グリア 細胞 と は。 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1)

「天才の脳」の隠れたヒミツ。脳の働きを高める習慣

グリア 細胞 と は

役割 [編集 ] 神経細胞に対し、以下のような種々の役割を担っている。 神経細胞の位置の固定(他の体細胞にとってのに相当)。 の合成と分泌。 (ミエリン)の構成要素となる。 過剰に放出されたなどのの再取り込み• を細胞内に回収することで伝達時間を限定させる。 血管内皮とともにを形成し、フィルタの役割を果たす 上述のように、グリア細胞は周辺組織のを維持するような、比較的静的な役割を演じることでに貢献すると考えられてきたが、近年になって、多種多様な神経伝達物質のが発現していること、受容体への結合を経てグリア細胞自身もイオンを放出するなど、これまで神経細胞のみが担うとされてきたシグナル伝達などの動的な役割も果たしていることが、次々に示されてきている。 種類 [編集 ] ミクログリア() Hortega細胞とも呼ばれる。 ミクログリアはでを示しのほか異常代謝物などの回収を担う細胞である。 他のグリア細胞が由来であるのに対して、ミクログリアは同様由来、つまり中胚葉由来であり、の特殊化として考えることもできる。 (星状膠細胞) 中枢神経系に存在するグリア細胞。 組織学的に形質性星状膠細胞と線維性星状膠細胞に分類される。 に由来する。 (希突起膠細胞・乏突起膠細胞・稀突起膠細胞) 中枢神経系に存在するグリア細胞で、に巻きついてを形成および巻きついた神経細胞の維持と栄養補給の機能を持つ。 ひとつのオリゴデンドロサイトは数本の突起を伸ばし、それぞれの突起が異なる神経細胞の髄鞘となることが知られている。 存在部位により衛星希突起膠細胞および束間希突起膠細胞とに分類される。 に由来する。 中枢神経系に存在するグリア細胞であり、脳室系の壁を構成する細胞である。 脳室内で脈絡叢上皮を、脳室正中面で脳周囲器官を形成する。 (鞘細胞) 末梢神経系に存在するグリア細胞で、に巻きついてを形成する。 髄鞘を持つ神経細胞を特に有髄神経と呼ぶが、一つの有髄神経細胞にはたくさんのシュワン細胞が通常巻きつくのに対し、複数の神経細胞にまたがって巻きつくシュワン細胞は存在しない。 衛星細胞 感覚神経節、交感神経節、副交感神経節にあって、細胞体を取り巻く。 筋肉中に存在するとは別物である。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(/Portal:生物学)。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(/Portal:医学と医療)。

次の

グリア芽細胞

グリア 細胞 と は

わたしたちの脳を構成しているのは、主に「ニューロン(神経細胞)」と「グリア細胞」です。 長い間、脳の働きの中心はニューロンだと考えられていました。 ところが近年では、脇役扱いだったグリア細胞も、ニューロン並みの働きをするとわかってきたのです。 それに、誰もが知る天才理論物理学者・アルベルト・アインシュタインは、グリア細胞の数が桁外れに多かったと発見されています。 アインシュタインの脳とグリア細胞に迫り、脳の働きを高める習慣を探ります。 天才アインシュタインの「脳」 カリフォルニア大学バークレー校の著名な神経解剖学者、マリアン・ダイアモンド博士は、アインシュタインの脳を調べた人物として広く知られています。 ダイアモンド博士は同僚らとともに、何日もかけてアインシュタインの脳細胞を計測・集計し、47歳から80歳までの男性から採取した脳の細胞データと比較したのだそう。 すると、驚いたことに、世紀の天才アインシュタインの脳と、一般人の脳のニューロンに関して、何ひとつ差異は見られなかったのだとか。 グリア細胞とは? グリア細胞は、長くその存在を軽視されてきました。 ニューロンを固定し、栄養を運ぶ重要な手助けをしていることは明らかにされていましたが、あくまでも脳の主役はニューロンであり、グリア細胞は脇役だったのです。 ところが近年は、グリア細胞も脳の高次機能を支え、コントロールしているのでないかとも考えられています。 特に記憶や学習能力に関わる脳の「海馬」には、グリア細胞が多く存在するのだとか。 そして、グリア細胞との接触が強いものほど、シナプス(ニューロン同士の接合部分)が成熟し安定しているのだそう。 それは、つまり、グリア細胞がよく働くと、脳の記憶力がよくなるということを示しています。 ちなみに、グリア細胞の数は、神経細胞の10~50倍と見積もられいるそうです。 このグリア細胞の働きがよくわかっていなかったことから、「ヒトは脳の10%くらいしか使っていない」と考えられてきましたが、実際には想像以上の働きをしていたのです。 グリア細胞は増やすことができる? 「グリア細胞は増やすことができるか?」の答えは、YESです。 グリア細胞は分裂・増殖する細胞とのこと。 記憶量が増えるとグリア細胞も増え、脳の重量が増えるのだそう。 最近の研究では、大人になったら増えないといわれていたニューロンも、脳の海馬では増殖すると考えられるようになりました。 海馬はグリア細胞が特に多い領域。 これには相関関係があると想定することもできます。 しかし、脳の働きにおいて重要なのは、細胞の数だけではありません。 結果的としてグリア細胞が増殖するにせよ、何よりも「つながり」が強くなければ意味がないのです。 たとえ神経細胞が減っても、それに比例して思考力が衰えてしまうわけではないのだそう。 なぜならば、神経細胞同士のつながりが、より深い思考を可能にしてくれるからです。 そのためには、シナプスを成熟させ安定させる、グリア細胞の働きをよくすることが大切です。 グリア細胞をよく働かせるには くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長は、グリア細胞を活発化させるにあたり、 アミノ酸やブドウ糖、 マグロやカツオに多く含まれるナイアシン(ビタミンB3)など、 脳に必要な栄養を摂取することや、 ストレッチなどをすすめています。 また、社団法人認知症高齢者研究所によれば、グリア細胞は電気を出さずに物質だけを使って情報を伝達するため、 知覚を刺激するのもグリア細胞を働かせるトレーニングとして有効なのだそう。 料理や 手先の運動のほか、 硬いものを握ったり、 「お湯」と「冷水」で交互に手を刺激してみたりするのもいいかもしれません。 ロンドン大学の神経学者エレノア・マグワイア博士の研究では、ロンドン市内の交通情報を完璧なまでに記憶することを求められるロンドンのタクシードライバーの脳の海馬が、一般人に比べて大きいことが発見されています。 楽しみながら、 お気に入りのスポットとともに路線を記憶するのも、いいトレーニングになるはずです。 もちろん、勉強や読書、会話や旅行、博物館に美術館など、知識や経験で記憶を増やしていくことも大切ですが、何よりも、重要なのは、 自分が夢中になれるものに対し、頭を使い続けることです。 興味が細胞のつながりを強め、グリア細胞を元気にして、思考力を高めてくれるでしょう。 アインシュタインも、「私は頭がよいわけではない。 ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけ」と話していたそうです。 *** 脳の細胞のつながりがよくなれば、自ずと細胞の数も増えていくはず。 グリア細胞を元気にして、脳機能を高めてくださいね! (参考) 看護roo! [カンゴルー]|解剖生理をおもしろく学ぶ| ブルーバックス 講談社(1-2)| 認知症高齢者研究所| 養命酒製造株式会社|元気通信|健康の雑学| 編集部(2010),『老人の通説を疑う』,サンデー毎日,毎日新聞出版, 第89巻第53号 pp 150-152. 立花隆著(2000),『脳を鍛える 東大講義 人間の現在1 』 ,新潮社. studyhacker.

次の

グリア細胞とは

グリア 細胞 と は

プルキンエ細胞とバーグマングリアの割合はおよそ1:8とされる。 細胞体から垂線方向に伸び脳表のへ到達する特徴的な放射状線維 radial fiber は細胞毎に5本程度で、幹に多数の薄片状または刺状の突起を形成する。 同一の細胞に由来する放射状線維は、扇形に展開するプルキンエ細胞と垂直に小脳(正中面に垂直な面)に広がる傾向がある(図2)。 樹状突起と異なり、放射状線維は分岐が少なく先細りしない。 先端で膨張してを形成し、軟膜と結合する。 微細構造 電子顕微鏡では電子密度が低くなどのがまばらで明調な細胞として観察される(図3)。 明調な放射状線維から突出した薄片状突起は、プルキンエ細胞の上に形成される、(顆粒細胞軸索)、(ニューロン軸索)、抑制性とのシナプスを被包する(図4)。 放射状線維末端のendfeetは二重膜が渦巻状に折り畳まれた球根様の構造で、軟膜と密接に結合する。 分子発現 図4.平行線維 PF ープルキンエ細胞スパイン PC 間のシナプスを被包するバーグマングリア線維突起 BG (スケールバーは0. その他、成熟したアストロサイトには消失する の強い発現が見られ、, , , 抗原などのマーカーの発現がある。 と共に、放射状線維をもつ形態的特徴と未分化なアストロサイト特有の分子発現から神経幹細胞の放射状グリアと比較されるが、2012年現在ではバーグマングリアが幹細胞として機能する証拠はない。 発生 バーグマングリアは、興奮性ニューロンを除く多くの小脳皮質細胞(プルキンエ細胞、抑制性介在ニューロン、各種グリア細胞)が産生されるに面するの()から分化する。 同じ脳室帯からアストロサイトやなどが胎生期から生後の長い期間に産生され続けるのに対し、バーグマングリアはプルキンエ細胞の産生が終る直後の短い期間(マウスでは胎生13. 5日から14. 5日)に誕生することが確かめられている。 脳室帯で誕生したバーグマングリアは小脳皮質へ細胞移動し、生後1週目(マウス)までにプルキンエ細胞層周辺に配置して複数の放射状線維を形成する。 この時期にもバーグマンクリアは分裂により数を増やしているとされる。 放射状線維は生後発達中に次第に径を増し、グルタミン酸輸送体EAAT1が集積する薄片状突起を多数形成する。 薄片状突起はまず細胞体付近で形成され、プルキンエ細胞樹状突起の伸展に伴い徐々に先端へ広がり、プルキンエ細胞樹状突起上のスパインを被包する。 プルキンエ細胞樹状突起に発現するリガンドの の欠損動物で放射状線維の分化が遅延することから、プルキンエ細胞との相互作用によりバーグマングリアのNotchシグナルが活性化することが放射状線維分化を促進すると考えられる。 機能 バーグマングリアは個体の一生を通じて様々な機能を果たす。 支持構造 バーグマングリアの放射状線維は分子層を柵状に縦断し、小脳皮質の支持構造となる一方、先端部のendfeetは軟膜境界を覆い、軟膜外と皮質の glia limitans として機能する。 分化制御 放射状線維は、生後発達期には小脳軟膜直下のから皮質深層のへ移動する顆粒細胞の足場になると考えられている。 また同時期にプルキンエ細胞樹状突起もグリア線維を伝うように伸展する。 詳細な機構は不明であるが、バーグマングリアに発現するの機能阻害によりプルキンエ細胞樹状突起形成に異常が生じるという報告がある。 神経活動制御 放射状線維上に形成される薄片状突起は、プルキンエ細胞樹状突起のシナプスを5個程度の単位で包囲し、機能的に独立したを形成する。 バーグマングリアにはグリア型グルタミン酸輸送体の および が発現し、プルキンエ細胞の興奮性シナプス間隙に放出されたグルタミン酸を素早く取り込む。 グルタミン酸はグリア細胞内でグルタミンに代謝され、ニューロンに取り込まれた後再度グルタミン酸に変換される。 グリア型グルタミン酸トランスポーターによるグルタミン酸の取り込みは、 1 神経伝達を終了させ、興奮性シナプス後電流の早いキネティクスを可能にする、 2 シナプス外へのグルタミン酸漏出を抑える、 3 グルタミン酸刺激の持続による興奮毒性を抑える、などの生理的機能をもつ。 バーグマングリアに特に発現の多いEAAT1の欠損マウスでは、生後発達期における平行線維-プルキンエ細胞間シナプスにおけるの遷延 と外傷に対する遅延性の拡大 が見られる。 また、プルキンエ細胞シナプスのミクロドメイン区画化が不完全になり、近接するプルキンエ細胞を支配する登上線維シナプスからのグルタミン酸漏出や異所的シナプスの形成による登上線維多重支配が見られる。 バーグマングリアにはカルシウムイオン透過性が発現し、グルタミン酸刺激に対し流入が起こり、内向き性の速い電流応答を示す。 バーグマングリアにはも発現し、プルキンエ細胞樹状突起および細胞体の抑制性シナプスの付近に集積する。 神経伝達物質応答能があるため、バーグマングリアは求心性線維終末の位置を検知し、シナプス周辺に薄片状突起を発達させることが可能になるのかもしれない。 バーグマングリアのAMPA型グルタミン酸受容体の透過性を変化させると、グリア突起が退縮してミクロドメインが解離し、登上線維、平行線維ともシナプス後電流が遷延し、さらには登上線維異所支配が誘発される。 バーグマングリアにはや()なども発現し、これらが電流応答の特性に寄与すると考えられる。 病理 (; )では、原因遺伝子の変異によりバーグマンクリアにおけるEAAT1発現が減少し、興奮毒性による進行性のプルキンエ細胞の脱落が起こると考えられている。 また、の原因遺伝子の変異によりバーグマンクリアの増殖が抑えられ、プルキンエ細胞の脱落が誘発されるとする報告がある。 参考文献• Koirala, S. 2010. Identification of novel glial genes by single-cell transcriptional profiling of Bergmann glial cells from mouse cerebellum. PloS one, 5 2 , e9198. [] [] [] []• Sudarov, A. , Turnbull, R. , Kim, E. , Lebel-Potter, M. , Guillemot, F. 2011. Ascl1 genetics reveals insights into cerebellum local circuit assembly. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 31 30 , 11055-69. [] [] [] []• Yamada, K. , Fukaya, M. , Shibata, T. , Kurihara, H. , Tanaka, K. , Inoue, Y. 2000. Dynamic transformation of Bergmann glial fibers proceeds in correlation with dendritic outgrowth and synapse formation of cerebellar Purkinje cells. The Journal of comparative neurology, 418 1 , 106-20. [] []• Yuasa, S. 1996. Bergmann glial development in the mouse cerebellum as revealed by tenascin expression. Anatomy and embryology, 194 3 , 223-34. [] [] []• Das, G. , Lammert, G. 1974. Contact guidance and migratory cells in the developing cerebellum. Brain research, 69 1 , 13-29. [] [] []• Shiga, T. , Ichikawa, M. 1983. Spatial and temporal pattern of postnatal proliferation of Bergmann glial cells in rat cerebellum: an autoradiographic study. Anatomy and embryology, 167 2 , 203-11. [] [] []• Altman, J. 1972. Postnatal development of the cerebellar cortex in the rat. Phases in the maturation of Purkinje cells and of the molecular layer. The Journal of comparative neurology, 145 4 , 399-463. [] [] []• Yamada, K. 2002. Cytodifferentiation of Bergmann glia and its relationship with Purkinje cells. Anatomical science international, 77 2 , 94-108. [] [] []• Eiraku, M. , Tohgo, A. , Ono, K. , Kaneko, M. , Fujishima, K. , Hirano, T. 2005. DNER acts as a neuron-specific Notch ligand during Bergmann glial development. Nature neuroscience, 8 7 , 873-80. [] [] []• Graus-Porta, D. , Blaess, S. , Senften, M. , Littlewood-Evans, A. , Damsky, C. , Huang, Z. 2001. Beta1-class integrins regulate the development of laminae and folia in the cerebral and cerebellar cortex. Neuron, 31 3 , 367-79. [] [] []• Tanaka, M. , Maeda, N. , Noda, M. 2003. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 23 7 , 2804-14. [] [] []• Marcaggi, P. , Billups, D. 2003. The role of glial glutamate transporters in maintaining the independent operation of juvenile mouse cerebellar parallel fibre synapses. The Journal of physiology, 552 Pt 1 , 89-107. [] [] [] []• Watase, K. , Hashimoto, K. , Kano, M. , Yamada, K. , Watanabe, M. , Inoue, Y. 1998. Motor discoordination and increased susceptibility to cerebellar injury in GLAST mutant mice. The European journal of neuroscience, 10 3 , 976-88. [] [] []• Takayasu, Y. , Iino, M. , Shimamoto, K. , Tanaka, K. 2006. Glial glutamate transporters maintain one-to-one relationship at the climbing fiber-Purkinje cell synapse by preventing glutamate spillover. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 26 24 , 6563-72. [] [] [] []• Matsui, K. , Jahr, C. 2005. High-concentration rapid transients of glutamate mediate neural-glial communication via ectopic release. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 25 33 , 7538-47. [] [] [] []• Riquelme, R. , Miralles, C. 2002. Bergmann glia GABA A receptors concentrate on the glial processes that wrap inhibitory synapses. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 22 24 , 10720-30. [] [] []• Iino, M. , Goto, K. , Kakegawa, W. , Okado, H. , Sudo, M. , Ishiuchi, S. 2001. Science New York, N. , 292 5518 , 926-9. [] [] []• Nimmerjahn, A. , Mukamel, E. 2009. Motor behavior activates Bergmann glial networks. Neuron, 62 3 , 400-12. [] [] [] []• Hoogland, T. , Kuhn, B. , Huang, W. , Nakai, J. , Helmchen, F. 2009. Radially expanding transglial calcium waves in the intact cerebellum. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106 9 , 3496-501. [] [] [] []• Custer, S. , Garden, G. , Gill, N. , Rueb, U. , Libby, R. , Schultz, C. 2006. Bergmann glia expression of polyglutamine-expanded ataxin-7 produces neurodegeneration by impairing glutamate transport. Nature neuroscience, 9 10 , 1302-11. [] [] []• Shiwaku, H. , Yoshimura, N. , Tamura, T. , Sone, M. , Ogishima, S. , Watase, K. 2010. Suppression of the novel ER protein Maxer by mutant ataxin-1 in Bergman glia contributes to non-cell-autonomous toxicity. The EMBO journal, 29 14 , 2446-60. [] [] [] [].

次の