コロナ禍の意味は。 コロナ禍の意味と読み方、似ている漢字の使い方│タメマガ

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍の意味は

コロナ禍の意味や読み方について 「コロナ禍」の意味は、 新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況。 コロナが原因で招いた災難を指します。 コロナ禍の読み方は「ころなか」で漢字は禍 わざわい を使う コロナ禍 は 「ころなか」と読みます。 禍は「カ・ わざわい・まが」と読む漢字です。 禍という漢字は 音読みで 「 カ」と発音し、これで「コロナカ」です。 また、 訓読みでは 「 わざわい」、そして禍々しいで 「 まがまがしい」と読まれます。 しめすへんに鍋の右側「禍」の漢字変換の方法 コロナ禍で打ってみようとしてもスムーズに変換できない方もいらっしゃるのでは?! 禍は「わざわい・まがまがしい」などと打つとスムーズに漢字変換されます。 音読みの「カ」でも出ますが、他の漢字が出るので少し時間がかかります。 禍を 「うず、なべ」と打ってもこの漢字を出すことは出来ません! 「禍」の漢字の意味 禍の漢字は 「よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 災難」の意味があります。 読みは先にお伝えした 「わざわい」と聞くと「災」の漢字の方が一般的かもしれません。 新型コロナの症状が報告された時点で対策を打てたのに、対策がされずに世界的なパンデミック(広範囲に及ぶ流行)を引き起こした。 新型コロナの騒ぎが原因で医療崩壊やパニックなどの事態も起こってしまったetc…。 「人為的なわざわい」の意味がとれるのは 「禍」の漢字の意味が関係します。 コロナ禍と表記されるのは「禍」の意味が適切だったからですね。 コロナ禍は誰が言い出したの? 「コロナ禍という言葉を誰が 使 い出したか」という特定の人は 厳密に明確には なって いません。 けれど、「禍」の意味をふまえて2020年初旬から現状を表す言葉としてメディアで使われ始めて、広く一般に浸透したと言葉と言えるでしょう。 口語より書き言葉で使われる印象がほとんどです。 コロナ渦は間違いでコロナ禍が正しい! 冒頭でお伝えしているとおり「コロナ渦」(ころなうず)という表記は間違いです!テレビやSNSで目にするのは 「コロナ 禍」と書かれています。 「禍」あまり馴染みのない漢字で 、よく似ている「渦」や「鍋」と は旁(つくり、字の右側)「咼」が一緒で間違われやすいですが、 偏( へん、 左側)は 「 礻/しめすへん」です。 「渦」は 「うず」そして 「 渦中(かちゅう) うずまきの中。 転じて、事件の混乱したさわぎの中 」という単語で馴染みがあります。 渦の意味を考えても勘違いしやすいですが…「コロナ禍」で使われている漢字とは違うのです。 コロナ禍とコロナの渦中の違いは? 「コロナ渦」(ころなうず)という表記は間違いでが、少し表現を変えて「コロナの渦中」は日本語としてOKです。 コロナ禍: 新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況(コロナが原因で招いた災難) コロナの渦中:新型コロナウイルスが原因で混乱した騒ぎの中 この2つであれば(厳密には違ってきますが)似たような状況を指すと言えます。 「コロナ渦」と表記してしまうことがあるのは、 上の2つを混同した誤表記でしょう。 コロナ渦と勘違いしていたよという口コミ コロナ禍をコロナ渦だと思う人は意外と多いです。 あの日経新聞の記事でさえ、一時は間違った表記で掲載されていました。 (現在、この記事の原稿は修正されています!) コロナ渦と勘違いしてしまう人はあなただけではありません!! コロナ禍のことずっとコロナ渦だと思い込んでたけど — ! e2fjz コロナ渦 うず って読んでた — k🐸 ehyukzZZ コロナ禍の読み方。 コロナ渦 うず だと思ってたー😱 コロナ鍋w笑 猫鍋じゃないんだから🐱 ところで、コロナ禍ってなあに?? まとめ:コロナ渦間違いでコロナ禍は「ころなか」と読む ・コロナ禍は「ころなか」と読む。 コロナ渦は間違った表記で「ころなうず」は間違い。 ・コロナ禍は新型コロナウイルスが原因で招いた危機的、災厄的な状況のこと。 ・禍は「わざわい・まが・カ」と読み、人為的な災害を表す意味がある。 ・しめすへんに鍋の右側の「禍」は「わざわい」「まがまがしい」で変換すると出る ・禍の意味をふまえて2020年初旬からメディアで「コロナ禍」と使い出し一般に広がった言葉。

次の

『コロナ禍』の正しい読み方や意味とは?『渦』や『鍋』との違い

コロナ禍の意味は

『コロナ禍』の正しい読み方や意味 新型コロナウイルスに関するニュースが日々報じられていますが、そんな中 『コロナ禍』という言葉をSNS等で目にする機会も増えたと思います。 SNS上でもトレンド入りするほど困惑の声があがったことがありますが、 正しい読み方は『コロナか』です。 『禍』は訓読みでは 『まが』『わざわい』という読み方で、音読みでは 『か』と読みます。 今まで普通に誰もが知っていて当然かのように使われている 『コロナ禍』ですが、使っている側も新型コロナが発生するまでは使うことは無かったはずですし意味も知らなかったのではないでしょうか。 初見で読める方はなかなかいらっしゃらないかと思います。 新型コロナウイルスの影響で 『禍』という漢字(ワード)を見かける頻度は増えたものの、普段の生活の中ではなかなか目にすることがないですよね。 ちなみに私も、恥ずかしながら最初は 『禍々(まがまが)しい』から 『コロナまが』と呼んでいました…もしくは流行に乗って 『コロナ鍋(なべ)』が売られているのかとも考えたことがあります。 (不謹慎) よくある間違い• コロナ禍(か):〇• 不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉なので、普段それほど使う言葉ではありません。 『禍(わざわい)=災難・災い・不幸』の意味があり、新型コロナウイルスが発生しなければ使われることがなかったであろう言葉であると言えるかもしれません。 だったら、わざわざ 『コロナ禍』という言葉を引っ張り出してこずに 『コロナ災』で通してほしかったというのが個人的な感想です。 コロナ災のほうが日本全国民が周知しやすかったのではないでしょうか。 『災(わざわい)』は防ぎようのない天災という意味があるので、 新型コロナウイルスは防ぎようのない天災に分類したくなかったのかもしれません。 類義語としては、 『自粛』『ロックダウン』『歴史的緊急事態』等が挙げられます。 コロナ禍を用いた例文 コロナ禍を用いた例文をいくつか紹介します。 コロナ禍なので、外出はなるべく控えましょう。 コロナ禍が深刻化する前に、何かしらの対応が必要だ。 コロナ禍の外出自粛中は、家で大人しく過ごそう• 世界がコロナ禍でも、病気に負けないように健康を保つことが大切である。 『コロナ禍』によって多くの人々の生活が脅かされていますが、今は各々が協力しながら感染拡大を防ぎ、1日でも早い経済回復を待つしかないですね。 『コロナ禍』の正しい読み方や意味まとめ• 『コロナ禍』は『ころなか』と読む• 『禍』は訓読みでは『まが』『わざわい』という読み方で、音読みでは『か』と読む• 流行に乗って『ころななべ』が出てきているわけではない• 『災(わざわい)』は防ぎようのない天災という意味があるため、人為的な努力によって防ぐことができる『禍(わざわい)』という言葉を用いていると思われる• 類義語として『自粛』『ロックダウン』『歴史的緊急事態』等が挙げられる 新型コロナに感染している人の中にも無症状の人や病院に行っていない人が多数いると思われるので、本当のところの感染者数は知る由もありません。 各国が発表している感染者数のデータも完全に鵜呑みにはできないと思います。 とりあえず、私はこのサイトのリアルタイム数値を見ています。 引用元: どの情報が正確でどの情報を信じたらいいのか分からなくなってしまっていますが、とにかく 個人ができること(うがい・手洗い等)を徹底しましょう。

次の

『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?(神田敏晶)

コロナ禍の意味は

れん 【動画】中国に住むツァオ・ジュンジエさんは、自身の生後2カ月の赤ちゃんを新型コロナウイルスから守ろうと「安全カプセル」をデザインした。 — ロイター ReutersJapan コロナ禍の意味と使い方 「人には聞きづらいけど、なんて読む?」と気になっていた方がいたかもしれない 「コロナ禍(ころな・か)」。 「禍」という漢字は漢和辞典によると以下のような成り立ちと意味があります(以下参考文献:漢語林・デジタル大辞泉・大辞林などより)。 【禍】 ・会意兼形声文字で、示(しめす)偏は 「神にいけにえを捧げる台」を表し、つくりの「咼」は 「肉を削り取り頭部を備えた人の骨と口の象形」を表す。 ・「削られ、ゆがむ」といった意味から、 神がくだす「わざわい」を示す字。 意味は 「災 わざわ い」、「神が与える罰」、「思いがけず受ける不幸や災難」 禍の反対語は福。 「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」(幸福と不幸は表裏一体で、代わる代わる来るものだ)ということわざもあるな。 早くコロナが消える日が来てくれええい!! また面白い語源として、禍は 「伝説上の生物」というものもあります。 ・禍(か、わざわい)は伝説上の生物、怪獣で災禍を生み出す存在であると言われている。 禍獣、禍母(かも、かぼ)とも。 ・仏教経典「旧雑譬喩経」にある。 何一つ災禍がない豊かな国の王が「禍というものがこの世にはあるらしい、見てみたい」と家臣に命じて探させたところ、市場で「禍母」と呼ばれる巨大な猪のような生物が売られていたので買って来た。 ・禍は1日1升もの針を餌として食べるので、王は国民に日々針を差し出させたが、国民が疲弊してしまい国から逃散。 困惑した家臣たちが禍を殺そうとするが体が鉄のように硬く刀で斬ることも突くことも出来ず、薪をつみあげ火をかけて焼き殺そうとしたら、火だるまの禍が駆けまわって国中を燃やし尽してしまい、国は滅びてしまった。 市場で禍を売っていた商人は天の神の化身であったという。 古くから使われる日本語表現で、「コロナ禍」以外にも様々な例がありますので次にご紹介しましょう。 禍を使った事例集 「なんて読む?意味は?」の答えは「ころな・か」で「コロナによる災難」だと分かった 「コロナ禍」。 似た言い方は他にも多くありますので以下に例示します。 戦禍(せんか) ・ 戦争による被害。 用例「戦禍を被る」「戦禍を生き抜く」 舌禍(ぜっか) 1、 自分の言論が法律・道徳などに反していたり、他人を怒らせたりしたために受ける災い。 用例「芸能人が自身のインスタでの 舌禍事件を謝罪した」 2、他人の中傷や悪口などによって受ける災い 水禍(すいか) ・ 洪水による災害。 また、水におぼれること。 用例「水禍に遭う」 ペスト禍 ・ペストはペスト菌による感染症。 古代から世界的大流行が繰り返され、特に14世紀に起きた大流行では 全世界で1億人が死亡したと推計されている。 ペストによる被害を 「ペスト禍」とも言う。 コレラ禍 ・コレラはコレラ菌による感染症。 突然の高熱、嘔吐、下痢、脱水など激しい症状で致死率が高く、感染力も非常に強力なため古来何度も世界中で コレラ・パンデミックが起きた。 日本でも江戸時代以降一度に 何万人も死亡する大流行が何度も発生している。 この被害を 「コレラ禍」という。 アスベスト禍 ・アスベスト(石綿)はかつて耐熱性に優れた物質として建材などに多く使われたが、肺癌・悪性中皮腫などを起こすことが分かり、その後全廃された。 日本でも05年ごろ、 建設作業員らの健康被害が社会問題になり、国は救済措置のための法律を制定した。 これらアスベストによる被害を「 アスベスト禍」とも言う。 要約すると... 最近よく見る「コロナ禍」という言葉。 読みは「ころな・か」• 「禍」は「災い、思いがけない被害」の意。 猛獣が語源の逸話も• 「戦禍」「舌禍」や「ペスト禍」など過去の感染症でも用例多数 人体に病気を引き起こす微生物などは「病原体」と呼ばれ、そうした細菌、ウイルス、寄生虫などは有史以前から人間世界の災いの大きな部分を占めてきました。 そして最先端の科学技術に囲まれた現在も全く同じです。 ただそれら病原体も、もともとは自然界や動物の体内などで共生し静かに暮らす〝生き物〟だったわけですが、何らかのきっかけで人の体内に入り、変異したり毒素を出すなどして「凶悪な敵」になったとされます。 人類が飽くなき探求と欲望で地球を席巻し開発したことで、環境が変化し、そうした未知の生物が「病原体」になったともいわれます。

次の