コロナ 帰省したい。 コロナ禍で東京と地方に断絶発生か 帰省する人に厳しい視線

コロナ禍で東京と地方に断絶発生か 帰省する人に厳しい視線

コロナ 帰省したい

PCR検査の結果を待たずに熊本県阿蘇市に帰省した横浜市の男性がコロナ感染!母親の対応に称賛の声! 6月27日熊本県は、横浜市で新型コロナウイルスの検査を受けた飲食店の10代男性が、阿蘇市の実家に帰省後に陽性が判明したと発表しました。 男性は22日に発熱し、25日に横浜市で検査を受け、26日に飛行機で阿蘇へ行き、その日の夕方に感染が確認されたとのことです。 一連の行動に、怒りの声が殺到。 一方で、機転を利かせた 母親に称賛の声が相次いでいます。 阿蘇市に帰省した横浜市の男性がコロナ感染 阿蘇市に帰省した横浜市の男性の感染概要・行動歴 熊本県は27日、横浜市で新型コロナウイルスの検査を受けた飲食店員の10代男性=同市=が、同県阿蘇市郡の実家に帰省後に陽性が判明したと発表した。 横浜市は男性に自宅待機を指示していたという。 県によると、男性が実家の玄関先で母親に「感染者との濃厚接触があり検査を受けた」と告げると、母親は家に立ち入らせず、敷地内の納屋にテントを張って過ごさせたという。 男性は22日に発熱とせき、のどの痛みを発症。 25日に横浜市で検査を受けた。 26日に羽田発熊本行きの航空便で移動し、友人の車で実家に戻った。 陽性確認は同日午後6時。 27日午前、横浜市から県に報告があった。 現時点は無症状。 熊本県内の病院に入院した。 友人は陰性が確認された。 男性は22日に発熱やのどの痛みがあり、25日に横浜市内の帰国者・接触者外来で検査を受け、26日に羽田空港から熊本空港へ帰省し、友人の車で実家に戻りました。 男性は「飛行機内ではマスクを着けていた」と説明しています。 26日に近所の友人宅であった食事会に参加。 その場には友人ら9人が参加。 PCR検査の結果、全員が陰性と確認されました。 ネット上では厳しい声も! 山梨で大炎上したのに、なぜ同じようなことをするかな またやったね。 検査結果待ちで移動とか10代でもあり得ないよ 公共機関には迷惑かけるし、親御さんは状況知ってたのかな 熊本に住んでますが、すごく迷惑です 実家のご両親に感染させること、道中で感染させること、 自分が自分の意思で人の命を奪う事をしている 自覚はなかったのだろうか 熊本人ですが本当にムカついてます。 この様に自分の事しか考えない行動には本当に怒りを覚えます どうしてこんなバカげた行動がとれるのかな いかなる事情があったとしても許されざる行為だ 母親の対応に称賛の声が! 母親は実家に戻ってきた息子を家に立ち入らせず、敷地内の納屋にテントを張って過ごさせた。 なかなかすぐさまこんな起点は利かないですよね。 横浜で検査後帰省の息子、母は家に入れずテントへ 熊本でコロナ陽性判明 息子危機感ゼロ! 母は正解 以前の山梨の案件とは大違いね — 🦋青🦋 kzyk08101225 コレは素晴らしい対応…。 情に流されず身内にすら甘い対応をしない九州男児もとい九州女児というか女の強さを再確認させられる事案。 関東とかでこの対応できるヤツ、おる? 検査後帰省の息子を母は家に入れずテントへ コロナ陽性判明 阿蘇 — 2ん29 Tracer900GT甲 abbbbbbbbbbo あっぱれな対応でした! 「阿蘇市に帰省した横浜市の男性」の新型コロナウイルス感染にネットの声は? 【新型コロナ】症状あるのに自宅待機守らず… 横浜の10代男性、熊本帰省後に陽性判明 コロナ普段視の俺。 普段からマスクしてない俺でさえ…もし俺がこの状況になったら家から出ねぇな。 流石に考えたらわかるだろw それともスマホの意見しか聞けないお年頃?w — 小畑知道 obatatomomichi 感染しながらも熊本に帰省、友達と食事会…どこかでこの女性版があったよね?無責任な10代感染者増加で大丈夫? 【新型コロナ】症状あるのに自宅待機守らず… 横浜の10代男性、熊本帰省後に陽性判明 神奈川新聞 — LINEアカウントメディア から — FUJIMI SUGIYAMA SugiyamaFujimi 熊本のお母さんがかっこ良すぎる件。 緊急事態宣言が解除されても新型コロナウイルスがなくなったわけではありません。 感染予防をしっかりしながら行動していきましょう。

次の

コロナでゴールデンウィークの帰省はどうする?自粛は継続?|凛のTAKARA箱

コロナ 帰省したい

新型コロナウイルス感染拡大で政府が自粛要請してきた都道府県境をまたぐ移動が19日、全面的に解除された。 東京都内在住の茨城県出身者は「感染源」になることを恐れ、帰省を控えてきた人が多かった。 待ちわびた自粛緩和がようやく訪れ、「やっと茨城に帰れる」と喜びをあらわにした。 ただ、都内は新規感染者の発生が収まらない状態が続き、古里入りに不安も残している。 「万が一、自分が感染者になって家族にウイルスを移したら」-。 都内在住の茨城県出身者にとって、感染源となる心配が帰省を見合わせる大きな壁だった。 ともに早稲田大4年で、水戸市出身の黒沢一貴さん 21 と龍ケ崎市出身の柏木広大さん 21 は、同じ思いで過ごしていた。 最後の帰省は、黒沢さんが2月終わり、柏木さんは3月初め。 周囲には地元に帰る友人もいた。 黒沢さんは学生が感染したニュースを目にし、茨城に足が向かなかった。 今月中に帰省したいという黒沢さんは「今もためらう気持ちはある。 制限がなくなり、前よりは気にしなくていい」。 2人は茨城県出身や茨城に縁のある学生でつくる学内サークルに入り、古里愛は強いと自負する。 柏木さんは「この時季に実家で耳にするカエルの鳴き声を聞きたい。 季節の変化を感じられた地元の田んぼが見られず、さみしかった」と思いをはせる。 都内の飲食店でアルバイトをする茨城町出身の牛山由香さん 20 は、2月以降、帰省していない。 都心から地方に戻った人が感染を広げているのを聞き、「ウイルスを持ち込まないか心配だった」と振り返る。 「まず家族とペットに会いたい」と話し、バイト先の従業員と県内旅行に行くつもりだ。 東京都千代田区にある県の出先機関、東京渉外局は、都内在住の職員が少なくない。 PR・誘致チームグループリーダーの掛札巧さん 53 は単身赴任3年目。 3月下旬以降、水戸市内の自宅に戻っていない。 同僚も多くが自主的な判断で帰省を見合わせる。 掛札さんは「やっと茨城に帰れる。 茨城の景色を見たい」と喜ぶ。 都内では今も新規感染者数が50人に迫る日があり、完全に収束していない状況だ。 掛札さんは「都内勤務の県内在住者でも感染が出ていた。 状況を見ながら月末に帰省できればいい」と、自粛解除を慎重な姿勢で受け止めた。 茨城新聞社.

次の

帰省と新型コロナウイルスに関して、質問です。実家に帰省した...

コロナ 帰省したい

天ケ瀬温泉街の旅館前で、土砂の詰まった袋をトラックに積み込むボランティアの首藤真誓さん(手前右から2人目)=12日、大分県日田市 「困っている人を助けたい」。 大分県日田市出身の同志社大1年首藤真誓さん(18)が12日、豪雨による川の氾濫で壊滅的な被害を受けた同市の天ケ瀬温泉街でボランティアに参加した。 首藤さんは、想像を超える惨状に驚きながらも、懸命に土砂やがれきを運んでいた。 首藤さんは京都市の親戚宅から大学に通う予定だったが、新型コロナウイルスの影響でオンライン講義となり、4月に帰省していた。 テレビで流れる映像を見て「すぐにでも行きたい」と思い立ち、友人2人を誘い、ボランティアセンターの受け付けが開始された12日午前9時に駆け付けた。 初日のセンターには想定の3倍近い人が押し寄せ、ニーズとのマッチングに時間が割かれたため、作業開始は同10時半ごろになった。 午前中は現場の混乱もあり、戸惑いながら立ち尽くす場面もあったが、午後には慣れた手つきで作業に当たっていた。 天ケ瀬温泉街の旅館前で、剥がした床板を運ぶボランティアの首藤真誓さん(手前)=12日、大分県日田市 担当したのは、明治から続く老舗旅館「本陣」。 外に運ばれてくる床板や袋に詰められた土砂を、作業終了の午後3時まで運び続けた。 「こんなにも泥があるなんて思わなかった。 映像だけでは分からないことだった」と復旧が容易でないことを実感したという。 大学の講義は9月に再開される予定。 「期間は限られているができる限り参加し、少しでも地元の力になりたい」と泥だらけになった姿で語った。 旅館の4代目、大庭清見さん(68)は「これだけの人が集まり、活気があって勇気づけられた」と感謝。 「思いの外作業が進んだ。 先行きは見えないが、できることなら年内の再開を目指したい」と話した。

次の