結婚式 受付 ドレス。 結婚式で受付を頼まれた方必見!当日の服装と流れを徹底解説

結婚式の受付係向け可愛いパーティードレスの選び方

結婚式 受付 ドレス

そんな大事な役割を依頼されるのは信頼の証ですし、新郎新婦にとって一生に一度のおめでたい場でのお願いごとなので、よほどの事情がない限り快く引き受けたいもの。 とはいえ、ご祝儀を預かるという重要な役割も担っているので、当日は緊張感をもって挑まなくてはなりません。 ゲストに対するマナーやスムーズな受付の流れなど、しっかり準備をしておきましょう。 もしどうしても引き受けられない場合には、なるべく早い段階で受けられない理由をキチンと伝え誠意をもってお断りするようにしましょう。 時間だけでなく、会場に到着したらまずどこに行くべきかも重要なので集合場所も明確にしておくと安心です。 服装やヘアメイクはカジュアルすぎず結婚式の場にふさわしい身だしなみに整えましょう。 女性なら、肩や胸元の露出が高いドレスや花嫁の特権カラーである白、重い印象の黒は避けた、華やかな装いが好ましいです。 またお辞儀をしたり、ゲストと会話する機会が多いので、ヘアスタイルはアップやハーフアップなどに整えると所作も美しくなります。 男性の場合は黒いスーツが基本とされていますが、場合によっては黒に近いダークカラーのスーツでもOK。 ただ、濃いストライプなどの柄物は結婚式にはふさわしくないので、避けるようにしましょう。 また、華やかな色のポケットチーフなどをプラスしてオシャレに演出するのもオススメ。 受付は男女ともに手元に注目が集まるシーンが多いので、爪や指先も美しく整えておくのもマナーと言えます。 当日になってすべてを把握しようとすると、混乱する原因にもなりかねないので、これから挙げる内容を事前にわかる範囲だけでも確認するようにしておくと安心です。 また、受付はご祝儀を預かるという大役を担っているので、面会可能であれば新郎新婦や親族へ結婚式のお祝いを兼ねてご挨拶をしておくとより丁寧。 預かったご祝儀を手渡す親族がいれば、最初に顔合わせをしておくとお互いに安心です。 ここでの大前提は遅刻をしないということ。 会場までのアクセスを事前に確認しておくことはもちろん、遅延など想定外の出来事にも備えて早めに行動するように心がけましょう。 クロークやお手洗い、待合室などゲストが必要とする設備がどこにあるのか事前に確認しておくとスムーズです。 受付の大きな役割としては ・ご祝儀を受け取り、芳名帳への記入をお願いする ・受付をしたゲストをリストでチェックし、お車代やお手伝いの必要なゲストかどうか確認 ・席次表などのペーパーアイテムをゲストに手渡す などがあります。 受付は新郎新婦や両家に代わってゲストをお出迎えするので、立場的には「両家」としてゲストに接することになります。 ここからは、ゲストが受付に到着してからの流れを、会話例を交えながらご紹介します。 お預かりいたします」 このとき、ご祝儀を受け取り、ご祝儀袋の名前からゲストリストに出席のチェックと、お車代やお手伝いの対応などが必要ないかどうか確認します。 また、お預かりしたご祝儀袋はある程度お盆に積み重ねて置いておくほうが、おめでたい雰囲気がアップするので崩れない程度に乗せておくようにしましょう。 記帳漏れなどがないように、混雑時にはしっかりとした案内・誘導が必要です。 お名前のある席をご確認ください。 待合室がございますので、お式開始まではそちらでお待ちください」 このとき、お車代を渡すゲストには 受付:「新郎新婦よりお渡しするようにと、ことづかっております」 と、ひとこと添えます。 <参列予定のゲストが全員揃っている場合> ご祝儀袋と芳名帳は、事前に新郎新婦と確認が取れている親族など、決められた人に直接手渡します。 また会場の担当者に渡す場合は、渡す人の名前を確認しこれも直接手渡しするようにしましょう。 <参列予定のゲストが揃っていない場合> 受付終了時刻になっても予定しているゲストが現れない場合は、その旨を会場担当者に伝え、受付代表者の1~2名が受付に残ります。 挙式や披露宴が始まる10分ほど前に会場担当者が声をかけてくれるので、それでもゲストが現れない場合には、再度その旨を会場担当者に伝え、ご祝儀袋と芳名帳を事前に確認した親族など決められた人、また会場の担当者に直接手渡しして、受付係も挙式・披露宴の会場へと向かいます。 ゲストはもちろん新郎新婦にも迷惑がかからないように、以下の項目はしっかりと肝に銘じて行動するようにしましょう。 ・久しぶりに会った友達がいても、受付で長話しをするのは避けましょう。 ・大金を預かる受付は勝手に持ち場を離れたり、誰もいない状態をつくってはいけません。 ・ご祝儀を預ける人は、必ず事前に新郎新婦から続柄と名前の確認を取り、直接受付係が手渡すようにしましょう。 間違っても別の誰かに預けるのは絶対NGです。 ・受付で頭がいっぱいになり、自分の受付やご祝儀を出し忘れた!という人も少なくありません。 ゲストが少ない時間帯に自分の受付を早めに済ませておきましょう。

次の

結婚式で受付を頼まれた!服装選びで押さえるべき3つのポイント

結婚式 受付 ドレス

友だちや同級生から結婚式での受付係を頼まれたとき、どんな服装でゲストをお迎えすればいいのか?すっごい不安になりますよね。 できれば、結婚式の受付なんてやりたくないけど、親友からのお願いだし、断るわけにもいかず、服装選びで悩んでいる方も多いはず。 受付係になると、ゲスト側というよりは、新郎新婦側の立場に近いので、服装選びもマナー違反にならないようにしっかりと理解してから上品なパーティードレス選びがおすすめです。 20代・30代女性から人気なのは、ベージュピンクやライトブルーなどの華やかで明るいパーティードレスが受付係の服装としておすすめです。 結婚式の受付係の服装として、同じように人気なのが、黒やネイビーのパーティードレスです。 ただ、ダーク系ドレスを選ぶ場合には、結婚式向けに華やかで明るいコーディネートが求められます。 あまり暗い印象のコーディネートだと冠婚葬祭のようなイメージになってしまうので注意が必要です。 できれば、袖ありのパーティードレスが良いのですが、袖なしのワンピースなどには、ボレロやストールなどの羽織物を着るのがマナーとなっているので、覚えておきましょう。 結婚式の受付をやる場合のアクセサリーには、定番のパールネックレスなどを選ぶのが良いでしょう。 結婚式だけでなく、他の機会でも着回せますし、上品で清楚な印象を与えるのでおすすめです。 受付係になった場合、常に動いたり立ちっぱなしになる時間が長いことが予想されます。 ですので、選ぶパーティードレスも動きやすいものが良いですし、パンプスにも長時間履いてていても疲れにくいようなデザインの靴を選ぶのがポイントです。 せっかくの結婚式もサイズが合わないドレスやパンプスを履いて、疲れてしまっては、新郎新婦を心から祝福できませんし、自分も楽しめないのでしっかりと体型に合ったコーディネートをしましょう。 今回は、結婚式で参考にしたい受付係のパーティードレス選び方をご紹介します。 結婚式・セットアップ 出典 スカートは重ね着してボリュームを出してZARAのワンピースと 出典 肩レース切り替えワンピース 出典 透け感のあるフラワーレースが可憐な印象のワンピース 出典 ほんのりストライプ柄でクールにオシャレに着こなせる一枚 出典 ワンピースシースルーですごいキレイ 出典 ドルマンレースセットアップパンツ 出典 レース2Pサロペット 出典 ブラウスを使ったコーディネート 出典 ノットワンピースを使ったコーディネート 出典 ネイビーワンピを使ったコーディネート 出典 大人っぽく見せるためにはどんなカラーがいい? 40代になると、結婚式のような会場では若々しく見せたいと思う気持ちもありますが、肌を露出するような演出は厳しいです。 どんな部分で大人っぽさを表現すればいいのか分からない、という人も少なくありません。 ドレスで大人っぽさを演出するときは、まずカラーに注意しながら衣装を選ぶことが大切となります。 ピンクや水色といったカラーでは、子供っぽく幼いイメージになってしまいます。 結婚式の際に40代に人気のカラーと言えば、ネイビーや黒、パープルなどです。 これらはキレイな雰囲気を持ち、大人っぽさと上品さをアップさせられます。 またネイビーのドレスであれば、可愛らしさも演出できます。 ネイビーは、肌をキレイに見せてくれるカラーでもあります。 肌がくすんでいる、顔のトーンを明るくしたいという場合には、ネイビーのドレスがおすすめです。 ネイビーで大人っぽいドレス 40代の女性はできるだけ肌を隠したい、大人っぽく見せたいという条件を掲げ、ドレスを探す方も多いのではないでしょうか? そのような方には、袖ありのドレスがおすすめです。 肌の露出を抑えながら、大人ぽさを演出できるため、特に40代の女性にはピッタリです。 ネイビーの袖ありドレスをコーディネートする際は、パールのネックレスにベージュの小物を合わせたコーディネートが似合います。 大人っぽく、キレイなコーデに仕上がるでしょう。 また、ネイビーのドレスには黒やピンクベージュ、赤などのカラーも合います。 これらのカラーを、コーディネートに多少加えてみるのもいいと思います。 大人っぽく演出したいからと、シックに決めすぎてしまうと華やかさが欠けてしまうこともあります。 コーデにワンポイントの差し色を使うと、オシャレ感や華やかさを演出できるでしょう。 40代の女性が大人っぽく演出するためには、ネイビーのドレスを選ぶと効果的と言えます。 ネイビーには様々な効果があるため、40代の女性の悩みを上手に解決に導いてくれます。 ネイビーのドレスをコーディネートするときは、どのアイテムを際立たせたいかをよく考える必要があります。 ドレスを際立たせたいときはベージュ系で、パンプスやバッグを映えさせたい場合は、その部分に差し色を加えるのが効果的です。 GUでは、結婚式や二次会にピッタリの衣装が幅広く展開されています。 その中でも、オールインワン・パンツスーツがおすすめ! ドレープシンプルミディアムAラインドレス 出典 シフォン 2WAYコーディネート 出典 スウェードのguパンプスコーディネート 出典 Tブラウスコーディネート 出典 セパレートパンプスコーディネート 出典 UNIQLOのハイネックブラウスとGUのテーパードパンツ 出典 ピンクと黒でまとめた結婚式二次会コーデ 出典 ドラマは全体にラメラメコーデ 出典 全身GUコーディネート 出典 キレイめセットアップも周りと差がついてかっこいいコーデ 出典 二次会コーデ 出典 パンツを使ったコーディネート 出典 パンツを使ったコーディネート 出典 ユニクロでおすすめのパーティーコーデ ユニクロでは、プチプラで袖ありのワンピースや袖なしのワンピースが、幅広く展開されています。 また、ユニクロのパーティードレスは上品で清楚なイメージがおすすめ! ドレープシンプルミディアムAラインドレス 出典 ドレープジョガーパンツ 出典 レースショートスリーブワンピースドレス 出典 ドレープワイドクロップドパンツ 出典 プチプラでも十分パーティー感は出せる 出典 フォーマルなパンツないのでセットアップ風に着て 出典 UNIQLOのハイネックブラウスとGUのテーパードパンツでなんちゃってオールインワン 出典 UNIQLOの結婚式二次会コーデ 出典 UNIQLOの結婚式二次会コーデ 出典 UNIQLOの結婚式の二次会コーデ 出典 ノーカラージャケットを使ったコーディネート 出典 UNIQLOの結婚式二次会コーディネート 出典 UNIQLOのカーディガンを使ったコーディネート 出典 UNIQLOのきれいめコーディネート 出典 H&Mでは、安く購入できるコートも販売されています。 全身トータルでコーディネートしても、安く揃えられる! 二次会コーディネート 出典 結婚式で着たワンピースとアクセを付けて 出典 スヌードを使ったコーディネート 出典 ブラックコーデ 出典 インナーレースでdressy 出典 スカートを使ったコーディネート 出典 結婚式や二次会に着て行くオールインワンのパンツスーツの選び方や着こなし術について、紹介していきます。 しかし、ここを重視しすぎてしまうと全体がラフになりすぎてしまい、フォーマルというよりはカジュアルなテイストになることもあるので注意しましょう。 パンツスーツを選ぶときはできるだけ全体がラフになりすぎないように、ふくらはぎがほど良く見える程度の丈を選ぶのが良く、パンプスを履くことで足をキレイに見せる必要があります。 これにより、衣装はラフだけどしっかりとフォーマルな印象も与えられ、結婚式にふさわしい装いになります。 また、首元までしっかりと隠れるようなパンツスーツを選ぶ場合は、華やかさをアップさせるために長めのアクセサリーをつけるのもいいでしょう。 パーティースタイルのオールインワン 出典 MIIAのピンクサテンのコンビネゾンドレス 出典 ベージュブラックのパンツドレスにファースヌードをプラスして華やかに暖かく 出典 袖レースのオールインワン 出典 ソデキリカエサロペット 出典 ツートンセットアップパンツドレス 出典 ドットチュールが可愛い、オールインワン 出典 パンツスーツを選ぶときはカラーに注意して そもそも、パンツスーツを選ぶときは結婚式できるということを前提に置き、華やかに見せてくれるカラーのパンツスーツを選ばなくてはなりません。 そのため明るめのカラーが使われているものなど、顔のトーンを明るく見せてくれる衣装を選ぶようにしましょう。 パンツスーツでは黒も人気色なのですが、この黒色を選ぶときはできるだけ明るい印象になるように、長めのキラキラ光るアクセサリーを付けると華やかに見えます。 カラーで人気が高いのはベージュやネイビーで、大人っぽい印象でかわいらしい雰囲気を醸し出せます。 またコーディネートもしやすいため、結婚式にあまり参加したことがないという人にもおすすめできます。 結婚式にパンツスーツで参列しようと考えている場合は、全体がラフになりすぎないようにしたり、カラーを上手く選択する必要があります。 明るいカラーのパンツスーツで華やかさを演出できるのであれば、2色コーデで黒を取り入れて全体を締めるのもいいでしょう。 この方法は、初心者でも簡単にできるコーディネート術なので、何を合わせたらいいのか迷っている人はメインの衣装だけはルールに従い、パンプスやバッグなどは使い回しができる黒を選んでおくと無難だと思います。 パンツドレスは、普段はスカートを履かないという人におすすめの衣装です。 結婚式の華やかなイメージにもピタリと合います。 また、普段から仕事でスカートのスーツを着ている人は、結婚式にもパンツドレスで参列し、いつもの雰囲気を変えてみるのもいいでしょう。 程よい光沢のあるサテン生地で、セットのレーストップスで上品さも 出典 上品なセットアップは結婚式にぴったり 出典 ざっくりとしたデコルテまわりが美しいデザインのパンツドレス 出典 スタイル良く着こなせる大人のオールインワン 出典 リボンコンビネゾン 出典 美シルエットにこだわった大人のオールインワン 出典 パンツドレスで個性を出すためには? 最近では、パンツドレスの幅も広がりを見せていて、通常のパンツスーツに柄が入っているもの、光る素材があしらわれているものもあります。 こういったパンツドレスはかなり個性的に見えるので、自分だけのコーディネートを仕上げたい場合には、柄入りか光る素材があしらわれているものを選びましょう。 また衣装に柄が入っていても、どこか華やかさに欠けてしまうこともあるので、足元またはバッグなどでカラーを加えてみると、オシャレに仕上がると思います。 パンツスーツでは黒やグレーなどが多いので、女性らしいピンクや赤を加えてかわいらしくコーディネートをするのもいいですし、少しパンクな印象を与えたいのであればパープルの小物を選ぶといいでしょう。 シフォン系のパンツドレスでかわいらしさを演出 パンツスーツと言っても、結婚式ではシフォン系の素材で作られている、オールインワンタイプのパンツスーツもおすすめです。 シフォン系のパンツスーツは華やかさやかわいらしさ、女性らしいふんわりとした印象を与えることもできます。 個性的な印象にしたいのであれば、上下が分かれているタイプを選択して、別々で使い分けるといいでしょう。 上下を別々で使用すればカラーバリエーションも増え、コーディネートがしやすくなり、3色コーデも夢ではなくなります。 3色コーデを目指せばオシャレ上級者の仲間入りもできるので、シフォン系のパンツスーツでオシャレという個性を表してみるのもいいかもしれません。 一言でパンツスーツと言っても、テイストが違えば甘くもなり辛くも見せられます。 普段のギャップを見せたいという場合は辛さを感じさせるようなパンツスーツを選択し、甘い系で決めたいという場合は、シフォン系のパンツスーツでコーディネートをしていくのがおすすめです。 また、シフォン系のパンツスーツではウエストの部分にフリルがついていたり、ウエストにリボンの飾りがついているタイプのものだと、個性を表せるのではないかと考えられます。 結婚式では如何にオシャレに見せられるかがカギとなるため、こういったパンツスーツでオシャレを演出してみるのもいいかもしれません。 ピンクやブラック、ベージュといった結婚式で人気のカラーは、結婚式会場でかぶることが多いため、周りと同じようなコーディネートにならないようにしたい、という人も多いです。 ピンクの場合には、ブルーやグリーン、イエローやベージュなどを加えたコーディネートがおすすめです。 春の季節ではグリーンやイエローを入れると良く、夏頃にはブルーで爽快感を表すのもいいでしょう。 ブラックの衣装では大半の人が同系色でまとめていたり、レッドの差し色を入れてオシャレに見せている人も見られます。 そのためブラックの衣装を選ぶ際には、3色コーデを心がけるようにしてパープルとグリーンを取り入れると、オシャレで可愛らしい印象になるでしょう。 ラッフルスリーブ ワンピースお呼ばれコーデ 出典 異素材MIXフレア袖ワンピースお呼ばれコーデ 出典 フラワードットドレスワンピースお呼ばれコーデ 出典 チェックダブルブレストジャケットお呼ばれコーデ 出典 チェックダブルブレストジャケットお呼ばれコーデ 出典 ベージュにピッタリのカラーで周囲に差をつける ベージュの衣装の場合もブラック同様、同系色でまとめるというのがコーディネートとしては主流です。 しかし、周りと差をつけるためには、同系色でまとめるだけの簡単なコーディネートではダメです。 ベージュにピッタリのカラーをコーディネートに加えて、オシャレ感を演出していきましょう。 このベージュにピッタリのカラーは、グリーンやブルー、パープルやピンクなどを差し色に使います。 これらは、ベージュの衣装がボヤけてしまう色のため、濃いカラーのアイテムで揃えるのがおすすめです。 ベージュの衣装は3色を使うようにするとオシャレ感が出て、なお且つ可愛らしさも演出でき、華やかさをアップさせられます。 しかし、ベージュの衣装で3色コーデを目指すのは初心者にとって難しいため、2色コーデになることが多いです。 周りと差をつけたいなら、オシャレを磨くためにも3色コーデに挑戦しましょう。 ベージュのカラーで3色コーデを目指すのは難しいのですが、ブラックの衣装であれば簡単にコーディネートできます。 初心者の場合はブラックの衣装で上手く3色コーデを作り上げ、少しずつオシャレのレベルを上げていくと自分に自信がつくようになるでしょう。 ベージュ系ワンピースのお呼ばれコーデ 出典 後ろレースへプラムセットアップのお呼ばれコーデ 出典 バー付き2WAYドルマンワンピースのお呼ばれコーデ 出典 MIIAのピンクサテンのコンビネゾンドレス 出典 シフォン切替ラッフル袖ワンピースお呼ばれコーデ 出典 ソデキリカエサロペットお呼ばれコーデ 出典 プティのアクセサリーを重ねたお呼ばれコーデ 出典 落ち着いたカラーのワンピースだと派手になりすぎず 出典 レーススリーブロンパース 出典 ビジュー付プリーツドレス 出典 セットアップセパレートレースパンツドレス 出典 2018年冬のトレンドアイテムはチェスターコートなので、結婚式の衣装に合わせて温かく着られる起毛裏地チェスターコートを選ぶようにしましょう。 さらに、オレンジやネイビー、ピンクやグレーなどのトレンドカラーを加えながら全体をコーディネートしていくと、トレンドを抑えているということから、オシャレ上級者の仲間入りができます。 オシャレ感をアップさせたいけど上手くコーディネートができない人は、ワンポイントで差し色間隔でトレンドカラーを加えてみるとオシャレに仕上がり、上手くコーディネートできると思います。 2018年のトレンドアイテムは? 2018年冬のトレンドアイテムは、チェスターコートです。 チェスターコートは結婚式の衣装にもピッタリで、ワンピースやドレス、パンツスーツにも合わせやすいのが特徴です。 またチェスターコートの中でも、2018年冬のトレンドアイテムは丈が長いタイプのものなので、ドレスやワンピースで足が出てしまうような衣装でも、寒さを軽減させてくれます。 チェスターコートは寒い冬には欠かせないアイテムで、着回しをすれば結婚式だけでなく二次会や同窓会、謝恩会などにも着用できるので、1枚持っておくと便利だと思います。 チェスターコート 出典 ワイドリブタートル 出典 メルトンダブルコート 出典 TSP チェスターコート 出典 ZARAのワンピースは腕が透けてて可愛い 出典 ZARAのワンピース 出典 ZARAのしっかりめコーディネート 出典 ZARAの黒ワンピと赤パンプス 出典 ブラックのワンピースにZARAのショートレーストップスがさね 出典 ZARAのワンピース 出典 ZARAのプチプラでブラックに統一 出典 フォーマルなパンツないのでセットアップ風に着てみました 出典 ZARAのアイテムを使った婚活に使えるコーディネート ZARAでは、婚活にピッタリのワンピースも販売されていて、白やクリーム色のワンピースも多数用意されています。 肩が出ていて、ほど良くセクシーに見えるワンピースや、フリンジワンピースでオシャレでかわいらしくコーディネートするのもいいです。 男性は、あまり露出があったり派手な衣装を着て行くと引いてしまうことがあります。 露出の少ないワンピースやフリンジワンピースでも、ジャケットやボレロを羽織って露出を控えることが必要です。 パンプスではあまり高いヒールを履かないようにして、最大でも6~7cm程度までのヒールで留めるようにしましょう。 このくらいのヒールの高さであれば、派手なイメージを与えることもなく体のラインをキレイに見せられるはずです。 ZARAでは、結婚式や婚活に着て行けるワンピースやドレスが販売されています。 自分のイメージに合うもので、コーディネートを楽しんでみるのもいいと思います。 コーディネートをするときは全体のバランスや露出度、カラーなどを考えながらコーディネートをしていくと、上手くまとまるようになります。 結婚式や婚活参加は初めてで、どんな衣装を着て行けばいいのか分からないという場合は、ある程度下調べをしてから衣装を購入しましょう。 クラッチバッグとパンプスで、大人の女性を極めて! 【きれい派コーデ】オールインワンなら大人のキレイ目女性になれる 出典 オールインワンのパンツドレスは、大人女子の同窓会ファッションの中でもとくにオススメ!スカートと比べてマニッシュな雰囲気になりますが、アクセサリーやバッグ・ヒールを女性らしいものにすることで、キレイ目な同窓会ファッションに仕上がります。 ジャケットは寒さ対策にもなるので、寒い時期の同窓会にもおすすめです! 【かわいい派コーデ】キュートなフレアスカート 出典 フレアスカートは、かわいいファッションが好きな人ならチェックしておきたいアイテム。 ちょっとかわいすぎるかな?と思うかもしれませんが、ブラックなどの落ち着いた色味のものなら、大人女子にも着こなせます。 【かわいい派コーデ】カラードレスで大人かわいい同窓会ファッション! 出典 人と差のつくかわいい派同窓会ファッションを目指したいなら、色鮮やかなカラーワンピがおすすめです! かわいくなりすぎないように、ミモレ丈のものを選ぶと大人っぽい雰囲気を残すことができます。 肌がくすんでいると、老化により老けて見られてしまうこともあるので、同窓会に行くときはできるだけ派手なカラーのものを着るといいでしょう。 派手な衣装は抵抗があるという人でも、同窓会できると考えれば同じ年代の人が大勢集まり、このような同じ考えを持っている人もいるため、自分だけ目立つということはないので安心してください。 明るいカラーの服を着れば、自然と顔のトーンが明るく見えるようになるため、くすんでいる肌もキレイに映ります。 そのため若々しい印象となり、老けたと言われなくなるでしょう。 30代は、ある程度年齢を重ねた大人というイメージがあり、人によってはまだまだキレイな人や老けて見えてしまう人もいます。 普段から老けて見られるという人は、同窓会に行くときに着て行く衣装を少しでも華やかにしたり、明るいカラーの衣装を着ることで若く見られるようになります。 ブラックドレスの場合は小物で華やかさを足すのがポイントです。 こちらはラメのボレロを羽織ることで明るくエレガントな印象になっています。 レースドッキングワンピースコーデ 出典 また、ネイビーも40代女性に人気のカラーです。 タックワンボタンテーパードパンツセットアップコーデ 出典 また、小さいお子様がいらっしゃる方にはシンプルなパンツスタイルもおすすめです。 セットアップなら動きやすく、授乳にも対応できます。 こういったダークグリーンは目立ちすぎることなくお祝いの気持ちを表現することができますね。 ハリ感があるシャンタン生地は大人にふさわしい高級感です。 ネックレス付レース切替OPコーデ 出典 ワインレッドも大人のおしゃれコーデに役立つカラーです。 ボレロを羽織って露出をひかえめにしているのがポイント。 ネックレスなどの小物も華やかさにこだわって選びましょう。 ノーカラー折り返しラペルジャケットコーデ 出典 会社関係の結婚式に出る場合は、30代の頃とは違い新郎新婦の上司や先輩となる場合が多くなります。 挨拶を頼まれることも考えられるので、上品なワンピースにジャケットをオンしたスタイルが安心です。 柔らかいベージュカラーなら優しげな雰囲気も出せますね。 Wクロス スカート セットアップコーデ 出典 1枚でコーデを済ませたい方には、こういった袖ありできちんと感のあるドレスがおすすめです。 ふんわり広がるフレアスリーブで女性らしさも忘れずに。 この年代は落ち着いた雰囲気の装いを求められることが多いですが、ポイントをおさえれば難しくありません。 ただし全身を黒でまとめすぎると「喪」のイメージになりがちです。 こういったラメ入りのショールを足すなどして華やかな雰囲気にするといいでしょう。 レースブラウスとのセットのワンピース 出典 また、ショール以外ではボレロも動きやすくおすすめです。 こちらはサテン素材なので大人の気品をキープすることができます。 シンプルデザインでも裾のぺプラムラインが女性らしさも演出してくれます。 サテンプリーツロールパーティーバッグ 出典 ネイビーも落ち着いたカラーで人気です。 ジャケットで肌の露出を抑え、かつきちんと感もプラス。 ダークカラーのドレスを着る場合は、このようにバッグなどの小物をアクセントにすると素敵ですね。 タイトスカートなどと合わせれば、結婚式以外にも着回しができそうです。 やっぱり袖付きが落ち着く…という方にはこんなドレスがおすすめ。 ゆったり感のある柔らかなシルエットのトップスで、気になる背中のお肉を目くらまし。 格式高い結婚式では無地の服装が無難ですので、迷ったらこういった柄のないドレスを選びましょう。 スカート丈は世代を問わず「ひざ下以下」がマナーです。 ソデプリーツワンピース 出典 また、カラーものをご希望ならボルドーがエレガントでおすすめです。 こちらは袖に施した細かいプリーツ加工が特徴的で、結婚式にふさわしい華やかさがあります。 身ごろには装飾がないため、50代の方でも違和感なく着こなせる1着です。 いかがでしたか? 基本的なマナーは世代を通して共通ですが、50代は落ち着きと品の良さを出すことを念頭においてコーディネートしましょう。 とはいえシルエットや素材の種類は豊富なので、自分の体型やお好みに合ったものを選べますよ。 ネックラインにはさりげなくビジューが施されていて、ネイビーでも華やかにまとまります。 ケープ風スリーブドレス 出典 同じケープデザインでもグレーだと少しカジュアルな雰囲気。 でも露出を抑えられているので大人っぽく、上品さがキープできます。 顔と対照的な横のラインが加わることで、顔周りをすっきりと見せてくれますよ。 大胆なウエストリボンが気になるウエストのたるみを目くらまし。 こちらは露出を抑えつつ素材のドレープ感がフェミニンな1枚。 トレンドのフィッシュテールデザインが他との差をつけられそうです。 オールインワンにレースのトップス 出典 パンツスタイルは初めて…という方でもこういったダークカラーなら気軽に着られますね。 レーススリーブロンパース 出典 さらに流行を意識したいなら、ワイドパンツタイプをチョイス。 鮮やかなグリーンは華やかですが派手になりすぎません。 前後に深く開いたVネックが大人っぽく、女性らしさをアピールできるポイントです。

次の

結婚式の受付を頼まれた人集合!!最低限知っておきたい6つのこと*

結婚式 受付 ドレス

受付の服装、どうすればいい? 受付は、すべてのゲストをお迎えする役割。 誰が見ても好印象を持つような、明るく爽やかで、清潔感のある服装を心がけましょう。 基本的には一般のゲストと同じ服装で構いませんが、受付ならではの気を付けたいポイントも。 具体的に男性、女性それぞれの服装のポイントを見ていきましょう。 男性の服装 スーツ 男性の服装はスーツが基本です。 スーツはフォーマルにふさわしい、ブラックスーツ(上下黒のスーツ)、またはダークスーツ(グレーやネイビーなど)を選びましょう。 柄はなるべく控えめにします。 チェックやストライプは避けた方がいいですね。 シャツ シャツの色は「白」が基本。 友人中心のようなカジュアルな式であれば、淡いパステルカラーもOKということも。 柄物は避け、無地か同系色の織り柄などの目立たないものにしましょう。 織り柄の白シャツ シワがないよう、しっかりアイロンがけをしておきます。 ネクタイ ネクタイの色は、光沢のある「白」や「シルバー」などが無難。 他の色を選ぶ時は、あまり派手になりすぎないように、淡いパステルカラーや落ち着いた色を選びましょう。 ただし、「黒」は弔事の色なのでNG。 できるだけ無地を選び、柄が入っている場合も派手なものは控えましょう。 靴 靴は「黒」の「紐つきの革靴」が基本です。 「ストレートチップ」と呼ばれる、つま先に一文字のラインが入ったものが、冠婚葬祭で使うことのできる、最もフォーマルな靴。 もしくはつま先に装飾のない「プレーントゥ」でもOKです。 色は、カジュアルな結婚式であれば、落ち着いた茶色の靴でもOKと言われていますが、受付をする場合は黒が無難かもしれません。 しっかり磨いておくことが大切です。 靴下も「黒」が基本。 白や柄物、くるぶし丈の靴下はカジュアルなので避けましょう。 男性ゲストの服装については、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。 女性の服装 ドレス・ワンピース 受付は、お辞儀をしたり、ゲストを案内することも多いので、動きやすさも大切です。 胸元があいている服やミニスカートは、動くときに気を遣うので避けましょう。 またショールなどは、ずれ落ちてしまわないようにしっかり留めます。 ショールではなく袖を通すボレロにしたり、袖付きのドレスにするのもいいですね。 色は会場が華やかな印象になるよう、できるだけ明るいものを選びましょう。 ただし、花嫁のドレスと同じ「白」や派手すぎる「原色」はNGです。 柄物もカジュアルな印象になるので避けましょう。 靴 フォーマルな場では、ヒールを履くのがマナー。 受付は立っている時間も長いので、ヒールは高すぎず、履きなれたものを選びましょう。 サンダルやオープントゥのパンプスはカジュアルなので結婚式にはふさわしくありません。 また、素足はマナー違反ですので、必ず肌色のストッキングを着用しましょう。 では、次はスーツやドレスに添える小物について見てみましょう。 スーツの袖口にカフスボタンがあると、上品で華やかですね。 金や銀の台座に白蝶貝のものが最もフォーマルでおすすめ。 チェーンのついたデザインものは、カジュアルなので避けましょう。 受付では上半身が目立つので、ぜひ取り入れたいアイテムです。 色は「白」が基本ですが、「シルバー」などでもいいですね。 他の色を選ぶときは、ネクタイと合わせるとGOOD! 折り方は「スリーピークス」という角が3つある折り方がフォーマルです。 男性ゲストの小物については、こちらも参考にしてみてくださいね。 パールを基本に上品にまとめましょう。 受付ではお辞儀をするときに邪魔になりますので、長いネックレスはできるだけ避けた方がいいですね。 アクセサリーのマナーについてはこちらの記事も読んでみてください。 女性は和装でもGOOD! 女性は、フォーマルにふさわしい和装もおすすめです。 受付に「華を添える」ということで、新郎新婦の親族からも喜ばれることが多いよう。 着物を着るなら、既婚・未婚問わずフォーマルに着ることのできる「訪問着」か「付け下げ」が無難です。 また、「色無地(いろむじ)」も「紋(もん)」が付いていればフォーマルで着ることができます。 未婚の女性なら「振袖(ふりそで)」でもいいですね。 振袖については、こちらの記事も参考にしてくださいね。 また、既婚者であれば「色留袖(いろとめそで)」でもOK。 ただし、「色留袖」は「紋」の数で格が変わるので、友人であれば3つ紋以下を着るのがマナーです。 色留袖のマナーについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。 着物を着る場合でも、花嫁の色である「白」は避けましょう。 派手過ぎる色もできるだけ控え、色味を抑えた上品なものを選ぶといいですよ。 所作や身だしなみに注意 着物を着る際は、洋装以上に所作に気を付けましょう。 姿勢もしっかり正し、歩くときは歩幅を小さ目にすると上品です。 また、着崩れしていないかチェックすることも忘れずに。 ヘアスタイル、メイクはどうする? ヘアスタイル 髪型は男女ともに、結婚式にふさわしい清潔感のあるスタイルにしましょう。 男性は短くても、ワックスなどできれいに整えてくださいね。 きちんとひげを剃るのも忘れずに。 女性のヘアスタイルは、アップやハーフアップにして、お辞儀をしたときに顔にかからないようにするとベター。 ヘアアクセサリーを付ける場合は、新婦より派手にならないように、大きすぎるものは避けます。 また、生花の髪飾りも新婦が使うことが多いので、避けたほうが無難です。 女性のメイク ワンピースやドレスに合わせた、上品で華やかなメイクにします。 とは言ってもあくまで主役は新婦です。 目元を華やかな色にしたなら、口紅やチークは抑えめにするなど、あまり派手になりすぎないよう気を付けましょう。 和装のヘアメイク ヘアスタイルは、着物に雰囲気を合わせたアップスタイルがおすすめ。 できるだけシンプルにまとめるといいですね。 髪飾りも着物に合わせて選びましょう。 大きすぎるものや派手なものは控えます。 着物の時にはアクセサリーは着けないのが基本です。 結婚指輪や婚約指輪以外は着けないようにしましょう。 手元にも気を配って 受付は、ご祝儀を受け取ったり、芳名帳(ゲストが名前などを書くもの)への記入を促したりと、ゲストに手元を見られる機会が多いもの。 手元も忘れずにケアをしておきましょう。 爪は短く切り、汚れなどがないよう清潔にしておきます。 女性でネイルをする場合、付け爪や派手な装飾は避けます。 シンプルなデザインで上品な色にするといいですね。

次の