数式バー ショートカット。 数式バーにカーソルを移動−F2キー → Ctrl+Aキー:Excel(エクセル)の使い方/キーボード操作

数式バーにカーソルを移動−F2キー → Ctrl+Aキー:Excel(エクセル)の使い方/キーボード操作

数式バー ショートカット

対象:Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 ことをご紹介しました。 がOffのとき、がOffのときに、セル内で編集しない設定となります。 上記の設定を行った環境で、一般的にセル内にカーソルを入れるショートカットキーとして知られている[F2]キーを押すと、数式バーにカーソルが移動するわけです。 しかし、セル内で編集しないように設定変更するのを、嫌う方がいらっしゃるのも事実でしょう。 セル内での編集と数式バーでの編集を併用したいという方です。 そのため、セル内編集を許可したまま、数式バーにキーボード操作だけでカーソルを入れることはできないのかと感じる方もいらっしゃるようです。 数式バーにカーソルを移動するショートカットキーを必要としている方の多くは、Excelの計算式を[関数の引数]ダイアログに頼らず手作業で入力したりキーボード操作にかなり慣れた方だと推測しています。 であるならば、[F2]キーを押した直後に[Ctrl]+[A]キーを押すという操作でOKな方も少なくないんじゃないかと想像しています。 ただし、 注意点もあります。 上記の操作で数式バーにカーソルが移動するのは、あくまでもセルに数式が入力されているときだけなのです。 文字列や数値だけが入力されているセルで上記の操作を行っても、カーソルはセル内に残ったままになります。 計算式を数式バーで編集したいという方は、[F2]キー後に[Ctrl]+[A]キーを一度お試しください。

次の

Excel のショートカット キー

数式バー ショートカット

対象:Windows 10 Windows OSでは、マウスを使って操作する代わりに、特定のキーまたは複数のキーの組み合わせで同じ操作が行える「キーボードショートカット」が提供されている。 例えば、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といったキーボードショートカットによる操作を普段から行っているのではないだろうか。 いちいちアプリケーションのメニューから[コピー]や[貼り付け]を選ぶ必要がなく、素早い操作が行えるはずだ。 このようにキーボードショートカットを覚えておくと、キーボードからマウスに手を移動させることなく作業ができるため、作業効率を大幅に向上させることができる。 キーボードショートカットは、[Ctrl]キーや[Alt]キー、[Windows]キーなどとアルファベットキーなどとの組み合わせ、ファンクションキーなどの特殊なキーに機能を割り当てたものだ。 [Windows]キーを使うキーボードショートカットについては、Windows 10 The Latest「」で取り上げているので、そちらを参照してほしい。 本TIPSでは、Windows 10で覚えておくと便利な主なキーボードショートカットを紹介する。 コピーや貼り付けなどの一般的なキーボードショートカット コピーや貼り付けなど、比較的古くから割り当てられていたキーボードショートカットを紹介しよう。 前述の通り、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といった多くのアプリケーションやWindows 10上で利用できるキーボードショートカットだ。 サブメニューを閉じる [Esc] 現在の作業を停止または終了する 一般的なキーボードショートカット アプリケーションによってはキーボードショートカットを独自に割り当てていることも珍しくない。 そのため上記のショートカットが使えなかったり、別の機能に割り当てられていたりする場合もあるので、注意していただきたい。 エクスプローラーで使えるキーボードショートカット ファイル操作を行うエクスプローラーもキーボードショートカットを使うと素早い操作が行える。 例えば、[Ctrl]+[Shift]+[N]キーで新しいフォルダが作成できたり、[Ctrl]+[N]キーで新しいエクスプローラーウィンドウを開いたりできる。 フォルダツリーが展開されている場合は現在のツリーを折りたたむ [End] 作業中のウィンドウの一番下を表示する [Home] 作業中のウィンドウの一番上を表示する [F3] エクスプローラーでファイルまたはフォルダを検索する [F4] エクスプローラーのアドレスバーリストを表示する [F11] 作業中のウィンドウを最大化または最小化する エクスプローラーで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプト上で利用できるキーボードショートカットは下表の通りだ。 コマンドプロンプトを活用している人は覚えておくと、素早い操作が行えるだろう。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの左側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[End] コマンドラインが空の場合は、ビューポートをコマンドラインに移動する。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの右側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[F] バッファー内の文字列を検索する コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログの[オプション]タブで、以下のチェックボックスを「オフ」にしていると、上表の多くのショートカットが使えなくなる。 コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログ [オプション]タブで「Ctrlキーショートカットを有効にする」などを「オフ」にしていると、多くのキーボードショートカットが使えなくなる。 タスクバーで使えるキーボードショートカット タスクバーのキーボードショートカットは、キーボードショートカットながらマウスのクリックとの組み合わせで機能する。 例えば、コマンドプロンプトを管理者として起動し直したいような場合、わざわざ[スタート]メニューからたどらなくても、タスクバーの[コマンドプロンプト]アイコンを[Ctrl]+[Shift]キーを押しながらクリックすればよい。 ユーザーアカウント制御(UAC)の警告ダイアログが開くので、[はい]ボタンをクリックすれば、コマンドプロンプトが管理者権限で起動する。

次の

数式エディタのショートカットキー

数式バー ショートカット

数式バーのサイズを変更する• セルに長い数式や文字列を入力すると、数式バーに表示しきれないことがあります。 3行ほどが表示される程度に展開されました。 数式バーの高さを自在に広げることもできます。 シートとの境界線をポイントすると、マウスポインタが白抜きの両矢印になります。 この状態でドラッグすると、数式バーを広げることができます。 また広がった数式バーを狭くすることもできます。 下図は数式バーを広げた状態です。 数式バーの左隣には名前ボックスがあります。 名前ボックスの右側をポイントすると、マウスポインタが白抜きの両矢印になります。 この状態でドラッグすると名前ボックスを広げたり、狭めたりすることができます。 このことによって、数式バーが狭くなったり、広くなったりします。 スポンサードリンク |||数式バーのサイズを変更したい?

次の