迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます。 とても迅速な対応をして頂きありがとうございます。

「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類語|メール/上司

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

「お早いお返事ありがとう」の使い方3つ目として、お客様に対してはあまりこの言葉は使いません。 相手の返事が早くて助かるのは、こちらが仕事を早く進められるためです。 しかし、お客さんへ「こちらの仕事が早く進んだ」という内容を伝える必要はありません。 また「早い」を使うと、相手の仕事の仕方をこちらが判断する形になってしまうため適切ではありません。 お客さんには「お早いお返事ありがとう」というお礼の言葉は適切ではなく、「早い」を除いた「ご返信ありがとうございます」とするのが適切です。 また、他の表現としては、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」や「お気にかけていただきありがとうございます」、「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などもおすすめです。 一般的に「早速」は話題を変える時に使われるでもあり、文頭につけて使用することができます。 また、つきあいが浅い人や目上の人に対しても使えます。 「早速」と「迅速」の違いは、「迅速」の方がよりスピード感があります。 ただし、目上の人に対して使う場合は、「早速のご連絡ありがとうございます」の様に「早速のご(お)~、(いただき)ありがとうございます」の形にした方がよりスマートです。 「お返事」そのものは丁寧語ですが、こちらの方がより丁寧な印象を与えます。 下の記事は、お褒めの言葉への返事の仕方をご紹介しています。 敬語や謙譲語の使い方や返信例など、日常生活でとても参考になります。 「お早いお返事ありがとう」の別の言い方1つ目は、早い返事を相手の「格別のお取り計らい」として、「格別のお取り計らいをいただきありがとうございます」と言います。 お客様や部署が違う人は一緒に仕事をしていない目上の人に「迅速な返信ありがとうございます」は使わない方が良いという考え方もあるようです。 「お早いお返事ありがとう」には、「早く返信をしこちらの業務を気使ってくれてありがとう」という気持ちを伝える場面でもあります。 そのような場面でよく使われる言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「あれこれ便宜を図り物事を進めてくれる心遣い」という意味があります。 「お取り計らいくださいまして」や「ご親切にお取り計らい」などでも同じ意味になります。 ビジネスの敬語や丁寧語が学べるおすすめの書籍1冊目は、PHP文庫の「正しい敬語の使い方」です。 敬語は大人のマナーであり、人間関係を豊かにするものであります。 日常生活でいざというときに恥をかかないために、基本的な敬語の使い方から丁寧に解説されています。 著者は話力の研究や指導をしてきた方です。 例えば、尊敬語や謙譲語、「お」「ご」の使い分け、「れる」「られる」の使い方などが掲載されています。 日常生活で自信を持って敬語が使えるようになるための練習帳と言える本です。 レビューでは、「日常様々なケースに触れており、敬語の初級者でも難しくない」という声がありました。 敬語の自主トレ本というべき本であり、敬語が苦手な人もポイントが太字になっておりわかりやすいです。 この本では、よくある会話や実際の想定場面での敬語の使い方を紹介しています。 読みながら声に出して実践してみましょう。 練習するうちに敬語の使い方のコツが身に付く本です。 敬語の自主トレ本と」。 敬語が苦手な人でもポイントとなる部分が太字になっているのでわかりやすいです。 お早いお返事ありがとうの敬語・丁寧語表現を使いこなそう! 「お早いお返事ありがとう」の使い方やお礼の敬語・丁寧語表現についてご紹介しました。 この言葉を相手に失礼のないように伝えるためには、「早い」という単語は使用せず、「迅速」「ご返信」などを使った表現が好ましいようです。 「お早いお返事ありがとう」の敬語・丁寧語表現を使いこなしましょう!•

次の

【1分でわかる】早速のご対応ありがとうの意味やビジネスメールでの使い方と例文!敬語表現も

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

「迅速」という言葉の意味は「物事やタスクをきわめて早くこなすこと」や「物事の進行がきわめて早いこと・はかどっていること」、また「すみやかに行動を起こすこと」などと言い、一般的に「迅速な対応」と言われる場合は「きわめて仕事を早くこなすこと」という意味合いで使われます。 主に仕事をする場合では、この「迅速な対応」というのが日常的な行動に課される形で認められ、「何をするにも早く、正確にこなすこと」という標語が設けられる場合が多く見られます。 「何でも物事を早くこなすこと」というのはまるで美徳のように言われますが、この「迅速な対応」という言葉の意味には「ただ早く物事をするだけでなく、丁寧に仕事をし、その成果をより引き上げること」というベターな成果を目指す言葉として使われます。 「迅速な対応」の意味は先述のように「きわめて早く、正確にその仕事を終えて、従来の成果よりもさらに大きな成果を獲得すること」を言います。 これは主に仕事上での専門用語としてだけではなく、日常生活においても頻繁に使われ、その場合でも「物事を丁寧かつ正確に、さらにそのことを早く終わらせる」という意味合いをもって使われます。 そもそも「迅速」という言葉の意味には「すみやかに物事を終わらせる」という、「あまり手間をかけずにその物事をし終える」という意味合いがあり、この場合の「手間取らない」という意味は「他の物事に注意をそらさず、まっすぐにそのことだけをする」といった集中力を引き上げることを言います。 その意味合いをもって言えば、「ただ早く終わらせず、正確かつ丁寧に仕事をする」という、集中してその物事をこなすという背景がうかがえてきます。 ビジネスでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上で「迅速な対応」という言葉が使われる場合は、たいてい「正確に仕事をすること」と「丁寧に仕事をすること」、そしてなおかつ「その仕事をきわめて早く終わらせること」という三拍子の意味合いで使われる場合がほとんどです。 ただ早く仕事を済ませるのであれば、その仕事に集中しないでも、いい加減に終わらせることは可能で、そうしたいい加減・あいまいな仕事の済ませ方を望んでいることは仕事上においてありません。 そのためこの場合の「迅速な対応」という言葉の真意には、「早く終わらせるのは当然で、その早く仕事をするための集中力を高めよ」という、社員各自の仕事に対する姿勢の補強を図る言葉として受け取られます。 メールでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネスメールやプライベートでのメールを問わず、この「迅速な対応」という言葉を用いた表現は非常に多くの場面で見られています。 「何かできごとが起きて、その物事に対する処置や対応を急ぐとき」などには必ずと言ってよいほど、この「迅速な対応」という言葉やそれに準じる言葉をもって相手に伝えられます。 ・受験の準備を、迅速な対応をもってし終えてください。 ・入社式に間に合わすために、書類選考を迅速な対応で済ませてください。 ・迅速な対応をもって、何事にも対応してください。 ・楽器の調達を、迅速な対応をもって行なってください。 「これからしよう」という場合や、この先にあるイベントやタスクに間に合わせる形で「迅速な対応」という言葉が使われます。 そしてこの場合でも「ただ早くそれをするだけ」ではなく、「正確にそのイベントやタスクに対応できるよう、ことを慎重に運ぶ」という姿勢が求められます。 社内での「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上では常にいろいろな仕事が飛び交うため、この「迅速な対応」という言葉がその要所で使われるのは誰でも納得できるでしょう。 その場合でも主に「対応すること」を念頭に掲げた「迅速さ」が求められますので、会社内外における「対応の場面」ではこの「迅速な対応」という言葉が頻用されます。 ・この書類作成は、迅速な対応をもって臨んでください。 ・今度の入社式への準備は、今から迅速な対応をもってしなくては間に合いません。 ・迅速な対応をもて、先方にこれらの書類を回してください。 ・プリントを迅速な対応で行なってください。 ・接客では迅速な対応が必要です。 このようにビジネス上では「あらゆる対応の場面」がありますので、この「対応する場面」では必ずと言ってよいほど「迅速さ」が義務づけられます。 この場合の「迅速な対応」の意味合いにも、「正確かつ丁寧に、物事への対応を早くすること」が含まれます。 日常での「迅速な対応」の使われ方 先に少し触れましたが、この「迅速な対応」という言葉は日常(プライベート)の多くの場面でも使われます。 ただそのまま「迅速な対応」という言葉をもって使われることは少ないですが、それでも「迅速な対応」と同じ意味合いを持つ別の言葉をもって、物事を迅速にすることを伝える場合は多いです。 ・早急に(迅速な対応をもって)ビジネス書類を作成しよう。 ・すぐに(迅速な対応をもって)レシピを作ろう。 ・とにかく早く(迅速な対応で)自転車を買いに行こう。 敬語表現では「迅速な対応」という言葉が使われることはまず少ないです。 この場合は「早急に」や「早々に」、また「早速」などと言葉が置き換えられ、表現そのものが変えられて表現されます。 ・早急に折り返し、お電話をさせていただきます。 ・早々に、ご提示いただきました案件に対応させていただきます。 ・それでは早速、事業計画案をご提出させていただきます。 このように「早急」、「早々」、「早速」といった別の言葉に置き換えられて表現される上で、「迅速な対応」という言葉の基本的な意味合いを相手へ表明します。 尊敬語での「迅速な対応」の使い方 先述での「迅速な対応」の敬語表現例を踏まえた上で、尊敬語で相手に伝える場合はどうするのか。 尊敬語というのは「目上の人や司に当てて敬意を示して言う敬語表現」であり、ビジネス上では最も使われる敬語表現の1つとなるでしょう。 ・早急に(迅速な対応をもって)書類作成をさせていただきます。 ・可能な限りで早期に(迅速な対応をもって)、事業計画を打ち立てます。 ・その案件につきまして、迅速に行動に移らせていただきます。 ・早々に報告書を作成させていただきます。 このように、「迅速な対応」という意味合いを持つ別の言葉で表現されることが多いですが、尊敬語で言う場合は「自分より相手の立場が上位にあること」を踏まえて言うため、「迅速に行動するのが自分であること」をあらかじめ表現しています。 そのため、自分の行動に当てて「迅速な対応を心がける」という言い方は非礼には当たりません。 謙譲語での「迅速な対応」の使い方 謙譲語というのは「相手の立場や自分との関係性を問わず、自発的に自分の立場・姿勢を低めて敬意を示す表現」を意味します。 この場合でも相手を立てて言うため、「迅速な対応」という言葉をそのまま「自分宛て」に使うことはできます。 ・微力ながらも、その案件につきまして早速ご対応させていただきます。 ・できるだけ早い時期をプラン立てし、そのお仕事に就かせていただきます。 ・早急に書類作成させていただきます。 ・迅速な対応をもって、わたくしどもが請け負わせていただきます。 このように、謙譲語で言う場合でも尊敬語の場合と同じく、「迅速な対応」をするのが自分であることを相手に打ち明け、その表現をもって「早々に仕事を終わらせる」という旨を相手へ伝えられます。 丁寧語での「迅速な対応」の使い方 丁寧語というのは「不特定多数の人々に敬意を示す敬語表現」で、主に「です・ます口調」によって公式な場面や情報メディアに公表される、尊敬語にも謙譲語にも認められる敬語表現を意味します。 ・迅速な対応をもって仕事に当たらせていただきます。 ・迅速にご対応させていただきます。 ・ご連絡は迅速な対応をもってさせていただきます。 ・早急にご連絡いたします。 ・迅速な対応によって、それへの解決を図って参ります。 このように公式掲載される情報や言葉になりますので、伝える相手が不特定多数ということもあり「特定の人物に対する非礼」ということはありません。 そのため、丁寧な言葉や口調をもって「迅速な対応」という言葉はそのまま使用される場合が多いです。 この場合は特に「上司から部下へ仕事を命令される場面」で使われ、その際に「仕事を早く済ませること」を伝える際に「迅速な対応」という言葉がそのまま使われます。 ・Aプランに関する書類作成を迅速な対応をもってしなさい。 ・会議プランを迅速な対応で進めてください。 ・今度の土木建設に関する施工工事を、迅速な対応で進める必要があります。 このように、上司から部下に命令される場合は特に表現に遠慮する必要がないため、そのまま「迅速な対応」という言葉が使われます。 基本的にはこのように表現されますが、それでも「迅速な対応」という言葉は少しお堅い表現となるため、この場合でも「早急に」や「早々に」といった伝えやすい言葉に置き換えられる場合もよく見られます。 日本語には全てる義後と対義語というものがあり、その言葉の意味合いと近い言葉・全く正反対の意味を持つ言葉、というように分類されます。 この類義語や対義語をワンセットで覚えることで、1つの言葉を覚える際にも多角的な理解が求められます。 ・早急の行動 ・すみやかな対応 ・素早い処置 ・いち早い行動 ・スピーディな対応 ・要領のよい行動 ・効率的な行動 ・一にも二にもない対応 ・さっと ・すぐに ・直球的な行動 ・直接的な対応 ・ストレートな行動 ・早々の対応 ・迅速な行動 ・すばやい行動 他にもありますが、一般的にはこれらの言葉や表現が使われます。 どの言葉にも「素早く行動し、正確にそのタスクに見合った対応をすること」という意味合いが含まれます。 「迅速な対応」の対義語 先述で少し触れましたが、部下が上司に対して「迅速な対応をよろしくお願いします」という言い方はタブーになります。 そもそも「迅速な対応をしてください」という表現そのものが命令調を含む表現になりますので、この場合は部下から上司に命令している図にもなりかねません。 ・ご都合がつく限りでかまいませので、できるだけ早々のご連絡をお待ちしております。 ・なるべく早くのご対応をいただければ幸いです。 ・早急のお取り計らいを感謝申し上げます。 こちらの方につきましても、よろしくお願いします。 このように「迅速な対応」という言葉は使わず、必ず別の表現によって「早くしてください」という旨を伝えてください。 どうしても「早くしてほしい旨」を伝えたい場合であれば、最後の例文のように、先に感謝を伝えておき、その後に「早くしてほしい」という旨を伝えると印象も悪くなりません。 部下への「迅速な対応」の使い方 何か仕事や案件を依頼される際に、この「迅速な対応」という言葉が使われる場合があります。 その場合でもこれまでにお伝えしましたように、上司から部下であればそのまま「迅速な対応」という言葉が使われ、部下から上司、または先方会社などに依頼する場合には、相手に対して非礼のないよう、あらかじめ表現を変えておくことが大切です。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、ご都合がつく限りで再度ご確認をお願いいたします。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、その後のご進展はいかがでしょうか。 ・依頼した件につき、できるだけ迅速にご連絡をください(上司から部下に対しての場合) ・ご依頼させていただきました件につきまして、早急のお手続きをいたしております。 このように場面や状況、また相手が変わることによって「迅速な対応」という言葉や表現も変わってきます。 お礼の手紙やメールにおいては「迅速な対応」という言葉がどんな場面でも使われています。 これは、その手紙の送り主がその文面の主体になるため、その話題での場面設定や話の流れや経過を、その送り主によって自由に設定できるためです。 ・わたくしどもへの迅速な対応を心がけていただきまして、誠に感謝申し上げます。 ・早急のお返事をいただくことができたことを、誠に感謝いたしております。 ・早々のご返信を、誠にありがとうございます。 さまざまな文面によって「迅速な対応」という言葉が使われますが、お礼状などに見られる場合の「迅速な対応」という言葉の意味合いには、主に物事の経過について説明した上で感謝の意を述べることになるため、お礼状という形で始めから相手への敬意が示されることになります。 「迅速な対応をせよ」といきなり言われても、すぐにその対応ができるかと言えば、それは土台無理な話と言えます。 迅速な対応というのは先述のとおり、「物事や仕事を正確かつ丁寧に、それでいてそのタスクを素早くこなすこと」を言いますので、日頃から「物事や仕事を正確にこなすスキル」を身につけておかなくてはなりません。 つまり「迅速な対応ができる」というのは、日頃からの仕事への向き合い方がまず問われ、そこで積み上げてきた経験(キャリア)によって、その物事・仕事を迅速にできるスキルを培うことができます。 したがって、「迅速な対応をするための準備」というのは、この日頃からの鍛錬が必要になり、日頃からまず仕事やあらゆる物事を正確にできるスキルを身につけておき、その上でそのタスクを「どうすれば素早く、効率よくすることができるか」というアイデアを工夫し続けることが大切です。 先にご紹介しました「迅速対応」の英語表記を活用して、いくつかの英語の例文をご紹介します。 下記の例文は、英語圏内でも一般的に使われる例文です。 ・His deeds always are quickly. 「彼の行動は常に迅速です。 」 ・Thanks for your quick response. 「迅速なご対応をありがとうございます。 」 ・Her communication extremely was rapid. 「彼女の会話は常に迅速を心がけます。 「この国の対応はいつも素早く、かつ行動的です。 」 「迅速な対応」の英語表現と意味(2) 先述の「迅速な対応」の英語表現に加えて、もう少し具体的な「迅速な対応」の意味合いが活用された例文をご紹介します。 ・Her quick response always overstates ours. 「彼女の迅速な対応は、いつでも皆を驚かせます。 」 ・This country's prompt response is also important in anticipating the future economic vision. 「この国の迅速な対応は、今後の経済的な展望・ビジョンを想定する上でも重要です。 」 ・Their ability to communicate quickly is superior to any ethnic group. 「彼らの迅速なコミュニケーション能力は、どの民族よりも優れています。 」 いかがでしたか。 今回は「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類義語と題して、「迅速な対応」という言葉の正確な意味合いや用法、その類義語、またさまざまな場面での用例についてさまざまな場面や分野からご紹介しました。 「迅速な対応」という言葉はビジネスをはじめ、普段の日常生活でも頻繁に使われている言葉に認められ、特に「素早い行動や対応」を指す形で、いろいろな表現をもって言われます。 また「迅速な対応」という言葉をそのまま使う例よりも、「早急」や「早々に」といった別の言葉で表現される場合も多く見られます。 何度も「迅速な対応」という言葉を使っていくうちに、「迅速」や「対応」というそれぞれの言葉の根本的な意味合いも理解できるようになり、「言葉を使って覚える」という実践的な学習をすることによって、「迅速な対応」という言葉の正確な用法もしっかりマスターできるようになるでしょう。

次の

早い対応のお礼 ありがとうございますを敬語で言う表現はコレ!

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の