アメリカ 中国 人 入国 拒否。 【速報】中国・韓国からの入国者全員が事実上の入国拒否へ、政府は中韓へ訪日観光自粛を要請

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

アメリカ 中国 人 入国 拒否

中国で新型肺炎が拡大し、日本の成田空港でも入国者の体温を感知器でチェックするなど、警戒が続いている(写真:AP/アフロ) 日本の新型コロナウイルスの感染者数が100人を超え、客船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染者を除いても、中国・韓国に次ぐ数の感染者が確認されている。 そして、いま懸念されているのは日本国内でウイルスが蔓延し、すでに感染拡大が起こっているのではないかということだ。 日本における新型コロナウイルスの感染状況が、新たな段階に入ったことは明らかだ。 ただ理解しがたいのは、2月23日現在、日本がいまだに中国からの全面的な入国禁止措置をとっていないことである。 台湾では2月上旬から、中国大陸在住の中国人の入国を全面的に禁止している。 日本の対策はなぜ台湾と異なるのか。 新型肺炎対策を鈍らせる3つの要因 それには3つの要因が考えられる。 1つは、中国からの観光客が日本のインバウンド市場において最大の消費者だということだ。 2020年4月には習近平国家主席の来日が予定され、7月には東京オリンピックを控えている。 この3つこそが安倍政権の「決断」を鈍らせる原因であり、日本の新型肺炎対策の詰めの甘さを招いているのではないだろうか。 日本政府観光局(JNTO)によると、中国からの訪日観光客数は2015年に韓国と台湾を抜いて1位に躍り出た。 その後、中国人観光客数は増加の一途をたどり、2019年には延べ959万人が日本を訪れたという。 これは訪日外国人観光客の30%を占めており、2位の韓国18%、3位の台湾15%を大きく引き離している。 中国からの訪日客は、数の多さだけでなく、消費力もすさまじい。 中国人観光客の日本における旅行消費額は2018年に1. 5兆円にのぼった。 これは全体の34%を占める数字だ。 言い方を変えると、2014年に安倍首相が打ち出した「観光立国政策」に、中国が大きな貢献をしたということだ。 そんな上客を軽くあしらうことなどできるだろうか。

次の

search.applylikeapro.com : 米政権、新型ウイルス関連で140人の入国を拒否

アメリカ 中国 人 入国 拒否

アメリカはそれどころではなくなってきたかもしれません。 日本で大騒ぎとなったクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』の姉妹船『グランド・プリンセス』にアメリカでコロナ問題が起きたからです。 ニューヨークタイムスが詳しく報じました。 グランドプリンセスは2月の半ばにサンフランシスコからメキシコに約10日のクルーズに出ました。 このクルーズではメキシコで下船してしまう客もいるそうで、かなりの人数が下船しました。 その中の一人のアメリカ人がコロナによる肺炎を発症し、ロス郊外(多分自宅のエリア)で亡くなりました。 カリフォルニアでははじめてのコロナ肺炎での死者です。 問題は亡くなった方が乗っていたクルーズ船から下船した人は、この亡くなった人が感染者だとわかる前に下船してしまい、全米やほかの国に散っていってしまったということです。 その中には、たぶん間違いなく感染者はいるでしょう。 そして、その人たちが帰るときの交通機関では、例えば空港で待っているときや飛行機の周りの席のように、多数に人と濃密に接触するでしょう。 もう、それが起きてしまって半月近く経っているのです。 さらに悪いことが日本時間の今日3月5日にわかりました。 メキシコで下船客を下ろしたクルーズ船は、次の航海のために『当然消毒などせずに』サンフランシスコに戻りました。 このとき、次のクルーズにも参加する客も多数いたとかで、その人たちも載せていました。 この人たちも可能性としては感染者かもしれないのです。 そして、サンフランシスコに戻った船は、次の航海の客を乗せ、ハワイに向けて出港しました。 もうすぐハワイにつくというとき、船内に発症者が現れたんです。 感染が疑われる乗員乗客も多数現れたと言います。 そこで船はハワイには入港せず、母港であるサンフランシスコに戻ることにしてサンフランシスコ湾まで到着しました。 しかし、港湾局は船が岸壁につくことは許可しなかったので、岸壁の沖の湾内に投錨して停泊しています。 発病した人は重篤と言うことで、重装備に身をくるんだ医療関係者が船で近づき、その人だけを陸に収容したと言います。 のこる約2500人の乗客と、そのほかの乗員はダイヤモンド・プリンセスと同じように船内に缶詰めになっています。 この人たちは今後はダイヤモンドプリンセスと同じような経過をたどるのでしょうが、先に話した『もうすでに、どこを通って、どんな人に会って、どんなところでどんなことをしたか、などがわからない人たちが大勢いるのです』。 日本の問題の比ではない心配があります。 その人たちが大流行を引き起こすと、アメリカが日本からの人を規制するのではなく、日本からの人がアメリカに入りたくなくなる、と形勢は逆転してしまいます。 これまで、日海岸地域でしか感染者やその可能性のある人はいませんでしたが、そういった人たちが見つかった州はもう全米各地となっています。 ここ1~2週間は事態の推移から目が離せないと思います。 わかりません。 予想もつきません。 すべて日本の感染者の拡大とそれに対する政府の対応によると思います。 5月以降に海外出張の予定が決まっていて、チケットも購入済みですが、とりあえずジタバタしても仕方ないので行く方向で準備はしています。 それに今アメリカが中国やイランからの入国禁止措置をとっていますが、これよーく読むと、「中国本土とイランを過去14日以内に訪れた人の入国ができなくなる」というものです。 つまり中国人パスポートとかイランパスポートをもっている人全員が入れないわけではないのです。 よって、仮に「日本に過去14日内滞在した人のアメリカへの入国を禁ズ」となっても、お金と余裕がある人は、日本からの渡航がOKの国にまず入り、そこで2週間ちょっと滞在してからアメリカに向かうことができるわけで、日本人だからといってアメリカへの渡航の道が絶たれるわけではないです。

次の

アメリカ「非常事態宣言」中国滞在外国人を入国禁止に 2月2日ドル円動向

アメリカ 中国 人 入国 拒否

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 中国・湖北省武漢市を中心に広がっている新型コロナウイルスによる肺炎で、米トランプ政権は31日、「公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。 これに伴い、過去14日以内に中国に滞在歴のある外国人の入国を一時拒否すると発表した。 2月2日から実施される。 対象となるのは外国人で、米国籍や永住権を持つ人とその配偶者や親子、兄弟などの家族は除く。 中国在住者のほか、出張や旅行で直近に中国に滞在後、米国に渡航する外国人も対象になるとみられる。 米国人についても、湖北省に過去14日以内に滞在したことのある人には入国時に14日間の隔離を義務づける。 中国のその他の地域に滞在した米国人は14日間、自主的に経過観察する。 米疾病対策センターは、武漢か….

次の