薩摩 川内 市 事故。 KTS鹿児島テレビ Kagoshima Television for Smile

薩摩川内市

薩摩 川内 市 事故

鹿児島県薩摩川内市のバス会社「川内観光交通」が、2017年10月にスクールバスが県道で起こした自損事故について、車庫内で起こしたと虚偽とみられる報告を市教育委員会にしていたことが分かった。 市教委は、19年度のスクールバス運行会社を決める入札を26日に開く予定だったが、参加企業(4社)の一部から虚偽報告を提起する声が上がり、入札は延期された。 川内観光交通の元社員によると、事故は17年10月23日午後6時ごろ、薩摩川内市内の県道の右カーブで発生。 スクールバスは回送中で、子どもたちは乗っていなかった。 バスは縁石に乗り上げ電柱に衝突。 左ミラーや左後部の窓ガラスや屋根が破損し、元社員は事故直後に運転手の男性から電話連絡を受け、破損したバスも確認したという。 元社員はその後、スクールバスについて市教委側と交わした会話で、事故が正確に報告されていないことを知り、同社の安全対策に不信が募り、昨年夏に退社。 同8月に情報公開で事故報告書を市教委から入手した。 報告書では「午後2時ごろ、車庫を出る時に車庫の扉に接触した事故」と記され、運転手の署名押印もあった。 元社員は虚偽報告ではないかと指摘したが、市教委は「証拠がない」として調査しなかったという。 元社員は別のバス会社に就職。 26日、この会社も参加した入札の会場で、元社員がバス事故の隠蔽(いんぺい)を問題視した。 市教委には、事故ではがれた電柱の表示板や現場に落ちていたガラス片の写真、運転手が県道での事故を認める音声データなどを提出した。 市教委は「会社の説明を信じていた。 疑義の申し出があったので事実を確認したい」として27日、事故があったとされる県道で確認作業を行った。 川内観光交通は西日本新聞の取材に「運転手が会社に報告したままを市に報告しただけ。 事故を隠したりしていない」と話した。

次の

鹿児島のニュース|MBC南日本放送

薩摩 川内 市 事故

[1] 2分前 81件• [2] 3分前 137件• [3] 7分前 790件• [4] 45分前 255件• [5] 1時間前 81件• [6] 1時間前 27件• [7] 1時間前 57件• [8] 2時間前 83件• [9] 2時間前 60件• [10] 3時間前 13件• [11] 3時間前 90件• [12] 4時間前 80件• [13] 5時間前 33件• [14] 6時間前 280件• [15] 6時間前 6件• [16] 6時間前 21件• [17] 6時間前 51件• [18] 6時間前 1件• [19] 6時間前 559件• [20] 6時間前 146件• [21] 8時間前 13件• [22] 8時間前 49件• [23] 8時間前 73件• [24] 8時間前 220件• [25] 9時間前 34件• [26] 14時間前 112件• [27] 18時間前 187件• [28] 19時間前 20件• [29] 19時間前 3件• [30] 20時間前 910件.

次の

川内大綱引の概要

薩摩 川内 市 事故

) ・「使用時間」には、準備や観客の入退場、後片付けなどに要する時間も含まれますので、 無理のない時間設定をお願いします。 ) の6箇月前の日より受け付けます。 以下「使用日」という。 )の属する月の1年前の同月の初日から申請書の受付を開始 する日の前日まで受け付けます。 還付 【大ホール】 使用開始の日から5日前(40%相当額)、30日前(60%相当額)、 90日前(80%相当額)を還付します。 【第1会議室及びホワイエ】 使用開始の日から5日前(60%相当額) 30日前(80%相当額)を還付します。 【第2〜10会議室】 使用開始の日から5日前までに取消を申し出たとき、全額を還付します。 ・公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。 ・施設等をき損し、または汚損するおそれがあると認めるとき。 ・その他、管理上支障があると認めるとき。 ・施設使用の権利は、譲渡したり転貸することはできません。 ・特に認める場合を除き、使用許可後の使用日の変更はできません。 ・施設使用を取り消す場合は、直ちに連絡してください。 その際、プログラム、台本、進行表などを提出してください。 ) ・打合せ後、変更が生じたときはその都度協議してください。 ・催物の看板、舞台装飾品、事務用品等は主催者側で用意してください。 ・宅配便等で文化ホールに直接荷物を送られる場合は、お客様の使用許可時間内で到着日時を ご指定下さい。 ・使用終了後は、直ちに設備、備品等を元の状態に戻してください。 その際、担当職員の点検を受 けてください。 ・施設・設備・備品等を損傷、または滅失したときは、直ちに職員に届け出て 点検を受けてください。 なお、使用者の故意または過失による損害等については賠償していただきます。 ・施設内外の壁、柱、ガラス等に貼紙をしたり、釘類を打たないで下さい。 ・大道具類の搬入、搬出は使用当日のみとし、これらの保管はできません。 ・貴重品等の保管については各人で責任を持って行ってください。 ・ホール内の条例、規則使用許可条件または職員の指示に違反したときは使用許可の取消または使 用を停止することもあります。 【各施設への問い合わせ先】 川内文化ホール TEL. 0996-22-5211 入来文化ホール TEL. 0996-44-2822 中央図書館 TEL. 0996-22-3542 総合体育館 サンアリーナせんだい TEL. 0996-25-8282 総合運動公園 TEL. 0996-27 -0188 丸山自然公園 TEL. 0996-37-2300 川内歴史資料館 TEL. 0996-20-2344 川内まごころ文学館 TEL. 0996-25-5580 せんだい宇宙館 TEL. 0996-31-4477 公益財団法人 薩摩川内市民まちづくり公社 事務局(総務課) 〒895-0054 鹿児島県薩摩川内市若松町 3番10号 TEL. 0996-22-8500 FAX. 文化施設、社会体育施設、 公園その他公共施設を利用した 生涯学習推進に関する事業。 生涯学習推進を図るための調査 研究に関する事業。 文化施設、社会体育施設、公園 その他公共施設の管理受託に 関する事業。 文化施設、社会体育施設、公園 その他公共施設の運営等に係る 関係機関及び団体との連絡調整 に関する事業。 その他目的を達成するために 必要な事業。

次の