土曜 ドラマ 三浦 部長。 [B! LGBT] 三浦部長、本日付けで女性になります。

土曜ドラマ「三浦部長、本日付けで女性になります。」 : のほほん便り

土曜 ドラマ 三浦 部長

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

土曜ドラマ 三浦部長、本日付けで女性になります。 動画 2020年3月21日

土曜 ドラマ 三浦 部長

2020年3月21日21時からNHK総合で『【土曜ドラマ】三浦部長、本日付けで女性になります動画。 だが妻(鈴木紗理奈)に拒絶され、苦肉の策を取る。 番組内容 三浦部長(ムロツヨシ)は会社の送別会で女装したことをきっかけに、女性になりたいという思いが日増しに募る。 思い切って妻(鈴木紗理奈)に告白するが拒絶され、苦肉の策で近所のトランクルームに女装道具をこっそり運び込む。 そして家族に内緒でトランクルームで着替え、女として働く生活を始めるが…。 三浦部長、本日付けで女性になります。 ムロツヨシさんが主人公を演じるそうだけど、男性からどんなふうに女性に変貌するのか楽しみにしています。 ムロツヨシさんの女装姿もかなり気になります。 奥さんに女性になりたいと告白するくらいなので、かなり気持ちは強いんだろうなと思いました。 だけど、奥さんに拒否されてしまい、トランクルームに女装道具を預けて、家では男性、会社では女性の生活が始まるというのもおもしろそうだなと思いました。 さらに、会社内で女性差別を目にしたことで、自分がトランスジェンダーだとカミングアウトしてしまうというのも、会社でどんなふうに主人公への目が変わるのかが気になります。 こそこそ隠したりせず、おっぴろげにできるところがこの主人公の強くて良いところだと思うので、その性格がいろんな社内や家族の問題を解決していくのかもしれないなと楽しみにしています。 男性として、父親として生きるのか、女性として生きるのか、どちらの選択を最後にするのかが気になります。 女性のファッションを着こなすムロツヨシさんを想像しただけで笑いがこみ上げてきそうです。 今までずっと男性として生きてきた主人公が会社の送別会での女装というささいなきっかけで自分の潜在的な意識を目覚めさたということが、普段特に考えもせずに毎日を過ごしている人たちも自分自身が気づかないだけでトランスジェンダーなのかもしれないと考えさせられるきっかけにもなりそうなドラマだと思いました。 また、妻としてずっと男性の夫を支えてきた鈴木紗理奈さんがある日突然夫に女性になりたいとカミングアウトされたときの気持ちも複雑なものです。 流行りのようにもてはやされているトランスジェンダーの問題ですがカミングアウトするだけでも当人たちは環境がガラッと変わってしまうので決して軽く考えてはいけない話でもあります。 家族からの拒絶や会社からの反応で主人公が今後どう社会にうけいれられるようになるのかみていきたいです。 コミカルな表情から一転、鬼のような形相で相手を睨む視線はムロツヨシさんの今まで培われた数々の演技の土台の元に成り立っているのだと思います。 何かやらかしてくれるだろうとアドリブ的なハプニングも多々あるそうで、撮影現場は彼への期待が大きいと聞いたことがあります。 そんなムロツヨシさんが女性として生きていこうと思うこのドラマ。 トランスジェンダーとして奥さんである鈴木紗理奈さんに許可を得ようとするも大反対。 女装をきっかけに自分の本当の気持ちを確認出来たという設定がいかにもドラマで面白そうです。 会社の方々にもカミングアウトして一斉にメール送信をしてら女装をして働き続けるも、上司の指図により左遷を余儀なくされる。 実際に自分のご主人がこんな情報になったら、はい分かりましたと素直に両手を上げて万歳で賛成など到底出来ません。 もし事実を受け入れる時には離婚という選択肢しか 浮かばないと思います。 今の時代、自分らしくとは言いますが自分を優先するのか家族を優先するのかは難しい課題だと思います。 肩くらいのセミロングの髪型で、コーラルピンクのマキアージュと思われるリップをつけているのですが、普通に一般にいる女性よりもかわいいかもしれない。 コミカルな役を多く演じているから女装が似合うだなんて意外すぎました。 笑えるのは、主人公が女性として生きたいと言ったところ、鈴木紗理奈さん役の奥さんに拒否されたというエピソード。 そのため、家族には内緒でトランクルームで着がえる生活を送る羽目に。 注目はムロツヨシさんの女装姿で、シーンごとにファッションも違って髪型やメイクも違っています。 私が見た中でいちばんかわいいと思ったのは、頭に黒系のスカーフを巻き、白いレースのブラウスを着ている姿。 毎回、シーンによって違ったファッションやメイクを見せてくれるんじゃないかと期待しています。 ドラマの内容で、主人公の三浦部長が送別会で女装をしたきっかけで女性になりたいと思い始めるきっかけもすごいのですが、女として働き始める主人公の勇気もすごいです! この後のドラマの展開もすごく気になります! こういう設定のドラマは初めてなのですごく興味があるし、最近ではオネエやニューハーフの方たちもメディアに出たり存在がみじかになってきているので、ありえそうな話なのがまたいいです。 主人公の三浦部長は奥さんもいて、奥さんは三浦部長の女装や女性になりたい気持ちを拒否しているみたいなので、女性としても男性としても生きていく三浦部長はどう両立していくのか見るのも楽しみです。 「女として生きる道」と「愛する家族との生活」の両立は果たして可能なのか気になるところです。 そして、主人公役を務めるムロツヨシさんの女装姿がとても様になっていて、意外と綺麗だったのも良かったです。 まとめ ムロツヨシを主演に据えて、現代の日本に於けるトランスジェンダーの問題を、ユーモアと愛情をを込めながら描くという、かなり異色であると同時に非常に意欲的な作品です。 番組ホームページで紹介されているストーリーを読むと、トランスジェンダーとなった三浦部長(ムロツヨシ)が出会う、家族や勤務している会社との様々なぶつかり合いを通して、愛、幸福、自由といった人生に係る重く深いテーマを、性を題材にした単なるドタバタ劇の範疇を越えた、愛とユーモアに包まれた悲喜劇という形で表現しようという制作サイドの高邁な意志がはっきりと見て取れ、彼らにとってこのドラマの制作と放送は1つの大きなチャレンジだということがよく伝わってきます。 そうしたハイレベルな制作意図に応えるべく、主演のムロツヨシとその妻役の鈴木紗理奈をはじめ、キャストも非常に豪華で魅力的な、演技力に定評のある俳優陣が集められており、中でも平泉成や松金よね子といったベテラン俳優たちがそのいぶし銀の演技でこのドラマにどのような味わいとクオリティーを与えてゆくのか、大変に興味深いところであります。 熱心な音楽ファンとして、このドラマのもう一つ見逃せない点は、鈴木慶一氏が音楽を担当しているところです。 彼の独特な音楽がこのドラマのやや特異な世界観の中でどのように響くのか、その点にも大きく注目したいと思います。

次の

NHK番組表・トップページ

土曜 ドラマ 三浦 部長

枠の特徴 [ ] 概歴 [ ]• 10月に、『』(4月 - 1969年9月、木曜21時30分枠)が移動してくる形で、『 土曜グランド劇場』放送開始。 開始当初は21時30分からのスタートだったが、21時の単発30分ドラマ『』の廃枠にともない、10月から放送の『さよなら・今日は』より21時スタートとなった。 原則として「 」であるが、21時30分時代末期の8月26日 - 1973年9月29日までは連続ドラマを中断し、一話完結の単発ドラマを放送していた。 3月20日放送開始の『』から1977年6月18日放送終了の『』までは、『新春大吉』を除いてやたら長い作品名のドラマ「長い作品名シリーズ」が放送された。 水谷は『事件記者チャボ』、『気分は名探偵』などの人気作にも主演し「グランド劇場(旧枠名・土曜グランド劇場)の顔」となる。 その他にも『』、『天まであがれ! 』などの作品を放送した。 作品によってはストーリーの編集時間の都合や制作費の予算の絡みで次回予告なしの場合もあった。 特にの作品が多く見られた。 放送の『』から、枠名がもとの『土曜グランド劇場』に戻り、番組本編の前にオープニングタイトル映像(25秒間)が流されるようになった。 タイトル映像のイメージは「の光から生まれた1個の銀色の球が、 のの軌道やエアチューブの中を駆け抜けた後に宇宙空間へと飛び出す。 銀球はに命中して飛び去ってしまうが、その土星が実は になっており、片端から真っ二つに割れた後、たくさんの(メタリック系のもの)とを宇宙空間に向かって舞い上がらせる。 その紙吹雪が舞う映像に被せて、タイトル文字 が立ち上がるように現れる」というものであった。 このタイトルは、次項に述べる土曜ドラマ枠の一時休止まで使われた。 4月、『』の放送開始に伴いクイズ枠になったため、1年間ドラマ枠は休止した。 翌3月を以て『』が終了したことに伴い、同年4月から『』で1年ぶりにドラマ枠が復活し、『』などのヒット作を生み出す。 5月から放送の『』よりとなった。 1989年10月 - 2月までの5か月間は土曜夜8時の『』シリーズと2枠連続でドラマが放送されていた。 に放映された『』(翌年4月からパート2も放送、平均視聴率24. いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)が絶大な人気を博し、本作により視聴年齢層の裾野を広げるのに成功したことで以後ローティーン向け(寄り)の作品も放映されるようになった。 また、その流れから翌には『』(主演、平均視聴率23. いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)もヒットし、以降シリーズ化されている。 かつては日本テレビの21時枠で様々なドラマ枠が存在していたが、後半からそのドラマ枠は次々と廃枠に追い込まれ、そしてを以て、制作が廃枠となった事で、本枠は日本テレビ唯一の21時枠ドラマとなり、以後20年以上も日本テレビ21時枠のドラマは本枠だけであったが、後の3月を以て、22時台に移動に伴って、長年続いた日本テレビから、21時台のドラマ枠はすべて姿を消すことになった。 また、これによりの民間・公共放送のゴールデンタイム枠でドラマを放送しない唯一のテレビ局となった。 4月期の『』より現在の枠タイトル『 土曜ドラマ』に改名された。 には1月期の『』(最高視聴率32. ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)、7月期の『』(最高視聴率25. ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)、そして10月期の『』(主題歌である亀梨と山下のユニットの「」は、この年の年間1位を獲得 )といったがヒットし、「土9」が2005年平均視聴率1位を獲得した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。 『』(2005年4月)からで撮影されるようになった(が全ての都道府県庁所在地で受信可能になってから最初の作品は『』(2006年10月 - 12月))。 また、からプログレッシブカメラでの制作が主になってきている(ただしにも同様のカメラで制作されたドラマは存在している)。 10月に20時54分に放送されていた『』が廃止され、この時間は一部系列局を除いてこの時間に本ドラマの見どころを紹介する番組開始事前番組が始まり、事実上となったが、2009年4月からは『』というミニ番組のスタートによりフライングスタートはなくなった。 3月をもってが廃止され、2009年4月から2015年3月までの6年間、同局のプライムタイム枠の連続ドラマはゴールデンタイムのみの2枠となっていたが、2015年4月改編で『』や『』を放送していた日曜の22時30分 - 23時25分の55分枠に『』を新設、6年ぶりに同局のプライムタイム枠の連続ドラマ枠が3枠に戻った。 2005年4月期の「」は、主人公がであるため、が行われていたが、その後地上デジタル放送ではバリアフリーの一環と、ステレオ2の活用のため、2017年10月から放送の「」より常時解説放送が行われる(同時期の他の日テレ系連続ドラマ(読売テレビ制作のは除く)でも同様に解説放送実施)。 で7月期の『』まで、見逃しが行われていた(翌週の15時55分 - 16時53分)。 その他・2000年代以降の傾向等 [ ]• 毎年8月に行われる『』放送日はとなる。 なおからは、毎年7月の土曜日に大型音楽番組『』が放送されるが、作品が終了後に放送されるため、放送休止になる事は無い。 また夏放送の『』は『24時間テレビ』は元より、同時期にはが開催される関係上、7月9日 - 8月6日の「5回放送」の短期放送となったため、初めて「『24時間テレビ』前にドラマ終了」となった。 21時枠で放送されていた2000年代頃は、やファミリー層を対象したコメディドラマや、人気マンガを原作にしたドラマが多くラインナップされていた。 だが、2017年4月の改編で22時枠に移設されて以降は従来通りの若者向けのコメディ作品・マンガ原作の作品も放送されるが、社会派ドラマやサスペンスドラマなど大人を意識した作品が増加傾向にある。 (、、、等)• 同枠の音楽は同じ日本テレビ系列会社のが担当することが多いが、の『ぼくの魔法使い』『すいか』『あした 天気になあれ。 』はが担当した。 『』以降、主題歌は男性アーティストが独占している。 女性アーティストは『』以降、この枠の主題歌に使われていなかったが、2010年代になってからは『』『』『』『』『トップナイフ〜天才外科医の条件〜』では女性アーティストの主題歌が使われた。 2008年4月期の『』と7月期の『』ではが主題歌に使われている。 また、女優の主演が多い同局の枠とは対照的にこの枠、並びに(日曜22:30 - 23:25)枠 は男性の主演が多い(特に所属のアイドルグループ のメンバーや所属、所属)。 同枠の作品で主演最多は()とであり、2017年時点では同枠の作品で7作主演している。 通常、土曜22時枠番組との接続は、21:54の各局別(関東地区の現在は『』)を挟んでの・ステブレ入りだが、土曜22時番組が『』になって以後、本枠ドラマの初回拡大SPの時には『嵐にしやがれ』との接続をステブレレスに変更、21時台ミニ番組は『嵐にしやがれ』終了後に放送時間を「3分」に縮小 して繰り下げる(枠交換)事が度々あった。 2017年4月から、同年3月まで土曜22時枠(本ドラマ枠の後続枠)で放送されていた『嵐にしやがれ』と枠交換し、土曜22時枠に移動。 本枠がドラマ枠になるのは3月まで放送された『』以来23年ぶりに復活 した。 これにより、日本テレビのミニ番組を除く21時台のレギュラー番組は金曜の2時間枠で21・22時台に放送の『』を除いて全てバラエティ枠となりドラマ枠はなくなったうえ、これと同時に日本テレビでのゴールデンタイムでのドラマ枠についてもなくなった ため、レギュラーのドラマ枠は22時以降の放送となる。 これについて、日本テレビは土曜19 - 21時台にバラエティー番組を3本そろえ、「番組の特性や19時台からの流れ、並びに裏番組の編成を含め、総合的にプラスになると判断した」としており、土曜ドラマの時間枠を繰り下げることは「家族で楽しめる内容は逃さずに、週末にドラマを見ることがワクワクして、待ち遠しくなる痛快・王道エンターテインメント枠を目指す」とともに、「若者だけでなく、少し上の世代にも見てもらえる内容を提供すること」を念頭に置いたという。 先述のとおり、2017年10月期の『』からを実施している。 本枠の解説放送は21時台時代の『』 で行われていたことがあるが、「22時台移動後」と「視力障害者を扱わない作品」は初。 2019年度の作品より、本枠の初回と最終回などの拡大放送を廃止し、全話とも通常編成時と同様の放送時間になっている。 (『水曜ドラマ』、『日曜ドラマ』も同様) 変遷 [ ] 期間 タイトル 放送時間() 1969. 10 1972. 09 土曜グランド劇場 土曜日 21:30 - 22:26(56分) 1972. 10 1973. 09 土曜日 21:30 - 22:25(55分) 1973. 10 1975. 09 土曜日 21:00 - 21:55(55分) 1975. 10 1987. 03 土曜日 21:00 - 21:54(54分) 1987. 04 1988. 03 (この間中断) 1988. 04 1998. 03 土曜グランド劇場 土曜日 21:00 - 21:54(54分) 1998. 04 2017. 03 土曜ドラマ 2017. 04 現在 土曜日 22:00 - 22:54(54分) ネット局 [ ] 枠移動前の時点では、テレビ大分を含むNNS29局と時差ネットの沖縄テレビは字幕放送を、福井放送を除くNNS28局は連動データ放送を実施。 (BSN) 1981年4月のTNN(現:TeNY)開局まで番販扱いで放送。 ただし放送時間は土曜日22時から放送。 1980年10月から開始に伴い放送時間変更(放送時間は不明)。 (SBC) 1980年10月のTSB開局まで番販扱いで放送。 (SBS) 1979年7月のSDT開局まで番販扱いで放送。 (MRO) での時差ネット開始まで放送。 (BSS) 1972年9月にNKTが島根県に乗り入れするまで放送。 (NBC) 1983年3月まで放送。 同時ネットだった時期がある。 (RKK) 1982年4月のKKT開局まで放送。 (OBS) TOS開局後もしばらくは番販扱いで放送(少なくとも1980年代前半まではOBSにて放送)。 (mrt) 2015年12月まで放送。 (MBC) 1981年3月まで放送。 (RBC) 番販扱いで放送。 それ以降OTVに移行。 (OX) フジテレビ系列 1970年10月のMTB(現:MMT)開局まで放送(フジテレビ系列・日本テレビ系列とのクロスネット局だった)。 (FTV) 1971年10月のFCTとのネット交換まで日本テレビ系列だったため。 石川県 (ITC) MROより移行。 1990年4月のKTK開局まで時差ネットで放送。 長崎県 (KTN) 1983年4月から1990年9月まで放送。 日本テレビ系列でもあったため。 鹿児島県 (KTS) 1981年4月からKYT開局直前の1994年3月まで放送。 日本テレビ系列でもあったため。 (NBN) テレビ朝日系列 1973年3月まで日本テレビ系列でもあったため。 それ以降CTVに移行。 宮崎県 (UMK) フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 『2・3』を放送(で第1シリーズを放送したため)。 なお2019年になってからは『ウチの夫は仕事ができない』を皮切りに一部の作品が平日16時台(UMKのドラマ再放送枠)で集中放送されるようになった。 ネット局に関する備考 [ ]• 1991年3月までテレビ朝日系列とのクロスネット局であったテレビ信州は、1988年の当枠再開時、を同時ネットしていたため、1991年4月にが開局するまでは放送されていなかった。 フジテレビ系列単独ネット局の沖縄テレビでも、本来は枠である毎週火曜日の22:00 - 22:54に放映されていたが、初回や最終回の時の時間枠拡大編成の時も23時以後、フジテレビの番組ネットを行う関係上一部編集・短縮して放映されているが、初回や最終回が、日時違いの午前中か、昼に放映されることもある(作品によって異なる)。 なお沖縄テレビでは2007年4月からこれまで深夜に時差ネットで放送されていた火10ドラマを同時ネットで放送するため、毎週土曜日12:00 - 12:54に枠移動(正午、1週遅れ)する(これと同時に日本テレビでは火曜22時枠にドラマ枠を設置したが、現在は廃枠)。 長年の地方ネット局で、日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット局である福井放送は、2008年4月の番組改編で同日21時 - 23時の2時間にわたって2枠1組で1本のテレビ朝日製作連続ドラマ遅れネット枠として編成される枠に変更され、このうち(枠移動前の)当番組の放送枠にあたる前半ゾーンを(2日遅れ)に置き換え、さらに(枠移動後の)当番組の放送枠にあたる後半ゾーン(同日22時枠)で古くから放送されている同じテレビ朝日の(3日遅れ)と連結するようになり、スポンサードネット(前記の2枠も同じ)のまま土曜日16:00 - 16:54に枠移動(1週遅れ)することとなり、併せてエンドカードも新設された(2018年現在は土曜日16:00 - 16:54に変更)。 そのため、2008年4月改編以降において各作品ごとに視聴者プレゼントがある場合は、同局側の視聴者に配慮して、応募締め切り日までの余裕日数を長めに設定している。 2018年現在では同局放送分におけるこの3つのドラマにはすべてエンドカードが付いている。 ネット配信 [ ] 各ドラマ共通の放送済分の配信 配信元 更新日時 備考 土曜 22:54 更新 日本テレビの最新話限定で無料配信 更新時間不明 有料会員は、全話見放題 作品リスト [ ] 1960 - 1970年代 土曜グランド劇場・第1期 [ ] 1969年 [ ] タイトル 放送期間 主演 原作 制作会社 10月4日 - 11月22日 11月29日 - 12月27日 1970年 [ ] タイトル 放送期間 主演 原作 制作会社 1月3日 - 3月28日 中村光輝 4月4日 - 5月30日 6月6日 - 7月25日 (第1シリーズ) 8月1日 - 12月26日 1971年 [ ] タイトル 放送期間 主演 原作 制作会社 1月2日 - 3月27日 浅丘ルリ子 4月3日 - 9月18日 9月25日 - 12月25日 1972年 [ ] タイトル 放送期間 主演 原作 制作会社 1月8日 - 4月8日 浅丘ルリ子 (第2シリーズ) 4月15日 - 8月19日 森光子 ハンバーグと芸者 8月26日 これより単発ドラマ 可愛いかあさん 9月2日 結婚宣言 9月9日 姉さんの秘密 9月16日 七回目の見合い 9月23日 石坂浩二 姉ちゃんが嫁ぐとき 9月30日 女王蜂と働き蜂 10月7日 八五郎の縁談 10月14日 花嫁の父 10月21日 女三代婿えらび 10月28日 浪花千栄子 婚前浮気 11月4日 浅丘ルリ子 先生の好きな人 11月11日 北林谷栄 ふたたび八五郎の縁談 11月18日 渥美清 花嫁花婿製造中 11月25日 父と子と 12月2日 宮口精二 姉妹の恋した人 12月9日 三年前の約束 12月16日 双子の縁談 12月23日 娘たちの設計 12月30日 1973年 [ ] タイトル 放送期間 主演 原作 制作会社 父と母の子 1月6日 浮気の請求書 1月13日 眠れない子守唄 1月20日 森光子 各駅停車の恋 1月27日 2月3日 この母この子 2月10日 乙羽信子 花婿の父 2月17日 芦田伸介 新婚ヤバイ伝 2月24日 春しぐれ 3月3日 女のあしおと 3月10日 高峰三枝子 母ちゃんの形見 3月17日 伴淳三郎 かたき同志 3月24日 姉さん、乾杯! 3月31日 巣立ち 4月7日 母として女として 4月14日 望月優子 望月優子 4月21日 宇津井健 湯けむり坂 4月28日 森光子 忘れ雛 5月5日 市川翠扇 5月12日 宇津井健 娘の結婚、親父の同棲 5月19日 森繁久彌 さらば、5月の光よ 5月26日 浅丘ルリ子 餃子の詩 6月2日 恋人に手錠を! 6月9日 祭りのあとに 6月16日 三田佳子 妻の虹 6月23日 船越英二 後妻の泣きどころ 6月30日 杉村春子 七夕の橋 7月7日 狸ばやし 7月14日 京塚昌子 日照り雨 7月21日 森光子 今日の花嫁 明日の後家 7月28日 山田五十鈴 故郷の空 8月4日 伴淳三郎 男と女の世の中 8月11日 芦田伸介 源氏鶏太 70才の思春期 8月18日 女世帯 8月25日 倍賞千恵子 もと夫婦 9月1日 江利チエミ 蝉しぐれ 9月8日 浅丘ルリ子 九月の出来事 9月15日 波乃久里子 危険なパーティ 9月22日 あしたは天気? 「さよなら・今日は」:日本テレビ開局20周年記念番組。 放送時間を21時に繰り上げ。 「新春大吉」:単発。 同ドラマ枠唯一の元日放送• 「ごくせん」(第3期):日本テレビ開局55年記念番組として放送• 「怪物くん」:この作品から地上アナログ放送では16:9レターボックス映像に移行した。 また、提供クレジットが白絨毯の背景に各企業のカラー表記となった。 「高校生レストラン」:4月16日放送開始予定だったが、の影響で撮影スケジュールが変更され、2週遅れとなった• 「お迎えデス。 」:4月16日放送開始予定だったが、によるにより、1週遅れとなった。 9月3日 - 17日には本枠の枠外にて特別編「Episode0」3回を放送• 当初は4月11日放送開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、収録が困難になった影響により初回放送が延期したため。 1990年以降の土曜ドラマ・平均視聴率10傑 [ ]• 数字はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 位 作品名 主演 放送年 視聴率 1 (第2期) 2005年 28. 数字はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 位 作品名 放送年 視聴率 1 1994年 37. 枠タイトル用の映像は実際の遊園地で収録されたものではなく、金属製のや置物を遊具に見立て、実写合成によって構成されていた。 画面を駆け巡る銀球自体も合成画像であった。 通常とは異なり、宇宙空間のイメージで上下逆向きで、紙テープや紙吹雪は下から上に垂れ流した状態に見せるように映像合成されていた。 このタイトル文字の書体は、当時の裏番組である『』(系)のタイトル書体に近いものであった。 この間の土曜日の19時枠以降は1本もドラマが存在しなかったが、当時19時枠以降にドラマ枠が存在しなかったのは月曜日と土曜日だけだった(月曜は直前まで19時30分に『』が辛うじて存在していた)。 当時はまだ珍しかった。 なお、ドラマで最初のステレオ放送はの『』(主演版)である。 ただし、双方ともナイターシーズン中に20時(1970年のみ19時30分) - 21時26分枠でが編成された際は、その分ドラマが少なくなった。 テレ朝系列は「」、「」、「」。 TBS系列は「」。 フジテレビ系列は「」と「」が該当する。 番組編成が異なるが、は『』、は『』が該当する。 なお、「青春アミーゴ」は翌年の「春の選抜高校野球」の行進曲にもなった。 ただし、どの作品であっても開始から数回分までで打ちきりとなる。 2020年1月期のみに制作を移管している。 主に、嘗ての派のグループ(TOKIO・嵐・・・・等)が中心。 この時は22時台ミニ番組も3分に縮小して繰り下げ。 在京キー局で21時台に連続ドラマが存在しないのはに次いで2局目だが、テレビ東京は金曜20時台に『』が存在しているため、20時台・21時台の双方にドラマが存在しないのは初となる。 主人公が視覚障害者のため。 本来の放送時間にはの『』を遅れネットで放送。 2008年3月までは同時ネットだったが、2008年4月から『』(現在の『』枠)同時ネットに伴いテレビ朝日の『』と枠交換した(その後2017年4月の日本テレビでの『土曜ドラマ』『嵐にしやがれ』の枠交換があるも、福井放送ではテレビ朝日の『木曜ドラマ』の遅れネットの放送時間を変えなかったため、本枠の差し替え番組ではなく、『嵐にしやがれ』の差し替え番組に変更された)。 年末年始や番組改編期などで特別番組の放送が多い時期になると最終回に合わせて同時ネットする場合もある。 系列外スポンサードネットで放送。 1983年4月から2007年3月までは火曜日22時 - 22時54分(1983年3月までは日曜日22時30分 - 23時24分)。 『』まではHDではなく4:3SD放送で、『』からHD化された。 また、この時間帯に放送の特別番組についても、『』のスペシャルほかそれ以外の一部の特別番組以外は放送(なお、『嵐にしやがれ』は(RBC、TBS系)で放送している)。 BSNでの土曜22時枠での遅れネットは、「」の2作品が一時期BSNとで並行放送(『』がBSN、『』がNST)される要因にもなった。 同時ネットだった頃は「」は1979年9月の時点で土曜日16時25分からの遅れネット(遅れ日数は不明)だった。 出典 [ ].

次の