パチ ライター。 女性パチンコライター一覧と人気ランキング【画像あり】|トレンド人

パチンコライターシルヴィーはかわいいけど結婚や彼氏は?すっぴん画像をプロフィール紹介

パチ ライター

概要 [ ] 最も古くから存在する攻略雑誌は「」「パチンコ攻略マガジン」だが、実はその前に「パチンコファン」 日本文芸社 と「パチンコマル秘情報」 永岡書店 が存在していた。 しかし、内容は攻略情報というより対談やエッセイや業界情報などが多く、しかも文字主体の白黒一色ページが多く、ビジュアル指向で攻略情報主体の「パチンコ攻略マガジン」の勢いに押されるようにこの二誌は消えていった。 また、「」が発行された当時はメーカーの協力は殆ど無く、独自で様々な業界人やパチプロと呼ばれていた人達からの情報のみで情報収集を行っていたようである。 従って、メーカーからの制約などが全くなかった事から、セット打法などの過激なスクープや業界の裏情報なども書くことが可能であった。 その後「」や「」などが発刊されパチンコ業界のマスコミという存在をメーカーが認知するようになった。 これを境にして、メーカーの情報規制が始まるようになり、かつてのような過激な攻略情報や解析によるコアな記事が書けなくなった。 また、これらの情報誌の他にパチンコホールの集客のために雑誌誌上で活躍しているライターや芸能人などを招いて開催 近年は規制が強まり予告などができなくなっている地域が増えている されるイベント情報や、ホールの調査や取材をした結果を報じて読者に最新のホール情報を提供する事を目的とした雑誌やも増加している。 パチンコ・パチスロ情報誌はそれぞれに専属のライターを抱えていて、それらのライターは所属する雑誌の本誌及びDVDの中や各誌のインターネット上での動画サイトで活躍し、更にパチンコ・パチスロ専門チャンネルやメーカーのイベントやホールイベントなどで活躍している。 また雑誌編集方針にはそれぞれに異なった特色があり、解析などを行ってコアな攻略情報を提供する「」やバラエティー企画に力を入れている「」と、その中間に位置する「」と各誌がそれぞれに特徴のある編集を行っている。 これ以外に、イベント情報を主体とした イベント情報誌 コンビニや書店販売とフリーペーパー や、パチンコ・パチスロを主体としたが存在するが、これらはパチンコ・パチスロ情報誌とは区別される。 主な内容 [ ]• 最新機種の速報「新機種情報」。 編集者達の主観により人気機種となると思われる機種に当たりをつけて、メーカーから提供された情報に加えて独自の取材により得た情報をトップページに特集。 最新機種や人気台のや目などを写真や図や表組みにより配置。 各誌独自のバラエティー企画。 パチンコ・パチスロの専属ライターによる。 業界人の業界情報。 読者ページ。 主なパチンコ・パチスロ情報誌 [ ] パチンコ [ ]• パチンコオリジナル必勝法スペシャル(辰巳出版)• パチンコオリジナル必勝法デラックス(辰巳出版)• (辰巳出版)• パチスロ必勝本DX(辰巳出版)• () イベント情報誌 [ ]• (triple a 出版)• じゃんじゃん()• (エクセル・パブリケーションズ)• (アドサプライズ) フリーペーパー [ ]• (クルーコーポレーション)• (アドサプライズ)• (智秀出版)• (Supporto)• (ぱっちGuu) DVDマガジン [ ]• (ジェイ・ディー・グローブ) 休刊中ないし廃刊した雑誌 [ ]• パチンコファン 日本文芸社• パチンコマル秘情報 永岡書店• パチンコ丸勝情報 竹書房• (未来インターナショナル)• (発行・プラントピア 発売・双葉社)• (発行・プラントピア 発売・双葉社)• パチスロ攻略マガジンドラゴン(発行・プラントピア 発売・双葉社) 関連項目 [ ]• この項目は、やに関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・/)。

次の

ぱちとろ速報

パチ ライター

パチマガ攻略軍団 ドテチン(軍団長) パチマガの軍団長と言えばドテチンさん! ユーモア溢れるキャラはもちろん分かりやすい機種解説が好評で、パチマガ誌面だけでなくイベントやWEB動画に多数出演されています。 なお、スロットに関してはAタイプを打つことが多いのだとか。 優希 パチマガでは主にエヴァシリーズを担当している優希さん。 見た目はお兄系でチャラそうですが(笑)、優希さんが出演している動画を見れば知識が豊富なだけでなく、人柄の良さにも気づくと思います。 ちなみに、プライベートでは2014年にパチマガライターの柳まおさんと結婚されており、現在は育児にも奮闘しているそうです。 助六 ハスキーボイスと整った容姿に定評のある助六さん。 パチンコに関しては演出関連の知識・分析力に突出しており、助六さん自身は京楽機種全般に加えて花の慶次シリーズ、北斗の拳シリーズを好みます。 実戦ではアツい瞬間を逃さず視聴者に届けることができる優れたライターと言えるでしょう。 毛玉3号 誌面やWEBといった媒体に一切顔出ししていない、中堅パチマガ攻略軍団員の毛玉3号さん。 それ故に毛玉3号さんに関連した情報も少ないですが、オーソドックスなスペックよりも変態スペックが大好きということは分かりました(笑) また、普段は新機種の攻略効果を日々研究しているとのことで、パチンコにかける情熱は相当高そうです。 ビッグフット 毛玉3号さんと同じく、顔出しをしていない軍団員ビッグフットさん。 パチマガではデータ取りを担当しており、縁の下の力持ちとしてパチマガ攻略軍団を支えています。 ちなみに、パチンコに関しては無駄玉や時間効率にこだわる期待値稼働を徹底しているようですが、ネトゲとソシャゲに関してはお金も時間も惜しまないそうです(笑) 七之助 私の中では切り込み隊長のイメージが定着している七之助さん。 その理由は、体育会系のノリで振られた話は何でもこなす体当たりキャラだから(笑) パチマガでは主にセクシー機種を担当していますが、プライベートでは甘デジが中心と以外な一面も。 また、七之助さんは2017年に結婚されており、飲み過ぎて奥さんに怒られることも少なくないそうです。 おもちくん インパクトで言えば間違いなくパチマガ攻略軍団一位二位を争うであろうおもちくん。 開店から閉店あでパチンコホールに居たいというほどのパチンコマニアで、機種解説では見た目からは一転した知的な解説に定評があります。 また、サイトセブンで木村魚拓さん、伊藤真一さん、くりさんと共演するなど、パチマガ以外の媒体での幅広い活動も期待されているライターです。 リコピン 可愛らしい見た目とは裏腹に、競馬やオートレースといった公営ギャンブルも大好きなリコピンさん。 リコピンさんは元パチマガ女子ライター・ポコ美さん直系の後輩にあたり、ポコ美さんと同じように非常に女子力が高いことから男性からも人気です。 なお、パチンコの好きな機種は花の慶次シリーズ、蒼天の拳シリーズとのことで、プライベートではスロットを打つことも増えてきたのだとか。 きなこ パチマガ攻略軍団内では新人枠に入るきなこさん。 天然キャラをよくいじられていますが、明るい性格が幸いして今ではたくさんのファンに愛されています。 パチマガ攻略軍団に所属してはいるものの、スロットも4号機から打っているだけではなく自宅にはエウレカセブンの実機もあるとのことで、実はスロットの知識と技術も相当なものかもしれません・・・ 眠井れむ きなこさんと同じく、パチマガ攻略軍団内では新人にあたる眠井れむさん。 オタク系の趣味が原因で常に金欠気味とのことですが、行動力でカバーして状況の良いホールで立ち回っているそうです。 なお、機種に関しては北斗の拳シリーズが好みで、登場キャラの中ではジャギを崇拝しているとのこと・・・(笑) ホールで見かけた時には、ジャギを崇拝している理由を聞いてみると話が広がって面白いかもしれませんね。 パチマガライター 和泉純 パチンコ生活者歴30年以上の大ベテラン和泉純さん。 パチマガの釘解説と言えば和泉純さん!・・・というイメージですが、最近は大人の事情もあり以前のような釘解説はWEBサイトなどで見られません。 好きな機種はアイドル、海物語シリーズに加えてドラム機で、ストローク攻略にとりわけこだわりを持っています。 パチマガ内で得意機種や知識が分散しているため、それぞれのライターの個性が際立ちますね。 アラプロ パチマガの数値関連の仕事を担当しているアラプロさん。 具体的には、ボーダーラインやシミュレートからの勝敗分析、平均連チャン数といった部分です。 パチマガサイトのコンテンツをよく利用している人にとっては、なくてはならない存在と言えますね。 緑山淳 パチマガベテランライターの緑山淳さん。 ベテランだけあってパチンコの知識と技術は突出していますが、アナログ機が好きすぎて趣味打ちしてしまうことも多いのだとか。 パチマガではアナログ台の実戦企画に出演したり、シルヴィーさんと山ちゃんボーダーさんとの3人で「ゲスの乙女チンパンジー」という企画に出演しています。 パンダ ここ一番の勝負強さに定評のあるパンダ大好きパチマガライターのパンダさん。 パチンコだけでなくスロットの知識も豊富で、プロ顔負けの立ち回りなんだとか。 また、薬剤師の資格を持っているという意外な一面も。 カチューシャ 甘デジがメインの堅実な立ち回りがウリのカチューシャさん。 裏カチューシャというブログがあるのですが、ブログは2016年6月で更新がストップしており、SNSもやっていないようで近況は分かりませんでした・・・ なお、パチマガサイトや誌面ではクズとかゴミとか、かなり雑な扱いをされています(笑) シルヴィー メディアでの露出が多めで、パチマガ女子ライターの中で非常に知名度が高いシルヴィーさん。 パチンコ実戦スタイルはガチプロに近く、ライター業の原稿スキルも高く評価されています。 さらにユニークなトークも好評で、第一線でパチマガを引っ張っているライターの1人と言えるでしょう。 柳まお パチンカーとしてだけでなくプロ雀士、コスプレイヤー、アニメヲタクといった様々な顔を持つ柳まおさん。 コスプレで着ているほとんどの衣装は自前という気合の入りっぷりで、カーレーサーのB級ライセンスも取得しているなど、興味を持ったことをとことん追求する女性といった印象です。 また、先ほど紹介した通りプライベートでは優希さんと結婚されており、現在は育児にも励んでいます。 永浪 パチマガ内で「孤高の侍」という異名を持つ永浪さん。 ライター陣の間では永浪さんが一番上手いという声が多く、特にアナログ機攻略を得意としているのだとか。 亜城木仁 6年間ホームレス生活をした後にパチプロとなり、現在はパチマガライターの亜城木仁さん。 パチマガサイトでは素人に毛が生えた程度の実力と酷評されていますが、パチプロとして生計を立てられるくらいなら相当な実力は持っていると思います(笑) また、パチンコだけでなくアニメやスポーツ、ゲームなどの雑学にも自信があるそうです。 りんか隊長 りんか隊長は秋葉原メイドカフェで働いている異色ライター。 男性ウケ抜群の可愛らしい容姿とは裏腹に、男性顔負けのパチンコの知識を兼ね備えています。 メイドカフェで働いているだけあってアニメと特撮にも詳しく、パチンコでは特にルパン三世シリーズがお気に入りだそうです。 山ちゃんボンバー パチンコ歴10年以上のガチプロである山ちゃんボンバーさん。 現役お笑い芸人でもありますが、釘読みと技術介入を駆使したパチンコ稼働がメインの収入源です。 トークセンスも評価されており、CS番組などのメディアでも活躍されています。 博多末吉 博多末吉さんは元お笑い芸人という経歴を持ち、ユーモア溢れる文章が支持されています。 また、アナログ機も液晶機も選り好みしない方で、他のライターとは違った視点の考察にも定評あり。 なお、元お笑い芸人と紹介しましたが、現在はお笑い構成作家としても活躍されているそうです。 はじめ 「はじめクオリティ」、「大丈夫!期待値はあるから!」が口癖というはじめさん。 これだけ聞くと何となく不安を感じますが(笑)、パチンコの腕もスロットの腕も一流なんだとか。 声優、役者としても活動しており、動画番組での活躍にも期待したいライターの1人です。 虚心坦懐 情報収集力の高さはパチマガライター随一と評価されている虚心坦懐さん。 奏弥 パチンコの知識量はもちろんのこと、プロレスやサッカーといったスポーツの知識量も抜群の奏弥さん。 Twitterのツイートを見てみると、プロレスや音楽などパチンコ以外のツイートの方が多いような気もします(笑) 袴一平 パチンコ版の旅打ち2代目制覇者である袴一平さん。 旅打ちではハネモノや甘デジを中心とした手堅い立ち回りが印象的でしたが、実際には何でも打つスタイルだそうです。 なお、以前には飲食店で店長を務めており、料理の腕にも定評ありとのこと。 遊喜 2018年11月からパチマガライターとしてデビューした新人ライター遊喜さん。 好きな機種は牙狼シリーズとのことですが、Twitterを見るとシンフォギアの画像も多くアップされています。 また、萌えキャラ関連のイラストもよく書いており、クオリティもかなりのものです。 パチマガを引退・卒業したライター るる るるさんは2018年3月に休養宣言し、4月に更新したブログ記事でパチマガを卒業することを発表しました。 そして、6月には富樫マリアという名前でDMMぱちタウンでライターとして活動することを発表。 さらに10月にはライター名をナミに変え、現在もDMMぱちタウンで活躍しています。 なお、卒業理由はパチマガとのトラブルのようですが、卒業を発表したブログ記事は削除されており真相は闇に包まれています。 ポコ美 ポコ美さんはパチマガの超人気女性ライターでしたが、2019年6月にパチマガを卒業することを発表。 現在はフリーとして活動しており、名前もポコ美ではなくナツ美に改名して活動しています。 卒業理由に関しては語られていませんが、会社も当人も納得した上での円満退社だったようです。 はっち はっちさんは2017年12月にパチマガ卒業をブログで発表。 卒業報告では大好きだったものが怖い存在になってしまったと、人間関係に関して匂わせる一文が書かれていましたが送別会も行われており、円満な退社と見てもいいのではないでしょうか。 卒業発表時点で新たな目標もできたと発言しており、今後の芸能活動での活躍に期待ですね。 ジャイロキャプテン ジャイロキャプテンさんは2017年8月にパチマガ卒業を発表しました。 卒業理由は語られておらず、卒業を報告したブログ記事の内容もあっさりした内容でした。 現在はフリーで活動されているようです。

次の

パチスロ「美人ライター」が「動画出演休止」…ブログで「衝撃」報告

パチ ライター

パチンコ・パチスロ動画が以前よりも更新頻度や公開数が少なくなっており寂しく過ごしておりましたが、ひょんなことからU-NEXTを登録してしまいました 笑 そんな中でも最近のお気に入りは木村魚拓さんがやっている「海賊王船長タック」。 前からこの番組の事は知っていましたが、しっかりとみていませんでした。 ライターちょびのプロフィール。 本名や年齢、身長、過去の経歴 活動名:ちょび 本名:不明(「ちょび」は、背の低いことを指す「ちび」に本名から「よ」の一文字を足したもの) 生年月日:1983年6月6日(2019年9月12日時点36歳) 出身地:広島県 血液型:O型 趣味:ガチャ(シュールなやつ) 好きな機種:銭形 好きな食べ物:ラーメン、おにぎり デビュー機種:海物語 将来の夢:喫茶店を開く 資格:動物看護士 身長:147センチメートル 体重:37キロ ちょびさんと言えば「小さくて可愛い」なのでしょうか、未だにパチンコ店で年齢確認をされることもあるそうです。 写真に写っている女性は森本レオ子さん。 レオ子さんもそんなに大きいタイプではないと思いますが「小っちゃくて可愛い」がぴったりなちょびさん! 過去の経歴について 大学時代に付き合っていた彼氏に連れられてジャグラーで大勝ちした事をきっかけに(初めは)パチスロ・パチンコにハマっていったそうです。 お相手は一般の男性の方としか情報がありませんでした。 ただ「ちょび」というニックネームやペンネームの方が多くいるので、その中の誰かが刺青を入れていてちょびさんが刺青を入れている様な噂がたってしまったのかなと思います。 「ちょび」という名前で一番有名だから仕方ないことなのかな…有名になればなるだけ間違った情報も出回りますからね。 あと、「刺青」と書くとちょっと怖い印象ですが「タトゥー」という意味では今は日本の芸能人でも入れている人が沢山いますし、入っていたとしても偏見を持たないようにしようと個人的には思います。 刺青をしていなくても悪いことする人は山ほど居ますからねぇ。 人気パチスロ動画演者ではヤルヲさんやアロウズスクリーンのシーサ。 さんが刺青をしているという噂もありますね。 ヤルヲさんは左手の指に刺青っぽいものが見えますがシーサ。 さんに関してはどこにどのような刺青が入っているかわかりません。

次の