新型 コロナ 抗生 物質。 【新型コロナ・ミニ知識】残った処方薬は飲まない 抗生物質、効果なく有害

5

新型 コロナ 抗生 物質

コロナウイルス2 新型肺炎コロナウイルス対策2「ちょっと待って抗生物質!」 前回は、でしたね。 どうして免疫力を高めることが必要か、コーヒーがどのように効果的かについてお話ししました。 今回も引き続き、新型肺炎コロナウイルス対策についてのお話です。 その抗生物質、ちょっと待って! ニュースを読んでいたとき、新型肺炎コロナウイルス患者の治療をしていた医師の話で 「抗生物質を投与していたが、さらに重症化し・・・」というものがありました。 まず最初に、 「新型肺炎のコロナウイルスに、抗生物質は効きません。 」 抗生物質は細菌を殺すのであって、ウイルスは殺さないからです。 効かないだけならまだ良いのですが・・・ むしろ逆効果の恐れがあります。 前回お話ししましたが、人間を病気から守る免疫細胞の7割は腸に集まっていて、腸内フローラを良好に保つことで免疫力を発揮できます。 しかし抗生物質を使いすぎると、関係のない腸内細菌を殺す影響で腸内フローラのバランスが崩れる危険もあるのです。 新型肺炎を治す安全な特効薬やワクチンは(2020年3月5日現在)まだありません。 もし新型肺炎が「重症化」した場合」は、 (1)有効な治療法はなく、酸素投与、点滴などの支持療法を徹底的に行う (2)免疫力で回復 ・・・です。 つまり病院に入院しても、最終的には自分の免疫力で回復するしかありません。 だから、「ちょっと風邪気味だな。 前に病院でもらった抗生物質が残ってるから飲んでおこう。 」というように 自己判断で飲まないようにくれぐれもお気を付け下さい。 風邪もウイルスによるものが殆どなので・・・・「抗生物質は風邪には効きません!」 細菌性の肺炎にも、予防の効果は無いので・・・「抗生物質は肺炎予防にはなりません!」 抗生物質が有効な肺炎の種類は? 一方細菌性肺炎や、マイコプラズマなどによる非定型肺炎には、抗生物質が有効です。 そのため、原因となっている病原体 細菌やウイルスなど が何なのかを見極めることがとても大事です。 またコロナウイルスによる肺炎でも、冒頭でお話ししましたように「抗生物質で治療」も、 「肺炎が重症化した場合」に限り、ありえます。 つまり、 (1)コロナウイルスの攻撃で肺炎になってしまい、 (2)さらに「細菌も攻撃して肺炎が重症化した場合」に、 その「細菌の種類に応じて抗生物質を選んで」投与します。 決して予防として投与するわけではなく、医師の判断のもと種類を選んで投与されます。 新型肺炎コロナウイルスに負けない対策 しかし現時点では、精度の高い検査方法が確立されていませんし、すぐに検査を受けられる訳でもありません。 肺炎になってもコロナウイルスによるものか、細菌性か、判断が難しいです。 そのため、とにかく・・・ (1)予防につとめる(とくに免疫力の低い高齢者・持病のある方など) (2)免疫力を高める(の実践、コーヒーも積極的に飲みましょう!) (3)風邪薬代わりに自己判断で抗生物質を飲まない(腸内フローラを大切に!) ことが大事かと思います。 かつては、風邪の重症化を防ぐためという理由で、または肺炎予防という理由で、抗生物質を処方する医師も多かったようです。 でも、今は違います。 「風邪やインフルエンザには効かない」、 「自己判断では飲まない」ことを、よく覚えておいて下さい。 もちろん、やみくもに抗生物質を否定している訳ではありません。 持病や術後の感染症を防ぐ等のために、抗生物質が必要な場合もありますね。 たとえば感染症がきっかけとなって起きる「敗血症」は、命に関わる病気ですので絶対に防がなくてはなりません。 ということで、抗生物質を飲む場合は医師の指示に従い、決められた期間にしっかり飲むようにしましょう。 店長の考察 高齢の母のことが心配で色々と調べているうちに、その内容を皆さまにもお知らせしたくなりました。 当の本人はケロッとしていて、よくマスクも付け忘れていますが。 コロナウイルスについては確定した情報が少なく、 現時点で世界保健機関(WHO)がパンデミックではないと強調しながらも、 世界各国の首脳陣が相当慌てているので、実はまずいのでは? ・・・という不安も確かにあります。 でも、心配しすぎてもストレスになりますので。

次の

抗生物質を飲みたがる患者の末路

新型 コロナ 抗生 物質

タグ 5G 禁煙 牛乳 玄米 甲状腺 男性ホルモン 発がん性物質 目 神経伝達物質 第三次世界大戦 炎症 精神科医 糖化 糖尿病 糖新生 糖質制限ダイエット 細胞 細菌 炭水化物 炊飯器 肝臓 断酒 心筋梗塞 抗ガン剤 抗生物質 拝金主義 放射線治療 放射能 放射能対策 早期発見早期手遅れ 炊き方 有名人 東洋医学 梅毒 油 活性酸素 減塩信仰 災害 耐性菌 肥満 常在菌 野菜 赤血球 輸血 過剰摂取 遺伝子組み換え食品 酢 酵素 酸化 電子レンジ 解毒 食事 食事療法 食品 食品添加物 食物繊維 骨 骨粗しょう症 豚コレラ 視力 肩こり 腸内細菌 胃 脚気 脱灰 脳波 脳科学 腎臓 腰痛 膵臓 血糖値 自己免疫疾患 自律神経 自然治癒力 芸能人 菜食 葉緑素 血液 血清肝炎 御用医者 安楽死 EM クエン酸 オステオカルシン オメガ3 オメガ9 オワコン カロテノイド ガン ガン治療 クエン酸サイクル ウイルス自然発生説 ケトン体 コレラ コロナ コロナウイルス サプリ ステマ ストレス エイズ インフルエンザ スペイン風邪 まとめ GI値 HIV がん がん治療 すい臓 てへぺろ まだ厚労省にカモられてるの アシドーシス インフル アビガン アマニ油 アラキドン酸 アルカリ アルカリホスファターゼ アルカリ性 アルコール アンチエイジング スペインかぜ タピオカ 好転反応 再パンデミック 人工呼吸器 体調不良 便秘 健康被害 偽医療 免疫力アップ 全体食 加工食品 不飽和脂肪酸 医療ポルノ 医療自爆 千島学説 呼吸 国民皆保険 塩分 大企業 乳酸 ワクチン ダイエット ピロリ菌 デトックス トランス脂肪酸 ビタミン ビタミンB6 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンD ファスティング レンチン ヘモグロビン ホルモン マグネシウム マラリア ミネラル メンタル ヤブ医者 リウマチ 髪• 大阪府は26日、新型コロナウイルスに感染した後、いったん検査で陰性となった大阪市の40代の女性バスガイドが、再び陽性になったと発表した。 府は、再感染か潜伏していたウイルスが活発化した可能性があるとみている。 病院で治療を受けてコロナウイルスが陰性になったのに退院したらまた陽性になった、という話。 どのような治療をしたのかを治療にあたった医師は説明するべきです。 容態が急変しました、の前に医師が何をしたのかが問題なわけです。 口が裂けても言わないでしょうが。 説明できずに重症化では、不適切な治療であることの証拠です。 他の医師も同じ間違いを繰り返すのがオチ。 どうせ何かの薬を使って抑えようとしたのでしょうが、無駄に終わったということ。 無駄に終わったらまだマシで、抗生物質で免疫力低下を引き起こし逆効果になることも当サイトでは危惧しています。 人間の遺伝子に似せているから抜きにくい 現在、2019年の新規コロナウイルス(2019-nCoV)による大流行を目の当たりにしています。 新規コロナウイルスの進化はとらえどころのないままです。 新規コロナウイルスに固有であり、他のコロナウイルスには存在しないスパイク糖タンパク質(S)に4つの挿入が見つかりました。 重要なことに、4つの挿入におけるすべてのアミノ酸残基は、HIV-1 gp120またはHIV-1 Gagのアミノ酸残基と同一または類似しています。 興味深いことに、インサートが一次アミノ酸配列で不連続であるにもかかわらず、新規コロナウイルスの3Dモデリングは、それらが受容体結合部位を構成するように収束することを示唆しています。 この研究は、新規コロナウイルスに関する未知の洞察を提供し、このウイルスの診断と重要な意味を持つこのウイルスの進化と病原性に光を当てます。 翻訳済み コロナウイルスはHIVウイルスに似せているらしく、人間の遺伝子に構造を似せていると推測されます。 人間の細胞に似ているということは、免疫力が高くなければ異物と判別できず、体内に残り続けることになります。 体内から抜けにくいように細工をしているわけです。 免疫力というのは、自分のものと自分のものでないものを判別し、自分のものでないものと分かったものに関しては、異物と扱い隔離・排出する力のことです。 もともと免疫力が高ければすぐに排出され重症化しませんし、免疫力の弱い人が免疫力が高まれば、下痢や嘔吐・出血・発汗などの形で排出することになります。 免疫力の低い人は、自分のものと、自分のものでないものが判別できないので異物とわからず排出できません。 臓器移植もこの免疫システムを利用しています。 わざと薬品で免疫力を下げて他人の臓器を自分のものと誤解させます。 その代わり免疫力を下げ続けれなければならないので、当然寿命は短くなり、病気になっても助からなくなります。 そもそも臓器移植などという馬鹿な方法をとらなくても、血液の弱アルカリ性を保てば病気など自動的に治るのですが、一部の専門家が自己の利益のためだけに必死に隠したため、末端の医師など知る由もありません。 治療が免疫力デフレスパイラルを 抗インフルエンザ薬を利用するという話もありますが、薬を使って病原菌を捕まえて排出する狙いでしょう。 結局、コロナは人間の遺伝子に似ていて捕捉しにくい上、無計画な投薬は、人間の体内にある常在菌を減らし、免疫力低下スパイラルに。 その結果、急激に悪くなることが推測されます。 もともと入ってきた異物を外に出す力など人間にはもともと免疫力として備わっています。 その力を無視して薬を使って排出させてやろう、というおせっかいを製薬会社が考えついてお金を儲けようとしたわけです。 異物を排出する力を捨てて薬で排出しろ 生まれつき持っている関節捨てて人工関節にしろ 目玉をくり抜いて新しい人工目玉を入れろ 現代医学はもともと人間に備わった力を無視するか取り除くかして、代わりに自分たちの科学的な治療で治してやるんだ、という愚行をやり始めたわけですが、さすがに限界でしょう。 病院での治療 コロナウイルスに対して病院での治療がどれほど非効率になるのかを考えてみます。 塩抜き食• 衛生管理• 抗生物質 まずは病院食です。 徹底して塩分を抜くことにより、神経伝達物質がなくなり血流が悪くなり、栄養補給の効率が落ち意欲が低下します。 塩には弱アルカリ性に保つ機能があるので、血液の酸化が進みやすくなるので、さらに免疫力低下を引き起こします。 徹底した衛生管理は、常在菌を減らして悪玉菌を増やす環境を作り、免疫力低下を引き起こします。 コロナウイルスの増殖には願ってもない好環境といえるでしょう。 抗生物質を投与するというのも、体内の常在菌を死滅させることになり、悪玉菌の増殖につながります。 菌類を消滅させることはできないのは、陰性になってもまた陽性になったことでおわかりでしょう。 免疫力を上げて排出する方法でしか治療は不可能なのです。 専門家は免疫力や自然治癒力を無視するので、いくら頑張っても治らないことがよそうされます。 薬が効かなかった、とごまかさず、逆効果であったと受け入れるべきです。 いくら頑張っても、方法が不適切ならろくな結果は出ません。 自分たちの治療方法の適切さを検証せず、ウイルスの特性もろくに調べもしないまま、安易な投薬治療で死なせて「努力」の一言でコロナ死で隠蔽はひどいでしょうが、そんなクズしかいないのが自称専門家なのです。 検査したところでムダ いくら検査しても治るどころか免疫力低下で治らなくなってしまうのだから。 検査なんかしても一周回って無駄、ということになります。 がん検診やって早期発見したって医者に抗がん剤で早期殺害されるのだから検査しても無駄、と同じです。 家でアルカリ性食品食って、適度に断食して屁こいて寝てたほうがマシ、というのもあながち嘘にはならないのでしょうが、現代医学無能の烙印だけは押さなければなりません。 国民全員が感染したと仮定して免疫力を食事療法で上げていけばいい、ということです。 専門家に対策を聞いたところで半笑いで役に立たない知識を披露して金儲けの機会を与えるだけ。 どこかの本で覚えたことをしゃべっているだけの機械なのでしょうが。 インフル薬で免疫力低下 インフルの治療薬など存在しないのにインフルエンザに治療薬があるとステマまがいの知識を披露するコメンテーターもいるようですが、インフルエンザに治療薬などありません。 結局、抗ウイルス薬は常在菌を減らすことになり悪玉菌が増加します。 一時的にウイルスが減り陰性になったとしても、また増えるだけ。 薬は体に不要な物質なので、その薬を排出するために免疫力の無駄遣いが起きて悪化すると考えられます。 治療は異物を出すこと コロナウイルスにはとくに当てはまるのですが、病気の治療は異物を体外に排出することしかありません。 ビルゲイツが特許を取ったとまで噂される完成度の高いウイルスです。 人間の遺伝子に似せていて、免疫力が高くないと排出しにくいように精巧に作成した自信作。 治療は免疫力の下がることを行ってはならないのです。 免疫力を下げまくってきた現代医学がやればやるほどコロナでやられる、という現実を目の当たりにするでしょう。 そのことに気がつかず現実を見ようとせずに こんなに頑張ったのにだめだったなど同情を誘う 患者と病気が悪いんだという責任転嫁 こう言い出すのでしょうが、愚かにも程があります。 自分たちが治療と称して患者の免疫力を下げできたことが悪いのですから。 何の役にも立たない細菌知識を自称専門家がヘラヘラ笑いながら披露しても何の解決にはなりません。

次の

コロナ下の抗生物質使用増、細菌耐性強化で「死者増える」 WHOが警告

新型 コロナ 抗生 物質

皆さんは、どんな細菌感染症にでも効いてしまうスーパー抗生物質があったら、すごいと思うかもしれません。 1942年にペニシリンが実用化されて以来、より広範囲の細菌をカバーできる抗生物質が理想とされ、開発が進められてきました。 その中でも、フルオロキノロン系抗菌薬は、肺炎球菌を含めたグラム陽性菌、緑膿菌を含めたグラム陰性菌、マイコプラズマ、クラミジア、レジオネラといった市中の感染症の病原体のほとんどをカバーし、さらに、腸管からの高い吸収率、組織への高い移行性、1日1回の内服でよいという利便性を兼ね備えた抗生物質として市場でのシェアを拡大してきました。 日本では、現在10種類のフルオロキノロン系抗菌薬が使用され、中でもレボフロキサシン(クラビット)はその使用量の半数以上を占め、私が知る限り、肺炎はもちろん、咽頭炎、気管支炎、尿路感染症、胆道感染、腸管感染症、皮膚感染症など、人体のあらゆる部位の感染症に対して、病院やクリニックの外来で広く使われています。 しかし、このようなスーパー抗生物質といえど、薬剤耐性の問題を克服することはできず、耐性菌の増加が年々深刻化してきているのです。 1%にまで上昇していることが示されています。 さらに、2019年に、AMR(薬剤耐性)臨床リファレンスセンターから、日本での薬剤耐性菌の菌血症による死亡数の推定が初めて発表されています。 それによると、薬剤耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症による死亡数は2017年に4224名、フルオロキノロン耐性大腸菌による死亡数は2017年に3915名と推定されました。 そして、年度別の推移をみると、MRSAによる菌血症による死亡者は年々低下傾向なのですが、フルオロキノロン耐性大腸菌による死亡数は年々増加していることが示されています。 研究チームは、クロストリジウムディフィシル菌による偽膜性腸炎の入院患者200人に対する観察研究を行った。 その結果、60日以内に43人の患者に偽膜性腸炎の再発が認められ、年齢、薬剤、腎機能障害、免疫不全、併存疾患、以前の入院歴など様々な因子を解析した結果、フルオロキノロン系抗菌薬の使用が、唯一再発のリスク因子であった(調整オッズ比2. 研究チームは、プライマリ・ケアの現場で使われる抗生物質が、入院患者の多剤耐性グラム陰性菌の発生にどのように影響があるのか症例対照研究を行った。 004)。 研究チームは、市中で発生した薬剤耐性(ESBL産生)腸内細菌による血流感染のリスク因子を調べるため、945人の患者群と9390人のコントロール群による症例対照研究を行った。 その結果、過去3か月以内のフルオロキノロン系抗菌薬の使用が、ESBL産生腸内細菌による血流感染と有意に関連していた(調整オッズ比5. 52)。 また、2016年に米国食品医薬品局(FDA)から医療従事者向けに、フルオロキノロン系抗菌薬に対する安全情報と勧告が出されています。 それによると、フルオロキノロン系抗菌薬は、腱(腱炎、腱断裂)、筋肉(筋肉痛、筋力低下)、関節(関節痛、関節腫脹)、末梢神経(末梢神経障害)、中枢神経(けいれん、めまい、抑うつ、幻覚など)への不可逆的・永続的な副作用のリスクと関連し、急性副鼻腔炎、急性または慢性気管支炎、合併症のない尿路感染症の治療において、利益よりも副作用のリスクが上回るとして、他に治療の選択肢がない場合を除いて、全身投与を行わないように勧告しています。 まず、レボフロキサシンの使用が第一選択となる場面は、気道感染症の中では、レジオネラ肺炎や、アレルギーなどで他の抗生物質が使用できない場合の細菌性肺炎(肺炎球菌、インフルエンザ桿菌など)など、かなり限られた病態だけになるものと考えられます。 咽頭炎、中等症以上の副鼻腔炎、皮膚の感染症に対しては、他の抗生物質が使用されるべきです。 また、大腸菌による尿路感染症をはじめとする腸内細菌感染症に対しては、もはや使用を控えるべきと思われます。 次に、シプロフロキサシンの使用が第一選択となる場面は、グラム陰性菌の感染症の中でも、外来や他の抗菌薬が使用できない場合の緑膿菌感染症など、かなり限られた病態だけになるものと考えられます。 グラム陽性菌による感染症に対しては、他の抗生物質が使用されるべきです。 今まで、オールラウンドな作用を持つ抗生物質が理想とされ、フルオロキノロン系抗菌薬はその代表格として、外来診療でも広く活用されてきました。 しかし、本来は重症細菌感染症の切り札としての役割を担うべき抗生物質を、軽症のありふれた感染症に対して最初から投与するやり方を変えるべき時が来ています。 また、オールラウンドというのは、人体と共生している細菌に対しても無差別に抗菌力を発揮し、病原性の強い耐性菌の発生につながりやすいという危険性を孕んでいます。 したがって、これからは、オールラウンドな抗菌力を持つ抗生物質よりも、狭い範囲の細菌にしか効かないけれど、それが得意とする感染症に対してしっかり効いてくれる職人のような抗生物質を選んで、それを上手に使いこなさなければいけない時代になっています。 新型コロナウイルス感染症が流行している中であっても、私達は、それ以外の様々な感染症と付き合っていくことになります。 その中で、私達には、必要とする人にだけ抗生物質を使用し、適切な抗生物質を選択するという姿勢が求められています。 そして、必要でない人には抗生物質を使用しないことも、将来につながる立派な医療だということを忘れてはいけません。 次回は、気道感染症を中心とする抗生物質の選択や治療期間について触れたいと思います。

次の