さわかみ 投信。 投資信託のモーニングスター|スナップショット[さわかみファンド]

さわかみ投信の評判と運用成績からわかる本当の実力!TOPIXを上回るリターン

さわかみ 投信

さわかみ投信とは さわかみ投信は1996年に設立され、1999年からさわかみファンドの販売・運用を行なっている会社です。 「一般家庭の財産づくりを本格的な長期投資でお手伝いしたい」という理念のもと、自社で投資信託を販売するという直販スタイルを創業以来守っています。 さわかみファンドとは さわかみファンドとは、さわかみ投信が独自の基準で選定した100以上の銘柄で組成された投資信託です。 社会に貢献する長期で応援できる銘柄に投資する事をテーマとしており、日本を代表する大型株にも分散投資を行います。 長期投資を見据えた「バイ・アンド・ホールド」型のバリュー投資を基本としており、証券会社や銀行などの販売会社を通さず、直接販売を行なっています。 さわかみ投信「さわかみファンド」のメリット 次に、さわかみ投信「さわかみファンド」のメリットについて解説します。 最低1万円からの積立投資が可能 さわかみファンドでは、毎月指定の金融機関口座からの自動引落しによって定額購入を行う積立投資(サービス名:つみたてのチカラ)が可能です。 最低1万円からの積立投資が可能で、比較的手間を抑えながら少額で資産形成が可能です。 また、積立投資に加えて「スポット購入」も可能なので、相場下落時にまとまった金額を投資するという運用方法と組み合わせる事ができます。 勉強会やセミナーが充実 さわかみ投信では全国各地で投資家の方に向けた勉強会やセミナーを頻繁に開催しています。 友人など5名以上が集まる場合は、出張勉強にも対応しています。 また企業訪問ツアーを開催するなど、学びたい意欲の強い方に対して有意義なサービスを各種提供しています。 さわかみ投信「さわかみファンド」のデメリット 次に、さわかみ投信「さわかみファンド」のデメリットについて解説します。 ネット証券などでは購入できない さわかみ投信は直接販売のみを行なっているので、ネット証券などではさわかみファンドの購入はできません。 実際に購入する時は、さわかみ投信の公式Webサイトから口座を開設する必要があります。 つみたてNISAには対応していない さわかみファンドは現行NISAには対応していますが、2018年から開始されたつみたてNISAには対応していません。 積立投資ができるさわかみファンドですが、つみたてNISAに対応していないことは購入する前に事前に理解しておきましょう。 【つみたてNISAについて詳しく知りたい方はこちら】 引き落とし口座の変更は書面の手続き さわかみ投信で行う多く手続きはネットを介して行う事ができますが、一部書面での手続きが必要になる項目もあります。 定期定額購入サービス引落口座の変更などは、変更用紙が必要になるので、電話またはフォームにて用紙を請求しなければいけません。 さわかみ投信「さわかみファンド」の実績 次に、さわかみ投信「さわかみファンド」の実績を、一般的な指標や他の直販投信と比較して解説します。 まず、さわかみファンドの過去5年間の実績は以下の通りです。 決算期 基準価額 期中騰落率 純資産総額 14期(2013年7月19日) 15,389円 50. 9% 2,935億円 15期(2014年7月22日) 18,400円 19. 6% 2,990億円 16期(2015年7月21日) 20,615円 12. 3% 2,609億円 18期(2017年7月19日) 23,363円 23. 6% 2,986億円 TOPIXと比較 さわかみファンドは指数変動型ではなく、市場平均を上回る運用成績を追求するアクティブファンドです。 代表的な株価指数であるTOPIXとパフォーマンスを比較することは、アクティブファンドを評価する上で一つの指標になります。 さわかみファンドとTOPIXのパフォーマンスを過去10年で比較すると、値動きは似ていますが、さわかみファンドの方が高いパフォーマンスを発揮しているのがわかります。 独立系資産運用会社のレオス・キャピタルワークスが運用しています。 決算期 基準価額 期中騰落率 純資産総額 5期(2013年9月30日) 21,287円 58. 7% 91億円 6期(2014年9月30日) 26,484円 24. 4% 149億円 7期(2015年9月30日) 30,864円 16. 5% 243億円 8期(2016年9月30日) 33,072円 7. 2% 331億円 9期(2017年10月2日) 45,440円 37. また、運用成績はひふみ投信がさわかみファンドを上回るパフォーマンスを出しているのが分かります。 【ひふみ投信について詳しく知りたい方はこちら】 セゾン投信と比較 セゾン投信は、さわかみ投信と同じく独立系資産運用会社です。 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の直販型の二種類の投資信託を運用しています。 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」は、それぞれインデックス型とアクティブ型と運用方針が異なるため、それぞれに比較します。 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 決算期 基準価額 期中騰落率 純資産総額 7期(2013年12月10日) 11,347円 36. 6% 685億円 8期(2014年12月10日) 13,561円 19. 7% 1,264億円 11期(2017年12月11日) 14,667円 11. ・セゾン資産形成の達人ファンド 決算期 基準価額 期中騰落率 純資産総額 7期(2013年12月10日) 12,743円 60. 2% 116億円 8期(2014年12月10日) 15,960円 25. 2% 194億円 9期(2015年12月10日) 16,995円 6. 1% 375億円 11期(2017年12月11日) 20,804円 25. セゾン資産形成の達人ファンドの純資産総額はさわかみファンドの約6分の1ですが、さわかみファンドと比較して2015年以外は高いパフォーマンスを出している事がわかります 【独立系運用会社の投資信託について比較して見たい方はこちら】 iDeCoに対応している さわかみファンドは、個人型確定拠出年金(iDeCo)にも対応しています。 さわかみ投信のiDeCoで選択できるのは、さわかみファンド、DCダイワ物価連動国債ファンド、スルガ銀行定期預金の三種類です。 さわかみ投信「さわかみファンド」の口座開設方法・流れ さわかみファンドを購入するには、さわかみ投信で口座を開設する必要があります。 まずは公式Webサイトから、Web口座開設か書類での口座開設、いずれかの方法を選択しましょう。 いずれの場合もマイナンバーカードや本人確認書類が必要になるので、用意しておくと手続きがスムーズになります。 当サイトに掲載されている情報は、あくまで投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、 投資勧誘を目的としてはいません。 また、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。 投資の際には各社サイトの投資条件をよくお読みください。 ・当サイトの運用については万全を期しておりますが、その情報の正確性、安全性、適時性等を保証するものではありません。 ・掲載情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。 ・掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。 ・投資商品などをご購入の際は、必ず契約書等の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。 ・当社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。 各運営会社等へ直接お問い合わせください。 ・当サイトに掲載されている情報の著作権は、原則として当社または執筆業務委託先に帰属します。 読者は当該情報の複製、販売、表示、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

次の

さわかみ投信を解約.解約理由とさわかみファンドの残念な点

さわかみ 投信

「月次レポート」が語りかけるものは運用データだけではない? 編集部 前回は、投資先企業の講演や、さわかみ投信の運用報告から感じたことを振り返ってみたけど、初心者「ファンド仲間」の視点から他にはどんなところが気になった? 担当ライター まず、会場に入ったらすぐ、1999年8月にファンドが設定されて以来の「月次レポート」がズラリと並んでいて、一つひとつに見入ってしまいました。 初心者なので、正直グラフとか数値とかを見てもピンとこない部分はあったのですが、解説というか、メッセージというか、テキストの部分に惹かれました。 「なんか人間味があるなあ」と。 編集部 運用状況だけじゃなく、自分たちのお金を運用してくれているファンドがどんなふうに世の中を見ているか、メッセージの中で感じることができたよね。 コミュニケーションツールとしても機能してるんだろうね。 担当ライター 投資って難しいと思ってたんです。 もちろん運用側は、すごい経験と調査データから適切な運用をしてくれるわけなので、難しい仕事だと思うんですが、それがそのまま伝わってくるとどうしてもこちらも構えてしまう。 でも、この月次レポートを見るとなんだか、同じ視点で世の中を見ている人たちなのだなあと、安心するんです。 編集部 なるほど。 長期投資って文字通り長い付き合いだから、そういう関係性って大事だよね。 ちょうど10年間投資をしているという親子にお話を伺った時も、「ほぼほったらかしだったので、一喜一憂することも無かったです」と率直に話してくれて、なんだか長期投資へのハードルを下げてくれた気がするし。 担当ライター でも長期投資を始めた理由は少し深刻で、「普通に働いていれば豊かな老後を過ごせる時代は終わったから、自分で備えないと」という言葉を聞いて、やっぱりきちんと今という時代に向き合わないといけないと思いました。 中学2年生になるという息子さんと来場されていましたが、「お金に働いてもらうという視点を持ってほしい」というお母さんの言葉に、この場所がよい社会勉強の場にもなるんだなと感じました。 企業ブースを一回りするだけで、企業や社会の見方が変わる 編集部 会場には「さわかみファンド」投資先企業26社が、ブースを出していたけど、毎日の生活の中で親しんでいる商品をつくる会社のほか、「え、世界的なこの製品にこの会社が関わっているんだ!」とびっくりさせられた企業にも出逢えて、日本の会社の技術力を再認識したよ。 担当ライター 僕自身、普段色々なところに取材に行っているので、視野は広く持っていたつもりですが、本当に目から鱗が落ちた気分。 これはぜひ就職活動をする学生に見て欲しいなと思いました。 福利厚生や働き方なども大切だけど、やっぱりその会社が何をどんな思いでやっているかって、大切なんじゃないかなと。 編集部 若いうちから「投資家」としての視点で企業を見ることができたら、もっと社会のことをよく知れるかもしれないよね。 そうそう、当日、企業の持続可能な経営をテーマにしている大学のゼミの学生さんたちに会ったけど、すごく熱心だったね。 担当ライター 少しインタビューしましたが、企業の講演を聞いて「消費者への説明とは違い、投資家に対しての説明だったので、経営戦略やビジョン、他社との差別化など、普段とは違う視点で企業を知ることができました」と答えていましたね。 編集部 長期投資についても詳しく勉強しているみたいで、「低金利の中、世の中の常識も変わり、貯蓄だけではなく、資金を運用することが一般的になる時代も近いと感じている」という意見も聞けて、投資の特集を担当する立場から見ても頼もしかった! プロのアナリストに直接話を聞けて、質問もできる! 編集部 企業の講演でもさわかみ投信の担当者の方への親近感と信頼感がアップしたけど、「アナリストツアー」では、ダイレクトに実際のアナリストの方と一緒に、企業ブースを回り、深い話が聞けて、楽しかったなぁ。 担当ライター まず話が上手でビックリしました。 企業の人より詳しいんじゃないかっていう説明に、こうやって、投資先のことを研究しているんだと、納得できました。 これまで見てきた会社って本当にごく一部で、世の中には応援したくなる企業がたくさんあるのだなあというのが感想です。 編集部 毎日お世話になっているスマートフォンの中に欠かせない部品をつくっていたり、日本のものづくりの強みを活かしていたり、元気な企業に出逢えてなんかうれしかった。 担当ライター ツアー終了後、他のブースもいろいろ回った際の関心度も高まりましたよね。 ここに集まっている企業にはきっといろいろと、目に見えていなかった魅力があるんだろうなあと考えたりして。 あと、投資を始めるってことはこうやって企業や社会に関心を高めていくことなんだと実感しました。 編集部 そうやってみんながもっともっと投資して、社会に関心を持ってもらったら、新聞にも関心を持ってくれそう(笑)。 企業そのものを知るというのも大事だけど、社会でいま何が起こっているか知ることも大事。 担当ライター そういう意味でも若いうちから投資に関心を持つと、社会を知りたくなるモチベーションが上がるんじゃないかと。 若い人にぜひ薦めたいと思いました。 「ファンド仲間」は、さわかみ投信のファンでもある 編集部 さわかみファンドについては、創設者である澤上篤人会長の講演や、著書に影響されて関心を持ったという人が多いみたいだけど、たまたま取材した人の中に「澤上会長の追っかけです」という人がいたよね。 担当ライター 40代の女性でしたが、大学生の息子さんにも知ってほしいと一緒に来てましたね。 印象的だったのは「澤上会長のお話しがあまりにすごいので、大口の取引しかできないと思ったら、1万円からでも歓迎と知って、もう10年位やってます」という言葉でした。 正直、こんな盛大な報告会に来たら不安になるかもって思っていたのです。 でも、いろいろな人がいろいろな条件で投資をしているんだろうなってわかり、安心しました。 編集部 その方も薦めていたけど「アナリストの方との勉強会」をはじめ、今日みたいな盛大なイベントのほかにも、いろいろなセミナーや交流会があるみたい。 組入れた有価証券等の価格は、発行者の経営状況やそれに対する外部評価、外国為替相場等の変動による影響を受け、投資信託の基準価額は変動します。 これらにより生じた利益および損失は、すべて受益者の皆様に帰属することとなります。 また、元本および利息の保証はなく、預金保険の対象でもありません。 したがって、投資された元本は、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 投資信託は預貯金とは異なります。 さわかみファンドの場合は次の手数料等がかかります。 【購入時手数料・信託財産留保額】ありません。 【信託報酬】さわかみファンドの純資産総額に対して1. 08%(税込・年率)です。 【 その他費用・手数料】組入れ有価証券等の売買委託手数料およびこれにかかる消費税等相当額などの実費を投資信託財産より控除します。 お問い合わせは、さわかみ投信㈱まで。 さわかみ投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第328号 加入協会 一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会.

次の

「さわかみファンド」を投信のプロはどう評価する?直近の成績は日本株のインデックス以下と低迷する「さわかみファンド」一点集中の投資家を診断!|投資信託おすすめ比較[2020年]|ザイ・オンライン

さわかみ 投信

さわかみ投信とは? 国内初の直販型投信会社 さわかみ投信は古くからある独立系の直販型投信会社で、今や3,000億円近くの純資産を誇っています。 独立系の投信会社は、ほかにやなどがありますね。 1999年に開始された老舗投信会社ですので、知名度は高いです。 おそらく投資信託で運用を行っている方なら、一度は聞いたことがある名前の会社だと思います。 バリュー株に長期投資を行っている 長期投資を基本としており、 「バイ&ホールド型」と呼ばれる投資戦略をとっています。 割安と思われる銘柄に投資を行って、その銘柄が割安でなくなるまで保有し続ける投資方針のことです。 さわかみ投信が、保有銘柄の適正水準だと思われる価格で売却していき、リターンを積み上げていくということですね。 現在のところ、ポートフォリオは国内株のみで構成されておりますが、投資対象は海外も含めて対象としていますので、今後海外の株式にも投資を行う可能性があります。 ・将来を担う会社を応援する ・不況時も下支えする ・長期投資で社会を潤す さわかみファンドの理念に共鳴して始めた月1万円の積立は途中リーマンショックや東日本大震災もありましたが早いもので10年10か月、 さわかみファンドの感謝会に招かれ感謝しています。 末長いお付き合いとなりそうです。 そのため、さわかみ投信で口座開設を行う必要があり、直接ファンドの購入・売却をさわかみ投信内で行います。 昔は一部の証券会社で取扱いがありましたが、現在は取り扱っておらず購入することはできません。 以来直販のみの取扱となっていますので、自社販売しかしないという強いこだわりを感じることができますね。 その後、投資関連書籍を200冊超読んで、今後の投資戦略を練り上げました。 — セミリタイア研究家! kogumakenzen iDeCo(個人型確定拠出年金)も取扱いあり さわかみ投信ですが、現在注目されはじめているも取り扱っております。 iDeCoは若い人なら20~30年と長年運用するものですので、アクティブファンドである「さわかみファンド」で運用を行っていくのは、あまりおすすめできません。 一応、「DCダイワ物価連動国債ファンド」と「スルガ銀行定期預金」のラインナップがありますが、どちらも収益性が高い商品ではありませんので魅力的ではありません。 iDeCoを行うなら選択肢が多い、ラインアップが充実している他の証券会社ではじめた方が良いでしょう。 さわかみ投信のiDeCoの運用商品のラインナップがたった3本である理由。 引用:さわかみ投信より。 確かに、ベテランを意識し過ぎるラインナップだと初心者が選べないなどの弊害はありそうですね。 でも、せめてですが「ひふみ年金」辺りが欲しかった。 ベンチマーク なし 購入手数料 無料(ノーロード) スポット購入単位 1万円以上1円単位 積立単位 1万円以上1円単位 設定日 1999年8月24日 信託報酬 年1. 32% 株式 (うち国内)…0. 08% コール・ローン、その他 (負債控除後)…11. 59% 運用会社 さわかみ投信株式会社 購入手数料は 無料となっており、信託報酬も年1%とアクティブファンドとしては安いことが評価できます。 購入・積立は、共に1万円から可能です。 証券会社では100円から積立できるので、少額で積立を行いたい方はさわかみファンドは不向きかもしれません。 国別株式組入比率 市場 比率 日本 88. 32% 米国 0. 08% 市場別組入比率 市場 銘柄数 比率 東証1部 88 87. 9% 東証2部 1 1. 1% JASDAQ(ジャスダック) 3 0. 6% その他 3 0. 3% 外国市場 1 0% 上記を見ると、ほぼ東証一部の銘柄に投資を行っていることがわかります。 組入業種 銘柄 比率 化学 14. 2% 電気機器 13. 9% 機械 13. 6% 精密機器 7. 2% 輸送用機器 6. 5% ガラス・土石製品 5. 2% 食料品 4. 5% ゴム製品 4. 5% 鉱業 2. 7% 小売業 2. 4% 医薬品 2. 2% 鉄鋼 1. 9% 卸売業 1. 8% 繊維製品 1. 4% パルプ・紙 1. 2% 非鉄金属 0. 9% 海運業 0. 9% 陸運業 0. 6% サービス業 0. 5% その他製品 0. 5% 組入上位銘柄 銘柄 比率 日本電産 5. 27% ブリヂストン 4. 35% 花王 3. 88% TOTO 3. 52% ダイキン工業 3. 22% 信越化学工業 2. 94% 国際石油開発帝石 2. 94% 浜松ホトニクス 2. 82% テルモ 2. 60% トヨタ自動車 2. 57% デンソー 2. 17% 旭化成 1. 89% 日本特殊陶業 1. 85% セブン&アイ・ホールディングス 1. 64% パナソニック 1. 60% 三浦工業 1. 58% 東レ 1. 51% 住友化学 1. 45% 三菱電機 1. 31% ホンダ 1. 26% 長期投資を基本としていますので、リスクの少ない大型株を中心とした銘柄が投資対象となっています。 ただその分、大きなリターンを得ることが難しい構成とも言えます。 また幅広い銘柄に投資しているわけではないので、上位銘柄の値動きによる影響が大きくなっています。 37% — 3カ月 -3. 19% -3. 1% 6カ月 -4. 37% -3. 6% 1年 -5. 80% -4. 0% 設定来 159. 05% 22. 2% 2016年 1. 34% 0. 3% 2015年 6. 91% 12. 1% 2014年 12. 11% 10. 3% 2013年 55. 76% 54. 4% ベンチマークとすべきであるTOPIX(配当込み)の成績と比較すると、やや パフォーマンスが劣っていることが見て取れます。 年間の成績で見れば2015年を除き勝っていますが、アクティブファンドとしては物足りない水準といえます。 分配金はなし 今まで一度も分配金を出しておりませんので、効率の良い運用が続けられています。 分配金を出してしまうと、税金が発生して運用効率が落ちてしまいますので、分配金なしであることは評価できます。 00% 2018年8月決算にて判明した実質コストは、設定されている信託報酬と同率のコストでした。 アクティブファンドは「さわかみ投信」のみ保有してますが(資金入れは凍結)、信託報酬1%なら結構頑張ってる部類かなと。 もっともインデックス買ってれば済むので現在はインデックスに資金を振り向けてます。 投資は儲ける手段ではなく、必要とされる会社を応援する手段。 Naotoman 2020中小企業診断士合格 inoue7010 「長期投資で個人投資家の資産形成と企業を応援して豊かな社会を作る」さわかみファンドから運用報告書が届きました。 運用者の藤野英人さん、澤上篤人さんの長期投資哲学に共鳴したのですが利益も着実に。 こういう皆が幸せになる経済活動を、計算しながら改めて思う。 資本主義の在るべき姿 — 石井孝明 ishiitakaaki 401Kを損保ジャパンから、さわかみ投信に切り替えたのは今年の3月。 損保ジャパンから今までの資産が移管されたのが今年の8月あたま。 で、いまどうなってるのかを確認したら、資産が57万も増えていた。 ひふみプラスと、さわかみファンドのパフォーマンスが8%を超えててかなりビックリ。 — Showon Sato SatoShowon 日本株一本で勝負してきたさわかみファンドが米国株を組み入れたのが、個人的には衝撃でした。 割安銘柄に長期投資を行っている• 月1万円から積立できる• 投資対象は東証一部の大型株が中心 さわかみ投信は、国内最初の独立系投信会社で、純資産も 最大規模を誇っています。 野村信託銀行によって資産の分別管理が行われていますので、万が一破産した時でもお金が戻ってくることは安心です。 ただ、さわかみファンドの最近のパフォーマンスは、配当込みTOPIX指数を若干下回っており、成績が安定しているとは言いづらい状況です。 せめて、配当込指数と同等の成績が残せていればまだ評価できるのですが、アクティブファンドである以上、指数を上回る成績を残さないと評価されることはありません。 救いと言えるのは、10年間ベースで見れば配当込指数を上回る成績を残せていますので、数十年スパンで運用するなら投資する価値はあるかと思います。 本ファンドは現在のところ、 東証一部の大型株を中心に構成されていますので、のように、指数を大幅に上回る成績は期待できないと思います。 ただその分リスクは抑えられていますので、 10年以上の長い期間で安定した運用を行っていきたい方には、本ファンドに投資することを検討してみても良いかもしれませんね。

次の