ゴールデン レトリバー 3 万 円。 ゴールデンレトリバーの白の値段とは?ホワイトカラーの費用の相場

ゴールデンレトリバーを飼うのに生涯必要な費用は?

ゴールデン レトリバー 3 万 円

お申込み• 注1)入院・手術に対してお支払いする治療費用保険金が支払限度額に達した場合など、ご継続いただけない場合があります。 注2)詳しくは保険会社の重要事項説明書をご覧ください。 注3)条件付き更新などの設定はありません。 注4)特定傷病等不担保特約あり。 特定の傷病が継続時に保険の対象外と設定される可能性があります。 注5)更新時に継続治療中の病気がある場合、前契約の支払い回数が持ち越されます。 継続治療中の病気が完治したタイミングで支払い回数が復活します。 注6)条件付き更新などの設定はありません。 注7)特定傷病等不担保特約あり。 特定の傷病が継続時に保険の対象外と設定される可能性があります。 注8)条件付き更新などの設定はありません。 注9)同日中の通院であれば、複数の診療明細が発行された場合も1日とみなします。 (同日中で異なる病院で診療した場合も含みます。 注10)手術と入院が連続している場合には、手術と入院それぞれを1日・1回とみなします。 注11)やむを得ず更新をお断りする場合もございます。 比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。 一定の項目のみを表示したもので商品間の優劣を意味するものではありません。 ゴールデン・レトリバーは、天真爛漫で温和でやさしい犬種。 英語で「回収する」という意味の「レトリーブretrieve」が由来するとされており、イギリス・スコットランドで水鳥猟用の狩猟犬として活躍していました。 そのため、賢く、飼い主への忠誠心をもち、体格も良く活発ですが、少したれ目で優しい印象のとおり温和な性格です。 性格は成長過程で変わっていきます。 子犬の頃は、体力を持て余し、やんちゃで、大暴れする事もあります。 室内飼いの場合、壁や障子、ドアを壊してしまうといったこともあり狭い家での飼育には向きません。 しかし成犬になっていくと落ち着きはじめ子供や他の犬・猫などにも友好的に接する事ができ、飼い主と深い関係性を築く事ができます。 スペースさえ確保できれば室内で飼うこともできます。 水鳥猟では、水上まで獲物を回収しにいくために長時間泳ぐ事もできるます。 つまり、非常に忍耐強いのです。 元来もっている協調性の高さ・賢さと忍耐強さから、盲導犬・聴導犬・警察犬・麻薬捜査犬・介護犬など様々な場面で活躍する犬種です。 ただし、友好的すぎるため番犬には向かないといえるでしょう。 ゴールデン・レトリバーは、黄色の経路を持つウェービーコーテッド・レトリーバーとセター或いはツィード・ウォーター・スパニエルを交配させた犬種といわれており、毛色は一般的にはその名前の通りゴールドなのですが、細かく分けるとライト・ゴールド、 ゴールデン、 ダーク・ゴールド、 クリームとなっています。 体高は雄56センチ〜61センチ、体重は30kg程度、雌51センチ〜56センチ、体重は25kg程度となり大型犬です。 日本に入って来ているゴールデン・レトリバーの中にはアメリカでブリーディングされた家庭犬が多く、一回り程度小さいこともありますが、すべて大型犬としてカテゴライズされます。 ゴールデン・レトリバーのしつけ ゴールデン・レトリバーはしつけをし易い部類の犬種です。 スコットランド原産とアメリカ原産があり、日本に多く入っているアメリカ原産のゴールデン・レトリバーは愛玩用に繁殖されており、より友好的と言われています。 忍耐強い性質で、前述の通りかつては人間とともに狩りをしていたことがしつけやすさにつながっています。 ただし、温和なゴールデン・レトリバーも成犬時25kg~30Kg程度の大型犬ですので、非常に力は強い犬種です。 不意に人に飛びついたり、リードを引っ張ることがないように訓練をしていきましょう。 しつけが十分でないと、犬に悪気はなくても思わぬ事故につながります。 ゴールデン・レトリバーに限った事ではありませんが、大型犬がじゃれただけの噛み付きでも、小型犬や子供に大ケガをさせることや、他人の持ち物を破壊してしまい、高額の賠償請求となるケースがあります。 大型犬のオーナーとしてのエチケット・マナーを守るようにしましょう。 良いしつけを行うには、ゴールデン・レトリバーの高い協調性を上手く利用して、遊びの延長線として小犬の頃から徐々に訓練を重ねていけば、立派な家族の一員になってくれるでしょう。 ゴールデン・レトリバーのトリビア ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリーバーの違いとは…!? ゴールデン・レトリバーは長毛種、ラブラドール・レトリーバーが短毛種で元々は同じ犬種であると勘違いされるケースが多いようですが、全く異なる犬種です。 ラブラドール・レトリバーは、カナダのラブラドール半島の原産でセント・ジョンズ・レトリーバー及びニューファンドランド犬の交配種といわれ、ゴールデン・レトリバーは、イギリスのスコットランド原産でウェービーコーテッド・レトリーバーとセター或いはツィード・ウォーター・スパニエルが祖先といわれそれぞれ起源が異なります。 (アメリカにスッコットランド原産のゴールデン・レトリバーが持ち込まれ独自に繁殖しているものも多くいます。 ) また、水鳥用の猟犬という事については同じですが、冷たい水に飛び込んで獲物を回収するための体を保温メカニズムが異なります。 ラブラドール・レトリバーは脂肪を蓄えることで保温し、ゴールデン・レトリバーは長い毛で保温します。 ゴールデン・レトリバーの健康管理 【運動・散歩編】 元来水鳥猟用の猟犬であることから、運動量が必要です。 好奇心旺盛の性格で、遊びの延長で訓練にも良く従うため、アジリティー(障害物競争の競技)などにも向いています。 猟犬として、水の中に入ることもあったため、水遊びも好みます、散歩以外に湖や川で泳いだりすることもよい運動になります。 ただし、水浴び後は耳の中が蒸れやすく、外耳炎などの耳のトラブルを起こすため、耳の手入れを忘れずに行いましょう。 膝関節や腰関節はあまり強くありません。 体が大きく体重が重い犬種ですので、滑りやすいフローリングでの運動は関節に大きな負担を掛け、膝蓋骨脱臼や前十字靭帯断裂などのケガの原因になりやすいため、室内での運動はできる限り避けたほうがよいでしょう。 屋外での散歩等で運動量を確保し、室内ではできるだけ静かに過ごすことができればベストです。 関節に関しての遺伝疾患(股関節形成不全など)は、早い時は子犬の段階からその症状が出始めます。 ゴールデン・レトリバーの健康管理 【食事編】 個体差はありますが、皮膚が弱い犬種といわれ、皮膚炎にならないよう気を付けましょう。 アンダーコートには保温の役割があり、それが必要なくなる冬から春にかけ抜け毛の量が多く増えます。 ブラッシングを定期的に実施する習慣をつけないと、換毛期は部屋が毛まみれになり、毛玉も多くでき、見た目もよくありません。 ブラッシングやシャンプーでのケアや皮膚のチェックは犬とのコミュニケーションになりますので是非実施しましょう。 ゴールデン・レトリバー 一生を通して気にするケガ・病気 ゴールデン・レトリバーが一生を通して注意すべき病気に、「股関節形成不全」・「腫瘍」・「皮膚炎」が挙げられます。 特に股関節形成不全は、この犬種を飼育する際、最も警戒したい病気です。 遺伝的要因も強いと言われますが、発症・重症化してしまうと、歩行困難などの症状があらわれて日常生活に影響をきたし、介護など飼い主の大きな負担にもなります。 犬・人間ともに生活の質(QOL(クオリティー・オブ・ライフ)の低下を招いてしまう厄介な病気です。 一生を通してに気にするケガ・病気 股関節形成不全 ゴールデン・レトリバーでは最も警戒すべき病気です。 大腿骨を受け止める骨盤のくぼみ(寛骨臼)が浅かったり、本来は丸い大腿骨の先端が変形することにより、うまく関節がかみ合わず歩行の異常などがあらわれる病気で、遺伝性ともいわれます。 頻発犬種は、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリーバー、やジャーマンシェパードなどの大型・超大型犬といわれており。 発症頻度に性差はありません。 腰を振って歩く(モンローウォーク)、散歩の途中で座り込む、横座りやあぐらをかくような座り方をする、立ち上がるのに時間がかかる等の症状がみられる場合は、直ちに病院で検査をうけましょう。 腫瘍 腫瘍については、様々な腫瘍が発症しやすい犬種です。 特に悪性リンパ腫(悪性腫瘍)、肥満細胞腫(悪性腫瘍)、皮膚組織球腫(良性腫瘍)、黒色腫(メラノーマ)(悪性と良性がある)、心臓腫瘍(血管肉腫)、乳腺腫瘍が多く発生します。 老齢期に多発しますが、稀に幼犬や成犬期でも発症することもあるため日々のボディチェッを欠かさず、早期発見が重要です。 皮膚炎 特にアレルギー性皮膚炎が好発します。 耳周りに症状が出るケースも多く、食べ物のアレルギーがある場合は食餌性アレルギー性皮膚炎に、ハウスダスト・花粉・ダニ・真菌など環境にアレルギーのある場合はアトピー性皮膚炎に分類されます。 日々ブラッシングしながら、皮膚のコンディションチェックを行いましょう。 過度にかゆがる仕草などがみられる場合は、かかりつけ医に相談しましょう。 ゴールデン・レトリバー 幼少期(0歳-1歳)に気をつけたいケガや病気 ゴールデン・レトリバーの幼少期は非常に活発な動きをします。 遺伝性疾患である股関節形成不全の症状も幼少期に現れることがありますので、室内での運動・過度な運動、肥満には注意が必要です。 一生を通してに気にするケガ・病気 股関節形成不全 股関節形成不全は、股関節の発育がうまくいかないために、成長するにつれ、股関節の変形・炎症が進行し、股関節のゆるみや脱臼・亜脱臼がおこる病気です。 生後4ヶ月から1年の間に症状が出ることが多いのですが、2歳以降になってから症状を示す場合もあります。 症状は、腰を振るようにして歩く(モンローウォーク)、足を痛がる、足を引きずる、元気がなく運動を嫌う、走るときにうさぎ跳びのように後ろ足で同時に地面を蹴る、階段の昇り降りを嫌う、などがみられます。 以下の3点が大きな原因として考えられます。 遺伝性。 (およそ7割が遺伝に関係しているといわれています) 2. 発育期の生育環境 (骨が急速に成長する生後60日までの時期に肥満や(ものを引っ張らせるなど)過度の運動を行う) による異形成。 大型犬・超大型犬であること。 治療は、内科的治療と外科的治療があり、犬の年齢や体重、症状などよって治療方法を選択します。 若齢で症状が軽い場合では、運動や食事の管理を行い、鎮痛剤や抗炎症剤などを長期に渡って投与することで、痛み(疼痛)を緩和し、関節炎の進行を抑えます。 進行を抑えるために、補助的にサプリメントを用いることも多くあります。 症状が重く、内科的治療による効果が期待できない場合では、「骨盤3点骨切り術」・「股関節全置換術」・「大腿骨頭切除術」などの手術をおこないますが、症状や関節の状態になどによって、適応時期や手術方法が異なります。 遺伝性ともいわれるため、予防しきれるわけではありませんが、フローリングなどの滑りやすい床材は避ける・足の裏の毛が伸びてくるワンちゃんは、滑らないようにするため足の裏の毛を短くカットする・ジャンプや過度な運動をさせないなど、日常生活での注意をすることで症状を抑えることができるでしょう。。 大動脈弁狭窄症 ゴールデン・レトリバーの大動脈弁狭窄症は、アメリカでの報告が多く、遺伝性とも考えられています。 原因は主に、大動脈弁下の線維性の狭窄で、左室流出路近くの線維症を合併することがあると言われています。 多くは無症状のためオーナー家族が気づくことが少ない疾患です。 幼犬時の健康診断時に心雑音が聴取され、詳しく検査したところ大動脈弁狭窄症が発見されることが多く、電図検査やエックス線で左心室の肥大が示唆され、心エコー検査ではおおよその重症度までわかるため、異常が見つかった場合は細かな検査をおすすめします。 ただし、健康診断などを怠っていると、狭窄の症状が進み、興奮時の虚脱や失神が見られることがあります。 突然死を引き起こす可能性もある重篤な病気であることを認識しましょう。 軽度の場合は、投薬などの内科的治療、重度の場合は長期生存が難しいため、外科的治療がすすめられます。 ゴールデン・レトリバー・成犬期(1歳-8歳)に気をつけたいケガ・病気 やんちゃだった性格も一段落し、骨格が出来上がったことで関節周りに関しても安定してきます。 しかしながら、ゴールデン・レトリバーがかかり易い皮膚炎や腫瘍の症状が出てくる時期でもあり、健康面に関しての定期的なケアやチェックが必要になります。 成犬期(1歳-8歳)に気をつけたいケガ・病気 皮膚炎 ゴールデン・レトリバーで頻発する皮膚炎には、アレルギー性皮膚炎とマラセチア性皮膚炎があります。 1)アレルギー性皮膚炎 : アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質:ハウスダスト、花粉、食物など)を呼吸器や皮膚を通じて体内に入ることによって引き起こされるアレルギー性の皮膚炎。 慢性の再発性の痒みが特徴です。 2)マラセチア性皮膚炎 : マラセチアとは、カビの一種である酵母様真菌で、動物の正常な皮膚や耳道に常在していますが、皮脂が多い犬種や、皮脂が多い状態が続くと、皮膚で異常増殖が起こり、皮膚炎を引き起こします。 同時に、皮膚のブドウ球菌も増殖し、皮膚炎をさらに悪化させていることが多いです。 再発性・難治性皮膚疾患では、マラセチアが関連した皮膚炎が認められ、アトピー性皮膚炎を併発していることも多い病気です。 ゴールデン・レトリバーもラブラドール・レトリーバー同様たれ耳のため、耳が蒸れやすく外耳炎を起こしやすい犬種です。 また、耳も皮膚の一部のため、皮膚炎と外耳炎を同時に発症することが多いため、耳の状態にも注意を払う必要があります。 腫瘍 ゴールデン・レトリバーは腫瘍の発生が多い犬種です。 特に以下の腫瘍が多くみられます。 1)悪性リンパ腫 血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 体のどこのリンパががん化するかによって症状が異なります。 リンパ腫全体の約80%が「多中心型」で、下あごや腋の下、股の内側、膝の裏など、体表のリンパ節が何か所も腫れるほか、元気が少しなくなる、食欲が少し低下するといった症状がみられます。 消化管のリンパ組織やリンパ節が腫れる「消化器型リンパ腫」、皮膚に腫瘍として現れます。 「皮膚型リンパ腫」胸腔内にあるリンパ組織が腫れる「縦隔型リンパ腫」があり、犬種ではゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリーバー、ボクサー、バセット・ハウンド、セント・バーナードなどがリンパ腫になりやすい傾向にあります。 2)肥満細胞腫 粘膜下組織や結合組織などに存在する肥満細胞ががん化した悪性腫瘍で、人間ではみられません。 好発年齢は8. 5~9. 5歳で、皮膚に発生することが多く、外観だけで悪性かどうかを判断するのは難しい腫瘍です。 切除しても再発・転移しやすく、肥満細胞が出す物質のために、胃を荒らしたり、ショックが起るため全身への影響も大きいやっかいな腫瘍です。 まれに内臓の中で増えることがありますが、外からは容易にわからないため診断が遅れることもあります。 3)皮膚組織球腫 主に1,2才の若い犬に1歳以下の若い犬の顔面,頚部,足先などにできる腫瘍です。 犬の特有の皮膚の良性腫瘍で、老犬にもまれに発生することがあります。 自然に消失してしまうことがありますが、大きくなると手術でとった場合の皮膚の欠損も大きくなるため、できるだけ早期に切除し、病理診断で良性であることを確認するのがよいでしょう。 4)黒色腫(メラノーマ) 皮膚にできる黒色状の腫瘍です。 良性(メラノサイト-マ)・悪性(マリグナントメラノーマ)に分類されます。 「黒色腫」は、基本的に腫瘍の色が茶色から緑黒色ですが、色素のないもの(乏色素性メラノーマ:悪性が多い)もあります。 口腔内・眼球・皮膚・指等にみられ、通常は切除することで治癒しますが、口腔内や爪床(爪のつけね)に発生するものは、非常に悪性で転移率も高く根治が難しい腫瘍です。 5)心臓腫瘍(血管肉腫) 心臓腫瘍は犬で0. 2%・猫で0. 03%といわれ極めて発生率が低い疾病です。 原因は不明ですが、ゴールデン・レトリバー、ジャーマンシェパードに多く見られ、中高年の犬に発生する傾向があります。 心臓腫瘍には、原発性と転移性があり、良性と悪性があります。 また、そのほとんどが原発性の悪性腫瘍で、定期健康診断などで異常が見つかり、胸部エックス線検査・心臓超音波検査などを行い早期発見できなければ、余命は数カ月となります。 心臓にできる腫瘍の種類は大動脈小体腫瘍やリンパ腫など多くありますが、最も多い腫瘍が血管肉腫です。 症状としては、心臓周辺に腫瘍ができるため圧迫され(心タンポナーデ)、心不全を起こし、咳・呼吸困難・食欲減退・行動の低下などが起きます。 治療としては、心膜切除手術実施後、心不全に関する内科治療を行うことで、症状は緩和し、生存期間を延ばせることもあります。 ゴールデン・レトリバー・老年期(8歳以降)に気をつけたいケガ・病気 老年期のゴールデン・レトリバーは他の犬種と同じように、目に老齢性の変化が出てきます。 友好的な性格が目の不調により攻撃的に変わってしまうなど、愛犬の変化を早めに気づけるかどうかによって、その後の犬生を豊かなものにできるかが変わってきます。 また、肥満状態になっている場合は、関節への不安や心臓疾患の危険性があります。 成犬時以上に運動の制限などの健康管理に注意しなければなりません。 老年期(8歳以降)に気をつけたいケガ・病気 白内障 白内障は、眼の水晶体の一部もしくは全体が白濁する病気です。 症状としては、水晶体は徐々に濁っていき、進行につれて視力も低下し、末期になると失明に至ります。 しかし、早い段階で治療を開始すれば、点眼薬や内服薬で白内障の進行を抑えることができる病気で早期発見早期治療が重要となります。 先天性白内障(生後まもなく発症する)、若年性白内障(0~2歳で発症)、壮年性白内障(3~6歳で発症)、老年性白内障(7~8歳以降で発症)がありますが、犬の白内障のほとんどは老齢性白内障です。 老齢性白内障はどの犬種でも発症すると考えて良い病気ではありますが、ゴールデン・レトリバーではいずれの白内障も発生率が高い犬種です。 一度濁った水晶体は、元に戻ることはありません。 発症初期段階は目薬による病気の進行抑制をおこない、進行末期は白濁部分を吸引して取り除き眼内レンズを入れ視力を確保します。 ただし網膜に異常がない場合のみ手術適用で、緑内障が併発している等の原因があり、網膜に異常がある場合は手術を行っても視力回復は望めません。 また、眼内レンズを入れる治療は非常に高額であり、片眼20万以上は1回の手術がかかり、飼い主の負担は大きなものになります。 ゴールデン・レトリバーは活発な犬種で人間に対して非常友好的な性格ですが、以前より臆病になった・神経質になってきたなどの行動の変化がみられた場合、白内障による視力の低下が原因になっているケースもあります。 年齢に関わらず、普段の行動を観察することが白内障の早期発見につながり、その後の犬生を豊かにすることができます。

次の

大石犬園 優秀仔犬繁殖 格安直売犬舎

ゴールデン レトリバー 3 万 円

準備中 ゴールデン・レトリーバーをブリーダー直販のペットショップで購入する ゴールデン・レトリーバーの性格 純粋犬種の登録や保護を行う、国際的愛犬団体ジャパンケネルクラブによると、ゴールデン・レトリーバーは優しく友好的で、従順な性格をしています。 ゴールデン・レトリーバーには2つのタイプに分けることができます。 イギリス系と呼ばれる白っぽい毛色は大人しく、アメリカ系と呼ばれる濃い毛色は好奇心旺盛な性格とされています。 よく似た犬種に、ラブラドール・レトリーバーがいます。 どちらも優しく学習能力の高い犬種のため、購入の際によく比較される犬種です。 ラブラドール・レトリーバーは短毛で、ゴールデン・レトリーバーよりも頭蓋骨がまるっこい形をしています。 ゴールデン・レトリーバーの歴史は不明ですが、スコットランドのトィードマウス卿が交配させたことが起源であることは、間違いないようです。 ゴールデン・レトリーバーの平均寿命 ゴールデン・レトリーバーの寿命は11~13年で、イギリス系とアメリカ系で寿命の違いはないとされています。 よく似た犬種のラブラドール・レトリーバーとも大きな差はなく、一般的な大型犬と同じ平均寿命と言えます。 ゴールデン・レトリーバーの平均体重 ゴールデン・レトリーバーの平均体重は24〜34kgです。 個体差もありますが、 オスは29~34kg、メスは24~29kgが望ましいとされています。 生後間もないころの体重は300〜500gですが、生後12ヶ月ほどで成犬の体重に成長します。 ゴールデン・レトリーバーの平均体高 ゴールデン・レトリーバーの体高は、51~61cmが平均となります。 個体差もありますが、大抵はオスの方がメスよりも大きく、 オスは56~61cm、メスは51~56cmが望ましいとされています。 ゴールデン・レトリーバーの人気カット ゴールデン・レトリーバーはダブルコートで毛が生え変わるため、 基本的にはカットの必要がない犬種です。 抜け毛を取り除いたり、毛の絡まりを防いだりするためだけではなく、皮膚病を防ぐためにも 毎日のブラッシングが欠かせません。 基本的にトリミングはしなくても大丈夫なのですが、肛門周りの毛や指の間から出ている毛、絡まってしまった毛などの部分的なカットは、犬の健康維持のために必要です。 夏の暑い時期には、サマーカットやライオンカットなど、涼しげなカットをするゴールデン・レトリーバーもいます。 ですが毛を短くすると 体温調節ができなくなり、熱中症や冷えによる体調不良を引き起こす可能性があるため、カットをする場合は毛を短くしすぎない方がいいでしょう。 com ゴールデン・レトリーバーが成犬になるまでの期間 小型犬に比べ、ゴールデン・レトリーバーは成長スピードは遅く、 性成熟は生後6~8ヶ月頃になります。 生後8ヶ月になると成犬とほぼ同じ体重になり、それから生後12~16ヶ月までゆっくりと成犬へと移行していきます。 ゴールデン・レトリーバーの鳴き声 ゴールデン・レトリーバーは、 非常に無駄吠えが少ない犬種になります。 子犬の頃に夜鳴きや要求吠えはありますが、しっかりとしつけをすることで成犬時の無駄吠えはなくなります。 しつけをしていても、知らない人が家に入ってきた場合などは、突発的に吠えることがあります。 ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気 子犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 股関節形成不全 遺伝的に股関節形成不全になりやすいといわれています。 関節炎などの症状が出て、歩行時のふらつきや横座りをするようになります。 成犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 胃拡張・胃捻転 食後に激しい運動をすることで胃拡張を起こしていた胃が胃捻転を起こすと、腹痛や吐きそうな素振り、早い呼吸やふらつきなどの症状がでます。 症状が進むと倒れこみ、数時間で死に至ることもあります。 約15〜30万円 悪性リンパ腫 多中心型、縦隔型、皮膚型、節外型などの型があり、症状もそれぞれ異なります。 リンパ節の腫れ、食欲の低下、体重減少、嘔吐や下痢、皮膚の出血や爛れ、苦しそうな呼吸や咳などの症状が出たら注意が必要です。 老年期に発症することが多いです。 不明 甲状腺機能低下症 ホルモンの病気になります。 運動を嫌がる、元気がなくなる、脱毛や寒がるなどの症状が出ます。 老年期に発症することが多いです。 閉め切った室内や直射日光のあたる場所でのお留守番や、 気温や湿度が高い日の昼間のお散歩は避けましょう。 毛を短く切ってしまうと、体温調節ができず熱中症になってしまう可能性もあります。 ゴールデン・レトリーバーの体臭 ダブルコートの犬はシングルコートの犬よりも、被毛の中に臭いがこもるため、 体臭が強くなるといわれています。 そのため、ダブルコートのゴールデン・レトリーバーも体臭は強めです。 ゴールデン・レトリーバーの飼い方 ゴールデン・レトリーバーは 無駄吠えが少なく、賢くしつけがしやすい犬種のため、室内でも飼いやすい犬種といわれています。 運動量が多い犬種なので、散歩は1日に2回必要です。 室内で飼う場合は、ケージが必要になります。 しつけの時に閉じ込めるのではなく、安心して寝れる場所、自分のテリトリーというように認識させることが大切です。 力が強く、家具や柱などを壊してしまうことがあるため、子犬の頃のしつけはしっかりと行いましょう。 ドッグフードの量・回数 ゴールデン・レトリーバーは太りやすい犬種のため、 適切な食事量を守ることが必要となります。 健康面や運動量、消化能力などの個体差で異なりますが、成犬の適量な食事は、体重の2. 成長期中の子犬は2倍の量、老犬は2〜3割少なめの量が適量です。 適切な食事の回数は 生後6ヶ月までは1日に3〜4回、生後6ヶ月以降は1日に2回です。 老犬になり消化器官が弱くなったら、食事回数を増やすようにしましょう。 皮膚トラブルを避けるためにも、良質な動物性タンパク質が主原料として使われているドッグフートが適しています。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく・ニラ・玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 com ゴールデン・レトリーバーは、オーバーコートとアンダーコートがあるダブルコートなので、 抜け毛が非常に多いです。 春に夏毛へ変わる換毛期、秋に冬毛へ変わる換毛期がきます。 抜け毛が多い時期は、 毎日1回のブラッシングを2回に増やしましょう。 散歩の後にブラッシングをすると、抜け毛や皮膚病だけではなく、寄生虫の予防にもなります。 シャンプーは月に1~2回です。 回数を増やしてしまうと、皮膚に負担がかかり、フケや皮膚病などの原因になってしまいます。 お風呂の入れ方 ゴールデン・レトリーバーは水が好きな子が多く、シャンプーも嫌がらずにさせてくれる子が多いです。 しかし水に慣れていない子犬は、シャワーや水を怖がることがあるため、 子犬の頃から水遊びなどをして水に慣らしておくことが大切です。 初めてのシャンプーは犬が怖がらないように気をつけて入れましょう。 ゴールデン・レトリーバーの 被毛は水を弾いてしまうため、根元までしっかりと濡らし、シャンプーを泡だててから洗い、すすぎ残しには十分注意しましょう。 ドライヤーが不十分で半乾きのままだと、毛の根元で雑菌が繁殖してしまい皮膚病の原因にもなるため、シャンプーの後はしっかりと乾かすことが大切です。 シャンプーは 必ず犬用を使用しましょう。 犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。 子犬と成犬、それぞれのお風呂の入れ方について紹介します。 ゴールデン・レトリーバーの子犬のお風呂の入れ方• シャワーの温度を、35〜37度くらいになるよう調節しましょう。 まだシャワーに慣れてない子犬は、おもちゃなどを用意して気をひくと良いでしょう。 体を濡らす時は、足からお尻、体、顔の順に濡らしていきます。 顔を洗う時は、シャワーを直接当てずに手でお湯をすくってかけるなど、子犬を驚かせないよう注意してください。 泡立てたシャンプーで、優しくマッサージするように洗います。 泡を洗い流す時は、顔、体、足の順でしっかりとすすぎましょう。 しっかりと洗い流した後は、タオルでしっかりと水気を拭き取ります。 ドライヤーで乾かしていくのですが、皮膚を傷めないように子犬の体から30cm離してください。 湿気が残ると皮膚病の原因となってしまうため、根元や肉球の間、耳なども乾いているか確認しましょう。 com 優しく友好的で、従順な性格といっても、遊び好きで好奇心旺盛な面も持つ犬種のため、しつけが不十分だと成犬になった時はとても大変です。 大型犬は、 プロのドックトレーナーに指導してもらうことをおすすめします。 室内で安全に飼うためにも、「トイレ」、「吠え」、「噛み癖」、「散歩」、「待て」のしつけ方法を紹介します。 トイレのしつけ方 お迎えして一番最初にはじめるしつけは、トイレトレーニングになります。 ブリーダーやペットショップで覚えて来る子も稀にいますが、 ペットシーツがトイレだと覚えていない子犬のほうが多いです。 一度間違えた場所で覚えてしまうと、ずっとそこで排出する可能性があります。 成犬や保護犬のトイレのしつけ直しは、子犬のしつけの手順と同じですが、 トイレの回数が減る分根気が必要になります。 子犬からお迎えの場合は、しつけのしやすい子犬のうちに、しっかりと覚えてもらいましょう。 ケージとシーツを用意し、トイレの場所を作ります。 ケージから出している場合は、排泄をする時間になったらケージに戻すようにしましょう。 床の匂いを嗅いだり、そわそわと回る仕草をしたら、排泄のサインです。 排泄を床などにしてしまわないよう、ペットシーツの上に誘導します。 ペットシーツで排泄ができたら、褒めてあげましょう。 排泄の失敗をさせないことと、成功して褒められる経験を積み重ね、子犬はトイレの場所を覚えていきます。 無駄吠えのしつけ方法 ゴールデン・レトリーバーは運動量が多い犬種です。 散歩の時間や遊ぶ時間が少ないと運動不足になり、 ストレスから吠えてしまう可能性があります。 また、子犬の頃は夜寂しくて鳴いてしまう場合や、構って欲しい時やおやつが欲しい時などに吠えてしまいます。 普段からのコミュニケーションを大切にし、無駄吠えのしつけをしていきましょう。 無駄吠えをする時は、吠えた時に叱るのではなく、吠える原因を探りましょう。 子犬の頃の夜鳴きや、何かしらの要求吠えは、無視することが大切です。 吠えるから、と要求に応えるのではなく、吠えなくなってから要求に応えましょう。 吠えても構ってもらえないと、要求が通らないことを学習してもらいます。 玄関のチャイムや外の音などに警戒して吠える場合は、入って来る人におやつをもらったり、音がするとおやつをあげるようにして、怖くないことを教えます。 噛み癖のしつけ方法 ゴールデン・レトリーバーの子犬はとても遊び好きで、 家の中にあるものを噛んで壊してしまうことがあります。 大型犬で力も強いので、成犬になっても噛み癖が残っていると人に怪我をさせてしまう可能性もあります。 そうならないよう以下の点に注意して、噛み癖のしつけをしましょう。 散歩の時間や遊びの時間は足りていないか、怪我や病気をしていないかを確認をしましょう。 足りていない場合は、散歩の時間や遊ぶ時間を十分にとるようにしてください。 歯が乳歯から抜け替わる時期は特に噛む欲求が強くなるため、噛むためのおもちゃを用意しましょう。 遊びの延長で噛んでしまう場合は、クールダウンをすることも必要です。 遊びの時に噛んでしまったら、構うのをやめて他の部屋にいきましょう。 部屋の物を噛む場合は、噛めない環境づくりを心がけてください。 床にものを置かないようにし、留守番の時はケージに入れるなどの対策をしましょう。 待てのしつけ方法 大型犬のゴールデン・レトリーバーは、 散歩の時や病院の時などに落ち着きがないととても大変です。 待てを覚えさせることで、信号や病院の待ち時間も落ち着いて待つことができ、日常的にも過ごしやすくなります。 以下の点に注意しつつ、待てを覚えてもらいましょう。

次の

ゴールデンレトリバーの白の値段とは?ホワイトカラーの費用の相場

ゴールデン レトリバー 3 万 円

この記事でまとめたこと• ゴールデンレトリバーの性格は? ゴールデンレトリバーは、従順で優しく温厚な性格です。 友好的、社交的で色々な犬や人と仲良くなることができますよ。 また、家族と一緒に行動することが大好きで、1匹になるが大嫌いな寂しがり屋さんです。 闘争能力は低く、誰にでも愛想が良いので、番犬としては不向きですよ。 また、しつけをしっかりとせずに甘やかしてしまうとわがままな性格になりやすく、言うことを聞かなくなってしまうなど支障が出てきてしまうので、飼い方には注意が必要です。 ゴールデンレトリバーの選び方は? ゴールデンレトリバーは基本的に飼育しやすい犬ですが、元気で人懐っこく、警戒心の少ない子犬を選ぶのがおすすめです。 まずおもちゃで注意を引いたり、声をかけたりするときに元気に反応するか見てみてくださいね。 そして実際に抱っこさせてもらい、暴れたり、緊張して固まったりしないかをチェックします。 抱っこをしても、落ち着いている犬であれば安心ですよ。 ゴールデンレトリバーの購入の方法は? ゴールデンレトリバーの購入方法は主に、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」の3つです。 以前はペットショップでの購入が大半を占めていましたが、最近では「ブリーダー」や「里親」を介しての取引も増えていますよ。 それぞれメリットやデメリットがあるので、ご家庭の事情に合った方法で最愛のパートナーを迎え入れてくださいね。 関連記事 ゴールデンレトリバーの販売、お店とブリーダーの違いは? ペットショップ ゴールデンレトリバーは人気権ですのでペットショップで見かけることもありますが、小型犬が主流のペットショップでは大型犬のゴールデンレトリバーを扱っていない場合もあります。 ペットショップでゴールデンレトリバーを購入しようとしている場合は、大型犬が展示できる大きな店舗を回ってみましょう。 ペットショップは「気軽に立ち寄って子犬を選べる」「飼育に必要なグッズを一緒に購入できる」という特徴があります。 購入する際には、日々のお世話が行き届いているか、健康状態はどうか、しっかりとチェックしてくださいね。 ブリーダー ブリーダーさんから子犬を譲り受ける場合は、「予約」「犬舎見学」「子犬選び」「譲渡」の4ステップが必要になります。 こちらも、健康状態は確認するようにしてください。 また、ブリーダーから犬を購入すると、一般的に子犬の体への負担は軽く、親犬や兄弟犬と長く時間を過ごせることで、社会性が身に付きやすい傾向があるというメリットがあります。 特に血統が優秀な犬を飼いたい場合は、経験豊富なブリーダーを選び、飼育のコツや良い犬の判断基準を確認しましょう。 ペットショップとブリーダーについてはに詳しくまとめていますので、併せてご覧ください。 里親になる ゴールデンレトリバーを里親として子犬を引き取る場合、2つの方法があります。 保健所から引き取る場合と保護団体から引き取る場合です。 保健所から引き取る場合 保健所から引き取る場合は、保健所のホームページなどに掲載されている譲渡情報を参考にして探します。 里親になるための厳しい条件はありませんが、講習を受けてからの引き取りとなりますよ。 金銭は特に発生しません。 保護団体から引き取る場合 保護団体から引き取る場合は、里親になる人に条件を設けており、団体によってはとても厳しい条件を設けているところもあります。 その条件を自分がクリア出来るのかよく考えてから連絡を取ることをおすすめしますよ。 多く見られるのが、一人暮らし不可や外飼い不可といった条件です。 団体によりますが、寄付としてやその犬が病気にかかっていた場合の治療費として引き取るためにお金がかかることがあります。 どちらの場合も成犬の里親を募集していることが多いため、子犬が欲しい場合は里親として探すと難しくなりますよ。 里親制度とは? 飼い主さんの事情など様々な理由で飼えなくなった犬を集めて、里親探しをしている社会福祉法人やNPO法人、ボランティア団体が多数あります。 里親制度では、無償で捨てられた犬を譲り受けることが可能です。 譲渡してもらう犬の価格は無料で、ワクチン接種代や去勢費用などの実費のみ負担するのが一般的です。 里親制度に興味がある場合は、どんな施設にどんな犬がいるのか情報を集めるところから始めてみてくださいね。 ゴールデンレトリバーを貰う 知人宅などで生まれたゴールデンレトリバーを貰う、子犬の貰い手を捜している新聞広告などを使うといった方法があります。 この場合注意すべきは、子犬の健康状態の保障がないこと、個人同士の取引となるのでトラブルがあった場合は自分で対処する必要があることです。 事前にしっかりとした確認を取ることをおすすめしますよ。 ゴールデンレトリバーの子犬の販売価格は? 子犬の価格• 20万円程度 ゴールデンレトリバーの子犬価格は20万円前後です。 両親がチャンピオンタイトルを持つ、事前に股関節検査、PRA(進行性網膜萎縮症)検査を済ませている、などの条件で値段が上がりますよ。 健康な子犬を希望する場合は、ショップやブリーダーさんに両親が検査済みかどうか確認することをおすすめします。 ゴールデンレトリバーのおすすめドッグフードと餌代は? おすすめのドッグフード ゴールデンレトリバーは皮膚が弱く、アトピー性皮膚炎などの皮膚病になりやすいといわれる犬種です。 日々の食習慣から健康を意識して、アレルギー源となりやすい粗悪な原材料の含まれないドッグフードがおすすめです。 また注意したいのは、ゴールデンレトリバーはやんちゃな性格のため、食後すぐに動き回ることが原因で胃捻転を引き起こしやすい犬種です。 高脂肪の食事を避け、早食いや食前・食後の激しい運動をさせない工夫をするようにしてくださいね。 以上の点を踏まえておすすめできるドッグフードは、アランズナチュラルドッグフードです。 生後7ヶ月目〜シニアまで対応しています。 またアレルギーを引き起こしやすい小麦や大豆、牛肉、豚肉、乳製品、とうもろこしなどは一切含まれていないので、アレルギーによる皮膚病になりやすいゴールデンレトリバーも安心して食べさせることができますよ。 さらに良質なアミノ酸やビタミンB群、ミネラルを含んだビール酵母、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸が含まれる亜麻仁油、食物繊維たっぷりのテンサイなど、シンプルな原材料の中にもこだわりがたくさんつまっています。 とくにお腹の弱りがちな「大型犬」には食物繊維がたっぷりのドッグフードはおすすめですよ。 準備しておくもの• サークル• トイレ用品• 首輪、リード• ケア用品 揃えておくと便利なもの• レインコート• キャリーバッグ ゴールデンレトリバーを飼育するために必要なものは「サークル」「床材」「トイレ用品」「食器類」「首輪とリード」「ケア用品」などです。 総額で10万円近くかかりますがなるべく揃えてあげてくださいね。 サークル 30kg程度にまで成長するゴールデンレトリバーには、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。 床材 床がフローリングだと滑って怪我をしたり骨折をすることも考えられます。 クッションフロアや絨毯を敷く、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策をしてあげてくださいね。 マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されていますよ。 トイレ用品 大型犬用のトイレトレーはXLサイズが9000円程度、トイレシートはワイドタイプが300枚入り6,000円ほどで購入できます。 トイレトレーニングについては 食器類 給餌用の食器は、耐久性のあるステンレス製の丸皿がおすすめです。 直径20cmほどの大きめのお皿を選ぶとドカ食いを抑えることができるので、胃捻転の対策にもなりますよ。 2000円ほどです。 給水器はお皿でも問題はありませんが、倒してこぼしてしまったりイタズラをすることもあるので給水ボトルタイプがおすすめです。 2500円程度で買えますよ。 首輪、リード しつけがしっかり出来るまでは首輪がおすすめですが、キチンとしつけが出来て上手な散歩が出来る様になればハーネスでも問題はありません。 首輪・ハーネスは4000円、リードは3000円ほどです。 ゴールデンレトリバーにおすすめの首輪については ケア用品 ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「歯ブラシ」を用意してください。 美しい被毛を保つためにはスリッカーブラシやラバーブラシ、低刺激のシャンプーが必要になります。 また、換毛期の手入れにはファーミネーターがあると便利ですよ。 ブラシは1万円、シャンプー・リンスは8000円、歯ブラシは500円程度で購入することができます。 おすすめのシャンプーについては 歯磨きの方法や頻度については そのほか揃えておくと便利なもの 上記以外に揃えておくと便利なものが「レインコート」「キャリーバッグ」などです。 ゴールデンレトリバーの被毛は一度びしょびしょになってしまうと乾かすのが大変です。 6000円程度で買えるので、雨の日の散歩用などに1着持っておくと便利ですよ。 また、病院へ連れて行く時や旅行で移動する時や災害時の避難に備えて「ハードキャリー」を用意しておくと安心です。 大型犬用であれば15000円ほどで購入できます。 ゴールデンレトリバーの飼育はどのくらいお金がかかる? 飼育にかかる合計費用• 300万円 ゴールデンレトリバーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて30万円ほどを見積もっておきます。 また、1年でかかる費用は「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費」を合わせた25万円程度、怪我をしたり病気になった場合はさらに医療費が数10万円かかることもあります。 ゴールデンレトリバーの飼い方やしつけ方 飼い方 ゴールデンレトリバーを飼うことが決まったら、上記に挙げたような犬を飼うために必要なものをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。 ゴールデンレトリバーのような大型犬の場合、将来的に外で飼うという家庭もあると思いますが、子犬のうちはしばらく室内で育てることになることが多いので、ケージやサークルは用意しておいてくださいね。 家に連れてくる際にはドッグフードの種類や食事の回数や量、性格などをあらかじめペットショップやブリーダー、里親に確認することをおすすめしますよ。 ゴールデンレトリバーは大型犬なので運動量がかなり必要になります。 日頃の散歩だけで補えない場合にはドッグランやボール遊びなどを取り入れてあげると、散歩の時間や量が少なくても犬の欲求を満たしてあげることができますよ。 しつけ方 ゴールデンレトリバーは元々、飼い主さんの狩りのお手伝いをするために生み出された犬種なので、人と何かをすることが大好きです。 ゴールデンレトリバーとの生活をより良くするためにも、何か仕事を与えてあげることをおすすめしますよ。 例えば「新聞」「リモコン」「バッグ」などを持ってくる作業です。 レトリーブ(持ってくる)という作業は元々ゴールデンレトリバーが仕事としていた作業なので、中には教えなくても「持ってくる」という動作ができる子もいますよ。 ゴールデンレトリバーは頭がいい犬種なので、初めのころにしっかりと家庭のルールを教えておくことが大切です。 「してはいけないことは徹底してさせない」「犬への指示を統一する」といったこともしつけを成功させる秘訣です。 しつけを総合サポート、無理せず学べる「こいぬすてっぷ」 「こいぬすてっぷ」は、子犬期におけるしつけの不安解消をサポートしてくれるしつけグッズです。 こいぬすてっぷオリジナルの「子犬成長カレンダー」に合わせて実践するだけで、無理のないペースで1歳までに必要なしつけをすべてカバーすることができます。 「甘噛み」などの噛み癖はもちろん、愛犬の気持ちを満たす遊び方や「散歩のしかた リードワーク 」、「無駄吠え」への対処方法など子犬の成長に合わせたしつけ方がより丁寧に紹介されていますよ。 自宅で獣医師(獣医行動診療科認定医)がオススメするしつけを実践することができるのは心強いですよね。 子犬期だけでなく成犬以降も活用できる内容になっているので、ぜひ検討してみてください。 こいぬすてっぷについて詳しくは.

次の