たちはどうかしている完結ネタバレ

〜もくじ〜• 私たちはどうかしている第60話のあらすじ 椿の姿を見失ってしまった七桜は、気味の悪い部屋に迷い込みます。 そこは、歴代の当主と思われる人物の遺影が飾られた部屋でした。 その中のある1枚の遺影に、どことなく見覚えがあるように感じる七桜… そして、そこへやってきた由香莉から、驚愕の事実を知らされます。 はたして、多喜川が七桜の前に姿を現した本当の目的とは…? 私たちはどうかしている第60話のネタバレと感想 着替えている多喜川の部屋を訪れた椿は、なぜ七桜の母親役を夕子さんに頼んだのか詰め寄りました。 ですが多喜川は、話す必要はないと言い切ります。 一方、椿の姿を追ってきた七桜でしたが、椿の姿を見失い、別の部屋に迷い込んでしまいました。 七桜が迷い込んだのは大きな仏間。 たくさん飾られた遺影を見ていると、ひとつだけ床に置かれたものがあります。 (この顔の目元は…椿?) そこへちょうど由香莉が入ってきて、その遺影が誰なのか教えてくれました。 多喜川のお父さまです。 多喜川の父は、光月庵の女将、つまり椿の母といい仲だったのだとか。 多喜川は家族を裏切った父親を許せず、遺影を床に置いているのでした。 さらに由香莉は続けます。 あるところに一人の女の子がいました。 ママと同じ和菓子職人になるのが夢の女の子で… 七桜は、自分の身に起きたことを由香莉が知っていることに驚きを隠せません。 ちょうどそこへ、多喜川と椿がやってきました。 七桜は多喜川に本当のことを言ってほしいと頼みます。 多喜川は悩みながらもポツリポツリと話し始めました。 街外れの小さな和菓子屋で働いていた七桜が追い出されるきっかけとなったあのメールを出したのは、多喜川だったのです。 利害の一致ってヤツだね! 多喜川のことを信頼していた七桜は大きなショックを受けます。 そんな七桜を椿が厨房へ連れ出し、2人で菓子を作り始めました。 話は18年前のあの日のことになり、お互いがあの日あの場所で見たものを確かめ合います。 (私たちはもう一度あの日に戻るべきかもしれない) そう七桜は思うのでした。

次の