亀有 ゲーセン。 【悲報】ゲームフジ亀有店閉店

【悲報】ゲームフジ亀有店閉店

亀有 ゲーセン

こんにちは。 gunosyでこんな記事が流れてきました 音楽業界も厳しいんですねー。 では、わがゲームセンター業界はどうか?というと から、こんなグラフも拝借。 googleで「ゲーセン 閉店」って検索すると、たくさんの検索結果!悲しくなるね。 なぜゲーセンがダメになったのか?を中の人が考える 1. 少子化によってゲーム人口が減った 間違いだと思います。 少子化は間違いないかと思いますが、一時の脳トレブームや、ファミコン世代が家庭を持つ世代になった事で、子供以外にもゲームをプレイする裾野は広がっているので、あまり正確な指摘ではない、と思います。 スマホや家庭用ゲーム機の進化が著しく、ゲーセンにいかなくても同じクオリティのゲームが遊べる これは、あります。 というよりも、スマホそのものに対してお金を使うことで、お客さんの使用できるお金の金額が減ったというイメージです。 ゲーセンにとってスマホが悪いものだとは、必ずしも思わないです。 消費税 これは、間違いないですね。 まぁ、上がることがわかっていて何もしなかったのも問題ありますけど。 やっぱり現金商売の強みの反面、売上から消費税抜かれるのは辛いです。 ゲーセンの中の人が考えた独自の理由! と、よくある意見を書いてみました。 で先ほど、書いたように、googleで調べると閉店する理由は、気が滅入るほど検索結果が出てくるので、個人的に思っているけど、中の人じゃないと気づかない理由を書きたいと思います。 結論から言うと、 世代交代があんまり進んでなくて、旧来の経営者が多い! ゲーセンが一気に広がったのはご存知、「インベーダーゲーム」から。 この頃に、ITバブルのように、みんなこぞってインベーターゲームを持って独立を果たした会社や、他業種からクラ替えした会社は結構多いです。 インベーダーゲームの発売が、1978年なので、この頃20〜30代だった方は、ちょうどこれから引退していく世代です。 大きな会社は別ですが、中小企業でこのぐらいの年代の方が、ゲーセンを経営しているというケースは結構多いです。 旧来の経営者の思考 1. 昔ほど儲からないとすぐに言う よくあるのが、ネットワーク課金とか、電子マネーの説明しても、よくわからない・・・ で、メーカーに言われるがまま導入して、「昔のように儲からん!」といってお怒りになる。 というケース。 確かに、昔のインベーダーゲームや格闘ゲーム全盛期のスト2とか20〜30万で購入して、一日に2万とか稼いで、それが1年続いたんです。 いまは、それは難しいよ・・・ 2. ゲーセンの売上がないのはメーカーのせいだ、と本気で思っている 確かに、どうやってもダメなゲームもありますよ。 これが2000年代からブームがなくなって、一気に市場が冷え込んでいるという認識は、間違っていないと思います。 こうしたブームに乗ってきたので、「メーカーの機械が良くないから、ダメなんだ!」と思う方は多いです。 もちろん、全員が同じではないですし、悪いイメージばかりではないですよ!念のため。 大手の店舗は別ですが、中小のゲームセンターは、こんな経営者が未だに多いのが実情です。 払わない!って豪語する経営者もどうかと思いますが・・・そりゃ潰れるよね・・・ じゃぁ、この先はどうなるの? ですから、いま消費増税とともに、旧来の経営者が引退していっているのが、現状のゲームセンターの状況です。 「(今までどおりやっても)儲からんから、俺の世代でやーめた!」という判断の経営者が多いので、閉店が相次いでいるという状況。 でも、ポイントは「今までどおりやっても」という点だと思います。 音楽業界全体で、曲が売れないから全部ダメかというと、そうでもなくて、よく引き合いに出ますがEXILEとかAKB48とか、ライブやってすごくお客さんを呼び込んだり、賛否両論ありますが抜群にCDを売ってたりとか、実績ありますから。 ゲーセンだって、何かはわからないけど、新しい方法でお客さんを呼び込んだり、売上をあげる方法があるんじゃないか?と思います。 それは旧来の経営者ではとても思いつかないとか、想像もしたことのない方法のはず。 そしたら、新世代の経営者じゃないと難しいですよね。 「俺なら、こうやってお客を呼ぶ!」とか「こんなお店を作ったらいいのに」という新しいアイデアを持ってる方!新規参入のチャンスですよ〜。 じゃないけど、オワコンって言われてたけど、2014年から底打ちしたって言われたい!.

次の

たまゲーレトロゲー日記:珍ゲーセン巡り・常磐線・亀有駅・アリオ亀有「こち亀ゲームパーク」

亀有 ゲーセン

こんにちは。 gunosyでこんな記事が流れてきました 音楽業界も厳しいんですねー。 では、わがゲームセンター業界はどうか?というと から、こんなグラフも拝借。 googleで「ゲーセン 閉店」って検索すると、たくさんの検索結果!悲しくなるね。 なぜゲーセンがダメになったのか?を中の人が考える 1. 少子化によってゲーム人口が減った 間違いだと思います。 少子化は間違いないかと思いますが、一時の脳トレブームや、ファミコン世代が家庭を持つ世代になった事で、子供以外にもゲームをプレイする裾野は広がっているので、あまり正確な指摘ではない、と思います。 スマホや家庭用ゲーム機の進化が著しく、ゲーセンにいかなくても同じクオリティのゲームが遊べる これは、あります。 というよりも、スマホそのものに対してお金を使うことで、お客さんの使用できるお金の金額が減ったというイメージです。 ゲーセンにとってスマホが悪いものだとは、必ずしも思わないです。 消費税 これは、間違いないですね。 まぁ、上がることがわかっていて何もしなかったのも問題ありますけど。 やっぱり現金商売の強みの反面、売上から消費税抜かれるのは辛いです。 ゲーセンの中の人が考えた独自の理由! と、よくある意見を書いてみました。 で先ほど、書いたように、googleで調べると閉店する理由は、気が滅入るほど検索結果が出てくるので、個人的に思っているけど、中の人じゃないと気づかない理由を書きたいと思います。 結論から言うと、 世代交代があんまり進んでなくて、旧来の経営者が多い! ゲーセンが一気に広がったのはご存知、「インベーダーゲーム」から。 この頃に、ITバブルのように、みんなこぞってインベーターゲームを持って独立を果たした会社や、他業種からクラ替えした会社は結構多いです。 インベーダーゲームの発売が、1978年なので、この頃20〜30代だった方は、ちょうどこれから引退していく世代です。 大きな会社は別ですが、中小企業でこのぐらいの年代の方が、ゲーセンを経営しているというケースは結構多いです。 旧来の経営者の思考 1. 昔ほど儲からないとすぐに言う よくあるのが、ネットワーク課金とか、電子マネーの説明しても、よくわからない・・・ で、メーカーに言われるがまま導入して、「昔のように儲からん!」といってお怒りになる。 というケース。 確かに、昔のインベーダーゲームや格闘ゲーム全盛期のスト2とか20〜30万で購入して、一日に2万とか稼いで、それが1年続いたんです。 いまは、それは難しいよ・・・ 2. ゲーセンの売上がないのはメーカーのせいだ、と本気で思っている 確かに、どうやってもダメなゲームもありますよ。 これが2000年代からブームがなくなって、一気に市場が冷え込んでいるという認識は、間違っていないと思います。 こうしたブームに乗ってきたので、「メーカーの機械が良くないから、ダメなんだ!」と思う方は多いです。 もちろん、全員が同じではないですし、悪いイメージばかりではないですよ!念のため。 大手の店舗は別ですが、中小のゲームセンターは、こんな経営者が未だに多いのが実情です。 払わない!って豪語する経営者もどうかと思いますが・・・そりゃ潰れるよね・・・ じゃぁ、この先はどうなるの? ですから、いま消費増税とともに、旧来の経営者が引退していっているのが、現状のゲームセンターの状況です。 「(今までどおりやっても)儲からんから、俺の世代でやーめた!」という判断の経営者が多いので、閉店が相次いでいるという状況。 でも、ポイントは「今までどおりやっても」という点だと思います。 音楽業界全体で、曲が売れないから全部ダメかというと、そうでもなくて、よく引き合いに出ますがEXILEとかAKB48とか、ライブやってすごくお客さんを呼び込んだり、賛否両論ありますが抜群にCDを売ってたりとか、実績ありますから。 ゲーセンだって、何かはわからないけど、新しい方法でお客さんを呼び込んだり、売上をあげる方法があるんじゃないか?と思います。 それは旧来の経営者ではとても思いつかないとか、想像もしたことのない方法のはず。 そしたら、新世代の経営者じゃないと難しいですよね。 「俺なら、こうやってお客を呼ぶ!」とか「こんなお店を作ったらいいのに」という新しいアイデアを持ってる方!新規参入のチャンスですよ〜。 じゃないけど、オワコンって言われてたけど、2014年から底打ちしたって言われたい!.

次の

1F|フロアガイド|アリオ亀有

亀有 ゲーセン

こんにちは。 gunosyでこんな記事が流れてきました 音楽業界も厳しいんですねー。 では、わがゲームセンター業界はどうか?というと から、こんなグラフも拝借。 googleで「ゲーセン 閉店」って検索すると、たくさんの検索結果!悲しくなるね。 なぜゲーセンがダメになったのか?を中の人が考える 1. 少子化によってゲーム人口が減った 間違いだと思います。 少子化は間違いないかと思いますが、一時の脳トレブームや、ファミコン世代が家庭を持つ世代になった事で、子供以外にもゲームをプレイする裾野は広がっているので、あまり正確な指摘ではない、と思います。 スマホや家庭用ゲーム機の進化が著しく、ゲーセンにいかなくても同じクオリティのゲームが遊べる これは、あります。 というよりも、スマホそのものに対してお金を使うことで、お客さんの使用できるお金の金額が減ったというイメージです。 ゲーセンにとってスマホが悪いものだとは、必ずしも思わないです。 消費税 これは、間違いないですね。 まぁ、上がることがわかっていて何もしなかったのも問題ありますけど。 やっぱり現金商売の強みの反面、売上から消費税抜かれるのは辛いです。 ゲーセンの中の人が考えた独自の理由! と、よくある意見を書いてみました。 で先ほど、書いたように、googleで調べると閉店する理由は、気が滅入るほど検索結果が出てくるので、個人的に思っているけど、中の人じゃないと気づかない理由を書きたいと思います。 結論から言うと、 世代交代があんまり進んでなくて、旧来の経営者が多い! ゲーセンが一気に広がったのはご存知、「インベーダーゲーム」から。 この頃に、ITバブルのように、みんなこぞってインベーターゲームを持って独立を果たした会社や、他業種からクラ替えした会社は結構多いです。 インベーダーゲームの発売が、1978年なので、この頃20〜30代だった方は、ちょうどこれから引退していく世代です。 大きな会社は別ですが、中小企業でこのぐらいの年代の方が、ゲーセンを経営しているというケースは結構多いです。 旧来の経営者の思考 1. 昔ほど儲からないとすぐに言う よくあるのが、ネットワーク課金とか、電子マネーの説明しても、よくわからない・・・ で、メーカーに言われるがまま導入して、「昔のように儲からん!」といってお怒りになる。 というケース。 確かに、昔のインベーダーゲームや格闘ゲーム全盛期のスト2とか20〜30万で購入して、一日に2万とか稼いで、それが1年続いたんです。 いまは、それは難しいよ・・・ 2. ゲーセンの売上がないのはメーカーのせいだ、と本気で思っている 確かに、どうやってもダメなゲームもありますよ。 これが2000年代からブームがなくなって、一気に市場が冷え込んでいるという認識は、間違っていないと思います。 こうしたブームに乗ってきたので、「メーカーの機械が良くないから、ダメなんだ!」と思う方は多いです。 もちろん、全員が同じではないですし、悪いイメージばかりではないですよ!念のため。 大手の店舗は別ですが、中小のゲームセンターは、こんな経営者が未だに多いのが実情です。 払わない!って豪語する経営者もどうかと思いますが・・・そりゃ潰れるよね・・・ じゃぁ、この先はどうなるの? ですから、いま消費増税とともに、旧来の経営者が引退していっているのが、現状のゲームセンターの状況です。 「(今までどおりやっても)儲からんから、俺の世代でやーめた!」という判断の経営者が多いので、閉店が相次いでいるという状況。 でも、ポイントは「今までどおりやっても」という点だと思います。 音楽業界全体で、曲が売れないから全部ダメかというと、そうでもなくて、よく引き合いに出ますがEXILEとかAKB48とか、ライブやってすごくお客さんを呼び込んだり、賛否両論ありますが抜群にCDを売ってたりとか、実績ありますから。 ゲーセンだって、何かはわからないけど、新しい方法でお客さんを呼び込んだり、売上をあげる方法があるんじゃないか?と思います。 それは旧来の経営者ではとても思いつかないとか、想像もしたことのない方法のはず。 そしたら、新世代の経営者じゃないと難しいですよね。 「俺なら、こうやってお客を呼ぶ!」とか「こんなお店を作ったらいいのに」という新しいアイデアを持ってる方!新規参入のチャンスですよ〜。 じゃないけど、オワコンって言われてたけど、2014年から底打ちしたって言われたい!.

次の