高速 道路 あおり 運転。 【弁護士解説】あおり運転など高速道路で、従業員が車から降りて事故に!?

ドイツの高速道路を走りながら「あおり運転」問題を考えた

高速 道路 あおり 運転

運転していたAさんは車をいったんやり過ごしたものの、またもや同じ車がハザードランプを点滅させて左側から割り込み。 車が車線の中央付近で停まったため、車線を変えようとするも、前の車はその進路を妨害。 両脇を次々と車が走り抜け、危険極まりない状況だ。 車からサングラスをかけた男が・・・ その後、Aさんの車をパーキングエリアの入り口付近に停まらせた白いSUV。 その車内からは携帯電話を手にした女性と、サングラスをかけた男が降りてきた。 Aさんによると、男は口を大きく開けて激高していたという。 いきなり握りこぶしでパンチ そして言い争う間、恐怖を感じたというAさん。 Aさんによると、この男は 「お前は俺の邪魔をした。 ぶっ殺してやるから出てこい、今すぐとずっと言っていた」という。 男の怒りが収まる気配はなく、今度は運転席のAさんから携帯電話を奪おうとしたそうだ。 その拍子にAさんがブレーキから足を離し車が前進、男の車と衝突した。 すると・・・ 男はいきなり握りこぶしでAさんにパンチ。 Aさんのめがねが吹き飛ぶ。 さらにAさんを執拗に殴り続ける男。 パンチは計5発に達し、Aさんは唇を切るなどのケガをした。 その後、Aさんが運転席の窓を閉めたため、男は窓を叩き、捨て台詞を吐いて、車で走り去ったという。 一番重くて傷害罪 懲役15年以下 一連の映像を見た若狭勝弁護士は・・・ 「窓越しに運転手の人に対して、一方的にかつ何度も乱暴をしているというので、 一番重いのは傷害罪ですね。 懲役15年以下ということになります」 とコメント。 煽られたきっかけについてAさんは「右側の車線(追い越し車線)を走っていたが、後ろからものすごいスピードで車が突っ込んできて、 車線変更してよけようとしたが、隣のレーンにも車がいたので避けられない。 それだけの理由で進路妨害したと相手は思って、煽ることをしてきた」と当時の状況を振り返った。 ネット上では報道で知った人たちからの投稿などにより、 男の車両情報が出回る事態となり、常磐道のほか、愛知県や長野県など複数箇所での目撃情報が寄せられている。 Aさんはすでに被害届を出していて、茨城県警が捜査を始めている。 (「Live News it! 」8月13日放送分より).

次の

ドイツの高速道路を走りながら「あおり運転」問題を考えた

高速 道路 あおり 運転

動画ではプリウスの運転手が手で何かを合図しながら、超低速で高速道路をレーンロックしています。 あまりにふざけた行為に我慢できなかった後続車の一台が無理やり追い越したところ、プリウスは全力で妨害しながら追いかけていきました。 動画を公開したユーザが110番通報した結果、警察は運転手を捕まえて 口頭で注意したようです。 他のTwitterユーザからは当たり屋として同一と思われる車が報告されているようなので、かなりヤバい運転手が乗っている可能性も高そうです。 こちらのユーザも警察に通報した結果他にもわざと当てられかけた被害者等が多数いるとの情報があったらしいです。 ずっと5キロで高速走ってた。 そこからずっと向こうが窓を開けて 手で越せ越せと手で仰いできたので路肩が見えたところでこそうとしたところ妨げてしました。 そこからトンネル入ってもその速度でした。 現場は時速50キロ以上70キロ以下で走行するよう定められた区間で、警察は危険な運転をしたとして運転していた男性を口頭で注意したということです。 運転手が危険な運転だと認識していたのか、や最低速度違反で摘発したのかなどについて、警察は公表できないとしています。 県警によりますと、最低速度違反による摘発は過去5年間ありません。 一方、県内でのあおりなど危険運転に関する去年の相談件数は、去年10月末までに320件寄せられていて、おととしの同じ時期を60件上回っています。 参考:.

次の

高木美保 あおり運転は誘発する側にも責任→ルールをわかってない人間が多すぎる

高速 道路 あおり 運転

あおり運転の定義は存在しない まず始めに、あおり運転とはどのような行為なんでしょうか? 「前方を走行する車に対して、異常に接近すること」と思っている人が多いと思いますが、この行為は「車間距離不保持」で、じつは あおり運転に対する定義は存在しないんです。 車間距離の保持とは? 道路交通法・第二十六条 車両などは、同一の進路を進行している他の車両などの直後を進行するときは、その直前の車両などが急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるために必要な距離を保たなければならない。 ひと昔は、車間距離は走行速度と同じ距離だけ車間を取るといわれていました。 なので、100km/hなら100m車間距離を取るということなんですが、これは50年以上も前の話で、今はACC(定速走行・車間距離制御装置)の車間距離設定で30mというモデルもあるんです。 個人差はあると思いますが、バックミラーに映る後続車のフロント部分が、自分の車に隠れて見えない距離になると、あおられていると感じると思います。 急いでいるときなどに、前方車両がゆっくり走っていたら、イライラしてあおってしまう人が多いんです。 あおり運転をされたら、迷わず道を譲ること では、自分が後続車両からあおられていると感じたら、どうすればいいのでしょうか? あおり運転をされた場合は、 道を譲るのが一番の対処方法です。 あおり運転は、高速道路の追い越し車線で起こるのが多いですので、何も考えることなく道を譲れば大丈夫です。 片道1車線の追い越しできない一般道の場合では、どこかの退避場所で一時停止して道を譲ってください。 山道などで、よく見かける光景ですよね。 あおられたことに、カッとなってあおり返したりするのは、トラブルの原因にもなるので絶対にやめてくださいね。 高速道路であおられないためには、スムースに走れるようにマナーを守ることが大切 高速道路の渋滞は、土・日曜日などの休日によく起こりますよね。 これは、土・日曜日になると通行量が増えるから渋滞すると思っていると思いますが、平日と土・日曜日では通行量はほとんど変わらないんですよ。 渋滞の原因は、じつはドライバーにあって、 日常的に車を運転するドライバーと、休日にしか運転しないドライバーの技量の差が、渋滞を生んでいるんです。 ちなみに、追い越し車線を延々と走ることは、「通行区分違反」になります。 追い越しが終わったら、速やかに走行車線へ戻らないといけなく、いつまでも追い越し車線で、しかも低めの速度で走り続けるのは、円滑な交通を阻害していて違反していることになります。 他の車両に追いつかれた、車両の義務 第二十七条 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となっているときは、当該道路の右側端。 以下この項において同じ)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄ってこれに進路を譲らなければならない。 最高速度が同じであるか、または低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりも遅い速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。 運転は、速度さえ守ればいいというわけではないんです。 最近のエコカーも、渋滞を引き起こす原因のひとつになることもあります。 例えば、サグ渋滞(下り坂から上り坂へ切り替わる場所での渋滞)の原因は、上り坂で速度維持ができず、速度が原則してしまうために起こります。 エコカーは上り坂で速度維持ができず、しかも中間加速のレスポンスが悪く、急速に速度を失ってしまい「気が付いたら高速道路で70km/h台になっていた」なんてこともあるので注意です。 日本では、車間距離だけでなく、交通の流れの保持やフォグランプの使用違反といったマナーに対する取り締まりが全くない状況です。 ドライバーのマナーを向上させるためにも、厳しい取り締まりが必要なのかもしれませんね。 海外の運転マナーについて アメリカでは、あおり運転のことを「テールゲーティング」といい、直前の車にぴったりつけて運転するという意味です。 ちなみに、テールゲートは車体の後部を示します。 テールゲーティングは、アメリカでは日常的に行われる行為で、とくにフリーウエイでは、頻繁に起こっているんです。 そのため、大規模な交通事故が後を絶えず、年間で交通事故死亡者数は3万にを越えています。 日本の年間交通事故死亡者数は約4000人なので、8倍近く多いことになるんです。 あおる車はドイツ系の高級車が多いです。 「お金持ちだから、身勝手な運転をしていい」なんてことはありません。 近い将来、V2V(車車間通信)が義務化されて、テールゲーティングがなくなる日が来るといいですよね。 一方、世界で唯一、アウトバーン(高速道路)の速度制限解除区域が設けられているドイツの運転マナーは、ヨーロッパ諸国のなかでもかなり優秀です。 たとえば、アウトバーンの追い越し車線を猛スピードで走るドイツ車の前方を、速度を解さずマイペースで走り続ける他国ナンバーの車がいる場合、ドイツ車はハイビームを一瞬だけ点滅させたり、左ウインカーを短く出したりして、かるく合図だけをします。 極端に車間距離を詰めたり、ハイビームを断続的に点灯したりするあおり行為は禁止されていて、処罰の対象となっているからです。 そして、ドイツでは思いやりのあるドライバーが多く、合流手前になると、走行車線を走っている車は、一旦隣の車線へ移動するのが当たり前のマナーとして定着しています。 ドイツのドライバーは、心に余裕を持って運転しているんですね。 このように、あおり運転はドライバーの心掛けしだいでなくなります。 ドライバーみんなが譲り合いの心を持って、安全運転を心掛けることが大切です。

次の