エルドラ ドートレス。 HGBD エルドラドートレス レビュー

【ドーントレス】クエスト一覧【Dauntless】

エルドラ ドートレス

ドートレスとは、「」に登場するである。 式番号:-00 概要 旧軍の。 第7次において多数の機体が投入された。 はを基調としているが、胸部のみによって色が異なる。 汎用性が高く、多少の修で地上・問わず運用可であるため、は多くの機体がチャーや自警団などによって運用されている。 新軍でも初期では引き続きを務めていたが、後半は次世代機であるバリエント、ドートレス・の登場によって第一線から退きつつある。 バリエントの配備をされてない地では引き続きを務めている。 重量は生産年数によってつきがあり、チャーが使用しているものはに7t前後だが、新軍の機体は8tである。 基本武装はmmとのみ。 新軍所属機はを使用している。 を使用している機体もある。 「」に登場するに相当する機体で、同様、様々ながある。 の頭部によってとの化がなされている。 機体名の由来は業界用「同」、第ニ次大戦の機「ドーン」ともかけているらしい。 バリエーション機 DT-6800W ドートレス・ウェポン 右肩にmmを装備した機。 胸部のは。 に相当する機体。 DT-6800C ドートレス・コマンド 通信機を強化した機。 頭上の突起が伸び、頭部が2基に増設されている以外は一般機と変わらない。 胸部のは色だが、劇中では後述のタヴ社のとでされた機体や、チャーの機のみが登場した為、正式なは未登場である。 DT-6800F ドートレス・フライヤー 飛行用パックを装備した機体。 では以外のはほとんどかったためりに戦果を挙げることができた。 武装は一般機と変わらないが、追加武装として式の発射機を持つ機体が登場している。 劇中ではので新軍が多数の機体を投入したが、GXビットの活躍によりほとんどが撃墜されていた。 は胴体中央部が。 他は色。 DT-6800HMC DHMCワイズワラビー での機動性向上を的に開発された機体。 の部分から名前となっている。 Dはドートレス、Hは「・モビ・」、高機動機という意味で、後述のMーの上位の機体。 ただし、違いは頭部が性向上に換装されていることだけである。 の最初の搭乗機で、劇中に登場したのはエニルの機体のみ。 DT-6800HM DHMファイヤーワラビー ホバ専用スーが増設され、大の推増量の脚部になっている機体。 Dの意味はズーと変わらず、HMの意味は「・モビ」となっている。 高機動機という意味。 ー系の機体はを標準装備している。 劇中ではット一味が背部増設で火炎放射機を装備している機体が登場している。 はで、旧時代からにの機体だったらしい。 NRX-018-2 ドートレス・ネオ ドートレスの後継機。 のがフィードされている為、頭部や脚部の意が酷似している他、両腕部にとして使用可なを固定装備している。 また、バリエントと同じく、を装備している機体もある。 飛行用パックを装備しなくとも単独で飛行を持っており、新のの集大成と言える。 接近戦においてはのとしては最高だが、まだ正式採用前だったための揮下にしか配備されていない。 ドートレス系統の中で一に対抗できるほど性があると言っても過言ではないかもしれない。 はを基調に、胸部と腕部にはネイビー、胴体部と下半身の一部はとなっている。 カスタム機 DT-6800 ドートレス改 と言っても旧軍が実際に使った機体ではなく、チャー達がドートレスをに様々なを使用した機体である。 そのため形式番号も正式なものは存在しない。 種類が多く、分類は困難。 チャーが使ってる中で、通常と違う色や頭部のドートレスは全部これに当てはまる。 劇中では第2話にと共に大量に登場した。 DT-6800 ドートレスタンク ドートレスの下半身をの体にした機体。 であるとがした機体。 通常のドートレスにべて機動が低いため、対戦には向いていない。 旧が採用した機体ではなく、この機体もドートレス同様チャーによる現地修機のため形式番号は存在しない。 頭頂高は10. 3mと低くなっている。 劇中ではの故郷の村での自警用として1機が運用されていた。 村の農民達が共同で購入したようだが、いざチャー率いる複数ので攻められると全くが立たなかった。 通常の機体よりも性が落ちている為、でも購入できるほどだったのかもしれない。 武装はmmが2門のみ。 が異なる以外の大きな変化はない。 タヴ社の機体は通常のドートレスにべて重量が軽量化している。 やウェイプが存在し、に搭乗したの初の相手を務めた。 それ以外ではシャのにに攻撃され、追い詰められるなどほぼ。 は、を基調に、頭部と胸部は色。 は頭部と胸部がに変更されている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

アフターウォーの機動兵器

エルドラ ドートレス

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はマルチプルバレルライフルを展開し、4門のビーム口から射撃するエルドラドートレスの姿が掲載。 緑地背景に爆発が描かれたシンプルなデザインですが、劇中でのカザミ操るガンダムジャスティスナイトとの対峙シーンをイメージしてのものだと思われます。 これでもまだ余裕があるくらい、ランナー量(パーツ量)は少なめです。 全部で2袋分のランナー。 説明書は専用のカラー説明書が付属。 プレバンにしては珍しい・・・。 一通り説明書をどうぞ。 以上、説明書でした。 組み立てはシンプルな構造ですが、可動域がしっかりと確保してあり、量産機(いわば雑魚機)ですが作りはしっかりとしていると思います。 頭部が2個パーツと簡易的だったりでファンとしては納得できないところもあるかもしれませんが、この価格にしてはかなりよく出来ているのではないかと。 カラーガイドはグレー、ダークブルー、ダークグレー、ブラックなどかなり暗めのカラーリング。 適役の機体なのでこの色で十分にヒール感が出ると思いますが、あえてガンダムタイプやヒロイックなカラーリングにして遊んでみるのも面白いかも。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 ブルーグレー成型色で、腰部や腕部、脚部外装パーツなど。 ダークグレー成型色で、膝や肘関節、各部内部フレーム、シールドパーツなど。 グレー成型色で、頭部や胴体部、ソール部、シールド、マルチプルバレルライフルパーツなど。 C2はC1の一部と同じ。 以上です。 キット化があるなら楽しみですね。 もしそれがないにしても、『ヒトツメ』についてWikiでは『複数のガンダム作品に登場する量産型MSが主力機として選定される傾向にあり』と記載されているので、過去作品の機体が量産型機として登場し、キット化に繋がりそうなので楽しみですね。

次の

HGBD:R 「エルドラドートレス」 レビュー

エルドラ ドートレス

HGBD:R 「エルドラドートレス」 レビュー HGBD:Rから「エルドラドートレス」のレビューです。 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ。 ドートレスをベースにカスタマイズされた全地形対応型のモビルスーツ。 エルドラアーミーと比較して基本性能がアップした新型機だが、ヒトツメの機体らしく量産性に優れた機体であり、本機も数多くが生産されている。 メイン装備として様々な射撃モードを有するマルチプルバレルライフルを装備する。 にて受注販売された、2020年2月発送商品。 ではレビューは下からどうぞ。 付属品一覧。 ・マルチプルバレルライフル ・シールド プロポーションをグルリと。 肩や足にエッジの利いたドートレス。 各所アップ。 ドートレスのキット自体が存在しないので新規造形。 ただ今回はランナー名が全てエルドラドートレスになってました。 エルドラドートレス限定のデザイン部分は別ランナーなので、通常のドートレスを出すこと自体は難しくないと思いますが。 シール使用箇所は頭。 首が2重ボールジョイント接続。 上の可動が狭め。 腹と腰の2箇所ボールジョイント接続。 どの方向へも可動域が広い。 肩は根元が上方スイング+ボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 前にも上にも動きます。 肘がスイング。 手首がボールジョイント接続。 フロントアーマーが中央連結の切り離すことでボールジョイント接続。 サイドアーマーが上下スイング+軸接続。 股関節は軸が上下スイング+軸接続+上下スイング、腿が軸回転。 開脚も腿上げも十分。 膝が2重スイング。 足首がボールジョイント接続。 カバーが後方にボールジョイント接続。 ボールジョイント1なのであまり動きません。 全体的にシンプルな関節構造で、足首を除けば可動域は広いですね。 立て膝はこのぐらい。 足首の内側を削ってポリキャップを動かせるようにして、横の可動域を大幅に確保。 マルチプルバレルライフル。 バレルが4本すべて4軸可動で展開。 ただ4本をキレイに閉じるのが難しかったり。 あと砲口に貼る丸いシール4枚ぐらいは用意して欲しかった。 シールド。 腕への接続は側面と裏側。 側面の場合はグリップを握らせられます。 以下、適当にポージング。 蹴られたら痛そうな足裏。 カザミの初撃破。 ヒトツメの戦力。 次に並べるのはウィンダムですね。 以上、HGBDRのエルドラドートレスのレビューでした。 ヒトツメの量産機2機目はまさかの完全新規キットとなるエルドラドートレス。 シンプルなドートレスがベースということで堅実な作りのキットですね。 劇中で装備していたのはマルチプルバレルライフルだけなのでシールドがあるのは良いですが、 できればビームサーベルのグリップだけも用意してくれると嬉しかったかな。

次の