モンスト スレ。 【モンスト】神獣スレイヤー(キラー)の倍率とキャラ一覧【アビリティ】|ゲームエイト

【モンスト】神獣スレイヤーの効果解説と所持キャラ一覧

モンスト スレ

こんにちは、しゅんぴぃです。 今回は新たに獣神化が解禁されるキャラクターの「天叢雲」の性能を細かく評価、解説していきたいと思います。 ニュース後すぐに撮っているのでステータスやSS倍率などが不明です。 完全版は自分で使ってみたを撮る時、それができない場合はTwitterにアップしようと思いますのでよろしくお願いします! さらに今回は全てのガチャの星5以上の確率が12%に上がったことや、春のキャンペーンについても動画の後半で少し話しています 参考になった方はぜひチャンネル登録と高評価もよろしくお願いします! Twitterも概要欄の下にリンクあるのでぜひフォローお願いします。 基本的に2. 5点基準で作ってます。 ・将来性ではなく現状どこで使えるかを優先に評価します ・ガチャキャラの場合ノマクエ禁忌玉楼神殿など運枠を必要としないクエストで適正の場合高く評価します。 ・基本的に全てのキャラを所持している前提での評価となります。 ガチャ限の所持率は人それぞれなので、私の評価を参照しつつ自分の手持ちと照らし合わせて考えていただきたいです。 ・上記のことも踏まえ、適正クエストでの評価は全キャラの中でガチャ枠と運枠を分けた上から1~3番目辺りに位置する「Sランク適正」の場合のみ評価します。 ・手持ちやオーブに余裕がある方以外は現状率先して使うクエストがない場合はコラボなどの期間限定でない限り適正クエストが出現してから狙いに行くのがいいと思います。 後から適正もらえたらピックアップきますし、その後上位互換のようなキャラが追加される可能性も大いにあるので ・以上のことを踏まえてご視聴いただけると幸いです。

次の

【モンスト】神獣スレイヤーの効果解説と所持キャラ一覧

モンスト スレ

適正の幅が他ステージより広いため、クリアに繋がりやすい。 アストは既に出ている3つの狩人を制覇すると、上にステージが追加される。 ツァイロンエリアは最後に挑戦 ツァイロンエリアの攻略には、追加された4体の聖域の狩人が必要となる。 そのため、ツァイロンエリアより先に、他のエリアをクリアしよう。 アストは他の狩人を制覇すると出現 アストはリルディ、ロシーダ、パンニの全てのクエストをクリアすると、クエストが出現する。 最初から挑戦できないので、注意しよう。 神獣の聖域は神獣クエストを攻略するために、神獣スレイヤーを持つ聖域の狩人を集めるコンテンツ。 「ティグノス」「ガラゴーラ」「レキオウ」の3エリアが存在し、1エリアにつき5クエスト(計16ステージ)で構成されている。 どのクエストも超絶〜轟絶クラスの難易度。 神獣の聖域の詳細• 挑戦には運極5体以上が必要• ノーコンテニューでのみクリア可能• 消費スタミナは30〜40 神獣クエストの第4ステージのみ60• ノーコンテニュー報酬からはドロップしない• ソロ、マルチホストでのみクリア扱いになる エティカ、ゲルナンド、ルウイン以外はいつでも挑戦可能 エティカとゲルナンド、ルウイン以外のクエストはいつでも挑戦することができる。 また最初の4クエストをステージを進めていなくても、 マルチプレイで参加することが可能。 ただしエティカ、ゲルナンド、ルウインは、クエストを出現させないとマルチプレイに参加できない。 階層別のクエスト 聖域の狩人と神獣のクエストは、複数のクエストが階層形式になっている。 クエスト内のステージをクリアすることで、次のステージが出現する。

次の

【モンスト】神獣スレイヤーの効果解説と所持キャラ一覧

モンスト スレ

無事クリア〜! 使ってみて思ったこと 結論:は強い! 噂通りめちゃくちゃ強かった! ボスは覚醒後、弱点倍率が高い小弱点が出現します。 小弱点の時は超強電撃で、ゴリっとHPを削れておりました。 ではここからは よかったところと、 微妙だったところをご紹介します。 よかったところ:当たってるだけでOK よかったことは当たってるだけでOKということ。 といった攻略になりますが、 艦隊だととにかく味方に当たることを考えるだけ。 考えることが少ないのって楽だなぁと感じました。 微妙だったところ:は複数編成じゃないと厳しい? 検証中に、味方にあたりにくく超強友情を2回くらいしか発動できなかった場面があったのですが、 その場合にはドリアードを処理できないといったことがありました。 つまり今回のように艦隊で挑んでいるからこそ、 ドリアードの処理やボスの削りが楽に感じましたが、 1体や2体編成だと、微妙に感じてしまうかもしれません。 3体以上編成で挑むのが良いかと思われます。 絶望ピープル みんなのクリア編成&反応まとめ.

次の