スカイ スクレーパー。 スカイスクレーパーとは

スカイスクレイパー : 映画評論・批評

スカイ スクレーパー

解説 「ワイルド・スピード」シリーズや「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」などの大ヒット作で活躍する人気アクション俳優ドウェイン・ジョンソンが、高さ1000メートルを超える超高層ビルを舞台に、犯罪組織が巻き起こした火災から家族を救出するため孤軍奮闘する主人公を演じたアクション大作。 かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたウィルは、ある事件で左脚が義足になる大怪我を負い辞職するが、それから10年を経た今は、愛する家族も得て、危機管理コンサルタントとして働いていた。 香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)の史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業に向け、ビルのオーナーのジャオから安全管理のチェックを任されたウィルは、家族を伴ってザ・パールに滞在するが、ビルに隠されたある秘密を狙う犯罪組織もまた、ザ・パールに侵入しており……。 監督・脚本は、「セントラル・インテリジェンス」でもジョンソンとタッグを組んだローソン・マーシャル・サーバー。 2018年製作/102分/G/アメリカ 原題:Skyscraper 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト ロック様好きとしては昨今の大活躍は嬉しい限りで、そんな中でも明らかに「大味だけど頼れるお父ちゃんが家族を守る」というパターンが固定化しつつある。 『カリフォルニア・ダウン』も続編があるらしいし、もはや一ジャンルの様相を呈してきているのが可笑しい。 戦略なのか偶然なのかはわからないが、アクションスターが演じる主人公に「家庭人としては向かない」という定型がある中で、ロック様は明確に「家庭人としても合格で、いざという時は頼れるお父ちゃん」像を打ち出している。 それって旧来の価値観への懐古のようでいてちょっと違う、完全無欠な父親像ではないかと思う。 そして、どんな緊急事態にも対応できて、筋肉とガッツで悪者をやっつけ、頭もよくてユーモアがあって、家事や子育てを任せても大丈夫そうというこの異様なパーフェクトマンもロック様だからこそ成立しているわけで、ロック様はいま現存する最高のファンタジーなのではないかという仮説を立ててみた。 「ランペイジ 巨獣大乱闘」で改めて証明されたように、ドウェイン・ジョンソンの過剰な筋肉は不可能を可能にする魔法のツールだったのだ。 ああ、スティーブ・マックイーンがファイアーマンになって高層ビル火災鎮火に尽力した「タワーリング・インフェルノ」はまさに前世紀の遺物。 時代と共に進化する映画の宿命と、それでも超えられない映画のオリジナリティについて、ちょっぴり考えさせられた最新デザスタームービーなのだった。 ジャンルは若干違えどテイストは近い「MEG ザ・モンスター」よりも楽しめた。 ご都合主義でリアルさを重視しない筋、CGの物量作戦(どちらも中国資本が入っているのが大きい)という点では似たり寄ったりだが、ステイサムの敵がCGの鮫だったのに対し、ロック様の相手は生身の悪党たちに高層ビル火災。 プロレスラー出身ゆえ格闘アクションの見せ方は心得ているし、高所や火事という身近な恐怖も緊張感を高める。 アクション映画好きなら、「ダイ・ハード」「タワーリング・インフェルノ」「逃亡者」「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」そして「燃えよドラゴン」といった名作を彷彿とさせる設定やシーンの数々に心踊らせるに違いない。 そうした場面が、(一応は)破綻のないストリーラインに沿って幕の内弁当のようにみっちり詰まっている。 これならご都合主義も大目に見よう。 アクション娯楽作のお手本のような作りだ。 それ以降も、良質な娯楽映画を作り出してくれている。 以下はこの映画製作にあたり、米中関係者の会話を記したモノである。 (一部、フィクション。 あ、でもそういう見方もあるかもしれませんね・・。 愛する家族のためにビルを登る・・。

次の

スカイスクレイパー : 作品情報

スカイ スクレーパー

型式 全高(m) 使用最大高さ(m) 質量(kg) 設置寸法(cm)全幅 設置寸法(cm)奥行 収納寸法(外寸)(cm)全幅 収納寸法(外寸)奥行 収納寸法(外寸)高さ 定価 梱包単位 LG-10109 2. 47〜4. 47 1. 76〜3. 76 29. 9 94 177〜333 94 21 265 ¥172,000(¥189,200) 1台 LG-10110 2. 77〜5. 06 2. 06〜4. 35 35. 8 95 193〜366 95 21 297 ¥190,000(¥209,000) 1台 LG-10121 3. 33〜6. 18 2. 62〜5. 47 46. 上部の両側ヒンジロックを解除し、脚立の両脚を壁にあてヒンジ部分を持ち上げて脚立の下へ入り、踏ざんをつかんで脚立の下方向へ歩いていきながら脚立を垂直に立てて両脚を広げてください。 壁面がない場合は、別の作業員二人で脚立両側脚を足で抑えて作業してください。 上から1、2段目には乗れません。

次の

スカイスクレイパー (映画)

スカイ スクレーパー

解説 「ワイルド・スピード」シリーズや「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」などの大ヒット作で活躍する人気アクション俳優ドウェイン・ジョンソンが、高さ1000メートルを超える超高層ビルを舞台に、犯罪組織が巻き起こした火災から家族を救出するため孤軍奮闘する主人公を演じたアクション大作。 かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたウィルは、ある事件で左脚が義足になる大怪我を負い辞職するが、それから10年を経た今は、愛する家族も得て、危機管理コンサルタントとして働いていた。 香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)の史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業に向け、ビルのオーナーのジャオから安全管理のチェックを任されたウィルは、家族を伴ってザ・パールに滞在するが、ビルに隠されたある秘密を狙う犯罪組織もまた、ザ・パールに侵入しており……。 監督・脚本は、「セントラル・インテリジェンス」でもジョンソンとタッグを組んだローソン・マーシャル・サーバー。 2018年製作/102分/G/アメリカ 原題:Skyscraper 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト ロック様好きとしては昨今の大活躍は嬉しい限りで、そんな中でも明らかに「大味だけど頼れるお父ちゃんが家族を守る」というパターンが固定化しつつある。 『カリフォルニア・ダウン』も続編があるらしいし、もはや一ジャンルの様相を呈してきているのが可笑しい。 戦略なのか偶然なのかはわからないが、アクションスターが演じる主人公に「家庭人としては向かない」という定型がある中で、ロック様は明確に「家庭人としても合格で、いざという時は頼れるお父ちゃん」像を打ち出している。 それって旧来の価値観への懐古のようでいてちょっと違う、完全無欠な父親像ではないかと思う。 そして、どんな緊急事態にも対応できて、筋肉とガッツで悪者をやっつけ、頭もよくてユーモアがあって、家事や子育てを任せても大丈夫そうというこの異様なパーフェクトマンもロック様だからこそ成立しているわけで、ロック様はいま現存する最高のファンタジーなのではないかという仮説を立ててみた。 「ランペイジ 巨獣大乱闘」で改めて証明されたように、ドウェイン・ジョンソンの過剰な筋肉は不可能を可能にする魔法のツールだったのだ。 ああ、スティーブ・マックイーンがファイアーマンになって高層ビル火災鎮火に尽力した「タワーリング・インフェルノ」はまさに前世紀の遺物。 時代と共に進化する映画の宿命と、それでも超えられない映画のオリジナリティについて、ちょっぴり考えさせられた最新デザスタームービーなのだった。 ジャンルは若干違えどテイストは近い「MEG ザ・モンスター」よりも楽しめた。 ご都合主義でリアルさを重視しない筋、CGの物量作戦(どちらも中国資本が入っているのが大きい)という点では似たり寄ったりだが、ステイサムの敵がCGの鮫だったのに対し、ロック様の相手は生身の悪党たちに高層ビル火災。 プロレスラー出身ゆえ格闘アクションの見せ方は心得ているし、高所や火事という身近な恐怖も緊張感を高める。 アクション映画好きなら、「ダイ・ハード」「タワーリング・インフェルノ」「逃亡者」「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」そして「燃えよドラゴン」といった名作を彷彿とさせる設定やシーンの数々に心踊らせるに違いない。 そうした場面が、(一応は)破綻のないストリーラインに沿って幕の内弁当のようにみっちり詰まっている。 これならご都合主義も大目に見よう。 アクション娯楽作のお手本のような作りだ。 それ以降も、良質な娯楽映画を作り出してくれている。 以下はこの映画製作にあたり、米中関係者の会話を記したモノである。 (一部、フィクション。 あ、でもそういう見方もあるかもしれませんね・・。 愛する家族のためにビルを登る・・。

次の