葬式 相場。 お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

葬儀(葬式)費用の平均相場と内訳は?負担額が最も少ない葬儀社2選【2019年】

葬式 相場

………「香典の金額・香典の相場」のページの内容……… 1.香典とは? 香典の書き方 2.中袋・中包みの書き方(金額の漢字の書き方) ・香典に関するQ&A 抜粋 3.香典金額の相場はいくら?(香典料の金額のめやす) ・あなたとの関係(続柄)と香典金額一覧表 (祖父祖母,父,母, 孫, 孫夫婦,嫁の親,夫の親, 叔父叔母, 伯父伯母, 親戚, ご近所の人, 友人の親, 取引先, 社葬) ・両親のいずれかが亡くなった場合子どもは香典を出すの? ・祖父母のいずれかが亡くなった場合、孫は香典を出すの? 4. 本来であれば訃報の連絡を受ける時に先方の宗教を確認し、その宗教に即した表書きを書くのですが、先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」です。 御霊前は、お通夜でも葬儀でも使えます。 蓮の花の絵がついた香典袋は仏教以外には使えませんので注意してください。 蓮の花の絵がついた香典袋は仏教以外には使えませんので注意してください。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」です。 御霊前は、通夜でも葬儀でも使えます。 バランスを考えて文字を配置して下さい。 会葬者名簿にも同じように書きます。 どうしても一行に収まらないばあいには、行を分けて書くことになりますが、氏名は中央に来るようにします。 会葬者名簿にも同じように書きます。 取引先の社葬でも、あるいは取引先の方が亡くなった場合でも、遺族に対して故人との間柄が伝わるように、会社名を右に書き添えて社長名で出したりします。 鈴木花子」と小さく書き添えて香典と一緒に受付に渡しましょう。 ・中に入れたお金の金額については、中包みの表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 (地方によっては「お祝い事の場合には表側に金額を書き裏側に住所氏名を書く、お悔やみ事のときには表側は白いままで、裏に金額と差出人を書く」という地域もあります。 ) どちらでも構いません。 のし袋によっては、金額を書き入れる欄があるものもあるようです。 中包みの裏面の書き方の例 A B 1万円の場合 3万円の場合 地方によっては、お悔やみ事のときには表側は白いままで、裏に金額と差出人を書くという地域があります。 表面を白いままにする場合には、左の見本画像Aのように裏面に金額と差出人を書いてください。 中に入れる金額に決まりはないのですが、4万円、9万円という金額は、死や苦を連想させるということで、お悔やみごとにはNGです。 また、1万円、2、3、5、10万円(または千円)といったキリの良い金額(端数のない金額)を包みます。 お悔やみの言葉を書いた手紙を同封しましょう。 Q[祖父母(祖父・祖母)が亡くなった場合は?] A 祖父母が亡くなった場合、孫は御香典を出すかどうか…一般的には、両親に扶養されている孫の場合は、両親が香典を出すため孫は香典を出さない、という考え方が多いようです。 では社会人になっている孫の場合は香典はどうするか…についてですが、祖父母(祖父や祖母)と同居している、していないに関わらず働いている孫の場合は香典を出すべきだと筆者は考えます。 他の孫たちとのバランスもありますので、例えば年齢が同世代の孫たちで同じ額ずつ出して「孫一同」という形で御香典を包んでもよいでしょう。 人数が少ない場合には連名の形で氏名を書きます。 結婚しているお孫さんの場合には、「孫一同」という形ではなく、単独で御香典を出すべきだと考えます。 その他のQ&Aは次ページへ.

次の

香典の金額相場、マナー 参列・お葬式のマナー

葬式 相場

お葬式に供える 「供花」をご存じでしょうか? 「供花」とは、「きょうか」もしくは「くげ」と読み、故人に供える花のことを指します。 供花には死者の霊を慰めると同時に祭壇や会場を飾る意味があり、葬儀の際は、親族や親戚一同と書かれ祭壇の両側に置かれていることが一般的です。 また、供花の手配に際しては、いくつかの注意点が存在します。 突然の訃報に動揺し、マナーを間違えることの無いよう、事前に把握しておくことが大切です。 そこで今回は、お葬式に供える供花の手配やマナーと相場についてご紹介します。 供花の手配 お葬式に供える供花を手配する際は、 花屋、または 葬儀社に依頼することになります。 葬儀社に依頼する場合は、まず葬儀会場に連絡して担当している葬儀社を確認し、その後、直接その葬儀社へ連絡します。 供花については、遺族や親族、故人と親しかった方などが贈ることが一般的です。 友人一同や会社ごとの名義で贈る場合の他、故人に近いご親族の方が取りまとめているケースもあります。 そのため、 一度周囲の方に連絡を取ることをおすすめします。 供花のマナー 供花のマナーは宗教により異なります。 供花を選ぶ際は、事前にお葬式の形式について御遺族に確認しておきましょう。 仏式・神式の場合 一般的に供花を贈る際は、 お通夜の前に会場に届くように調整します。 早めに届けることは「すでに準備をしていた」と悪い印象を与えてしまう恐れがあります。 そのため、周囲から事前に伝え聞いていた場合でも、 準備を始めるのは訃報を受けてからで構いません。 花の色は 落ち着いた色合いのものを選択することが基本です。 派手すぎるイメージを与えない色を選びましょう。 日比谷花壇は供花にもご利用いただける白と紫を基調にしたフラワーアレンジメントやボックスフラワーを用意しています。 供花の相場 平均的な供花の相場は、 15,000~30,000円です。 主流価格帯は15,000? 20,000円と言われているため、この相場を意識して選ぶと良いでしょう。 また、スタンド式の供花を手配する際は、ペアで手配することが多いため価格が倍になります。 相場を大きく上回る供花は、ご遺族に気を遣わせてしまう恐れがあるため控えることが大切です。 個人との関係を思い返し、適切な価格帯の供花を選びましょう。 おわりに お葬式に供える供花の手配やマナー、相場などについてご紹介しました。 プレゼントを選ぶ際は、相手の立場になって考えることが大切です。 故人やご遺族のことを思って準備した供花であっても、マナーを間違えてしまうと悪い印象を与えてしまいます。 特に相場に関しては、返礼などについてご遺族の方に過度に気を使わせてしまうことの無いよう、常識の範囲内で選んでください。 供花を贈る際には、今回ご紹介した内容を参考に、マナーや相場をしっかりと守るよう心掛けましょう。

次の

法要のお布施の相場 : お葬式なるほどチャンネル

葬式 相場

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 香典とは? 香典とは、 お通夜や葬儀・葬式に参列する際に線香や抹香、花の代わりに霊前にお供えするお金のことです。 訃報を受け葬儀に参列する場合、通夜から参列するならば通夜のときに香典をお供えするのが一般的です。 通夜は亡くなられた当日の夕方に行われることもありますので、訃報を受けてから香典の準備をする時間を取ることが難しい場合もあります。 そんなときに慌てないためにも、あらかじめ香典の金額と相場を知っておけば、金額に悩むことはありません。 香典の金額と相場はいくら? 香典の金額は、亡くなった方と送る方の 間柄や 付き合いの深さ、 年齢、 立場によって変わります。 あくまでも目安ですが、一般的な相場をご紹介します。 自分の親への香典金額 自分の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 親への香典は金額以前に、包むか包まないかということも悩む点です。 例えば、葬儀費用を負担する場合は、香典を包む必要はありません。 また、自分が施主を務める場合も香典を包む必要はありません。 喪主以外、または 葬儀費用を負担しないのであれば 香典を包む必要があると思っておきましょう。 自分の祖父母への香典金額 自分の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 祖父母への香典は、自分がまだ両親に扶養されている立場ならば包まなくても良いとされています。 同居していた祖父母であっても、社会人であれば香典を準備しましょう。 独立し結婚をしているのならば、孫夫婦からという形で連名の香典を包む場合もあります。 祖父母へは現金の香典だけでなく、をすることもあります。 自分の兄弟姉妹への香典金額 自分の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 他の兄弟や姉妹が居る場合は、相談をして決めましょう。 配偶者の親への香典金額 配偶者の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 同居の有無に関わらず、自分の親と同額を包みます。 配偶者の祖父母への香典金額 配偶者の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 自分の祖父母への香典金額と同額を包みます。 配偶者の兄弟姉妹への香典金額 配偶者の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 自分の兄弟姉妹への香典金額と同額を包みます。 親戚のおじ・おばへの香典金額 親戚のおじやおばへの香典金額は、 10,000円~20,000円です。 生前に親しい間柄であった場合を除いては、 年齢に関係なく10,000円とする場合が多いようです。 近くない親戚への香典金額 従兄弟などの近くない親戚への香典金額は、 5,000円~10,000円です。 おじやおばと同様に、生前に親しい間柄であったかどうかで金額を決めましょう。 遠くに住む親戚の場合は、通夜や葬儀には参列できないこともあるでしょう。 そのときは、を打ち、香典をします。 または供花であれば離れた場所からでも斎場へ届けてもらうように手配ができます。 友人・知人への香典金額 友人や知人への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友ならば10,000円、そうでない場合は3,000円または5,000円が一般的です。 友人・知人の親への香典金額 友人や知人の親への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友の親ならば10,000円、そうでない場合は 3,000円または 5,000円が一般的です。 友人や知人の親との面識の有無にもよります。 ご近所の方への香典金額 ご近所の方への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 地域や町内会などのしきたりで決まっていることもあるため確認しましょう。 上司や上司の家族への香典金額 上司への香典金額は、 5,000円~10,000円、上司の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 部下や部下の家族への香典金額 部下や部下の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないということです。 同僚や同僚の家族への香典金額 同僚への香典金額は、 5,000円、同僚の家族への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 こちらも同様に気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないことです。 元上司への香典金額 元上司への香典金額は、 5,000円です。 気をつけなければならないのは、 現在の上司よりも高い金額を包まないことです。 個人で香典を包まずに連名にする場合もありますので、会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めたほうが良いでしょう。 香典の入れ方のマナー 香典には金額に加えて入れ方に関するマナーもあります。 細かい部分もありますが、大切なことなのでしっかりと確認をしておきましょう。 香典金額が多いのは失礼? 香典にはもともと故人を経済的に助けるという意味もありますが、香典の金額は多ければ多いほど良いというわけではありません。 香典の金額が多すぎるのは失礼にあたります。 これは、いずれ参列してくださった側に葬儀があったときに、遺族は同程度の金額を香典として返す必要があるからです。 香典に偶数の付く数字は避ける 結婚式などの慶事の祝儀と同様に、香典にも偶数の付く数字は避けるという考えがあります。 偶数は割り切れる数字のため、「 縁が切れる」や「 故人とこの世のつながりが切れてしまう」ということを連想させてしまうからです。 奇数の金額であって お札の枚数が偶数になることも避けましょう。 例えば、10,000円を10,000円札ではなく5,000円札2枚で準備することです。 また、奇数だとしても「 9」は「 苦」を連想させるため避けましょう。 香典の金額をどうしても20,000円にしたい場合は、「御霊前」と「御供」と言うように、2つの異なる表書きの香典を準備します。 それぞれの香典袋に10,000円ずつ入れることで、お札が2枚になることを防ぎます。 5,000円を包む場合、1,000円札が5枚ならば奇数なので何の問題も無いのですが、遺族が後から数えやすいように5,000円札1枚にまとめましょう。 このことは連名で香典を準備する際にも同じことが言えます。 連名の場合は、香典を集金することになるため、お札が複数枚になります。 お札が複数枚になることや違う種類の御札が混ざることも数えにくく遺族側の手間となってしまうため、 できる限りまとめて入れるようにします。 香典に新札はなるべく使わない 結婚式などの慶事では新札を使用することが常識ですが、通夜や葬儀などの仏事に持参する香典に使用するお札は 新札を使用するのは良くないこととされています。 新札を香典に使用すると、「 事前に用意をしていた」や「 訃報を予知していた」という印象を与えてしまうからです。 手元に新札しか無い場合は、あらかじめ折り目を付けてから使用します。 新札は良くありませんが、シワや折り目がたくさんついていたり、敗れていたりする ボロボロの傷んだお札も良くありません。 お札を入れる向き 不祝儀袋にお札を入れるときの向きは、一般的には お札の肖像画が印刷されている側を裏側にして、さらに 肖像画が下にくるようにします。 お札が複数枚になるときは、 お札の向きを揃えておくことがマナーです。 中袋・中包みの書き方 不祝儀袋には、 薄墨の筆や筆ペンを使用して表書きをすることがマナーです。 薄墨を使用するのは、 故人に対しての悲しみを表しています。 中袋や中包に金額や住所を記入する際には、筆や筆ペンではなく黒いペンでも構いません。 中袋や中包には、入れた金額を 漢数字で書きます。 数字は 大字 だいじ を使用します。 大字 だいじ とは、漢数字が書き換えられてしまわないように使われる漢字で、会計や登記、戸籍など改ざんされないように使用することが法律で定められています。 大字 だいじ は普段使用する漢数字ではないため、書き間違えしないようにしっかりと確認しながら書きましょう。 漢数字 大字 1 壱 3 参 5 伍 10 拾 千 阡 万 萬 中袋や中包には、金額の他にも住所と氏名を書きます。 中袋に住所と氏名欄が印刷されている場合は、その欄を利用しましょう。 即日の香典返しのことも考慮する 香典返しは即日に渡すことが一般的になりつつあります。 即日の香典返しには、香典の半分程度の額の物品が用意されていることが一般的です。 多くの場合は 5,000円の香典を想定し、 2,000円から3,000円の香典返しが準備されています。 それ以外にも、通夜振る舞いとしての食事や受付で渡す返礼品も準備されています。 これらのことからも分かるように、遺族側が準備する参列者への香典返しや返礼品、通夜振る舞いからすると、 香典の金額は3,000円以下では金額が十分ではないと言うことになります。 もし、香典の金額が少なかったことに後から気が付いたとしても、 決して追加で香典を送ることはしてはいけません。 この行為は不幸が重なるという考えからマナー違反です。 香典を3,000円にした場合は、香典返しを辞退するのがマナーです。 香典を連名で送るときに気をつけたいマナー 友人や会社関係者の場合、香典は個人ではなく連名で送るときも多々あります。 連名と一言で言っても、ただ氏名を連ねれば良いと言うことではありません。 ここからは連名で香典を送るときに気をつけたいマナーをご紹介します。 遺族は参列者の記名で故人との関係性を把握している 遺族は香典返しや挨拶状を準備するにあたり、 故人と 参列者との 関係性を把握する必要があります。 しかし、遺族が故人と参列者との関係性を全て把握しているわけではありません。 遺族は、 参列者が受付で芳名帳に記載した内容や香典に書かれた内容をすり合わせることで、 故人との関係性を把握します。 香典はできる限り連名ではなく個人で用意する 香典は連名や「〇〇一同」として送ることもできますが、 できる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 香典の表書きが連名で中袋に書かれている住所が代表者のみの場合、遺族は香典返しや挨拶状をどこに送れば良いのか悩んでしまいます。 遺族に配慮する意味でも、香典はできる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 連名で送る場合の香典袋の書き方 やむを得ず連名で香典を送る場合、香典袋の表に書く 名前は 最大でも 3名までの連名とします。 名前は右側から目上の順です。 場合によっては五十音順で書くこともあります。 忘れてはいけないことは、連名にした全員の 住所と 氏名を書いた メモを香典袋に入れておくということです。 「〇〇一同」として香典を送る場合でも、個人の名前を別途記名 「〇〇一同」として香典を送る場合は、代表者の住所と氏名を中袋に書き、さらに全員分の氏名を書いたメモを香典袋に入れておきます。 「〇〇一同」で送る場合は、中袋に住所と氏名を書いた代表者の元に香典返しが届きます。 まとめ 突然の訃報を受けて、いろいろと慌てることも多いかもしれません。 初めてのことならば尚更でしょう。 仏事は昔からのしきたりなどもあり、マナーが難しいと思うことも多いと思います。 しかし、いざというときに恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと香典に関するマナーを身に付けて備えておきましょう。 関連記事 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の