これから 歌う 曲 の 内容 は 僕 の 頭 の 中 の 事。 Official髭男dism 115万キロのフィルム 歌詞

歌を歌うことでの驚きの効果13選!歌はストレス解消、免疫強化、運動効果などの健康を促進するメリットがある!

これから 歌う 曲 の 内容 は 僕 の 頭 の 中 の 事

忘れたくない「思い出」ありますか? みなさんには、忘れられない思い出や、忘れたくない思い出はありますか? 例えば、何かを卒業したときや新たな門出に立ったときなどの人生の節目のシーン。 旅行先で見た素晴らしい景色や風景。 はたまたもっと何気ない日常の光景。 こうして考えてみると、みなさん何かしら忘れたくない思い出がありそうですね。 その瞬間を迎えたとき、「絶対忘れない」なんて強く思ったのではないでしょうか。 でも、そんな風にうまく行かないのが現実。 忙しい毎日や膨大な仕事に追われているうちに、忘れてしまうこともありますよね。 もちろん、誰が悪いわけでもありません。 それに、思い出そうとして思い出すから「思い出」と呼ばれるわけです。 大切なのは、「忘れたくない」と思う気持ち これがあるからこそ、思い出が作られるのです。 そんな「忘れたくない」と思う気持ちを込めた素敵な楽曲をご紹介します。 大人気の4人組バンド「ヒゲダン」こと、Official髭男dism。 2019年にはテレビ朝日系の番組「熱闘甲子園」に楽曲を書き下ろすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍するバンドです。 ウェディングソングとしても注目を集める そんなヒゲダンの楽曲の中でも、最近ウェディングソングとして注目を集めているのが今回ご紹介する『115万キロのフィルム』。 一体どんな歌詞なのか気になりますよね。 早速チェックしていきましょう。 映画=「思い出」 まずは冒頭の部分にご注目ください。 この曲でいう「映画」というのは、「思い出・記憶」のこと。 だから、カメラはiPhoneでもビデオカメラでもなく、自分の目。 大好きな「君」を主役にして、「思い出」という名の映画(記憶)を作る。 出だしからいきなり素敵です。 そして楽曲は、ここまでの「思い出」を披露する展開へと進みます。 最初は喧嘩した話で始まりますが、サビでは笑顔の思い出が語られています。 笑顔が「見どころ」というとても素敵な表現が、この楽曲ならではのポイントです。 そして、サビは下記のように続きます。 楽しいとついついスマホで写真を撮りたくなってしまいますが、それよりも記憶にしっかりと残した方が、後々いい思い出として活力を与えてくれるのかもしれません。 未来を見据えて… 1番ではこれまでのダイジェストを紹介していましたが、2番では現在から未来について語られています。 しかし、何気ない毎日って忘れてしまいがちですよね。 でも、そんな日も愛しくて尊い日々として記憶に残そうというところが素敵です。 こんな恋人がいたら、毎日毎日充実しそうですね。 そして2番のサビへと続きます。 だからウェディングソングとして人気なのかもしれません。 そのあとの「エンドロールなんて作りたくもない」という歌詞から、二人での思い出を終わらせることなく続けたいという気持ちが伝わってきて素敵です。 「115キロ」が示すモノ Cメロからラストにかけた部分では、この楽曲の鍵が歌われています。 それが、下記の部分です。 115万キロというのは、「君」との思い出を記録する一生分の長さなのです。 実は、映画の撮影などに使われるフィルムは1秒記録するのに約457mmが必要と言われています。 これが115万km、計算するとざっと80年分。 80年というと、だいたい人の寿命くらいの長さですよね。 つまりこの楽曲のタイトルは、「一生分のフィルム」ということ。 君との思い出を逃さないよう、一瞬一瞬を一生分記録するということなのです。 ため息が出るほど素敵な比喩ですよね。 また、これは最後のサビでも裏付けれられています。 そんな強く温かい思いが滲む素晴らしいラブソングですね。 ぜひプロポーズや結婚式に! 以上、Official髭男dismの楽曲『115万キロのフィルム』をご紹介いたしました。 この内容を見れば、ウェディングソングとして人気が出る理由もお分りいただけますよね! ストレートな歌詞ですが、ベースが比喩だから重たい感じもせず、むしろより一層素敵に聞こえます。 結婚式はもちろん、プロポーズにもいいかもしれませんね。 ビッグイベントを控えてる方、ぜひ参考にしてみてください! また、そうでない方も、いつか来る日に備えて聞き込んでみてくださいね。 TEXTゆとりーな.

次の

歌を歌うことでの驚きの効果13選!歌はストレス解消、免疫強化、運動効果などの健康を促進するメリットがある!

これから 歌う 曲 の 内容 は 僕 の 頭 の 中 の 事

先週からnoteへの投稿を始めた。 何気ない日常から、私が感じたことを切り取って文章にしていく。 これが結構楽しい。 これまでは退屈だと思っていた日々が、少しずつ変化していく。 これはネタになるかも。 どうしたら面白い文章になるだろう。 そう考えるようになった。 ときには、これまで自分が抱えてきた悩みや思いを吐き出してみる。 自分の頭の中が整理されていく。 文章にしていくことで、これってこういうことだったんじゃないかと気づく。 点と点がつながる瞬間だ。 まず考える。 頭の中でいろんなことを考える。 一人で悶々と悩む。 誰にも言わない。 言えない。 自分の本音をさらけ出すのが、昔から苦手だった。 私は基本ネガティブだから、こんな暗い人間だと思われたくなかった。 かっこいい女性に憧れていた。 「可愛い」よりも「かっこいい」と言われたかった。 だから余計、人前で弱音なんて吐けない。 でも、そういう偽りの自分で人と接していると、相手と距離ができる。 私が距離を作っているのだ。 これ以上踏み込んでくれるなと。 ここに書いていること、ほかの記事もそうだが、これは私の頭の中そのもの。 見栄もプライドもない。 ありのままの自分だ。 顔の見えない相手だからこそ、見せられる。 でも、ここ最近、特にnoteを始めてからは、リア友に見られてもいいと思えるようになってきた。 自分の頭の中を見られるのは正直怖いし、恥ずかしい。 でも、ありのままの私を受け入れてくれる人と友達でいたいし、嫌になって離れるなら、それはそれで仕方ない。 いつか、大切な人には私の記事を見せようと思う。 そうして本音で語り合える仲間に出会いたい。 この記事のタイトルは、Official髭男dismの「115万キロのフィルム」という曲の冒頭だ。 愛しい人が、こんな風に思ってくれていたら素敵だなと、聴くと心が温かくなるようなウェディングソングだ。 ちょっと恥ずかしいんだけど、聞いてほしい。 私の頭の中のことを聞いてほしい。 あなたへの愛で溢れた、私の頭の中のことを。 なーんて、言えるような人がいてくれたら、幸せだろうな。

次の

ヒゲダン「115万キロのフィルム」115万キロって何?至極のラブソングに迫る!

これから 歌う 曲 の 内容 は 僕 の 頭 の 中 の 事

Official髭男dismとは 2012年に結成されたピアノPOPバンド『Official髭男dism』。 2015年4月22日に1stミニアルバム『ラブとピースは君の中』をリリースしてインディーズデビュー。 2018年4月11日にメジャーデビューを果たしました。 飛ぶ鳥を落とす勢いの人気急上昇中バンドで、クイズ番組でもその印象的なバンド名を穴抜き問題にしたものが出題されたりと、一大ブームを巻き起こしている存在です。 世の中にはブームが過ぎれば名前すら聞かなくなるバンドもありますが、彼らの音楽を聴くと、このヒットは一時的なものにはならないという確信がもてます。 音楽性の幅広さ、歌唱力、演奏技術、どこを取ってもクオリティが高く、とにかくレベルとセンスが高い実力派バンドです。 メジャーデビューを果たしてわずか1年ほどのバンドとは思えない安定感のある音楽を提供してくれます。 Official髭男dismは自身を「ピアノPOPバンド」と位置づけており、彼らの音楽の特徴と言えばまず最初にオシャレさが挙げられます。 オシャレな音楽というと、時には小さくまとまった物足りなさを感じることもあるのではないでしょうか。 しかし、彼らの音楽はオシャレでありながら心や体を震わせてくれ、音楽の魅力やパワーを思う存分見せてくれるのです。 Official髭男dismのおすすめソングをご紹介! 115万キロのフィルム 歌詞の内容やMVに共感しすぎて心をつかまれる名曲『コーヒーとシロップ』。 2016年6月15日にリリースされた2ndミニアルバム『MAN IN THE MIRROR』に収録されている楽曲です。 新社会人のほろ苦い心情を歌った楽曲で、MVに出演している女優さんの表情がリアルでついつい自分の日常と重ねて感情移入してしまった方も多いのではないでしょうか。 多くの社会人にエールを送る楽曲でありながら、サウンドはオシャレで柔らかく、だからこそ疲れた心にもそっと優しく滲みこんできます。 ネガティブな感情や葛藤を綴った歌詞と、その合間に見える希望や決意の感情。 それが歌声やサウンドにも表現されていて、後半の転調後からは特にこぶしを強く握り締めるような迫力が感じられます。 歌詞にストレートな応援や励ましの言葉が描かれているわけではありませんが、それでもこの曲が多くの人の心の支えとなっているのは、歌声やサウンドの力強さが背中を優しく押してくれるからではないでしょうか。 デビューシングルとして2018年4月11日にリリースされた『ノーダウト』。 フジテレビ系の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌に起用されたことでも話題となりました。 イントロから怪しげでシャレてる雰囲気が漂い、詐欺師を主人公としたドラマの世界観が表現されています。 これまで紹介してきた曲で見せた優しい歌声から一転して挑戦的な雰囲気が漂い、ボーカルである藤原聡の歌唱力を見せ付けられる楽曲です。 跳ねるようなリズムが心地よくて思わず体を揺らしながら聴いてしまい、AメロからBメロ、サビへの変化が流れるように進んできます。 気づいたらサビになっているのにも関わらず、しっかり気分は盛り上げられていて、ヒゲダンの音楽に弄ばれるような楽しさがあります。 Official髭男dismの隠れた名曲である『What's Going On? LINE LIVE配信アニメの『秘密結社鷹の爪GT』の主題歌に起用された曲で、1srEPとして2016年11月2日にリリースされました。 とてもネガティブで重みのある歌詞を、あえて体を揺らす楽しいリズムで歌い上げるという演出がされており、この曲を通して聴く人に元気を与えたいというOfficial髭男dismの愛が感じられます。 「What's Going On? 」=「どうしたの?」と問いかけるような歌い方は、ただ曲を聴くという行為を超えて、音楽を通してヒゲダンのメンバーとコミュニケーションを取れるような、そんな一体感を感じさせてくれる一曲です。 前向きな歌詞が綴られたサビでは、手拍子を入れたリズムに思わずつられて気分も明るくなってしまいます。 そうして体を揺らしていると、後半ではガラッと雰囲気が変わってドラマチックなメロディーとサウンドが広がります。 一見テンポよくサラリと進んでいくような曲に見せかけて、最後の最後に壮大な楽曲へと切り替えることで非常に印象深い曲として心に残るのです。 [Official Video] 令和を代表する存在になること間違いなし! 2019年には『第70回NHK紅白歌合戦』への出場が決定し、さらにボーカル・藤原聡の結婚も発表され、公私ともにファンを喜ばせてくれたOfficial髭男dism。 紅白歌合戦への出場は、バンドにとっての1つの目標でもありました。 2020年3月からはアリーナツアーの開催を予定しており、北海道や大阪、福岡など日本各地を巡ります。 これからさらなる大物バンドになること間違いなしのOfficial髭男dism。 今後の活動にも目が離せませんね。 TEXT ぽんつ.

次の