野沢 温泉 トレイル。 【開催中止】S

『The4100Dマウンテントレイルin野沢温泉』に出場してみた

野沢 温泉 トレイル

長野県の北部に位置する野沢温泉。 野沢温泉へは、北陸新幹線「飯山駅」から直行バスで20分ほど。 駅から直行バスが出ているので、電車でのアクセスが便利です。 野沢温泉のお湯は、美容に良いと科学的に確認された美人の湯。 温泉街には、麻釜(おがま)源泉を中心に源泉が点在しています。 野沢温泉は一般的な観光温泉地とは異なり、地元の人たちが暮らしているエリア。 温泉街には13ヶ所の共同浴場があり、湯めぐりが楽しめます。 毎年1月には伝統ある祭りが行われます。 また、5月から10月の毎週日曜日には朝市が開催されます。 冬は雪が多く降り、ウインタースポーツが楽しめるエリアとして人気があります。 春でも雪が残っており、スキー・スノーボードができます。 夏は、ゴンドラで高原を満喫。 秋は、紅葉が美しい季節。 冬は、12月頃から本格的にスキーが楽しめます。 スノーシーズンは、スキー・スノーボードだけでなく、スノーシューでブナ原生林散策が楽しめます。 「野沢温泉 野沢グランドホテル」では、2つの源泉を引いています。 新鮮な温泉を源泉掛け流しで楽しめるホテルです。 展望露天風呂では、真湯源泉を使用。 真湯源泉は、日によって色が変わる温泉です。 「五色温泉」とも呼ばれ、天候により乳白色、エメラルドグリーン等の色に変化します。 泉質は、単純硫黄泉の柔らかいお湯です。 展望大浴場と貸切露天風呂では、麻釜(おがま)源泉を使用。 麻釜源泉は、天然記念物「麻釜」の源泉を掛け流しで利用しています。 泉質は単純硫黄泉です。 客室は、和室・洋室・和洋室から選べます。 また露天風呂付客室もあり、麻釜源泉の掛け流しが部屋で楽しめます。 食事は信州プレミアム牛や岩魚、野沢菜等が味わえる会席料理。 もっと信州の味を楽しみたい方は、基本の会席料理に馬刺しや信州プレミアム牛の料理がプラスできます。 「野沢温泉 静泉荘」は、温泉街の中心地に位置しています。 日影ゲレンデに繋がる遊ロード乗り場まで徒歩8分ほど。 宿のすぐそばには、長坂ゲレンデ行きの無料シャトルバス乗り場があります。 スキー旅行に便利な温泉宿です。 男女別の浴場は岩風呂。 源泉がコンコンと湧き出ています。 源泉100%の温泉が24時間開放しているので、時間を気にせず温泉に入る事ができます。 客室は、全室和室。 トイレは共用となります。 夕食は海と山の幸が味わえる料理。 地元で寿司屋を営んでいる館主ならではの海鮮メニュー。 お得なコースから伊勢海老・アワビが食べられるコースまで揃っています。 リーズナブルな値段で食事付きの宿泊が楽しめると好評です。 「野沢温泉 桃源の湯 さかきや」で人気なのが、湯屋造りの檜風呂。 男女別のお風呂は、源泉掛け流しの温泉。 泉質は、肌に優しい単純硫黄。 24時間利用できるので、時間を気にせずに入浴できます。 スキー後の冷え切った体に嬉しい熱めのお湯です。 客室は、全室16室。 トイレ付き和室です。 シンプルですが、冷暖房やテレビ等、必要な設備は揃っています。 また、ペット同伴での宿泊が可能です。 ペット用の設備はないので、持参する必要があります。 夕食は、信州の食材がたっぷり味わえる料理。 信州牛や信州みゆきポーク、信州サーモン、鮎等がいただけます。 宿周辺には飲食店が点在しているので、素泊まりでも食事の心配はありません。 昼食付き 大人 4629円~ 小学生 3240円~(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し 源泉かけ流しがある 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 4. 部屋のみ利用:2,000円、軽食+部屋利用:2,675円、昼食+部屋利用:4,775円(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し 源泉かけ流しがある 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 4. 「野沢温泉 中島屋旅館」は、温泉街の端に位置しています。 外湯「熊の手洗湯」は宿の目の前にあり、湯めぐりに便利。 細やかな接客や清潔な館内は、快適な滞在が楽しめると評判です。 男女別温泉浴場では、麻釜源泉のお湯が楽しめます。 単純硫黄泉を源泉掛け流しで提供。 源泉でフェイスパックができるように、フェイスシートを用意。 美肌の湯の天然パックで肌にしっかりと潤いを与えます。 夜は一晩中開放されているので、遅い時間でも安心して入浴できます。 客室は和室で、トイレ付きと無しの部屋。 食事は、旬の食材がたっぷり入った郷土会席です。 郷土料理を中心に信州プレミアム牛肉や信州サーモン、地元のキノコ等が味わえます。 「野沢温泉 大丸屋旅館」は、源泉掛け流しの温泉が楽しめる温泉宿です。 スキーがお得に満喫できる宿泊プランや湯治に便利な宿泊プランを用意。 温泉浴場では、真湯源泉からお湯を引いています。 ろ過や塩素消毒一切なし。 源泉100%の温泉が楽しめます。 真湯源泉のお湯は、気温の変化と共に色が変色します。 真湯温泉の湯の花が黒いのは、温度変化によるものです。 客室は、落ち着いた雰囲気の和室。 宿はエレベーター完備の5階建てで、移動の心配はありません。 食事は信州の旬が楽しめる料理。 山の幸と信州のお肉がいただけます。 朝は、真湯で炊いた朝がゆが好評です。 また、湯治等の連泊に便利な一汁三菜プランがあります。 食事が少なめで格安に連泊ができます。 「野沢温泉 常盤屋旅館」は、江戸時代創業の歴史ある老舗旅館。 朝市や外湯に近く、観光や湯めぐりに便利な立地です。 源泉掛け流しが楽しめる自慢の大浴場が「千人風呂の湯」と「子宝薬師の湯」。 「千人風呂の湯」は、光明皇后が温泉で1000人の病を治した話に基づいています。 広々とした浴場には、寝湯・ぬる湯・あつ湯が楽しめます。 「子宝薬師の湯」は、浴場に慈母観音が安置されています。 子宝に恵まれるお湯として知られています。 2つの浴場は男女入替制で、24時間好きな時間に利用できます。 温泉飲泉所では、温泉を飲むことができます。 保健所の許可を受けているので安心。 持ち帰りサービスがあり、自宅で温泉水が楽しめます。 また、玄関前には足湯スペースもあります。 客室は全室和室。 趣のある落ち着いた雰囲気の部屋です。 食事は、信州の食材が味わえる会席料理。 「信州・黒毛和牛選べるプラン」・「美雪豚の温泉しゃぶしゃぶ会席」・「メイン特製白湯スープの福味鶏鍋会席」から選べます。 「野沢温泉 湯宿 寿命延(じょんのび)」は、温泉街中心エリアに位置し、外湯「大湯」は宿のすぐそばにあります。 朝市は目の前にあり、スキー場ゲレンデも近いです。 温泉街の散策や湯めぐり、スキーに便利なロケーション。 温泉は源泉掛け流しのお湯が楽しめます。 女性大浴場は、湯船の底から源泉が湧き出る珍しいタイプの温泉です。 男性大浴場は、麻釜源泉を引いた源泉100%の温泉。 貸切風呂は洞窟風呂と半露天風呂があり、無料で利用できます。 また、姉妹旅館「さかやの」温泉が無料で利用できるサービスがあり、外湯を含め湯めぐりが満喫できます。 客室はリニューアルされ、モダンな雰囲気の部屋が揃っています。 和室と和ツインから選べ、和ツインはベッド付き和室となっています。 ベッドはシモンズ社製ベッドを使用。 食事は、山里の旬が味わえる信州創作和食がいただけます。 夕食付 3500円~(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し 源泉かけ流しがある 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 8. 「野沢温泉 河一屋旅館」は、2種の源泉が楽しめる温泉旅館です。 自慢の温泉は、内湯で麻釜源泉が楽しめます。 湯の花が舞う上質なお湯です。 露天風呂は、真湯源泉のお湯に入れます。 気温によって色が変化するお湯。 湯の花が舞うお湯を源泉掛け流しで満喫できます。 客室は、和室・洋室・和洋室から選べます。 ベッドは、寝心地の良いフランスベッド使用。 全室和モダンな雰囲気の部屋です。 露天風呂付客室は、和室に露天風呂が付いています。 温泉ではありませんが、部屋で露天風呂に浸かりながら寛ぎのひと時が過ごせます。 夕食は、長野の旬な食材が楽しめます。 人気の信州プレミアム牛肉をはじめ、地元でもなかなか食べる事ができない北信州美雪和牛まで味わえるプランを用意。 信州サーモンや山菜と一緒に季節の料理が堪能できます。 「御宿 野沢屋」は、温泉街中心エリアに位置する民宿です。 周辺には外湯が点在しており、温泉街散策や湯めぐりができます。 男女別の温泉浴場では、源泉掛け流しの温泉が楽しめます。 朝は入浴できませんが、平日は利用状況により貸切で利用できる場合もあります。 外湯にも近いので、朝は外湯で温泉が楽しめます。 客室は、シンプルな和室。 全室トイレ付きなので、夜でも安心。 6畳から10畳までの和室が揃っています。 野菜中心の食事は、味が良いと評判です。 春は、地元の山菜をふんだんに使った料理。 夏は、自家製の新鮮野菜を使った料理等、季節の美味しさがたっぷり味わえます。 また、お米は自家製米。 食事のお水は、地元の天然水を使用しています。 1,500円(諸税込)~(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し なし、または不明 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 9.

次の

野沢温泉の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP10!外湯めぐりが楽しめる

野沢 温泉 トレイル

長野県の温泉地• (55)• (34)• (29)• (25)• (22)• (22)• (22)• (21)• (20)• (18)• (16)• (16)• (15)• (12)• (10)• (10)• (10)• (9)• (9)• (8)• (7)• (5)• (4)• (4)• (3)• (3)• (3)• (3)• (3)• (3)• (3)• (3)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1).

次の

野沢温泉の温泉旅館・ホテル一覧【じゃらんnet】

野沢 温泉 トレイル

『野沢トレイルフェス』の概要 「野沢トレイルフェス」は長野県野沢温泉村と飯山市で行われているマラソン大会で、2019年は8月3日(土)に行われる予定です。 種目は• ロング:27km• ダウンヒル:12km• キッズ:1〜3km の3つに分かれていて 定員はそれぞれ、600名、300名、200名、 参加資格は、ロングが高校生以上、ダウンヒルが中学生以上、キッズが小学生のみとなっています。 そして、この大会に参加するには 「2019年3月10日(日)〜7月1日(月)」 の間に応募が必要です。 『野沢トレイルフェス』の特徴 「野沢トレイルフェス」の特徴といえばなんといっても、その大自然です。 信越五岳が一望できる標高1400mの地点からレースが始まります。 信州三大修験道を走る27kmのロングレースでは本格的なトレイルランニングを楽しめて、12kmを一気に下る12kmのダウンヒルレースは国内初の催しとなっています。 そして、場所はなんといっても野沢。 トレランで汗を思い切りかいたあとは、近くにある13の温泉で体を癒せます。 レースで溜まった疲れが一気に吹っ飛ぶこと間違いなし! 2. コース地図 高低差 「野沢トレイルフェス」公式サイトより引用 「野沢トレイルフェス」がスタートするのは標高1400mの地点。 ダウンヒル12kmは上ノ平から一気に山を駆け下り、ゴールの日影ゲレンデまで。 ロングはそこから北竜湖を通り、小菅神社まで登ります。 そして、いくつかのアップダウンを繰り返し、27kmを目指します。 『野沢トレイルフェス』へのエントリー方法 「野沢トレイルフェス」へのエントリー方法は一つ。 「」によるオンライン受付のみとなっています。 エントリー期間は先ほども書いた通り 「2019年3月10日(日)から7月1日(月)」 までです。 エントリーが完了したら、参加通知書が開催の1週間前までに、郵送で送られてきます。 『野沢トレイルフェス』の交通手段と宿泊情報 <アクセス> 現地への行き方は 大会直行バスが運行していないので、新幹線か車で向かいましょう。 新幹線での東京からのアクセスは 北陸新幹線で東京駅から飯山駅まで行き、その後野沢温泉までは野沢温泉ライナーで行くのがおすすめです。 「野沢温泉」駅に着いたら、会場までは歩いて10分くらいで到着します。 車では、上信越自動車道「豊田飯山IC」より25分の場所にあります。 宿泊について <宿泊情報> 宿泊については、野沢のおいしい料理と飲み物が楽しめる、アフタパーティー付きの宿泊プランを申し込むのがおすすめ。 宿のタイプは「旅館」と「民宿」が選べて、いずれにも朝食とワンドリンク付きのパーティ参加権利が付いてきます。 【Aタイプ(旅館)】 大人(中学生以上)13,300円/大人シングル利用 15,300円 子供(小学生)8,150円 【Bタイプ(民宿)】 大人(中学生以上)9,800円/大人シングル利用 10,800円 子供(小学生)5,650円 「野沢トレイルフェス」の公式ホームページから申し込めます。 応援の方向けの情報 特に車での応援はNGなどはありません。 ただ標高差のあるトレイルランニングなので、色んな場所に足を運ぶのは結構しんどいかもしれません。 なので、スタートでの見送り、ゴールで出迎えるみたいな感じがいいと思います! スタート地点への行き方は、ゴンドラで行きましょう。 所要時間は20分くらいです。 前泊の場合は、ランニング以外にも温泉を楽しみに野沢を訪れる人も多くいるので、早めの予約をおすすめします。 『野沢トレイルフェス』のトレーニング方法 「野沢トレイルフェス」はただのハーフマラソンやフルマラソンと違って、高低差があったり、走るところも整備されていない道も数多くあったりします。 なので、普通のマラソンよりはしっかりとした準備が必要になってきます。 数ヶ月前 まず数ヶ月前は完走できる距離分を走れるようになりましょう。 ロングなら27km• ダウンヒルなら12km を確実に走れるように。 山道ではなく、オンロードでアップダウンのある道で走るのがいいと思います。 ただ、一気にその距離を走るのも身体に負荷がかかってきますので、最初は短めの距離を走り、ある程度慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていきましょう。 月間で100㎞くらい走れれば、この時期では十分です。 1~2ヶ月前 大会1〜2ヶ月前になったら、なだらかな平面のコースだけでなく、標高差を意識して、坂が多くある土地を走ったり、安定していない道になれるように整備されていない道や、山道などのデコボコした道を走ったりということを取り入れていきましょう。 1ヶ月を切ってきたら、ダメージコントロールや身体を休めることも大事になってきますので、無理しすぎない範囲で自分をコントロールしながら、当日に向けて身体を整えていきましょう。 『野沢トレイルフェス』の事前準備 続いて、「野沢トレイルフェス」当日を迎えるに当たっての事前準備について書いていきます。 準備をしている・していないで当日の余裕が変わってくるので、ある程度シミュレーションをしておきましょう。 またロングの場合は、水分1. 0リットル以上の持参が必須なので、補給食と合わせて事前に準備もしておくといいと思います。 ペース配分を考えておく まずは1km何分で走るか、何km?何分おきでペースを上げるか下げるかなど自分の中で大まかなペースを決めておきましょう。 途中の関門ごとに制限時間も設けられているので、それも考慮した上でペース配分を決めるのもいいと思います。 大会中にペース配分をチェックする方法 基本的にはランニング用の時計(ランニングウォッチ)を身につけておくのがいいと思います。 スマホでも悪くはないのですが、いちいち取り出さないと行けなかったり、画面をつけなかったりしないといけないので、あまりおすすめはできません。 なので、ランニングウォッチを身につけて、先ほど自分で決めたペース配分通りに足を進められているか見ながら走るのがいいと思います。 前日の過ごし方 当日のロングのスタートは11時。 ダウンヒルのスタートは13時です。 そこまで早くないので、前日は夜更かしをしない程度に早めに寝ましょう。 前日の食事 朝がそこまで早くないからといっても、油っこい食事や、お酒は避けるようにしましょう。 前日の食事が次の日コンディションに響くこともあるので、ヘルシーで体に優しい野菜や果物を中心とした食事をこころがけましょう。 『野沢トレイルフェス』の服装ついて 基本的に日中にやる大会なので、走るときは半袖短パンでOK。 軽くて走りやすいものとか、基本的には自分が好きなもので大丈夫です。 休憩中やスタート前用に体温調整ができるようウィンドブレーカーなどを用意しておけば問題ないと思います。 シューズは、山道で天候も変わりがちなので、防水性とグリップの性能が高いもの。 そして、きつくて負担にならないように一回り大きめの靴を選ぶといいです。 おすすめは、トレイルランと言えばこれ!というくらい有名なモントレイルのものを選ぶといい思います。 あとは念の為、雨が降ったときのためにカッパを用意しておきましょう。 あとは自分の身体と相談して、日焼け止めや帽子・サングラスなども用意しておくといいと思います。 大会中に持って走ったほうがいいもの 「野沢トレイルフェス」はトレイルランニングで、特にロングレースの方は長い距離を走ることになるので、水分は必須です。 途中でエイドステーションで果物や飲み物をもらえたりもしますが、うまく受け取れなかったりすることもあるので、準備だけはしておきましょう。 オススメは水分が補強できるホースなどが付いているバッグを背負いながら走るのがいいと思います。 『野沢トレイルフェス』大会結果 2014年から5年分の大会結果が公式ページに載っているので、自分の目標と照らし合わせながら、参考にしてみてください。 『野沢トレイルフェス』の参加賞 参加賞はオリジナルTシャツで 感想をすると完走証がもらえます。 また以下の順位に入ると表彰されます。 まとめ 僕自身この野沢トレイルフェスがトレイルランニング初挑戦だったのですが、景色もすごく良く、特にスタートから下りの爽快感が半端なくよかったのが印象です。 あとは、練習も特にしないで本番を迎えると次の日が筋肉痛で死ぬので、ある程度は走って準備してから行くのをお勧めします。 それ以外は大自然の中を、走れてすごく気持ちがいいし、完走後の温泉は最高です。 家族と一緒に行って野沢温泉を楽しみながら参加するといのもいいですね! ということで、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

次の