おか わかめ レシピ。 おかわかめの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!育て方も簡単

おかわかめのおすすめレシピ5選!味噌汁や酢の物など簡単レシピも紹介

おか わかめ レシピ

中国では漢方としても重宝され、必須ミネラルを含む 新しい健康野菜です また、ツヤのある葉は観賞用として、また 「食べられる緑のカーテン(観葉植物)」として人気なんです~。 *とても生育旺盛で、ほんの数滴の水ですぐ発芽しちゃうので? なかなか市販では販売していないようです。 肥料を与えても、土が少ないと、すぐ水不足になってしまいます。 プランターで緑のカーテンを作る場合は、 できるだけ大きいプランターなどを使いましょう。 *日当たりと風通しのよい場所で育てます。 水はけのよい土壌を好みます。 <支柱・ネット張り> 定植後すぐに、支柱やネットを張っておきましょう。 1、2週間でツルが伸び始め、上へ上へと生長します。 *ネットの網目も重要 ネットの編み目が小さいと、葉が茂ってきたあとに風の影響を受けやすく、 葉が傷みがちになってしまいます。 かといって網目が大きすぎると、 育てる植物によっては誘引がしづらい場合があります。 10センチ前後の網目のネットだと、 風が網目から抜けやすく、誘引もしやすいのでおすすめです。 <摘芯> 1株1本で真っ直ぐに上へ伸びてしまいがちなので、 本葉5~6枚の頃摘芯をします。 そうすることで、わき芽がでて横へも旺盛に育ち 「緑のカーテン」としても楽しめます。 <整枝> 旺盛に葉が茂るので、適宜剪定して枝分かれさせてあげましょう。 *ほとんど枝分かれしないので、すき間だらけのカーテンになりがちです。 若い苗のうちに数回摘心し、上方の節のわき芽が伸びるように促すとともに、 収穫するときも葉だけを摘むのではなく、 草姿のバランスを考慮しながら、つるをある程度切り戻すようにします。 *猛暑時には、一時的に生育が止まる事もありますが、 ほぼ生育旺盛で放任していると、一気に3~7m位に育ちますので、 支柱やネットを添えてあげましょう。 *葉に赤い付点がついて一見病気のように見えてしまいますが~ これは、「肥料不足のサイン」です。 追肥として液肥などを与えて下さい。 <葉の収穫時期のタイミング> 6月~10月下旬 *葉の大きさが7~8cm程度になり厚みが出てきたら収穫時期です。 その後、小さな白い(ややクリーム色)の花がたくさん咲きはじめます。 <むかごの保存方法> 中間地から暖地なら、屋外で保存可能です。 屋外に地植えすると、冬季に地上部は枯れますが、 根塊は越冬し、春にはまた芽が伸びてきます。 寒冷地(冬季地面が凍結する場所)では冬越しできませんので、冬季は鉢上げしてください。 むかごは秋にできるものを凍らさない&乾燥しきってしまわないように保存し、 春になれば土の上に置いておくだけで成長します。 自動で更新されない場合は、Windows Updateカタログから 個別に入手することが可能です。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

おかわかめの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!育て方も簡単

おか わかめ レシピ

「おかわかめ」を食べたことがありますか。 サッと茹でて食べると美味しいですね。 「おかわかめ」は、ツルムラサキ科のつる性植物の葉になります。 「おかわかめ」の正式な和名は「アカザカズラ」で、別名には「雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)」があります。 アカザカズラ(おかわかめ)の原産地は、南アメリカの熱帯地域とされています。 アカザカズラ(おかわかめ)は、栄養成分に富んだ食材として注目されています。 アカザカズラ(おかわかめ)は、ツルムラサキ科なので葉に厚みがあります。 葉を触った感じはシットリしていてゴムのような感触です。 生のまま食べると青臭みが感じられますが、サッと茹でると美味しくなります。 「おかわかめ」という名前の由来は、茹でた状態の見た目や食感がワカメとよく似ているからのようです。 次に、「おかわかめ」の栄養成分・「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。 「おかわかめ」の栄養成分 「おかわかめ」は栄養豊富なので美味しく食べて、健康・美容に役立ててください。 アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分では、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が豊富です。 ビタミン類では、ビタミンAが他の食材と比べても多く含まれています。 ビタミンAは目の疲れを改善するのに役立ちます。 ドライアイが気になる人はビタミンAの摂取をおススメします。 ミネラル類では、亜鉛・マグネシウムが多いですね。 亜鉛は多くの酵素になる成分です。 亜鉛には細胞に新しくつくるのをサポートして傷の治りをサポートします。 マグネシウムは骨粗鬆予防にも効果が期待できます。 次に、「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。 「おかわかめ」の食べ方 アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。 「おかわかめ」は生食もできますが少しの青臭みと苦みがあります。 「おかわかめ」の食べ方は、サッとゆでてクセを軽減させると食べやすくなります。 細かく刻むとヌメリがでてきます。 サッと熱湯を通して水気を切ってサラダにします。 「わかめ」と合わせて海藻サラダにしても良いですね。 下茹でした「おかわかめ」はいろいろな和え物に使えます。 ポン酢をかけるだけでも良いですが、「おかか」や「納豆」と和えるとさらに美味しく食べられます。 「おかわかめ」の天ぷらや炒め物もおススメです。 次に、「おかわかめ」のレンジを使ったレシピなどの紹介をします。 「おかわかめ」をレンジ調理 「おかわかめ」の豊富な栄養成分を美味しく摂取してください。 「おかわかめ」の食べ方には、サラダ・和え物・炒め物・天ぷら、などがあります。 「おかわかめ」のレンジを使ったレシピには酢の物があります。 「おかわかめ」は電子レンジを使うと、簡単に酢の物ができます。 電子レンジで30秒~1分加熱して、三杯酢に合わせれば完成です。 電子レンジを使って加熱すれば、クセを取り除きながらシャキシャキ感も残せます。

次の

おかわかめの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!育て方も簡単

おか わかめ レシピ

オカワカメって聞いたことあります? 普通のワカメは味噌汁などに入っていて 馴染みがあると思います。 いま注目されている食材オカワカメについて 色々と栄養やレシピなどを調べてみました。 オカワカメってなに?海のわかめと何が違う? オカワカメとは? 通常のわかめなどは海などから採れますが オカワカメは=丘(おか) つまり 陸で採れるわかめになります。 海のワカメは海藻ですがオカワカメは野菜になります。 オカワカメは別名:雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)と言われ 食感や見た目などから海で採れるわかめに似ていることから 丘わかめ(おかわかめ・オカワカメ)と呼ばれるよになったみたいです。 葉っぱになるので野菜というよりは薬草と言ったほうが しっくりくると思います。 通常の野菜から摂取できる栄養の 約8倍ほどの栄養が摂取でき 健康は勿論のこと美容効果にも最適な食材と言われているみたいです。 病気などの予防にも繋がるオカワカメ! ・ 白内障 ・ 生理痛 ・ 血液サラサラ効果 ・ 糖尿病 など様々な病気の予防に効果があるとされており また家庭でも育てられるので気になった方は自宅で 家庭栽培してみるのも良いかもしれません。 オカワカメは根付きもよく家庭栽培の環境が ある程度、整っていれば誰でも簡単に育てることができます。 オカワカメのレシピ・食べ方など オカワカメの良さの中でもピックアップしたいのは料理が簡単だというところです。 レシピや食べ方なども沢山あり生でももちろん食べれますが 熱湯に10秒ほど通して食べるほうが匂いなども取れ食べやすいと思います。 通常のワカメと同じように粘り・歯ごたえがあります! オカワカメに最適なレシピは、普通のワカメと同様に 味噌汁・スープなどにも使えてサラダの中に入れて食べるも良しです。 お手軽でオカワカメを食べたい人向けへのレシピは オカワカメの和え物が最適かもしれません 食べ方はオカワカメを10秒ほど熱湯で茹で (砂糖:1 醤油:6 お酢:6 ごま油:3)の割合でオカワカメと一緒に和えてください。 今注目の食材、オカワカメを食べて健康になりましょう.

次の