スーパーバグ 予言。 世界が驚愕するインドの少年の予言

コロナ騒動を予言的中!年末には【もっとヤバいスーパーバグ】が発生、コロナよりも深刻な災害に

スーパーバグ 予言

2020年の冬〜2021 年の春に 気をつけよ 昨年の2019年8月22日 に 、14歳のインド占星術師、アビギャ・アナンド君が、YouTubuに動画を投稿しました。 それによると、アビギャ・アナンド君は、「新型コロナウィルスの出現」を、正確に予言していました。 この預言は、アメリカで、非常に有名になっています。 [ 内容] 1、2019年11 月から、ウィルスパンデミックが発生し、2020年3月29日から 4 月2日にかけてピークに達し、状況が悪化していき、5 月29日に収束して行く。 2、6月の終わりまでは何一つ良い事が起こらず、新型コロナウィルスの本格的収束は7 月からです。 3、経済から、航空サービス分野まで、世界は、多くの困難に直面する。 4、人類は、新型コロナウィルスに対するワクチンを開発するかもしれません。 しかし、2020年12月20日〜2021年3月31日までの期間において、新種のウィルス、スーパーバグ(Superbugs:超耐性菌)が発生する。 5、そのウィルスが、本当に致命的なものになる。 6、全世界で、同時多発的に発生する。 7、1日〜2日、または数時間以内で死亡する。 8、感染経路が分からない。 9、予防措置が分からない。 10、いかなる治療薬も効果がない。 11、これは、全人類の共業(ぐうごう)によって、起こる。 12、全人類が覚醒して、初めて、この疫病を乗り越える事ができる。 13、対策としては、免疫力を上げる事ぐらいしかない。 その中で、一番、重要な事は、有機野菜を食べることです。 それが、免疫力の強化になる。 特に、ウコンが大切。 栄養のあるものを食べる事と、充分に睡眠を取る事、メンタルマネジメントが大切。 [ アビギャ君の談] 5 月29に終わるわけではありません。 5月29日以降、徐々に減少していくのです。 [ 解説] 11の解説 共業(ぐうごう)とは、集団としてのカルマ(業)。 ここでは、全人類が行っている、全ての自然破壊、河川汚染、海洋汚染、大量のマイクロチップ等のゴミ問題、大気汚染、二酸化炭素の大量排出等の環境問題のことでしょう。 12の解説 覚醒とは、全人類、全生命、全自然が「ONE」である事に、魂が目覚める事です。 人間の奥底に「魂」があり、「人間は魂の存在である」という事に気づく時、全人類は、民族、宗教、国家を超えて、「全ては一つ」「地球は一つ」の意識になる事ができます。 そのように、一人一人の魂が、大宇宙の本源と繋がっている、という事実に覚醒して行く時、全世界的な疫病や、あらゆる問題を乗り越え、克服する事が出来るのです。 13の解説 アビギャ・アナンド君は、インド人の為、ほとんどの人がベジェタリアン(菜食主義)である事と、毎日、カレーを食べていることから、有機野菜と、ウコンを取り上げていると思われる。 もちろん、カレーのウコンは免疫力アップにつながる食品です。 全一総合研究所 中村慈呂宇 new entries• 653• 441• 42 archives• 1 links• mobile others• search this site.

次の

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

スーパーバグ 予言

スーパーバグって普通は、ウイルスではなく「細菌」に対して使う言葉だけど…。 超多剤耐性菌の事。 そもそもそれ、「予言」でも何でもないよね 笑 もう何年も前から「実例」が見つかってるし。 人間って、躍起になって抗生物質などで細菌をやっつけようとしてきたけど、それで全てを撲滅できる事は稀で、大抵は「耐性」を持つ細菌が現れる。 で、細菌には、異なる細菌間で「遺伝子の水平伝播」が起こる事がある。 遺伝情報(生物の設計図)って、普通は親から子に引き継がれるものだけど、親子関係や種族を超えて、それがやり取りされるって事。 つまり、耐性因子をもった異なる細菌同士で遺伝子情報が交換される事により、「複数の抗生物質に耐性を持つ」細菌が現れたりする。 これが、多剤耐性菌が生まれる基本原理。 現に、ありとあらゆる抗生物質が効かない細菌なんて、もうかなり前から見つかってる。 だから、抗生物質は乱用しないようにしよう!って世界中で言われるようになってるわけ。

次の

インドの少年・アビギャ・アナンドがパンデミック予言?!何者?半端ない的中内容と準備すべき事まとめ!

スーパーバグ 予言

このアビギャ・アナンドくんの場合、占星術を使っての予測ですね。 で、重要な今後ですが。 現在のパンデミックは5月末から収束しはじめ7月からは本格的に収束していくだろうと言ってます。 で、問題は、ここからです。 このアナンド君によると、年末辺りから第二波が来る。 それはもっと強力なウィルス(スーパーバグ)で、来年の3月末には大きな被害が出るだろうと言ってますた。 他でも同じような予測を聞いてたので驚きますた。 ご存知のように、丁度100年前のパンデミック。 あのスペイン風邪は正確には合計3回来たのですね。 そして死者は2波、3波の方が多かった。 アメリカでは2波の方が致死率10倍だったと言います。 日本は世界的に見て驚異的に死者数は少なかった。 それでも、やはり2波3波でかなり死んだ。 そして気になるのは、アナンド君が次はスーパーバグと言ってるところです。 スーパーバグとは今のコロナが更に変異したものなのか。 それともまったく別種なのか。 以下は最近、載ってたニュースです。 以前、ハンタウイルスを載せますたが、 今度は、ラットHEVというのも出て来たそうですた。 本来ネズミにしか感染しないがウイルスが人間にも感染したそうですた。 TOCANAさんから。 中国・武漢発の新型コロナウイルスが世界を席巻している中、4月末に香港でまた別の謎のウイルスに感染した患者が出ていたことが明らかになった。 米「CNN」(5月8日付)によると、4月30日に香港に住む61歳の男性がラットHEVとしても知られるE型肝炎ウイルスに感染していることが明らかになったというのだ。 E型肝炎ウイルス自体は謎でもなんでもないが、 ラット由来のE型肝炎ウイルスがヒトに感染するメカニズムは不明だという。 ラットHEVのヒトへの感染が最初に確認されたのは、同じく香港で2018年のことである。 それから計10人の感染が報告されているそうだ。 香港大学のシッダース・スリダー博士は、 「路上のネズミから人間に飛び移るウイルスが突然発生した」と、驚きを隠せない様子だ。 ・・ ラットHEVに感染しても若くて健康な人なら自力で回復できるか、もしくは無症状とのことだが、免疫力の弱っている人には深刻な健康被害になる恐れがあるという。 肝臓に長期的な損傷を与え、慢性肝炎を引き起こすかもしれないとのことだ。 今年3月、「ハンタウイルス」に感染した中国南西部雲南省臨滄市の男性が移動中のバスの中で急死する出来事が起こっているが、このウイルスもネズミからヒトに感染することが知られており、致死率は50%とも言われている恐ろしいウイルスだ。 現在のところヒトからヒトへの感染は一部を除いて確認されていないものの、ラットHEVがヒトへの感染力を持ったように、いつ突然変異が起こるかも分からない。 うーん。 第2波はこういう別種かもしれない。 そしてさらに興味深いのは、アナンド君が言う解決策です。 なんと、有機野菜を食べることだそうですた。 有機野菜には免疫力を高める栄養素が入っているということですた。 なんと我々がやってる農法も完全自然栽培。 市販の野菜は無機野菜。 化学肥料を使って見た目だけ立派に育てただけのものです。 自然に含まれるミネラル分が重要だった。 第2波は、都会を離れ、自然と共に暮らす者のみ乗り越えられる試練だった。 ワタスは間違ってなかった。 とかなんとか。 話半分でお願いします。 本当にありがとうございますた。

次の