京都 御所 売店 財布。 参観ご希望の方へ|宮内庁 皇居・京都御所・離宮参観

皇居グッズの財布がツイッターで話題!その購入方法や種類・値段は?

京都 御所 売店 財布

こんばんは、azusaです。 終わりが見えない虫歯治療に翻弄されながらも、シンガポール赴任前に日本でやっておきたいことも少しずつ実行中です^^ やっておきたいことナンバーワンだった皇居の一般参観に先月下旬に行ってきました! 皇居を見晴らす絶好のロケーションで働いていたにも関わらず、一般公開以外で皇居へ入れるということをまったく知らず。。 滋賀に嫁いだ親友が、昨年、皇居勤労奉仕に参加した際の皇居土産を送ってくれたことをきっかけに、一般参観があることを知りました。 詳しくはで)以外の1日2回。 事前申請受付(各回定員200人)と当日受付は先着順で各回定員300人。 事前申請で予約だと安心だけど生後6か月の次男も一緒なので当日の天気なども気になるしと、晴天でちょうど夫も休みを取っていた平日に先着順の当日受付の午前中の回に行ってきました! 参観開始は10時からだったけれど当日受付の整理券配布開始は9時。 9時を目標に家を出たけれど、通勤ラッシュの電車を何度か見送り到着できたのは9時半過ぎ。。 それでも、1月の平日だったからか余裕で当日受付の整理券を頂くことができました! 皇居桔梗門前で整理券を受け取り受付開始までこちらの列に並んで待ちます。 受付で身分証明書を提示して番号の書かれた参観中のストラップを受け取って桔梗門から皇居内へ! 内桜田門を通って、 宮内庁売店がある窓明館(休所)で参観申込書を記入し一般参観についての説明を聞きました。 宮内庁売店は左手にあって、売店で購入できるのはこの時間のみ! 英語、中国語、日本語と3グループに分かれて出発。 係員の方の説明を聞きながら巡りました。 江戸城旧本丸の東南に位置する富士見櫓。 昔は富士山を見晴らすことができたそうです。 二重橋を渡ることができたり、 一般参賀の際に天皇陛下のお言葉がある長和殿へも。 その他にも色々案内してもらいながら1時間15分の参観コース。 風は冷たかったけれど、雲一つない晴天で本当に皇居訪問日和でした! お昼は夫が見つけてくれた楠公レストハウスで頂きました! 二重橋を臨む緑に囲まれた一角にある楠公レストハウスへは桔梗門から徒歩だと10分くらいで到着しました。 日替わりランチでチキンの南蛮漬けを選びました。 たくさんある色の中から選んだのは紫。 日によって在庫のお財布の色も変わるようです。 同じ売店だけれど、私たちが訪れた日はオレンジ色のお財布はありませんでした。 宮内庁売店では、シンガポールでもあったら色々役に立ちそうな風呂敷を購入しました。 その他にも楠公レストハウスの売店で、きんつばとグミもつい購入してしまいました。

次の

【欲しい】皇居の売店にしか売ってない限定品の「お財布」、高級品でクオリティ高いのに利益目的ではないのでたったの○○○○円!!めっちゃ安いいいい : はちま起稿

京都 御所 売店 財布

どうも、妻のリズム です。 すっかり秋めいてきましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか? 学生の頃までは「ブランドもののいいお財布を長く使いたい!」と思っていましたが、歳を重ねるごとにお財布には機能性や実用性を重視するようになりました。 お財布を探すときはひたすら• 安い で検索!でも意外とこの条件に合うお財布って少ないんですよね。 さらに…• コンパクトな長財布• 小銭とお札を入れる場所が近い• カードを入れるポケットが少ない クレジットカードやキャッシュカードを持ち歩かないので というこだわりを持ち始めると、ネットの海を冒険してもなかなか見つからないのです。 そんななか、「皇居のお財布」なるものが話題になっているのを知りました。 なんでも、 皇居のなかにある売店にしか売っていない特別なお財布だそうで、知る人ぞ知る開運財布なのだとか。 というわけで、早速皇居へ行ってきました…! 「皇居のお財布」ってどこに売ってるの? 調べてみたところ、お財布は 皇居東御苑内にある皇居東御苑内大手売店に置いてあるという情報をゲット。 場所が場所なだけあり、海外の方の観光客が多かったです。 皇居東御苑内大手販売店は、大手門を入り、入園表を受け取って歩くとすぐにありました。 お目当てのお財布は、ショウケースのなかに飾られていた…というよりは、いかにも売店のお土産という雑多な感じで置かれていました。 笑 カラー展開豊富な牛革財布 牛革でありながら、 お値段1,300円という信じられない価格!さらに… 一番人気なのは、やっぱり金色ですね。 開運財布で金運アップと言われているので売り切れちゃうこともあります。 あとはピンクもよく出ますよ なんて言われるとなかなか選べず…。 結局、黒、マゼンダ、ゴールドの3つを買うことにしました。 笑 まあ、3つ買っても桁違いに安いのでお土産にも最適です。 菊の御紋がついているので 敬老の日のプレゼントなどにも喜ばれそうだなぁと思います。 何より「軽い」「薄い」「安い」の3拍子がそろっているのがすごい! 開運財布と話題の「皇居のお財布」のスペック シンプルなワンカラーにゴールドの菊の御紋が入っています。 牛革で国内産。 そして、うっすい!コンパクトなので、 クラッチバックや冠婚葬祭用の小さなバッグにも入り、使い勝手がいいです。 あまりにも薄くて軽いので計測してみることにしました。 なんとお財布の重さ、60g!お財布はお出かけをするときに毎回持ち歩くものなので、荷物を軽くしたい人にはぴったりなのではないでしょうか? ちなみに、これまでも「薄い」「軽い」を重視してネットで見つけたATAOの長財布を使っていたのですが… こちらも測ってみたら130gでした。 これでも軽いほうだとは思うのですが、皇居のお財布に比べると倍以上重いですね。 実際に皇居のお財布にお札や小銭、カードや鍵などを全部入れてみました。 まあお金がそんなに入っていないというのもあるのですが 笑 全部込みで150gを切っています。 うーんやっぱり軽い! ちなみにお財布のなかはこんな感じです。 カードを入れる部分が3つほどあり、小銭入れはファスナーに。 また、小銭入れの前とカードの裏にもポケットがついています。 ちょっとわかりにくいので実際に入れてみました。 レシートも鍵も問題なく入りました。 なんなら常備薬を入れても問題なさそうです。 お財布って四隅が傷んだり汚れたりしがちだと思うのですが、このお財布なら 安いので即買い替えられるのも魅力のひとつ。 汚れたお財布を高かったからと何年も使い続けるよりも、新品のお財布を定期的に変えたほうが気分がいいかな~と思うようになりました。 最近、眞子様も婚約なされたので縁起もよさそうじゃないですか…? 笑 薄くて軽くて安いので高級感はないですが、使いやすさは抜群ではないかと思います。 とにかく軽いので、 旅好きな人は旅行用のお財布として割り切って使うのもあり。 皇居でしか販売されておらず、ネットでは買えないので人とかぶることも少ないはず! ちなみに黒いほうは我が家の食費のお財布として新調し、金色のほうは母にあげることにしました。 母もお財布は実用と機能主義。 とにかく軽くて薄いお財布がほしい人は、皇居のお財布を検討してみるのもよさそうです。

次の

『お持ち帰りのお土産に、売店だけ限定販売の「御所煎餅」を!』by ススムおじさん : 京都御苑 檜垣茶寮 (ヒガキサリョウ)

京都 御所 売店 財布

こんばんは、azusaです。 終わりが見えない虫歯治療に翻弄されながらも、シンガポール赴任前に日本でやっておきたいことも少しずつ実行中です^^ やっておきたいことナンバーワンだった皇居の一般参観に先月下旬に行ってきました! 皇居を見晴らす絶好のロケーションで働いていたにも関わらず、一般公開以外で皇居へ入れるということをまったく知らず。。 滋賀に嫁いだ親友が、昨年、皇居勤労奉仕に参加した際の皇居土産を送ってくれたことをきっかけに、一般参観があることを知りました。 詳しくはで)以外の1日2回。 事前申請受付(各回定員200人)と当日受付は先着順で各回定員300人。 事前申請で予約だと安心だけど生後6か月の次男も一緒なので当日の天気なども気になるしと、晴天でちょうど夫も休みを取っていた平日に先着順の当日受付の午前中の回に行ってきました! 参観開始は10時からだったけれど当日受付の整理券配布開始は9時。 9時を目標に家を出たけれど、通勤ラッシュの電車を何度か見送り到着できたのは9時半過ぎ。。 それでも、1月の平日だったからか余裕で当日受付の整理券を頂くことができました! 皇居桔梗門前で整理券を受け取り受付開始までこちらの列に並んで待ちます。 受付で身分証明書を提示して番号の書かれた参観中のストラップを受け取って桔梗門から皇居内へ! 内桜田門を通って、 宮内庁売店がある窓明館(休所)で参観申込書を記入し一般参観についての説明を聞きました。 宮内庁売店は左手にあって、売店で購入できるのはこの時間のみ! 英語、中国語、日本語と3グループに分かれて出発。 係員の方の説明を聞きながら巡りました。 江戸城旧本丸の東南に位置する富士見櫓。 昔は富士山を見晴らすことができたそうです。 二重橋を渡ることができたり、 一般参賀の際に天皇陛下のお言葉がある長和殿へも。 その他にも色々案内してもらいながら1時間15分の参観コース。 風は冷たかったけれど、雲一つない晴天で本当に皇居訪問日和でした! お昼は夫が見つけてくれた楠公レストハウスで頂きました! 二重橋を臨む緑に囲まれた一角にある楠公レストハウスへは桔梗門から徒歩だと10分くらいで到着しました。 日替わりランチでチキンの南蛮漬けを選びました。 たくさんある色の中から選んだのは紫。 日によって在庫のお財布の色も変わるようです。 同じ売店だけれど、私たちが訪れた日はオレンジ色のお財布はありませんでした。 宮内庁売店では、シンガポールでもあったら色々役に立ちそうな風呂敷を購入しました。 その他にも楠公レストハウスの売店で、きんつばとグミもつい購入してしまいました。

次の