薄力粉 チュロス。 中力粉の代用はどれ?チュロス作りなら薄力粉がオススメ!

【忠実レシピ】ディズニーが公開したレシピでチュロスを作ってみた

薄力粉 チュロス

中力粉を代用するならやっぱり薄力粉と強力粉? 失敗しないコツは配合 中力粉がない場合は、 薄力粉と強力粉をブレンドすれば使うことができます。 中力粉を他のもので代用して作るなら、失敗しないコツは配合です。 一番簡単な割合は、 強力粉と薄力粉を1:1で配合することです。 薄力粉、中力粉、強力粉と種類がある小麦粉ですが、違いはズバリ「 グルテンの含有量」なんですね。 中力粉は、薄力粉よりもグルテンの含有量が多いため、 弾力があって、もっちりとした食感に仕上がります。 強力粉は、パンやパスタなどで使われるのが一般的ですよね。 薄力粉は、 グルテン含有量が8. その粘性の弱さから、クッキーやケーキなど軽い食感や、ふわふわとした食感のものを作るときに適しています。 このように、小麦粉は種類によって違った特徴を持っています。 そのため、チュロスの材料の中力粉を代用して使う際にも、それぞれの特徴を意識して配合をすることが、失敗しないコツといえますね。 私も何度か、薄力粉と強力粉を混ぜて作ってみたことがありますが、必ずしも1:1の割合でなくても、チュロスは作ることはできますよ。 なので、好みに合わせて配合量を調節して作ってみるのも、楽しいと思います。 中力粉の代用 強力粉なしでもチュロスはできる?どんな仕上がりになる? では、中力粉がなく、強力粉もない場合、薄力粉のみでチュロスを作ることはできるのでしょうか。 結論から言うと、 薄力粉のみでもチュロスは作れますよ。 しかし、中力粉や強力粉を使ったものと比べると、 ふわふわして、もっちりとした食感が薄いのが特徴です。 もっちりとした食感を味わいたい場合はやはり、中力粉や強力粉を使って作ることをおすすめします。 薄力粉のみで作るチュロスのレシピをご紹介しますね。 A牛乳 140cc• Aグラニュー糖 小さじ2• A塩 少々• Aバター 10g• 薄力粉 60g• グラニュー糖 100g• グラニュー糖とシナモンパウダーを混ぜてシナモンシュガーを作っておく• 鍋にAを入れて軽く沸騰するまで中火にかける• 火を止めて薄力粉を入れる• ひとかたまりになるまで混ぜる• ボウルに移して溶き卵を混ぜる• 絞り袋に入れてクッキングシートの上に絞る• きつね色になるまで揚げる• 油を切ってシナモンシュガーをまぶしたら出来上がり このレシピだと、比較的ふっくらした食感のチュロスが出来上がりますよ。 中力粉の代用は米粉も使える? 中力粉がない場合、代用品として、 米粉を使ってチュロスを作ることもできます。 米粉を使ったチュロスは、一般的なチュロスよりも さっくりと軽い食感に仕上がります。 米粉のチュロスのレシピもご紹介しますね。 バター 20g• 水 110ml• 塩 ひとつまみ• 砂糖 小さじ2• 米粉 60g• 全卵 1個• 卵黄 1個• グラニュー糖 100g• グラニュー糖とシナモンを混ぜてシナモンシュガーを作っておく• バター、水、塩、砂糖を鍋に入れて火にかける• 溶けたら強火で沸騰させて火を止める• 米粉を加えて一かたまりになるまで混ぜる。 混ぜながら中火にかけ、1分火を通す• 全卵と卵黄を合わせ、3回に分けて混ぜる• 生地を絞り袋に入れる• オーブンシートの上に20cmの棒状になるように絞り出す• オーブンシートごと油に入れ、浮かんできたらオーブンシートを取り除き、きつね色になるまで揚げる• 油を切ってシナモンシュガーをまぶしたら出来上がり 米粉を使っても美味しいチュロスが出来上がりますよ。 好みによって粉の種類を使い分けても良いかもしれませんね。

次の

【ディズニー公式レシピ再現】シナモンチュロスの作り方♡

薄力粉 チュロス

焼きチュロスの作り方メモ• ボールに袋をかぶせて、薄力粉100gをはかる。 (強力粉がなかったので、薄力粉で代用)• 袋の口を回し閉じて、しっかり振る。 これでふるいにかけたのと同じように粉がサラサラになります。 先ほどのボールで卵1個をとく。 鍋に牛乳150cc、バター20g、オリゴ糖シロップ(大1)を入れて、中火に書ける。 バターが溶けたら一混ぜし、フツフツしてきたら弱火にする。 (メープルシロップがなかったので、オリゴ糖で代用)• 薄力粉を入れてしっかりと混ぜる。 結構力がいります。 まとまってきたら、火から下ろす。 鍋の温度が冷めるまで、娘が生地で遊ぶ。 (熱いまま卵を入れてしまうと、卵が固まってボロボロになってしまうため。 鍋が触れるくらいの熱さになったら、溶き卵を5回くらいに分けて、しっかりと練りながら混ぜ込む。 バニラエッセンスも入れる。 絞り袋は、少し返しておくと端が汚れなくていいです。 小さめのヘラで入れるとうまく入ります。 100均の絞り袋を使用したら、絞り口の星形が小さめだったので、、、ちょっと細い仕上がりに。 (しかも、途中で穴があいた。。。。 それでも一応絞れたので、渦巻きも作ってみました。 焼く前に、溶かしバターを丁寧に塗る。 180度に予熱したオーブンで、20分焼くと、完成〜。 シンプルにグラニュー糖をかけて食べたり、、、、• 小さいと絞り出すのに力がいるし、力を入れすぎて袋が破けるので。 渦巻き型が一口サイズで食べやすかったので、今度作る時は、絞り出した段階で冷凍保存してみようかな〜。 そうすると、朝焼くだけで済むので。 (油でそのまま揚げても美味しいかも) 食べた感想 出来立ては、外側がカリッとして、中はしっとり。 細くなったけれど、かえってそれが食べやすかったです。 お皿に盛り付ける前に、バットの上で奪い合うように食べていましたよ〜(笑) 時間が経つと、全体的にしっとりとしていました。 固くならなかったです。 びっくり。 もし時間を置いて食べるのであれば、砂糖はふらずにおいて、食べる直前にトースターで温めてから砂糖をふりかけて食べるのもいいかもしれません。

次の

中力粉の代用はどれ?チュロス作りなら薄力粉がオススメ!

薄力粉 チュロス

カスタードクリームを作る。 ボウルに卵黄、砂糖を入れてすり混ぜ、薄力粉をふるい入れて混ぜる。 牛乳、バニラエッセンスを加えて混ぜる。 ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで3分加熱する(1分ごとに取り出してよく混ぜる)。 表面にぴったりとラップをし、冷蔵庫で冷やす。 ドーナツを作る。 ボウルに卵、砂糖、牛乳を入れて混ぜ、ホットケーキミックスを加えて粉気がなくなるまで混ぜる。 口金の付いた絞り袋に入れる。 クッキングシートを10cm四方に切り、 2 をリング状に絞り出す。 きつね色になったら油を切ってバットに取り出す。 1 のカスタードクリームを泡立て器でなめらかになるまで混ぜ、絞り袋に移してドーナツの穴に絞り出す。 表面のクリームを平らにならし、グラニュー糖をまぶす。 鍋に牛乳、バター、砂糖を入れて中火にかける。 沸騰直前まで温まったら弱火にし、薄力粉を振るい入れ、木べらで1分ほどかき混ぜる。 生地がまとまり、鍋底からはがれるようになったら火からおろす。 2 に溶き卵を2回に分けて加え、その都度よく混ぜる。 バニラエッセンスを加えてさらに混ぜ、口金付きの絞り袋に流し入れる。 クッキングシートを11cm四方に切り、 3 を中心からうず巻き状に絞り出す。 薄く色付いたら裏返し、キッチンペーパーをはがす。 きつね色になったら油を切ってバットに取り出す。 冷めたら、グラニュー糖、シナモンパウダーを合わせてまぶす。 カスタードクリームを作る。 ボウルに卵黄、砂糖を入れてすり混ぜ、薄力粉をふるい入れて混ぜる。 牛乳、バニラエッセンスを加えて混ぜる。 ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで3分加熱する(1分ごとに取り出してよく混ぜる)。 冷蔵庫で1時間冷やす。 ドーナツ生地を作る。 ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩を加えて軽く混ぜる。 中央にくぼみを作り、ドライイースト、卵、温めた牛乳を加えて、ゴムベラで粉気が無くなるまで混ぜる。 打ち粉(分量外)を振った台の上に生地を置き、手のひらで台にこすりつけるようにしながらムラなく混ぜる。 柔らかくしたバターを乗せて、手で押しつぶしながら全体に広げ、さらに10分ほどこねる。 (生地が2倍に膨らめば1次発酵終了。 ) 5. 打ち粉を振った台の上に生地を置き、手の平でたたいてガスを抜く。 生地を8等分に丸め直し、閉じ目を下にして台に置き、きつく絞った濡れ布巾をかぶせて室温で10分休ませる。 表面を張るように丸め直し、クッキングシートの上にのせます。 (生地が2倍に膨らめば2次発酵終了。 ) 8. 薄く色付いたら裏返し、キッチンペーパーをはがす。 きつね色になったら油を切ってバットに取り出して冷ます。 ボウルに生クリーム、砂糖を入れ、ハンドミキサーでツノが立つまで泡立てる。 8 にカスタードクリーム、ホイップクリームを絞り入れ、粉糖をまぶしたら、完成!.

次の