資本主義 2ch。 資本主義

『プロ倫』要約と解説|ウェーバーの言いたいことはコレだけ!

資本主義 2ch

マルクス主義の概要資本家が独占する資本を、社会の共有財産とし、資本をいたずらに拡大する賃金労働を廃止し、協同、協力によって運営する社会を目指す。 我々は日々労働をして生活をしていると思いますが、貧富の差を全く感じずに生活している人は少ないでしょう。 これらは、資本家が富を独占することによって引き起こされていると、マルクスは考えました。 資本家ばかりが、資本を拡大してお金持ちになり、労働者は一向に豊かにならない当時の社会を見たマルクスは、資本主義社会の限界を予見しました。 そこで、資本家の資本を社会に帰属させて分配するべきだと考えました。 考えてみれば、そこまで違和感のある思想だとは思えません。 技術の進歩やイノベーションは、特定の企業や資本家だけで生み出せるわけではないですよね。 過去の知識や知恵の積み重ねがあったから、車やiPhoneは生まれたわけです。 それを資本家が独占するから、社会が良くならないのだと当時のマルクスは考えました。 マルクス主義の根拠と背景 資本家の独占している富を、国民に分配するべきだと考えたマルクスですが、聞こえは良いですが、本当に社会はうまくいくのでしょうか? そもそも今の資本主義でもある程度うまくいってるのではないか?そう考える人もいるわけです。 そこで、マルクスやエンゲルスは、時間をかけて思想的な根拠を積み上げました。 それがマルクス主義として一般的に知られている思想となっています。 思想の柱となる要素は、おおよそ 3 つの考え方です。 共産主義 マルクスとエンゲルスは、「共産主義宣言」に基礎となる考え方を記述しています。 共産主義宣言で書かれている内容は、ざっくりと下記の通りです。 共産主義の要旨過去の人類の歴史は、自由民と奴隷、領主と農奴、資本家と労働者などの階級闘争の歴史である。 最近では、よりプロレタリアート(労働者)とブルジョアジー(資本家)の格差は広がりつつある。 このプロレタリアートがブルジョアジーの独占する資本を、奪取し、社会全体の共同資本とすることで、より良い協力的な社会が実現するだろう。 これらの主張をより強固にするために、下記の2つの論理が展開されます。 唯物論的歴史観(唯物史観) 唯物史観は英語に直すとMaterialismです。 マテリアルは物質なので、直訳すると物質主義です。 世の中すべては、物質、つまり生産や消費などの流れによって決まっているという考え方です。 つまり、社会の法律や国家、さらには文化もすべて、「物質的な生産や消費」という、いわゆる「経済」が土台となって作り上げられたという考え方です。 マルクスは経済学批判の序文の中で、唯物史観について下記のように説明しました。 生産力の発展段階に対応する生産関係の総体が 社会の土台である。 この土台の上に法律的・政治的上部構造が立つ。 土台が上部構造を制約する。 生産力が発展すると、ある段階で古い生産関係は発展の桎梏(しっこく)に変わる。 そのとき社会革命の時期が始まり、 上部構造が変革される。 生産関係の歴史的段階にはアジア的、古代的、封建的、近代ブルジョワ的生産関係がある。 近代ブルジョワ的生産関係は最後の敵対的生産関係である。 発展する生産力は敵対を解決する諸条件をつくりだす。 それゆえ、資本主義社会をもって人間社会の前史は終わる 簡単に言えばこの思想は、社会は経済が規定しているという考えです。 つまり、資本主義という経済活動の形態を考え直さなければ社会は変わらないとする考えというわけです。 ちなみに「政治学」や「経済学」に多大な影響を与えた「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(プロ倫)」は、この唯物史観を否定しています。 経済が土台ではなく、宗教が経済を規定していると考えました。 下記のリンクで詳しく解説しています。 経済学(資本論) 経済学は、マルクスの「資本論」をベースとした考え方です。 簡単に説明すると現在の資本主義経済では、 「お金」で 「労働力」を買い、 「労働力」を投下することによって 「剰余価値」が生まれます。 その 「剰余価値」がさらなる 「お金(お金')」を生み出します。 そこで生まれた 「お金(お金 ' )」でさらに 「労働力」を購入して、さらに 「お金(お金'')」を つまり、お金がお金を生む運動によって、労働者と資本家の格差は広がると考えました。 下記のリンクで、より詳しく解説していますが、資本主義社会では資本家が資本を蓄積して、労働者には資本が分配されないということを論理的に解明した本です。 下記の記事を読むと、資本主義の欠陥を理解することができるかと思います。 つまり、 マルクス主義とは、「唯物史観」によって世の中は「経済」が規定しているという世界観のもとで、「資本論」によって構造的に資本家と労働者の格差が広がり、資本主義の崩壊を予期しました。 そのため「共産主義」的価値観のもとで、独占されている資本を労働者に分配し共通財産とすることで、より協調的な社会を作り上げようというのがマルクス主義の要旨です。 マルクス主義への批判 マルクス主義の主張に対して代表的な批判があります。 特に唯物史観とマルクス経済学(資本論)に対して行われています。 唯物史観への批判 唯物史観は政治や文化、宗教に至るまでが、経済の土台の上に成り立つという主張です。 しかしながら文化や政治は「経済」とは大きく切り離されて発展してきているとの批判があります。 確かにそうですよね。 例えば経済の議会制民主主義や大統領制など、それらが経済原理の土台の上で成立しているとは思えません。 さらには宗教や文化は全く経済とは独立して発展してきているものもあるのは容易に想像できます。 ちなみに議会制民主主義や大統領制等の「民主主義」は、全く異なる背景から誕生しています。 下記のリンクで解説しています。 マルクス経済学(資本論)への批判 資本家は、資本を蓄積して労働者を搾取しているという一面に着目して資本主義を批判していますが、資本家は市場を調査してニーズを満たす製品を生み出したり、世の中をより便利にするイノベーションを生み出したりする、社会的分業の一端を担っています。 マルクスの主張はそれら資本家が持っている役割を過小評価していると批判されています。 計画経済の限界 マルクス主義は、資本家が持つ「資本」を社会の共通財産にして、計画的に生産を行う考え方です。 しかし、この計画経済では、人々の多様なニーズを満たすことができないと経済学者の「ハイエク」は批判しました。 一人の計画者が、様々な国民が持つニーズや不満を解消できるわけがありません。 計画経済によって、多くの国民が不満を持った結果、社会を維持することが難しくなります。 そこで、政府が取る行動は「独裁」です。 不満を持っている国民を監視し、圧力を与えるようになります。 詳しくは、下記のリンクで解説しています。 ハイエクは自身の著書「隷属への道」でマルクス主義を痛烈に批判しています。 まとめ マルクス主義に関して、エッセンスだけを抽出して解説しました。 非常に曖昧で漠然とした概念だとも思われてしまうマルクス主義ですが、実は唯物史観や資本論などを背景に論理的にしっかりと展開されています。 マルクス主義は政治的な思惑によって、悪い方に解釈されて使われてきた背景がありますが、主張している論理は、資本主義の問題点を写す鏡のようにも思えます。 マルクス主義は、壮大な実験によって、資本主義の問題の解決にはならないことが証明されましたが、ここで展開される主張が全く無駄だとは思えません。 資本主義の限界などと、近年になって、多く囁かれ始めていますが、こういう時こそマルクス主義を見返すことによって、何かヒントになる考えが見つかるかもしれせん。

次の

資本主義の「 糞 」なところに気がついてしまったんだが

資本主義 2ch

資本主義(しほんしゅぎ、: capitalism)または 資本制は、目的の者によってやが制御されている、的・的。 特に近現代の資本主義の根幹は、・リベラルキャピタリズム(liberal capitalism)と呼ばれており 、資本主義に基づく社会は「資本主義社会」「」「」「社会」等という。 資本主義はの後に現れた体制である。 および、や等の(市民革命)によって確立された。 資本主義は、一切全てを商品化していく「市場システム」であり、かつ、諸々のに・をさせる「システム」でもあるという。 そのはであり、これがやをしさせている。 構造的には、(としての)を私有するが、から労働力を買い、それを上回る価値のある商品を生産し、を得ている。 資本主義の弊害に対し、修正や反対をする概念や立場には、、、、() 、()、(ファシズム)、、等がある。 一方で、資本主義的な自由競争を更に推進する概念・立場には、等がある。 用語 [ ] において、「資本主義」の語義は「の経済システム(economic system of private ownership)」であり、その類義語は• 「」(commercialism 営利主義)• 「競争」(competition)• 「」(democracy)• 「産業主義」(industrialism 産業熱)• 「」(mercantilism)• 「自由企業[制]」(free enterprise)• 「」(free market 実勢市場)• 「経済政策」(laissez faire economics 自由放任経済学)• 「」(private enterprise 私企業) となっている。 「資本」 : capital のは、で「頭」の意味を持つ「 caput」で、からにかけてを意味するようになり、更に「資本家」や「資本主義」との言葉が派生した。 「資本家」 : capitalist との用語は、に「資本の所有者」との意味で使用されるようになった。 「資本主義」 : capitalism との用語は、にの者によって現代の意味で使用され、「 私が資本主義と呼ぶものは、ある者が他者を締め出す事による、資本の占有である」と記した。 またには「 資本主義の経済社会体制では、資本は労働する者には所属しない」と記した。 1867年より発行されたとによる著書『』での用語「資本家(資本制)システム」 : capitalistic system および「資本家(資本制)生産様式」 : kapitalistische Produktionsweise、: capitalist mode of production も、日本語訳では「資本主義」とされた場合が多い。 がの価値に相当するものを生産し、を資本に充当した時点を超えた労働は、の生産である。 それは「資本家システム」の一般的な土台を形成し、の生産の出発点となる。 — 『』、(、) 「資本主義」の同義語または類義語には、以下がある。 Economic liberalism - の用語• (自由放任主義) -• 資本制生産様式 Capitalist mode of production - の用語。 詳細は上記参照。 市場自由主義 Market liberalism 資本主義経済体制を肯定する立場からは、通常は「自由主義」や「自由経済」などの用語が使用されている。 概要 [ ] 一般的には、経済システムまたは生産様式としての資本主義は、以下のように要約できる• :利益と集積のための生産。 生産の全部または大多数を占め、従来は共同体や家庭などで行われた生産の縮小や廃止をもたらす。 に代わり、の最大化を目指す。 生産手段の (私有財産制)• (を介した労働)• 利潤追求のための• 競争的市場における資源確保のための価格決定メカニズム 基本原理としては生産手段を持つが、生産手段を持たないを使用して利潤を追求する社会システムである。 詳説 [ ] 資本主義とは、のおよび経済的な追求行為を基礎としたである。 的に、資本主義の初期は自由資本主義(キャピタリズム liberal capitalism)であり、私的所有によって特徴づけられる。 の中でに含まれているのは、、、、(私的利潤追求・の自由)等である。 そして経済的自由主義に基づく資本主義は、主な阻害要因(や)をが取り除くことで成立していった。 以下は資本主義を確立した革命:• (市民革命・ブルジョア革命)• (アメリカ独立革命)• (とも。 またはと合わせた二つの革命) 資本主義を特徴づける中心的概念には、私的所有(個人的所有)、、、自発的交換、価格体系、などがある。 資本主義のでは、投資の意思決定はやの中で所有者によって判断され、生産物の価格や配分は主に市場での競争によって決定される。 現在では資本主義の形態は、・・などにより、またはによる資本主義、、などの多数の議論がある。 これらの経済体制では、自由市場や自由競争と、(による政府規制などの経済的干渉主義)との間のバランスが異なる。 現在の資本主義経済の大多数は、自由市場と政府による干渉の要素を結合したで、経済計画を持つ場合もある。 資本主義は、自由市場での交換による金銭的利益の個人的蓄積という欲望によって推進される「交換のための生産」(利益のための生産)である。 資本家による生産は「使用のための生産」では無いが、市場はと社会全体のニーズと要望によって推進される。 現代の主流の経済学、特に経済的なは、自由市場を通じた「」が、社会的生産をこれらのニーズと要望に合わせる事ができると主張している. 歴史 [ ] 近代以前 [ ] 近代以前より、多くの時代・地域で資本は小規模に存在していた。 現代的な形の資本主義は、におけるとの出現にまで遡ることができる。 または古代のやにも存在した。 産業革命と初期資本主義 [ ] 18世紀半ば よりが発生し、とらの新しい経済理論家グループは、従来のに異議を唱え、では自己利益のためのが「」により全体の効率と成長に導かれる、とした()。 他方で手工業生産の衰退やなどにより、伝統的なが崩壊し、都市労働者が増大して()が形成され、劣悪な労働条件や低賃金が拡大した。 このためらは社会改革を提唱した()。 1780年代からのなどの(ブルジョワ革命)では、私有財産制が確立してが拡大した一方、経済的を重視する立場からが登場した。 1867年、とらは『』で、資本主義の拡大により国家の役割は縮小するが、資本主義の本質は資本家による労働者からのであり、資本家は富を蓄積し労働者は貧困を蓄積するため、必然的に革命が発生して、資本主義社会(の私的所有)から社会主義社会(生産手段の)に移行する、とした()。 18世紀後半の以降、、、の三大財閥が市場を独占し、自由競争を妨げているとして()が制定され、法廷闘争が行われた。 なおのは半封建的な資本主義との議論がある()。 第一次世界大戦後の世界恐慌と修正資本主義 [ ] 1914年に、1917年にが発生してが誕生し、産業の公有化やを行った。 1917年 は『』で、現在の資本主義はに転化し、搾取により延命するである、とした。 各国の社会主義運動は分裂し、資本主義の枠内でのを目指す者は「」、レーニン流の革命を目指す者は「」と呼ばれるようになった。 1929年、により大量の失業者が発生して社会不安が増大し、従来の資本主義理論(、)への懐疑が広がった。 はの理論を採用しを実施した()。 やは政策によりを制限した。 広大な植民地を持たない諸国では、の(結束主義)はとしてによる経済を提唱し、の()は大規模な雇用創出を行ってを主張し、日本ではによりや大陸侵出が進められた(、、)。 第二次世界大戦後 [ ] の発生により、アメリカ合衆国や西ヨーロッパは「西側、自由主義(資本主義)陣営」、ソビエト連邦や東ヨーロッパなどは「東側、社会主義(共産主義)陣営」などと呼ばれ、体制競争が行われた。 特にヨーロッパの資本主義諸国ではの改善やの重視、などの、主要産業のなどが進められ、化が進んだ(、)。 またを引き起こした経済対立の原因にブロック経済があったとの反省により、やなどの世界自由貿易が推進された。 アメリカでは・大量消費の経済が拡大した()。 では、西側諸国によるや軍事費負担、の遅れ、による非効率などもあり、1991年 が発生し、では、ベトナムでは政策が進められた()。 1970年以降、らはを批判し、の拡大を提唱した(、、)。 では、イギリスでは、アメリカでは、ではなどの、などが進められた。 拡大により、各国政府の権限やへの規制の縮小によるや安全への脅威や、の拡大も主張された()。 また1990年代の普及後は、による経済効率化やも主張された。 2013年、は著書『』で、長期的にははより大きく、富は蓄積され格差は拡大するため、格差是正には世界的な政治的再配分が必要とした。 類型 [ ] 資本主義の類型には、時代・立場・観点などにより、以下などが主張されている。 (初期資本主義。 、などとも呼ばれる。 や、、いわゆるやなどが支持する。 (を重視し、修正・改良した資本主義。 、、などが支持する。 、、などとも呼ばれる。 (による用語。 、、とも。 なお、この概念を受け入れない者の用語にはがある。 (が介入または推進する資本主義。 、、、などを指す場合もある。 (による概念。。 (、およびが提唱する資本主義。 政府や国家の廃止を提唱する。 (した世界における資本主義)• (情報を資本の重要要素とする資本主義) 近代化との関連 [ ] 「」とは「封建的なものを排して、物事を的、的に行うようにすること」であり、「・資本主義化・」等として認識される。 、 回教徒[]、が、まるで同じを崇拝するかのように互いに接している。 この場で不信心者とされるのは者だけだ。 とも記した。 ヴォルテールが見て取ったように、は・といった違いを解消する。 では誰もが、共通の・・で結び付けられている。 そのような共通制度は(代々からのによってされたものではなく)、個々のを守り、他人に欺かれるの削減のために人間が作ったものである。 市場では、はあまり重要ではなく、やの間ではある程度有効だったにも、頼ることはできない。 性を重視することにより、世俗的な法は絶賛された。 世界的に、はを伴っている。 そのため通念上、を経験したは他地域に比べて劇的に豊かになった一方、過去のやと切り離された、と言われる。 にはとの絶えざる応用が伴い、それは必然的に世俗化に繋がっている。 何故なら、における合理的は、物事がどのようにするのかという問いかけや、との絶えざる探求無くしては成立しないからである。 それは、を曖昧化するの「呪縛」を除去し、が呼ぶところの「」(脱宗教化)をもたらした。 脱伝統・脱宗教化をと結びつける近代化のは、特に非西洋世界の推進勢力の間で説得力を持った。 そのイメージは完全には間違っていなかったが、反改革派の宗教的勢力と同様に、改革派の結論も極端な方向へ走りがちだった。 すべての人が積極的野心にみなぎるこの国では、崇高なは希薄である。 実際には民主主義との相性は悪くなく、近代史では、民主主義国家がにことごとく勝利している。 しかしトクヴィルの見解によると、民主主義下の(の言う「ブルジョア」や「商人」)は、をかけてすることを簡単には受容しない。 自由民主主義や資本主義は、「的」信条とは異なり、自由思想()に近い。 観点によっては、社会は「凡庸さ」を奨励さえしている。 の者アルトゥール・メラー・ファン・デン・ブルックは、リベラル社会ではが与えられ、「際立ったよりもありふれた」に重きが置かれると見ており、その点ではトクヴィルも類似している。 すなわちリベラルな資本主義社会では、大多数の人々は「普通の生活」を送る。 の伝統に則り、リベラルは普通に生きることを受け入れた。 そしてのや(の小説)が描いたように、凡庸な日常生活にも威厳があり、それは嘲笑するのではなく大切に育むべきだという考えも確立されていった。 英雄主義や(ファシズム)等は、これに対立する。 すべての近代ヨーロッパ思想の中で、非西洋のに最も受容されたのはだと考えられる。 例えば(国家社会主義)は、(アラブ社会主義復興党)へ多大な影響を与えている。 その理由としてはドイツのナショナリズムが、近代西洋の普遍性の主張に反発するものだったことが挙げられている。 詳細は「」を参照 資本主義に対する主な思想的立場からの見解や批判には以下がある。 者らは、経済的平等などを重視し、資本主義の枠内でやなどを提唱する。 やなどの者らは、資本主義の本質はであり、私有財産制度の廃止により最終的には社会主義(共産主義)社会への移行を提唱する。 (結束主義)や()は、資本主義はを激化させ共産主義を招くとして、やとして国家やを重視する。 は、を徹底させ、国家や政府の廃止を提唱する。 は、が進展して各国政府の規制が後退しなどの利益が優先されていると考え、地域主権、雇用確保、などの重要性を提唱する。 批判の詳細 [ ] 資本主義の支持者は、資本主義は過去に作られたいかなる経済システムより優れており、その利益は主に一般の人々に与えられると主張する。 しかし資本主義の批判者は、多様な経済的な不安定さがあり 、全ての人々に幸福を提供する事はできず 、自然環境に持続不可能な損害を与える 、と論じる。 資本主義への批判には、経済システムとしての、不公正な、、労働者やへの抑圧、、、そして経済の不安定さなどが関連する。 多くの者は、資本主義は非合理的で、生産や経済の方向性は計画されず、多数の矛盾や内的不整合があると考えている。 資本主義と個人主義的な私有権は、所有者が賛同できないに陥っている。 の は、資本主義経済では共同体の社会的必要性よりも利益と資本蓄積が優先され、資本主義企業では企業の基本的な方針に労働者を含める事は稀である、とした。 労働関係の一部の歴史家や学者は、、、強制されたなどのは、資本主義における雇用関係と類似性があると論じている。 は強制労働は資本主義に受容可能と論じた。 資本主義の多くの側面は、主に企業による資本主義に反対するの批判を受けている。 環境主義者らは、資本主義は継続的な経済成長を必要として、必然的に地球の有限なを枯渇させ、多数の動植物をさせていると論じている。 また、または現代の資本主義は、世界貿易を拡大する半面、伝統的な文化様式を破壊し、不平等の悪化と世界的な貧困の拡大を招いた結果、我々は新自由主義以前よりも貧困な時代に生きており、1970年以降の環境指数は大幅な環境悪化を示している、と論じている。 一部の学者はの責任が新自由主義的な資本主義モデルにあると批判した。 多くのは、資本主義の特定の要素を批判または反対している。 伝統的な、、などではを禁じているが 、が設立されている。 一部のキリスト教徒は資本主義を、その物質主義崇拝では全人類の幸福を測る事はできないと批判している。 の学者とはしばしば、貧困層を排除した分配に関して免責されていると、資本主義を批判してきた。 のは、解き放たれた資本主義は「新たな専制」として、世界の指導者に対して貧困と不平等に対する戦いを呼びかけた。 関連項目 [ ]• , p. capitalism. , p. , p. 近代社会. , p. 市民社会. 資本主義. ブルジョア革命. , p. 資本主義. , p. 資本主義. ナショナリズム. , p. capitalism. Braudel p. 232• Harper, Douglas. James Augustus Henry Murray. "Capital". Oxford English Press. Vol. Braudel p. 234• Braudel, Fernand. The Wheels of Commerce: Civilization and Capitalism 15th—18th Century, Harper and Row, 1979, p. 237. Werhane, P. 1994. The Review of Metaphysics Philosophy Education Society 47 3. Barrons Dictionary of Finance and Investment Terms, 1995; p. , SparkNotes Philosopyhy Study Guides, Karl Marx• Cato Institute• www. cato. org. 2008年11月6日閲覧。 , 1986, p. James Fulcher, Capitalism A Very Short Introduction, "the investment of money in order to make a profit, the essential feature of capitalism", p. 14, Oxford, 2004,. 「国民百科事典3」平凡社 p536 1961年8月30日初版発行• Zimbalist, Sherman and Brown, Andrew, Howard J. and Stuart October 1988. Comparing Economic Systems: A Political-Economic Approach. Harcourt College Pub. 6—7. "Pure capitalism is defined as a system wherein all of the means of production physical capital are privately owned and run by the capitalist class for a profit, while most other people are workers who work for a salary or wage and who do not own the capital or the product. Rosser, Mariana V. and J Barkley Jr. [ ] 23 July 2003. Comparative Economics in a Transforming World Economy. MIT Press. "In capitalist economies, land and produced means of production the capital stock are owned by private individuals or groups of private individuals organized as firms. Chris Jenks. Core Sociological Dichotomies. " London, England, UK; Thousand Oaks, California, USA; New Delhi, India. SAGE. 383. , p. 74, 64. 経済的自由主義. , p. Heilbroner, Robert L. Steven N. Durlauf and Lawrence E. Blume, eds. [ ], The New Palgrave Dictionary of Economics. 2nd ed. Palgrave Macmillan, 2008 :• Louis Hyman and Edward E. Baptist 2014. Gregory and Stuart, Paul and Robert 28 February 2013. The Global Economy and its Economic Systems. South-Western College Pub. "Capitalism is characterized by private ownership of the factors of production. Decision making is decentralized and rests with the owners of the factors of production. Their decision making is coordinated by the market, which provides the necessary information. Material incentives are used to motivate participants. Gregory and Stuart, Paul and Robert 28 February 2013. The Global Economy and its Economic Systems. South-Western College Pub. 107. "Real-world capitalist systems are mixed, some having higher shares of public ownership than others. The mix changes when privatization or nationalization occurs. Privatization is when property that had been state-owned is transferred to private owners. Nationalization occurs when privately owned property becomes publicly owned. Stilwell, Frank. Oxford University Press. Melbourne, Australia. 2002. , p. 「資本主義」. , pp. 46-47. 177. , pp. 177-178. 178. , pp. 94-95. , p. , pp. 95-96. 119. 120. , pp. 100-101. 101. Friedman, Milton. Capitalism and Freedom. [Chicago] University of Chicago, 1962. Krugman, Paul, Wells, Robin, Economics, Worth Publishers, New York 2006• 2014年10月7日閲覧。 McMurty, John 1999. The Cancer Stage of Capitalism. Korstanje, M 2015. Review: Why Nations fail. The origins of Power, Prosperity and Poverty. Journal of International and Global Studies. Volume 6, issue 2. May 2015. 97—100. Korstanje, M 2015. A Difficult World, examining the roots of Capitalism. New York, Nova Science. Brander, James A. Government policy toward business. 4th ed. Print. Frances Goldin, Debby Smith, Michael Smith 2014. Imagine: Living in a Socialist USA. 49—50. Cass, Towards a Comparative Political Economy of Unfree Labor 1999• Marcel van der Linden Fall 2003. の17 December 2007時点におけるアーカイブ。 2008年2月26日閲覧。. George Monbiot 1 October 2014. Retrieved 31 October 2014. 2016. 30 March 2010. Retrieved 3 January 2014. "When we speak of neoliberalism, we speak of contemporary capitalism. " — , former Research Director at the Centre National de la Recherche Scientifique CNRS• Jones, Campbell, Martin Parker and Rene Ten Bos, For Business Ethics. , 2005 , p. 101. Business Insider. May 2016. Lavoie, Marc Winter 2012—2013. 35 2 : 215—33. Susan Braedley and Meg Luxton, , 2010 , ,• and Ravi K. Roy. , 2010. 123. , 2013 ,• David M Kotz, , 2015 ,• 61b• Moehlman, 1934, pp. 6—7. The Vatican. 2008年2月19日時点のよりアーカイブ。 2008年2月26日閲覧。 November 2013. Retrieved 30 December 2013. 参照文献 [ ]• 岸本, 重陳、植村, 博恭「資本主義」『』、2019年。 2019年3月2日閲覧。 佐々木, 秀太 2019年. 「経済的自由主義」. 2019年3月2日閲覧。 小学館 2019年. 「近代社会」. 2019年3月2日閲覧。 田口, 富久治 2019年. 「ブルジョア革命」. 2019年3月2日閲覧。 田中, 浩 2019年. 「ナショナリズム」. 2019年9月28日閲覧。 「世界の歴史認識をめぐって その4:現代社会における資本主義・民主主義について - Interpretations of World History with Special Emphasis: on the Disadvantage of Liberal capitalism and Democracy in modern times -」『工学院大学研究論叢』第55巻第2号、工学院大学、2018年2月28日、 13-28頁。 ブリタニカ・ジャパン 2019年. 「資本主義」. 2019年3月2日閲覧。 ブルマ, イアン、マルガリート, アヴィシャイ『反西洋思想』堀田江理訳、、2006年。 松村, 明 2019年. 「資本主義」. 2019年3月2日閲覧。 松村, 明 2019年. 「市民社会」. 2019年3月2日閲覧。 松村, 明 2019年. 「近代化」. 2019年3月17日閲覧。 村田, 和彦「個人的支配と構造的支配: スコットの企業支配論の研究」『一橋大学研究年報. 商学研究』第45巻、2004年、 3-78頁。 森下, 敏男「ロシアにおける体制転換の論理と過程」『ロシア・東欧学会年報』第24巻、1995年、 10-20頁。 Dictionary. com 2019年. "capitalism". 2019年3月2日閲覧。 Oxford University Press 2019年. "capitalism". 2019年3月2日閲覧。

次の

マルクス主義をわかりやすく解説

資本主義 2ch

マルクス主義の概要資本家が独占する資本を、社会の共有財産とし、資本をいたずらに拡大する賃金労働を廃止し、協同、協力によって運営する社会を目指す。 我々は日々労働をして生活をしていると思いますが、貧富の差を全く感じずに生活している人は少ないでしょう。 これらは、資本家が富を独占することによって引き起こされていると、マルクスは考えました。 資本家ばかりが、資本を拡大してお金持ちになり、労働者は一向に豊かにならない当時の社会を見たマルクスは、資本主義社会の限界を予見しました。 そこで、資本家の資本を社会に帰属させて分配するべきだと考えました。 考えてみれば、そこまで違和感のある思想だとは思えません。 技術の進歩やイノベーションは、特定の企業や資本家だけで生み出せるわけではないですよね。 過去の知識や知恵の積み重ねがあったから、車やiPhoneは生まれたわけです。 それを資本家が独占するから、社会が良くならないのだと当時のマルクスは考えました。 マルクス主義の根拠と背景 資本家の独占している富を、国民に分配するべきだと考えたマルクスですが、聞こえは良いですが、本当に社会はうまくいくのでしょうか? そもそも今の資本主義でもある程度うまくいってるのではないか?そう考える人もいるわけです。 そこで、マルクスやエンゲルスは、時間をかけて思想的な根拠を積み上げました。 それがマルクス主義として一般的に知られている思想となっています。 思想の柱となる要素は、おおよそ 3 つの考え方です。 共産主義 マルクスとエンゲルスは、「共産主義宣言」に基礎となる考え方を記述しています。 共産主義宣言で書かれている内容は、ざっくりと下記の通りです。 共産主義の要旨過去の人類の歴史は、自由民と奴隷、領主と農奴、資本家と労働者などの階級闘争の歴史である。 最近では、よりプロレタリアート(労働者)とブルジョアジー(資本家)の格差は広がりつつある。 このプロレタリアートがブルジョアジーの独占する資本を、奪取し、社会全体の共同資本とすることで、より良い協力的な社会が実現するだろう。 これらの主張をより強固にするために、下記の2つの論理が展開されます。 唯物論的歴史観(唯物史観) 唯物史観は英語に直すとMaterialismです。 マテリアルは物質なので、直訳すると物質主義です。 世の中すべては、物質、つまり生産や消費などの流れによって決まっているという考え方です。 つまり、社会の法律や国家、さらには文化もすべて、「物質的な生産や消費」という、いわゆる「経済」が土台となって作り上げられたという考え方です。 マルクスは経済学批判の序文の中で、唯物史観について下記のように説明しました。 生産力の発展段階に対応する生産関係の総体が 社会の土台である。 この土台の上に法律的・政治的上部構造が立つ。 土台が上部構造を制約する。 生産力が発展すると、ある段階で古い生産関係は発展の桎梏(しっこく)に変わる。 そのとき社会革命の時期が始まり、 上部構造が変革される。 生産関係の歴史的段階にはアジア的、古代的、封建的、近代ブルジョワ的生産関係がある。 近代ブルジョワ的生産関係は最後の敵対的生産関係である。 発展する生産力は敵対を解決する諸条件をつくりだす。 それゆえ、資本主義社会をもって人間社会の前史は終わる 簡単に言えばこの思想は、社会は経済が規定しているという考えです。 つまり、資本主義という経済活動の形態を考え直さなければ社会は変わらないとする考えというわけです。 ちなみに「政治学」や「経済学」に多大な影響を与えた「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(プロ倫)」は、この唯物史観を否定しています。 経済が土台ではなく、宗教が経済を規定していると考えました。 下記のリンクで詳しく解説しています。 経済学(資本論) 経済学は、マルクスの「資本論」をベースとした考え方です。 簡単に説明すると現在の資本主義経済では、 「お金」で 「労働力」を買い、 「労働力」を投下することによって 「剰余価値」が生まれます。 その 「剰余価値」がさらなる 「お金(お金')」を生み出します。 そこで生まれた 「お金(お金 ' )」でさらに 「労働力」を購入して、さらに 「お金(お金'')」を つまり、お金がお金を生む運動によって、労働者と資本家の格差は広がると考えました。 下記のリンクで、より詳しく解説していますが、資本主義社会では資本家が資本を蓄積して、労働者には資本が分配されないということを論理的に解明した本です。 下記の記事を読むと、資本主義の欠陥を理解することができるかと思います。 つまり、 マルクス主義とは、「唯物史観」によって世の中は「経済」が規定しているという世界観のもとで、「資本論」によって構造的に資本家と労働者の格差が広がり、資本主義の崩壊を予期しました。 そのため「共産主義」的価値観のもとで、独占されている資本を労働者に分配し共通財産とすることで、より協調的な社会を作り上げようというのがマルクス主義の要旨です。 マルクス主義への批判 マルクス主義の主張に対して代表的な批判があります。 特に唯物史観とマルクス経済学(資本論)に対して行われています。 唯物史観への批判 唯物史観は政治や文化、宗教に至るまでが、経済の土台の上に成り立つという主張です。 しかしながら文化や政治は「経済」とは大きく切り離されて発展してきているとの批判があります。 確かにそうですよね。 例えば経済の議会制民主主義や大統領制など、それらが経済原理の土台の上で成立しているとは思えません。 さらには宗教や文化は全く経済とは独立して発展してきているものもあるのは容易に想像できます。 ちなみに議会制民主主義や大統領制等の「民主主義」は、全く異なる背景から誕生しています。 下記のリンクで解説しています。 マルクス経済学(資本論)への批判 資本家は、資本を蓄積して労働者を搾取しているという一面に着目して資本主義を批判していますが、資本家は市場を調査してニーズを満たす製品を生み出したり、世の中をより便利にするイノベーションを生み出したりする、社会的分業の一端を担っています。 マルクスの主張はそれら資本家が持っている役割を過小評価していると批判されています。 計画経済の限界 マルクス主義は、資本家が持つ「資本」を社会の共通財産にして、計画的に生産を行う考え方です。 しかし、この計画経済では、人々の多様なニーズを満たすことができないと経済学者の「ハイエク」は批判しました。 一人の計画者が、様々な国民が持つニーズや不満を解消できるわけがありません。 計画経済によって、多くの国民が不満を持った結果、社会を維持することが難しくなります。 そこで、政府が取る行動は「独裁」です。 不満を持っている国民を監視し、圧力を与えるようになります。 詳しくは、下記のリンクで解説しています。 ハイエクは自身の著書「隷属への道」でマルクス主義を痛烈に批判しています。 まとめ マルクス主義に関して、エッセンスだけを抽出して解説しました。 非常に曖昧で漠然とした概念だとも思われてしまうマルクス主義ですが、実は唯物史観や資本論などを背景に論理的にしっかりと展開されています。 マルクス主義は政治的な思惑によって、悪い方に解釈されて使われてきた背景がありますが、主張している論理は、資本主義の問題点を写す鏡のようにも思えます。 マルクス主義は、壮大な実験によって、資本主義の問題の解決にはならないことが証明されましたが、ここで展開される主張が全く無駄だとは思えません。 資本主義の限界などと、近年になって、多く囁かれ始めていますが、こういう時こそマルクス主義を見返すことによって、何かヒントになる考えが見つかるかもしれせん。

次の